デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

季節はずれのバレンタイン

 
 
季節はずれのバレンタイン
 







(salon22.jpg)



デンマンさん。。。、もうバレンタインのことは書かないと言いながら、ずいぶんとバレンタインにこだわっていますわね。



いや、いや。。。 僕がこだわっているのではないのですよ。

じゃあ、誰がこだわっているのですか?

ネット市民の皆様ですよ。 ちょっと次のリストを見てください。


(ame30605d2.gif)



これはアメブロの僕のブログで6月5日に記録した「人気記事リスト」ですよ。 24番に注目してください。



『また、バレンタイン?』が読まれたのですわね。


(ame30515m.gif)

『実際の記事』



僕にとってバレンタインは、もう過去のことだけれど、ネット市民の皆様の中には相変わらずバレンタインに関心をもっている人がいるのですよ。



でも、ネット市民の皆様の中にバレンタインに関心がある人がいるとしても、たったの 5人ではありませんか!

あのねぇ~、6月5日にはたったの5人でしたよ。 でもねぇ、過去30日間を振り返ってみると、かなりの人が関心を示したのですよ。

その証拠でもあるのですか?

もちろんですよ。 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力をしていますから。。。 (微笑)

余計な事は言わなくても結構ですから、細木数子のようにその証拠とやらをズバリ!と見せてくださいな。

分かりました。 だったら次のリストを見てください。


(ame30604g2.gif)



これは5月6日から6月4日までの30日間の記録ですよ。 8番に注目してください。 この30日間に 148人が『また、バレンタイン?』を読んだのですよう。 「おばさんの下着」についての記事が読まれている中で、バレンタインが読まれているということは、かなりの人がバレンタインについて関心を寄せている証拠なのですよ。



そうかしら?

あのねぇ~、「おばさんの下着」が読まれているのはジューンさんの「おばさんパンツ姿」がエロい男たちの関心を惹きつけているのですよ。





見れば分かるでしょう!? このジューンさんの姿がネットサーファーを引き寄せるのですよ。



じゃあ、「おばさんの下着」と関係がないのに、どうしてバレンタインの記事が読まれるのですか?

あのねぇ~、どうやら軽井沢タリアセン夫人に興味を抱いている人が多いことが、バレンタインの記事が読まれている原因の一つだと思うのですよう。

私のことに興味を持っている人たちが居るとデンマンさんは言うのですか?

そうですよ。

デンマンさんがそう言うからには証拠があるのでしょうね?

もちろんですよ。 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の注意を払っていますから。。。 (微笑)

そのような前置きはどうでもいいですから、細木数子のようにズバリ!ズバリ!とその証拠を見せてくださいな。

じゃあ、次の検索結果を見てください。




(gog30607n.gif)



デンマンさん。。。 どうして私のビキニ姿を検索結果の上に貼り出したのですか?



初めて検索結果を見る人は「軽井沢タリアセン夫人」がどういう人なのか? 全く分からないと思うのですよう。 だから、初めてこの記事を読む人のために小百合さんのビキニ姿を貼り出したのですよう。 そうすれば「軽井沢タリアセン夫人」がどういう感じの女性なのか見てすぐに分かりますよう。

。。。で、私のビキニ姿とバレンタインが関係あるのですか?

関係ありますよう。。。 もしかすると小百合さんのビキニ姿がエロい男たちの関心を惹きつけているのかも知れません。

まさかァ~。。。?

とにかく、赤枠で囲んだ記事のタイトルに注目してください。


(liv30307.gif)

『実際の記事』



あらっ。。。 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』がでてきますわね。



そうですよ。 つまり、「軽井沢タリアセン夫人」ってぇ、いったいどういう女性なのか? そう思ってGOOGLEで検索してみると上の結果が得られる。 その中に『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』が出てくる。 そして上の記事を読んでみるわけですよ。 すると次のような写真に出くわすのですよ。





この写真を見てますます「軽井沢タリアセン夫人」に興味を持つ。



信じられませんわ。

小百合さんには信じられなくても男の目には、上の写真は興味をそそられるのですよ。 この記事を初めて読む人だって上の写真を見れば、軽井沢タリアセン夫人がどういう人なのか? 興味を持つはずです。 しかも、ゴディバ夫人の連想からゴディバ・チョコレートと関係あるらしいということで、次のように検索するわけですよ。


(gog30607.gif)



ゴディバ夫人の連想からゴディバ・チョコレートと関係あるらしいということで、バレンタインと入れるのはデンマンさんの考えすぎではありませんか?



いや。。。 決して考えすぎだとは思いません。 

それで上の検索結果を見て、検索した人はどうするのですか?

40,500件ヒットするのだけれど、トップの『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』はすでに見たから 2番目と3番目に目をやるのですよ。

ツイッターですわね。

そうです。 だから、検索した人はツイッターを見るのですよ。



(twi30606.gif+twi30606d.gif)

『実際のTwilogのページ』



ずいぶん長いリストですわね。 何ですか、これは。。。?



あのねぇ~、これは僕が呟いたツイートを自動的に毎日まとめてブログの記事にしてくれるアプリなのですよ。 6月6日から遡(さかのぼ)って5月30日までのリストの一部を抜き出して表示したものです。 もう一度30日間の「人気記事リスト」を見てください。


(ame30604g2.gif)



この30日間に 148人が『また、バレンタイン?』を読んだのですよう。 この人たちは、恐らくGOOGLEで「バレンタイン 軽井沢タリアセン夫人」と入れて検索してからツイッターを見て、その中に出てきた『また、バレンタイン?』をクリックして記事を読んだのですよ。



そうかしら? デンマンさんの考えすぎではありませんか?

あのねぇ~。。。 これまで僕が説明してきたことを素直に受け取れば、恐らく誰もが納得できると思うのですよ。 小百合さんは、わざと僕の言うことにさからおうとしているのではありませんか?

いいえ。。。 わざとデンマンさんに逆らおうとしているのではありませんわ。

だったら、素直に信じてくださいよう。 お願いしますう。




【卑弥子の独り言】



ですってぇ~。。。
どうですか? 
あなたは素直に信じることができますか?

ところで、どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉



軽井沢のイルミネーション



秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩



とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。






ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』



■ 『小百合さんの香り』

■ 『桜と名女優』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの謎』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』




こんにちは。ジューンです。

あなたは間違いなくカレーライスがお好きでしょう?


(curryind.jpg)

うどんやお蕎麦はいかがですか?

うどんやおそばに「きつねうどん」や「きつねそば」がありますよね。
かけうどんやかけそばに甘辛く煮た油揚げを乗せたものです。

ただし、地方によって指すものが異なる場合があります。
関東でいう「きつねそば」を関西では「たぬき」と呼んでいます。

関東では「かけそば」や「かけうどん」に揚げ玉(天かす)を入れたものを「たぬきそば」や「たぬきうどん」と呼びます。


(tanukisob2.jpg)

地方によっては違いがありますが、使用する油揚げは、まず湯で油抜きをして、砂糖・醤油・みりんなどを使用して、しっかりと煮て甘辛く味付けをしているようです。
わたしも「かつおと煮干しが利いた和風つゆ」でいただいた「讃岐うどん」の味が忘れられません。

ところで、これまで書いた小百合さんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、小百合さんの記事をまとめて読みたいのならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『小百合物語 特集』



とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。



 
[PR]
by denman705 | 2013-06-08 02:39 | お笑い・ユーモア