デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

黒い霧に包まれて(PART 5 OF 5)

  
黒い霧に包まれて(PART 5 OF 5)


516 名前:AMUAMU
[2007/04/18(水) 15:36:09 ID:8b3J+04W]

横田市長の出馬断念の事情を知りたくてWEBを探していたらこの板にたどりつきました。
私は行田に住み着いて34年にもなりますが地元の情報に未だ疎くて、これもシガナイサラリーマンを都内で永くやってきたツケでしょうか。
--------
この板を拝見してどうやら元市長さんや女帝さん、それから地元では名の通った建設業者の方々が権謀術数を巡らしてきた構図がボンヤリと理解出来ました。
--------
どなたかがK藤(工藤)さんを盛んに推薦なさっておられましたが彼のマニフェストらしきものは殆ど意味不明で、一番具体性のあったのは学習塾と大学院をやっておられる方のように思います。
N(中川)二世や青年会議所のお若い方は何を血迷ったのでしょうね?
Y(横田)氏の出馬断念で誰にもチャンスありと見たのでしょうか?
-----
それにしても低次元の争いに市民としては巻き込まれたくありません。
私は当選の見込みは分かりませんがマニフェストで一番真面目な方に1票を投じたいと思っています。行田市の(負債500億?)財政再建の具体策を持っている候補が見あたらないのが最も残念な事ですが。




517 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage
[2007/04/18(水) 15:45:26 ID:???]

>>515
うちの地元じゃ近所のばあちゃんまで知ってるから、
悪評は十分行き届いてると思うが。

13日の件では、一番とばっちりを受けたのは青年会議所でしょ。
当日のスタッフはおろか、OBまで腹をたててるよ。
万一K(工藤)氏が当選する可能性もあるから、大声では言わないけどね。




518 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage
[2007/04/18(水) 15:48:04 ID:???]

>>516
仮にカルロス・ゴーンが乗り込んでも
抜本的な改革なんて議会と役人につぶされる。
奴らの仕事は既得権益を守ることだから。
独裁者だって不可能でしょう。

最高の選択なんて始めからない。
「最悪の選択」を避けるのが我々の出来る
精一杯のことではないのでしょうか?





『行田市の不思議ばなし』より
【オリジナル】:
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1135922887/l50





もともと、この上のスレッドは工藤・現市長の支援者が横田・前市長の選挙戦を妨害するために立ち上げたスレッドだけれど、ここまで読んで来ると、AMUAMU さんも書いているように、行田市政の全貌が見えてきます。



工藤市長は支援者が上の汚いスレッドを立ち上げた事をご存知なのでござ~♪~ましょうか?

ここまで読んできて理解できる事は、仮に工藤さんが知っていたとしても、「知らなかった」と言うでしょうね。

デンマンさんは現市長の工藤さんを支持しますか?

その答えは、秘書課の塩川さんに言ったとおりです。




秘書課の塩川ですが。。。



あのねぇ~、塩川さん。。。これこれ、こう言う訳で、10月28日から今日(11月9日)まで、市役所の担当者は全く動いていない。僕は電話一本、もらってないのですよう。明日の午後5時の飛行機で僕はバンクーバーに戻るのですよう。

もっと以前に電話をいただければ。。。

あのねぇ~、こちらにも都合があるのですよう。お袋が救急車で入院したのが10月26日。退院したのが11月7日。僕は毎日、病院へ見舞いに行きましたからね。他にも、やらねばならない仕事もあったし、時間がなかった。担当者がそれなりの対策なり処置なりをしているものと思っていたのですよう。しかし、何もしてないじゃないですか。

先ほど、係りの者のメモがありましたので、環境課に連絡してみましたら、担当者がデンマン様のご実家の隣の家主に11月6日に会いに行ったそうです。

それで。。。?

なにぶんにも私有財産にかかわることですから、市役所としては強制的に大木の枝を切るわけにもゆきません。家主様に切っていただくように依頼する以外に、こちらとしても他にやり方がないのです。

確かに、同じような問題で他の地方自治体でも困っている話はテレビの番組を見て知っていますよう。現在、日本では8軒のうち、1軒が空き家だとNHKの番組で言ってました。ところで、あの有名な“ゴミ屋敷”は行田にもあるそうじゃないですか?

その通りです。市の関係部署でも困っております。

それからねぇ、塩川さん。。。極めて重要なことだけれど市役所側の職務怠慢があると思うのですよう。

職務怠慢ですか?

そうです。あのねぇ、10月28日に防災安全課に電話したら、昼食も食べないで、なんと午後12時10分に係長ぐらいの年恰好の人と、主任ぐらいの年恰好の人が、二人してやってきてくれました。その誠意には感心しましたよう。

そうですか。。。

そのようにすぐに仕事をやってもらいたいものですねぇ。

それで、職務怠慢と言う件ですが。。。

あのねぇ、その二人が応接間を見て、「これはひどいですねぇ~」と言ったのですよう。確かに応接間はひどい状態で、お客さんを招き入れるような状態ではないのですよう。

それで。。。?

2階のベランダに出て、隣の落葉樹の大木を見せ、屋根の構造から、排水口に落ち葉が詰まることなど、具体的に説明しました。隣の大木が問題を起こしていると言うことで理解してくれたのだけれど、こちらの地所に伸びている枝を切ることは出来るが地主に話して切ってもらうしか市役所でも手の施しようがないと言いました。それから被害箇所をデジカメで撮って、30分ぐらい話して役所に戻ってゆきました。

それが職務怠慢なのですか?

いや。。。そうではありません。防災安全課から担当者がやって来たことを弟に話したら、同じ件で2年前に市役所に電話したと言うのですよう。一度ならず2度も3度も電話したと言うのです。でも、これまで誰も来なかったし、何の進展もなかったと言うのですよう。つまり、今回のように、2年前に市役所の担当者が被害の様子を見に来て、事態の重要性に気付いていたら、地主に話して枝を切らせていたかもしれない。枝を切っていれば、今回ほどには雨漏れによる被害は出ていなかったはずですよう。要するに、これは市役所の落ち度ではないか!?。。。職務怠慢ではないか!。。。そう思ったわけですよう。

なるほど。。。確かに、おっしゃる通りかもしれません。

あのねぇ~、いつまでも、こういう事をほったらかしにしておくと市長の次回の選挙にも影響があると思いますよう。



はい。。。はい。。。ごもっともです。



今回、市長が当選したのも、前市長の横田さんが立候補を断念したからですよね。しかも、その後で、横田さんは自殺しているのですよう。なんだか知らないけれど、行田市政を黒い霧が覆っているようじゃありませんか。。。脅(おど)すつもりは、さらさらないけれど、この件に関しては、ブログで記事に書くつもりです。。。それに、今年帰省して感じたことは、行田市の中心が去年と比べて明らかに寂(さび)れていますよう。あのPASEOSの1階にあったスーパーの中村屋は店を閉めているし、5階にあったコーヒーショップも店を閉じている。現在、行田市の負債総額は500億円もあるそうじゃないですか。誤解しないでくださいね。僕は工藤市長を応援するつもりで言っているのです。だから、2期目を狙うなら、少しは誠意を見せて、市民が満足するような。。。、市民が納得するような仕事をしてくださいよう。








『ふるさと (2009年12月11日)』より

『黒い霧に思う (2009年12月17日)』にも掲載

 

【卑弥子の独り言】



ですってぇ~。。。
確かに現市長の工藤さんに反対ばかりしていても、行田市政は良い方向に向いてゆきません。
デンマンさんがおっしゃるように工藤さんが2期目を狙うなら、少しは誠意を見せて、市民が満足するような。。。、市民が納得するような仕事をしなければならないでしょう。

最高の選択なんて始めからない。

「最悪の選択」を避けるのが我々の出来る

精一杯のことではないのでしょうか?


このように語る悲観的な方もいらっしゃいますが、
デンマンさんは行田を日本のモデル・シティーにするためのビジョンを持っているそうです。
マジでしょうか?
あたくしは冗談半分にお聞きしたのですけれど、
あさって、改めてお伺いしてみようと思っているのでござ~♪~ますわ。

とにかく、あさってが楽しみでござ~♪~ますわァ。
あなたも、どうかあさって読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



『漢字馬鹿さん元気? (2009年3月25日)』

『未熟な判断と稚拙な批判 (2009年4月22日)』

『ある愚か者の自滅の道 (2009年4月24日)』

『2ちゃんねると自滅の世界 (2009年4月28日)』

『自滅の道へ走る愚か者 (2009年5月2日)』



『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』



『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』



『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』




こんにちは。ジューンです。

1999年夏の「東芝事件」は

ネットでも画期的な事件でした。

東芝製ビデオデッキの修理に関し、

その対応に腹を立てた消費者が、

経緯をネットで公開したのです。

東芝側はホームページの一部削減をさせるため

「名誉権と営業権に基づく妨害排除の請求」の

仮処分を申請しました。

しかし、社会的な批判が高まり、

急遽謝罪を表明したのです。

仮処分の申し立ても取り下げました。

やはり、企業と言えども法の下には

個人と平等なのですよね。

「はてなダイアリー」のユーザーとして

デンマンさんが「はてなダイアリー」の問題点について

たくさん記事を書いています。

ユーザーと「はてなダイアリー」との関係も、

もちろん対等であるべきですよね。

ユーザーが不満を表明し、

釈明を求めているのであれば、

「はてなダイアリー」も誠実に対応すべきだと思います。

ネットの世界は単に現実世界の

向こうの虚像ではありません。

東芝事件のように、

ネット上で激しさを増したユーザーの声は、

間違いなく現実社会に戻ってくるからです。

デンマンさんが「はてなダイアリー」を批判しています。

興味があったら次の記事を読んでみてくださいね。

『はてな批判 (2009年5月24日)』


 
ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』



■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





[PR]
by denman705 | 2009-12-21 08:56 | 病める日本