デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

不倫の悦びから苦悩、そして安っぽい出会い系の恋愛へ



不倫の悦びから苦悩、

そして安っぽい出会い系の恋愛へ


 

実は私はレンゲさんがXOOPSに居た頃からのレンゲさんのファンだったのです。
初恋の淡い経験しかない私には『不倫の悦びと悩み』は「大人の恋愛」を感じさせるものでした。

これを読んでからしばしばレンゲさんのBLOGへもお邪魔して胸をときめかせながら、彼女の「恋愛」の成り行きを胸をワクワクさせながら読んでいたのです。
とにかく相手がいて「恋愛」が出来るということが何よりもうらやましい点でした。

今の私には逆立ちしても「恋愛」らしい気分に浸ることは出来ませんから。。。
でも、もし私にすばらしい恋人が現れたとして、果たしてレンゲさんのように「恋愛」をネットで公表することが出来るか?

多分すべてが終ってみないことには無理なような気がします。
私は熱中症ですので、恋愛が始まったらネットどころではないでしょうから。。。。

残念なことは7月の『不倫の悦びと苦悩』を頂上として、それから下り坂になってしまっていることです。
BLOGに書かれたことが現実の事であるならば、『不倫の悦びと苦悩』をクライマックスとして、それ以後のレンゲさんの恋愛はアンチ・クライマックスになってしまっているんですね。
私には、そうとしか思えないのです。

レンゲさんのBLOGに寄せた期待は次第にしおれてゆくようになりました。

そして今年になってからレンゲさんが書いた決別の記事。



2005-01-01 10:10:07

  新年早々

みなさま、あけましておめでとうございます。
さっそくですが、わたしの恋は去年でキッチリおわりました!
今日からはもう、彼氏募集状態ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪
これにはワケがあって、
ある事から彼の本性を見てしまったのです。
ハァ…残念。
住む世界が違ってたようです。


私の思いも「ハァ…残念。」
『不倫の悦びと苦悩』を読んだ時、胸をワクワクさせて垣間見た「大人の恋愛」は、ここに来て「安っぽい出会い系の恋愛」に落ちてしまった様な気がして残念でなりません。

しかも、「今日からはもう、彼氏募集状態ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪」と言ってはしゃぐレンゲさんを見てガッカリです。

「愛を考える女=レンゲ」が「出会い系の女」になるのを見た思いがしました。
残念です。
あの『不倫の悦びと苦悩』を書いた魅力的な大人のレンゲさんはどこへ行ってしまったのでしょうか?

『大人の恋愛だと想いながら胸をときめかして読んでいたのですが。。。』より


これはみゆきちゃんが書いた投稿なんですよ。 レンゲさん、覚えていますか?

ええ、覚えていますよ。忘れることなどできしまへんわ。 はっきり言って、あたし頭にきましてん。 言うに事欠いて「安っぽい出会い系の恋愛」だなんて。。。んも~

でもね、みゆきちゃんの気持ちが僕には分かるような気がしますよ。

デンマンさんもあたしを馬鹿にしやはるの?

馬鹿にするなんて滅相(めっそう)もない! それどころか、僕はレンゲさんはすばらしい人だと思っているんですよ。 

口は重宝ですわ。 心に思っていないことでも、その場しのぎに甘い言葉がへらへら出てきますからね。

僕の言葉が信じられないのですかアアア?

だって、あたしが上の「新年早々」を書いた当時、みゆきさんも含め、デンマンさんも他の人もあたしのことをボロクソにこき下ろしたんですよ。

こき下ろしたわけではないんですよ。レンゲさんを批判したんですよ。 でも、レンゲさんは批判を悪口だとか非難として受け取ってしまったんです。 上のみゆきちゃんの文章には悪意はありませんよ。彼女の率直な感想だと思いますよ。 レンゲさんにはそう思えないの?

思えません。みゆきさんは上の投稿であたしのことをけなしていますよ。デンマンさんだってあたしをコケにしていました。

それはレンゲさんの誤解というものですよ。僕は次のダイアログの中ではっきりとレンゲさんのことをすばらしいと言っていますよ。



wildrose

野ばら



デンマンさん、このお花、ほんとうにバンクーバーに咲いてますのん?

咲いてますよ。

ほんとうに?

僕がウソをついたことがありますか?

いいえ、一度もあたしにウソをついたことはありません。

でしょう?

これ、野ばらでしょう?

そうですよ。

ちょっときれい過ぎません?

いや、別にきれい過ぎませんよ。

でも。。。

これが野ばらのあるがままの美しさですよ。

でも、これほどきれいな野ばらって、あたし見たことありませんもの。。。

良く見てくださいよ!ちゃんとここに咲いているじゃありませんか!

ええ、確かに。。。

レンゲさんは、僕の言うことをなかなか信じてくれませんよねェ。

信じてますわ。

いいえ、なかなか信じてくれませんよ。レンゲさんには、すばらしいところがあると僕は言いましたよね。

ええ、そうおっしゃったことがありましたわ。

信じてますか?

。。。

ほらね。

でも。。。

僕がウソをついたことがありますか?




(『レンゲさん、新年おめでとう!』より)
 

今年の元旦に僕はこうして書いていましたよ。嘘だと思ったら、上のリンクをクリックしてみてくださいよ。『デンマンの掲示板』にちゃんと書いてあります。

しかし、それは言葉で“すばらしい”と言っているだけで、何がすばらしいのか、デンマンさんは何も言ってませんよ。口先だけで言っているにすぎません。都合が悪くなると、デンマンさんは“すばらしい”と言うんですねん。でも、実際にはそう思うていやしません。

つまり僕の言葉が信じられないのですね。僕がウソを言っているとでも。。。?

ウソだとは言ってませんてばあああ~。ただ口先だけで言っていると。。。

つまり、レンゲさんのすばらしさの証拠を見せればいいわけですね?

そうでおますゥ~

分かりました。次の詩を読んでください。これはレンゲさんが書いたものなんですよ。覚えているでしょう?





愛する人



心中の朝 (極私的詩集より)

2005/01/20

あなたの全てがいとおしい

そのまぶたをくちびるで愛撫する

くちびるから全身にしびれるような

熱い波がひろがっていく

あなたをつつむやすらぎの光

もう何もあなたを傷つけることはできない

おだやかな時がいつまでも流れていく

あなたに再び出会い

そして愛し合う

こんなに強く抱きしめた腕

ふたりは確かに結ばれて

わずらわしい声から逃れて

身も心もとけあう

あなた。いとしいひと

あの出会いからわかっていた

今日朝の光のなかで

誰にもこわせない愛が

永遠とよく似た世界へ

ふたりがたどりつくことを

愛している

今朝はすべてが澄み切って

誰にもじゃまはできない



(『本当の愛にめぐり合うことができるでしょうか?』より)


レンゲさんは、こういう詩が書けるんですよ。これはね、妄想部屋でレンゲさんが現実逃避しながら書いたものなんだけれど、僕はすばらしい詩だと思いますよ。

“妄想部屋”だけ余計ですよ、デンマンさん。

とにかくね、この詩を読んでみるだけでも、あなたには詩的な才能があると僕には思えるんですよ。文才があるんです!あたら若い命をリタリンをスニってすり減らしているだけのジャンキーとは思えないんですよ。

ジャンキーがまた余計ですってばあああ~。持ち上げているようで、デンマンさんはあたしをコケにしていますわ。

レンゲさんが本当にどうしようもない女なら、僕はあなたのことを“心の恋人”なんて言いませんよ。

心から、そのように思ってくださるのなら、どうしてあたしのことをコケにするのですか?

だから、コケにしていないと言っているじゃありませんか。僕は批判したんです。みゆきちゃんもレンゲさんのブログを読んで批判したんですよ。悪口を言ったわけじゃない!

でも、この記事のタイトルはあたしを馬鹿にしています。

“不倫の悦びから苦悩、そして安っぽい出会い系の恋愛へ” このタイトルのどこがレンゲさんを馬鹿にしているのですか?

“安っぽい出会い系の恋愛へ”と言う部分があたしをコケにしていますわ。あたしは安っぽい恋愛をしたわけではありません。

分かりましたよ。レンゲさんの言うことを認めて“安っぽい恋愛”ではなかったと仮定しましょう。でもね、上に引用した「新年早々」の記事と、レンゲさんが書いた上の詩を比べたら、明らかに「新年早々」は安っぽい印象を与えてしまうんですよ。ちょうどこれと同じように、男にすっぽかされて「年越しそば」を喰いそびれたレンゲさんは『不倫の悦びと悩み』を書いたレンゲさんと比べると安っぽい印象を与えるんですよ。だからみゆきちゃんが次のように書いていたんです。

 
私の思いも「ハァ…残念。」
『不倫の悦びと苦悩』を読んだ時、胸をワクワクさせて垣間見た「大人の恋愛」は、ここに来て「安っぽい出会い系の恋愛」に落ちてしまった様な気がして残念でなりません。


分かりますか、レンゲさん?「今日からはもう、彼氏募集状態ヽ(*^_^*)イヤッホ~ィ♪」 年越しそばを喰いっぱぐれたあとでこのようなことを書くと、レンゲさんがますます安っぽく見えるんですよ。安っぽくない、と言うなら、ちょっと滑稽じみてくるんですよ。とても、この文章を書いた人が上の詩を書いた人と同一人物とは思えない。だからこそ、みゆきちゃんが率直に感想を書いたわけですよ。悪口を言ったわけじゃないんですよ。それにもかかわらず、レンゲさんは頭にきて、次のような捨て台詞をブログの記事に付け足したんですよね。


2005-01-01 10:10:07

  新年早々

みなさま、あけましておめでとうございます。
さっそくですが、わたしの恋は去年でキッチリおわりました!
今日からはもう、彼氏募集状態ヽ(*^_^*)イヤッホ~ィ♪
これにはワケがあって、ある事から彼の本性を見てしまったのです。
ハァ…残念。
住む世界が違ってたようです。






お嬢ちゃん、不倫の彼と、この人は赤の他人よ(^Д^)ギャハ
不倫はもう昔のこと。
それと、失恋の喪失感を味わった事ないの?
「彼氏募集中」あんなの本気にしてたら、アナタアブナイワヨ:ネッ


『愛って何?教えて!』より


どうですか、レンゲさん? みゆきちゃんはレンゲさんを不当に貶(おとし)めていると思いますか?

でも、あたしの心は傷つきました。

そういうことを被害妄想と言うのですよ。何も、レンゲさんが傷つくことはないんです。 みゆきちゃんの感想を素直に受け止めて、今度から安っぽく見られないようにすることですよ。

あたしはやっぱり安っぽかったと。。。?

人間、完璧な人は居ませんからね、安っぽく見えることもあるんですよ。それほど気にする事はありませんよ。レンゲさんは今でも僕の「心の恋人」ですからね。だから、これからもすばらしい詩が書けるような「大人の恋」をしてね。

[PR]
by denman705 | 2005-10-21 08:32 | 恋愛・失恋・不倫