「ほっ」と。キャンペーン

デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

松原智恵子 お尻ペンペン(part 1 of 3)


 

松原智恵子 お尻ペンペン(part 1 of 3)

 


(matubara01.jpg)


(butt003.jpg)




(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 松原智恵子さんがお尻をペンペンしたのでござ~ますかァ~?


(kato3.gif)

いや。。。 そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません。。。 僕はまだ、その事実を確かめてないのですよ。。。

それなのに、どういうわけで そのようなヤ~らしいタイトルを付けたのでござ~ますかァ~?

実は夕べ、ライブドアの僕の『徒然ブログ』のアクセス解析をしていたら次のリストに出くわしたのです。


(liv60506c.png)

『拡大する』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の5月1日から6日までの6日間の「人気検索キーワード」のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 27番に注目してください。



あらっ。。。「松原智恵子 躾 お尻ペンペン」と入れて検索してデンマンさんのブログへやって来たネット市民がいたのですわねぇ~。。。 つまり、デンマンさんは松原智恵子さんが躾のために、自分の子供のお尻をペンペンしたという事を記事で暴露したのでござ~ますかァ~?

いや。。。 僕は、そのような児童虐待めいた事を記事で取り上げたことがないのですよ。

でも。。。、でも。。。、「松原智恵子 躾 お尻ペンペン」と入れて検索してデンマンさんのブログへやって来たネット市民がいるのですわァ~。。。つうことわあああァ~、デンマンさんが松原智恵子さんを取り上げて、お尻をペンペンしたことを書いていたということでござ~ますわァ。

あのねぇ~、僕はこれまでに絶対に そのような記事を書いたことがないのです! 仏様に誓っても、弁天様に誓っても、お稲荷様に誓っても、僕は絶対に嘘を申しません!

もしですよ、デンマンさんが松原智恵子さんを取り上げて、お尻をペンペンしたことが書いてあったら、あたくしに軽井沢の別荘を買ってくださいますかァ~?

いいですよ。。。 僕には絶対に自信がありますから。。。 もし、僕がそのような記事を書いていたら 軽井沢でも、ビバリーヒルズでも、パームスプリングスでも、卑弥子さんが気に入った別荘を買ってあげますよ。

じゃあ、あたくしはカリフォルニアのビバリーヒルズの次のような別荘が欲しいのですわァ~。


(bevhills2.jpg)



あのねぇ~、卑弥子さん。。。 まだ、僕が松原智恵子さんのことでお尻をペンペンしたという記事を書いたと決まったわけじゃないのだから、期待するだけ あとでガッカリするだけですよ。。。



分かりましたわァ。。。 じゃあ、さっそく「松原智恵子 躾 お尻ペンペン」と入れてGOOGLEで検索してみます。。。 その結果をご覧くださいなァ~。


(gog60507a.png)


(gog60507b.png)


(gog60507c.png)

『現時点での検索結果』



検索結果の3ページ目にデンマンさんの『徒然ブログ』の記事が出てきましたわよう! 赤枠で囲んである記事ですわ。



あのねぇ~、これは記事ではないのです。。。 赤枠内のリンクをクリックすると『徒然ブログ』で2008年の3月に投稿したすべての記事が表示されるのですよ。


(liv200803.png)



あらっ。。。 画面に出てきたのは 2008年3月31日にデンマンさんが投稿した記事でござ~ますかァ?



そうです。。。 『思い出のフライ』という記事ですよ。


(zenifry3.gif)

『思い出のフライ』



2008年3月に書いた記事の中で 松原智恵子さんが出てくる記事を探してみると次のようになるのですよ。


(liv80329e.png)

『拡大する』



ブラウザのFINDという小窓に“松原智恵子”と入れて検索してみると、2008年3月に書いた記事の中で1度だけ出てくる。。。 その記事が3月29日に書いた次の記事ですよ。

 

『思い出を食べる』



FINDの小窓に どうして“松原智恵子 躾 お尻ペンペン”と入れないのでござ~ますか?

卑弥子さんも自分でやってみれば分かるけれど、“松原智恵子 躾 お尻ペンペン”と入れて検索すると No matches found と出てきますよ。。。 つまり、“松原智恵子 躾 お尻ペンペン”という語句は僕の記事には出てこない!

でも。。。、でも。。。、GOOGLEの検索結果には、“松原智恵子 躾 お尻ペンペン”という語句が 2008年の3月にデンマンさんが『徒然ブログ』に投稿した記事の中に出てくるという結果がちゃんと出ているではござ~ませんかァ!

あのねぇ~、確かに、そうなのだけれど、GOOGLEの検索では、上の語句を4つに分解して検索したのですよ。 つまり、“松原智恵子”、“しつけ”、“お尻”、“ペン”という言葉で検索している! FIND に“しつけ”を入れて調べてみると次のような結果になるのですよ。


(liv80315e.png)

『拡大する』



FIND に“しつけ(躾)”を入れて調べてみると2つ見つかる。。。 その内の一つが次の記事の中に出てくるわけです。

 

『入力した文字を一発で変更』



FIND に“お尻”を入れてしらべると どうなるのでござ~ますか?

次の記事が出てきます。


(liv80325e.png)

『拡大する』



あらっ。。。 “お尻”が2008年3月の記事には19回も出てくるのですわねぇ~。。。 上の記事ではシャロンさんのお尻が出てますわァ。。。 うふふふふふ。。。

 

『あっちかち』



FIND に“ペン”を入れて調べると次の記事が出てきます。


(liv80318e.png)

『拡大する』



2008年3月の記事には“ペン”が 5回出てくるのですわねぇ~。。。

 

『大きく打てば大きく響く』



つまり、僕は松原智恵子さんが自分の子供の躾のためにお尻ペンペンしたことなど記事に書いてないのですよ。。。 第一、僕は“お尻ペンペン”という言葉を次の検索結果を見て初めて知りましたよ。


(gog60507a.png)

『現時点での検索結果』



“お尻ペンペン”というのは“尻叩き”のことなのですねぇ~。。。


尻叩き


(butt004.png)

尻叩きは、一般に子供を躾けるための罰の一種である。

お尻ペンペン・お尻叩き・尻ピン・ケツ叩きなどさまざまな呼び名が存在する。

文字通り、子供のお尻を叩くことを意味する。

日本でも躾の手段と使われることも多いが、日本以上に欧米などの諸外国では躾の手段として広く用いられている。

特徴

子供に行うお仕置きであるが人間の尻は体の中で一番脂肪が厚いので、脳への影響が心配される拳骨、耳の鼓膜が破れる恐れのあるビンタ(平手打ち)と比べると後遺症などの心配は少ない。

実際に行う際、親は子供のお尻を裸にする(皮膚を露出する)ことがしばしば有る。
これには、どれだけ皮膚が赤みを帯びたか目視で分る、皮膚を露出した方が痛覚が伝わり易い等といった理由が挙げられる。

一方、羞恥心を徒に煽ることは拙いという理由で、パンツの上から叩いたり、場合によってはスカート/ズボンを着用したままで叩くこともある。
また、極めて稀な例だが、パンツをお尻の谷間に寄せて皮膚を剥き出しにする(Tバックに似た状況を作り出す)、という方法もとられる。

基本的は平手打ちだが、英国のパブリックスクールではケイン、米国ではパドルが用いられた経緯がある。
これ以外にも、日用品(杓文字、布団叩き、蠅叩き、スリッパ等)が用いられることがある。

注意

肉体的な苦痛を与えるお仕置きである以上、ある程度は皮膚が腫れるのは避けられない。
然し、みみず腫れ、出血といった事態に及ぶほど叩くことは認められない。
また、余りに厳し過ぎると叩かれた皮膚の下を通る血管において赤血球の量が減り、血液の流れが悪くなる可能性もある。

精神的な問題として、自尊心の低下、大人になってから暴力的になったり薬物/アルコール中毒にかかり易くなること、性的倒錯といった物が後遺症としてその可能性を疑われている。
また尻叩きはほかの体罰と違い、ほとんどの場合何度も叩くため仕置きの時間は長くなり、与える痛みも時間とともに増していく。
そのためされる側の苦痛はかなりのものであり、そのイメージとは裏腹にもっとも厳しい体罰とも言える。

だからこそ親は軽はずみにこれを行ってはならず、本当に必要かという見極めとやりすぎ防止に最大の注意を払わねばならない。
また理解力の乏しい幼児に行ったり、道具を使って行う事は控えるべきである。

姿勢

多くの場合、親は子供を膝の上へ腹這いに横たえる傾向にある(オーバー・ザ・ニー)。
その方が親子双方にとって体に負荷が掛らないのが理由として挙げられる。

立ったまま行ったり(ベントオーバー)、仰向けに寝転がった状態で足を掴んでお尻を出させる(おむつ替えの姿勢を想像されたし)、片手で小脇に抱える(漫画などでよくみられる)等、他にも様々な姿勢をとることが可能であるが、現実には体力等の問題もあり、本当の意味で可能な姿勢ということになると選択肢が限られてくる。




出典: 「尻叩き」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




デンマンさんは“お尻ペンペン”という言葉を聞いたことがなかったのでござ~ますか?



僕のこれまでの人生で一度として聞いたことがない。。。 “お尻ビシビシ”、“お尻ペタペタ”なら なんとなく解るけれど、“お尻ペンペン”という響きからは、僕には「尻叩き」のイメージが全くオツムに浮かんでこないのですよ。

ところで、デンマンさんは子供の頃に“お尻ペンペン”されたことがあるのでござ~ますか?

ありますよう。。。 僕が3歳か4歳の頃ですよ。。。 その当時、幼児が聞き分けのないことをしたら、父親が“尻叩き”をするのは当たり前のことでしたよ。

時代が変わったのですわねぇ~。。。 近頃では、“お尻叩き”は児童虐待の印象が強いのですわァ~。。。 検索結果の2番目に出てきたYahoo!知恵袋には次のように書いてありましたわァ。


 (すぐ下のページへ続く)
[PR]
by denman705 | 2016-05-08 07:57 | 日本・日本文化