デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705
カレンダー

2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、どういう人間になってしまうのか?(五度目) その1



2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、

どういう人間になってしまうのか?

(五度目)




この記事では、16日に引き続いて2ちゃんねるで“生まれ育った”人物としてえっけん君を取り上げたいと思います。

ここで誤解のないように。。。。

僕はこの記事の中でえっけん君を馬鹿にする気持ちは毛頭ありません。

つまり、個人攻撃をするつもりではありません。

えっけん君という個人を論ずるよりも、僕がちょうど“レンゲさん”をとりあげて境界性人格障害の若者を象徴的に論じているように、この記事の中でも、えっけん君を特定個人としてではなく、2ちゃんねるで“生まれ育った人間”の象徴として批判したいと思っています。



すべて根拠に基づいて書きますので、誹謗中傷ではない!という事をここで強調しておきます。
根拠のないことを言って相手の名誉を傷つけることを誹謗中傷と言います。

根拠に基づいて相手の長所や短所を論じる事を批判と言います。
“批判の無いところに進歩はない!”
僕はこの事を座右の銘にしています。

ところで僕は16日の記事(『2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、どういう人間になってしまうのか?(四度目)』)でえっけん君を辛らつに批判しました。
それでは、その厳しい批判をもう一度ここに書きたいと思います。

なぜ?

この批判に対してえっけん君が小学校2年生らしい返信を書いてくれたのです。
見比べるのに都合が良いように、ここに再度書くわけです。

(注意: すぐ下で引用されているえっけん君のコメントは僕の批判文の一部です。この批判文全体に対するえっけん君の返信は、この文章のあとに掲載されています。)




相変わらず頭の悪そうな記事を書いて喜んでいるデンパデンマン君、埼玉の田舎は寒くないですか?

『2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、どういう人間になってしまうのか?(三度目)』のGOOコメント欄より

僕はえっけん君からしっかりとした反論を期待していたのですが、小学校2年生が書くような幼稚で愚かな1行の文なんですよね!
しかも僕を誹謗中傷しているんです!
なぜなら、全く根拠のないことを書いているんですよ!

精神年齢が小学校2年生ですから、僕は『名誉毀損』で愚かなえっけん君を訴えるつもりはありません。

でも、いい機会なので、ここでえっけん君がいかにいい加減で無責任で愚かな小学校2年生であるかと言う事を、僕は根拠をあげながらしっかりと書いてみようと思います。

まず僕のことを“デンパデンマン君”と書いているんですね。
これは立派な名誉毀損罪です。
なぜなら、DEMPA55と言う人物は“成りすまし犯罪者”なんですよ。
そのDEMPA55と僕を同一視している。

ここでDEMPA55の罪状を書くと、ものすごく長くなります。
詳しい罪状は次のリンクをクリックして読んでください。
『Identity Theft 身元詐称{みもと さしょう} なりすまし犯罪』

僕の15のブログを合わせると6000人以上の人に読まれています。
だから、“デンマンとDEMPA55は同一人物です”というようなことを書くということは名誉毀損罪になるんですよ。
つまり、小学校2年生のえっけん君は“デンマンはDEMPA55のような成りすまし犯罪者でもあり、ネットストカーでもある”という事を根拠もなく広めようとしているわけです。

“デンパデンマン君”という言い方には、小学校2年生のえっけん君の悪意が込められていると見られても仕方がないのですね。
あたかも僕がDEMPA55を演じているような全く馬鹿馬鹿しい愚かな“言いがかり”を書いているわけです。

これは次に示すように立派な犯罪です。

名誉毀損罪(刑法230条)

「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、
3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。」

名誉毀損罪が成立するためには、次の要件を満たす必要があります。

1.「公然」性

  不特定または多数人の認識しうる状態をいいます。
  僕の15のブログの場合、不特定多数の人の閲覧が可能ですから、
  「公然」に当たります。なお、メールの場合であっても、
   複数の人に送信すれば、「公然」性を満たします。

  えっけん君の上のコメントも、もちろん公然性を満たしています。

  「相変わらず頭の悪そうな記事を書いて喜んでいるデンパデンマン君」

  根拠を全く示さずに悪意を込めてデンマンの名誉を毀損している!
  「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、
  その事実の有無にかかわらず、
  3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。」


  小学校2年生のえっけん君は世界のネットに向けて、
  デンマンの社会的信用と名誉を傷つける根拠のない
  誹謗中傷文を発信したのです!
  
2.「事実を摘示」 すること

  具体的に人の社会的評価を低下させるに足りる事実を告げることを言います。
  従って、単なる価値判断や評価だけでは具体的事実とはいえません。

  たとえば、「あほ」「ばか」というだけでは、
  具体的事実ではありませんので、この要件を充たしません。

  僕はよくDEMPA55や小学校2年生のえっけん君のことを愚か者と呼びますが、
  このような理由から呼ぶわけです。
  つまり、名誉毀損罪にはなりません。へへへ。。。

  しかし、えっけん君がコメントに書いたことは、
  間違いなく「事実を摘示」しました。
  つまり、虚偽の事実を何の根拠も明示しないで
  世界のネットに向かって公然と発信しました!
  「デンマン氏」の経営コンサルタントとしての社会的評価を低下させました。
  公然と「デンマン氏」の社会的信用と名誉を不当に貶めた事になります。

  もちろん、単なる評価判断ではありません。
  えっけん君は具体的に虚偽の事実を述べました。

  DEMPA55とデンマンは全くの別人です!
  それにもかかわらず“デンパデンマン君”とはっきりと書いている!
  つまり、これは何の根拠もない「虚偽の事実の摘示」です!

3.名誉を毀損

  事実を摘示して人の社会的評価を害する危険性を生じさせることを言い、
  現実に社会的評価が害されたことを要しません。

  小学校2年生のえっけん君は、確かに虚偽の「事実を摘示」して
  「デンマン氏」の経営コンサルタントとしての、そして世界のネット市民としての
  社会的評価を害する危険性を生じさせたのです。
  現実に社会的評価が害されたことを要しません。

  つまり、“デンパデンマン君”と書くことにより、小学校2年生のえっけん君は
  「デンマン氏」の社会的信用と名誉を不当に貶める暴言を吐いたのです。

そういうわけで、小学校2年生のえっけん君の、上の公然の言動は名誉毀損罪(刑法230条)にあたります。

「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。」
名誉毀損罪(刑法230条)

こういうことですよね。
小学校2年生のえっけん君にも分かりやすく書きましたから、10度ぐらい読み返せば理解できると思います。
えっけん君、分かりましたね? 
ビビッてくださいね。。。へへへへ。。。。(でも、お漏らししないように。。。)

刑事と民事、双方の責任があることを付け加えておきます。

1) 刑事上の責任

刑法では、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損することは、名誉毀損罪に該当し、
このような行為をした者に対しては、その事実の有無にかかわらず、刑事罰として、
3年以下の懲役・禁錮又は50万円以下の罰金が用意されています(第230条1項)。

したがって、ブログ、掲示板、ネット上の日記に、他人を誹謗中傷するような記載を行った場合、
名誉毀損罪が成立し、上記の刑罰を科される可能性があります。

2) 民事上の責任

他人の名誉を毀損した場合、民事上も、このような他人の名誉を毀損する行為は不法行為となります。
そこで、ブログ、掲示板、ネット上の日記に他人を誹謗中傷するような記載を行った場合、
上記刑事上の責任とは別個に、民事上も損害賠償責任を負うことがあります。

えっけん君、僕は経営コンサルタントなんですよ。
僕の労働は1時間6万円です。

1日の労働時間を5時間とします。
週5日働くとします。
すると年収は 6万円 X 5日 X 52週間 = 1560万円 (年収)


注意: 正確には 6万円 X 5時間 X 5日 X 52週間 = 7800万円 (年収)
    “時間”が脱落しているのを
    えっけん君が指摘してくれました。
    でも、えっけん君のオツムには脳みそが
    通常の人の5分の1しか詰まっていないので
    大幅にディスカウントして1日のチャージを
    30万円ではなく6万円にしたのです。
    詳しいことはコメント欄を読んでくださいね。

『2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、どういう人間になってしまうのか?(四度目) その2』のGOOコメント欄より


この年収が小学校2年生の名誉を毀損する行為によって、著しく減少した場合は最高額1560万円、それと、精神的ダメージを補償するための同額の慰謝料(1560万円)
更にPunitive chargeとして同額の1560万円。。。。
〆て。。。4680万円の訴訟を起こす事ができますよ。

小学校2年生のえっけん君、分かりましたね。
これを読んでビビッテ震えてくださいね。へへへへ。。。。
おしっこ漏らさないようにしてくださいね。うひひひひ。。。。

でもね、安心してくださいね、愚かな小学校2年生のえっけん君に対して、忙しくて訴訟を起こす気力も暇もありませんよ!
小学校2年生から、ない金をむしりとるのでは、あまりにもかわいそうですからね。へへへへ。。。。
その時間があれば、4680万円稼いだ方が利巧ですよ!でしょう?

小学校2年生の頭では無理かもしれないけれど、えっけん君、馬鹿をやるのもいい加減にしておいた方がいいぜ。
そのうち取り返しがつかないような失敗をやらかさないように気をつけることだね。
既に、愚かなキミは墓穴を掘り始めていますよ。へへへへ。。。


健全な批判精神というのは、このようにお互いの分からない事を指摘しあいながら、
人間的にも社会的にも前進していくという精神です。
僕は少なくとも前向きに建設的に書いているつもりです。

つまり、2ちゃんねるのようないい加減で無責任な書き方でなく、
しっかりとハンドル名とURLを書いて正々堂々と批判しましょう!という建設的な提言をしています。

これを“罵倒”と受け止める人が居ますが、だから、それは間違っています!

“罵倒”というのは、根拠のないことをでっち上げて口汚く相手をののしる事ですよ!
つまり、誹謗中傷とあまり変わりのないことです。

確かに僕は口があまり良いとは言えないかもしれませんよね。へへへへ。。。。
でもね、根拠のないことをでっち上げてまで、えっけん君を誹謗中傷するようなことは決してしていません!
あくまでも、根拠にのっとって、僕はえっけん君を批判しています!

そういうわけですので、この記事を読んでいるあなたも、くれぐれも誤解のないようにお願いします。

この上の僕の批判に対してえっけん君は次のような返信を書いてくれました。


あんたホントにアタマオカシイの? (えっけん)

2006-01-16 19:26:39

何で自分が言われた悪口は「中傷誹謗」で、自分が言う同じレベルの悪口は「正当な批判」なわけ?

国際化って、「自分に都合の良い解釈」をすることですか、あーそーですか。

『2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、どういう人間になってしまうのか?(四度目) その2』のGOOコメント欄より

僕は正直言って、呆れ返ってしまいました!
えっけん君は社会人なんですよね!
動物年齢で言えば20歳を過ぎているんですよ!

でもね、僕はこれまでのえっけん君の文章を読んで、とても20歳を越えた人が書いた文章だとは、どのような角度から読んでも信じることができません。
あなたは信じることができますか?

良くても小学校6年どまりですよ。

とにかく文章に全く“教養”というものが感じられないんですよね!
“教養”が感じ取れないほどですから、もちろん“品格”など全くありません。

えっけん君はニートではないんですよね。
彼のブログを読んでいたら、出張に行ってきてくたびれた、みたいな、やる気のないことが書いてありましたよ。
それで、僕はえっけん君が動物年齢的には社会人だということが分かったんですよ。

しかし、えっけん君の文章を読むかぎり、僕にはえっけん君が社会人だとは、とても思えないんですよねぇ~。
僕は一応“社長”ですが、えっけん君のような奴を社員の中に見つけたら即刻クビですよ!

なぜか?

批判文に対してまともに反論が書けません。
これじゃあ、正社員の資格がないですよ!せいぜい小学生の使い走りに雇われる程度ですよ。へへへ。。。
[PR]
by denman705 | 2006-01-18 08:58 | 2ちゃんねる