デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 5 of 5)





 
2ちゃんねると成りすまし馬鹿(PART 5 of 5)



つまり、デンマンさんは、オイラを馬鹿にしたいのですね?



オマエが、下らない事を書くから“やぶ蛇”になるんだよう。

分かりましたよう!どうせ、オイラは人生経験も少ないし、恋愛経験もからっきしない!エロい事だけは社会人並にエロい!デンマンさんのおっしゃるとおりです。さらに、ネット経験も少ないし、ネットの事も小学生程度のことしか知りません。でも。。。、でも。。。、こんなオイラでも、やっと江戸川乱歩先生の次のエピソードが理解できるようになりました。


絶望的な愚かさ



スリルの段階はこれで尽きているのではない。
もっと純粋に心理的な、人間の心そのものに巣喰っている種類の戦慄がある。
私が古来の大文学に含まれているというのは、多くこの種類のスリルであって、それは受け入れる側の情操や知識の程度に従ってほとんど無限に奥深いところまで行っているように思われる。

試(こころ)みに誰にも知られている手近な実例を挙げてみるならば、例えばポオの「天邪鬼(あまのじゃく)」に扱われているスリルなどはその際立った一つであろう。
何一つ証拠を残さないで巧みに殺人罪を犯した男が、ただ黙っていさえすれば生涯安全であるにもかかわらず、その黙っていなければならないという考えに堪えられなくなる。
喋ってはいけない、喋ってはいけないと押さえつければつけるほど、喉の奥から蓄音器のように、その喋ってはいけないことだけが、勝手に飛び出してくる。
何という絶望的な恐怖であろう。


そして彼は場所もあろうに、雑踏を極めた往来の真ん中で、恐ろしさにぶるぶる震えながら、気を失うばかりになって、拡声器のようなべら棒な声で、彼自身の罪状を白状してしまい、お巡りさんに捕らえられるというお話である。




p.86 「スリルの説」より
『江戸川乱歩全集 第25巻 鬼の言葉』
監修: 新保博久・山前譲
2005年2月20日 初版1刷発行
発行所: 株式会社 光文社

『誠意と悪意 (2009年7月9日)』に掲載。


ほおォ~。。。愚かなオマエにも、マジで、やっと。。。、やっと、理解できるようになったのかァ~?

そうっすゥwwww。。。やっと理解できるようになりました。デンマンさんも喜んでください。。。お願いしま~♪~すゥ。

。。。で、オマエは、どのように理解したんだい?

成りすましてはいけない、

成りすましてはいけない

と押さえつければつけるほど、

心の奥に住む「天邪鬼」は叫ぶ。

成りすませ!成りすませ!

それでオイラは、懲りもせずに

めれんげさんのサイトで

「アザイゲ」に成りすましたり、

「なつみ」になりすましたり、

「煎餅」に成りすましたり、

挙句の果てに

デンマンさんにまで成りすましたのです。

うへへへへぇ~。。。

愚かなところを世界のネット市民の

皆様の目の前で自分で晒してしまう。

分かっているけれど止められない!

絶望的な成りすまし馬鹿とはオイラのことです。

でも、デンマンさんが

オイラを立派な反面教師にしてくれたので

うれしいっす。うへへへへぇ~。。。



ランランラ~♪~ン

ルンルンル~♪~ン


もひとつ、おまけにィ~

ランランラ~♪~ン

ルンルンル~♪~ン




【デンマンの独り言】



やっぱり、この男の愚かなところだけは全く変わっていません!
あなたも、見て分かるでしょう?
ああやって、一人で喜んでいるのですよう。
昔の人が言いました。

“馬鹿は死ななきゃ治らない!”

この愚か者とも長い付き合いになるのだけれど、
昔の人が言った事はやっぱり正しいと
しみじみと思うようになりました。

とにかく、この愚か者は成りすまさないと気がすまないところがあります。
止せばいいのに女性にまで成りすましてしまう。
変態に近いのですよう!んも~~
でもねぇ~、やる事が愚かだから、すぐに見破られてしまうのですよう。

なぜ?
興味のある人は次の記事を読んでくださいね。

『2ちゃんねると自滅の世界』
   (2009年4月28日)

『原人ブームと漢字馬鹿』
   (2009年6月5日)

とにかく、興味深い話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』




こんにちはジューンです。

「成りすまし」には罪のない悪戯から

悪質な犯罪にいたるまで

実にさまざまなものがあります。

「煎餅」さんに成りすまして

めれんげさんのサイトにコメントを書くことは

犯罪にはなりませんが

デンマンさんが「成りすまし馬鹿」という

レッテルを貼り付けたように、

社会的に褒(ほ)められるような事ではありません。

欧米では「成りすまし」は

Identity theftと呼ばれます。

簡単に言うと、他人の個人情報を利用して

その人物になりすまし、貯金を引き出したり、

商品を購入したりする犯罪のことです。

アメリカでは1990年代半ばから盛んになりました。

当初は郵便物などからクレジットカード番号や

小切手を盗み取る手口が主だったのですが、

2003年頃からはパソコンやインターネットを

悪用する例が急増しています。

一般消費者が巻き込まれる犯罪の中では

被害が最大であるとも言われています。

特に問題なのは、

被害者がその被害を完全に立証するまで、

銀行ローンやクレジットカードの利用ができなくなるため、

信用上大きな損害を被ることであります。

日本語では、「なりすまし犯罪」、個人情報泥棒、

個人情報の盗難、身元詐称(みもとさしょう)などと呼ばれます。



ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』



とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





[PR]
by denman705 | 2009-08-04 03:57 | なりすまし犯罪