デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

愛と夢のバンクーバー!PART 2




夢のバンクーバー

2004-8-16 19:46


ご苦労様、
ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は
32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by レンゲ

『次元の違いとは端的に言うと』より


このようにレンゲさんだって、僕が書いたモノに対して頷(うなず)いているんですよ。“ご苦労様、ありがとうございます。バンクーバーでのわたしは、デンマンさんにエスコートされて、のびのびした表情をしていますね。ここ大阪では考えられません”と言って、むしろ、自分の中のそのような陽気な女を見せられて、“そうなのよねぇ~、あたしって、確かにそういうところってあるのよねぇ~” こう思っているレンゲさんが居るではないですか?

デンマンさんは、またこうしてあたしを困らせるのですわね?

困らせているのは僕ではなくてレンゲさんの方ですよ。

あたしがデンマンさんを困らせているなんて。。。

だから、そういうところがレンゲさんの天真爛漫、天衣無縫なところだと言っているのですよ。

あたしのいけないところですか?

いかない、と言ったところでレンゲさんの性格が急に変わる訳でもないですからね。。。

あたしはデンマンさんにご迷惑をかけているのですか?

。。。そんな風に深刻に受けとめてもらっても困るなあああ~。。。僕はレンゲさんを落ち込ませたくはありませんからね。

あたしがデンマンさんに甘えすぎているという事ですか?

甘えていると言うか。。。バンクーバーに来る事はレンゲさんの夢と言うか。。。とにかく、上のレンゲさんの返信の中に、レンゲさんの不安と期待が込められていますよね。僕は、その事をしみじみと感じるんですよ。その期待が、レンゲさんをバンクーバーにこだわらせる。

あたしがバンクーバーにやって来た事はいけなかったのですか?

たとえ、そうだとしても、現在、レンゲさんはバンクーバーに居るのですからね。。。

デンマンさんは、あたしに早いところ日本へ戻って欲しいのですか?

。。。何と言うかァ。。。

そうなのですね?

正直言って、早く帰って欲しいという気持ちと、いつまでも一緒に居たいという気持ちがありますよ。

本当にあたしといつまでも一緒に居たいという気持ちもあるのですか?

ホラぁ~。。。そうやって、星の王子様を見つめるようなまなざしで僕を見ないでくださいよね。

こういう大切なお話をしている時に、冗談めかした事をおっしゃるのですか?

別にふざけているわけではありませんよ。でもね、ぼくはレンゲさんに原点をもう一度見つめて欲しいと思いますよ。

原点ですか?

そうですよ。上の手記の中でレンゲさんは書いていますよね?


わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。


これが原点なのですか?

そうですよ。僕は少なくとも、この時のレンゲさんの気持ちが“心の恋人”である事の原点だと信じていますよ。

あたしは今でも、心配になっていますわ。

レンゲさんの内面を省みて心配になっているのですか?

そうですわ。

そのようには見えませんよ。

どうしてですの?

レンゲさんはマジですか?

マジですわ。



レンゲさんは夕べ、このような格好で僕の部屋に入ってきたんですよ。

ええ、そうですわ。

内面を省みて心配している女性が、このような格好で男のベッドルームに真夜中に入ってゆくなんて常識では考えられない事ですよ。

だって、このランジェリーはデンマンさんの好みですわ。

僕は、レンゲさんにそんな事を言った覚えはありませんよ。

でも、ジューンさんがこれと同じものを身に着けた写真を、デンマンさんはブログに連日載せていましたわ。だから、あたしも同じものを買ったのですわ。

しかし、。。。しかし。。。それを、ベッドに入ってくる前にすっかり脱ぎ捨ててしまったでしょう?

だって、着たままでは胸元がとっても苦しくって眠れませんわぁ。

しかし。。。しかし。。。それなら、。。。それならですよォ~。。。パンティーまで脱ぐ必要はないでしょう?

上だけ脱いで、下だけ身に着けているのって、可笑しいでしょう?

可笑しくありませんよ。

あたしには可笑しいのですわ。

でもね、“心の恋人”がですよ。このようなセクシーなランジェリーを身に着けて男の部屋に入ってきて、ベッドに入る前に男の見ている前ですべて脱ぎ捨ててしまい、呆気にとられて馬鹿面下げて見つめている男の懐にすがり付いてくる。。。そういうことって。。。普通。。。心の恋人はしないでしょうね? そう思いませんか?

そういう法律でもあるのですか?

レンゲさん、。。。マジに僕の話を聞いてくださいよ。

マジで聞いていますわ。

だったら、自分自身の内面を省みているレンゲさんならば、僕の言っている事が分かりますよね?

いいえ。

心配にならないのですか?

なりませんわ。

どうして?

だって、デンマンさんはあたしが書いた上の詩を素晴らしいと言ってくれたじゃありませんか?


でもこの一瞬を
生まれたままの姿を
あなたのために咲かせたい


詩として読むから素晴らしいのですよ。でも、それを現実化しようとするから。。。

また、あたしが馬鹿な事をしてしまったとおっしゃるのですかあ~?

いや、馬鹿な事とは言わないけれど。。。

おっしゃってますわ。

愚かな事ではないと言っているのですよ。。。でもね、いくら僕がレンゲさんのヌードをレックビーチ(Wreck Beach)で見ているからと言っても、同じ事をベッドの中にまで持ち込んでしまっては、ちょっと行き過ぎだと思いますよ。

でも、デンマンさんは見慣れているはずですわ。

見慣れているとか、見慣れていないとかの問題ではなくて。。。

何ですの?

ベッドの中ですっかり裸になるという事は、レックビーチで一糸まとわぬ姿になる事とは訳が違いますよ。

でも、あたしは、詩に書いたような気持ちで生まれたままの姿になったのですわ。

分からない事ではないけれど、僕にはあまりにも刺激が大きすぎますよ。

どうしてですの?

どうしてですのって。。。レンゲさん、そこまで言わせないでくださいよ。

あたしは、いけないことをしてしまったのですか?

レンゲさんは、天真爛漫な8才の女の子のような無邪気な気持ちになっているけれど、僕の目の前に居るレンゲさんは魅惑的な熟女なんですよ。その熟女がおいしそうな水蜜桃を僕の目に惜しげもなく覗かせている。レンゲさんに、その気持ちがないとしても、僕がその気になったら、いけない事をしてしまいますよ。

デンマンさんは、あたしが無神経で、はしたない女だと思っているのでしょう?

ちがいますよ。

そうですってばああああああああ~ 

あたしを完全にコケにしていますわああああああああ~

【ここだけの話しですけれどね、日本では得られない思い出をレンゲさんは、たくさん作ってくれているんですよ。でもね、僕は内心ヒヤヒヤですよ。。。この調子で、残りの2週間が続くのかと思うと、本当に針の山を歩かされているような気分です。。。とにかく、レンゲさんは衝動的なところがありますからね。何をやらかすか分からない。。。レンゲさんにとっては退屈紛れになるかもしれないけれど、その退屈紛れが、僕にとっては脅威ですよ。時限爆弾を懐に抱(かか)えるようなものですからね。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。僕は、ますます複雑な立場に追い込まれそうです。。。本当に頭痛がしています。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』


[PR]
by denman705 | 2006-08-29 15:34 | 恋愛・失恋・不倫