デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

2017年 01月 30日 ( 4 )



 


布袋さんに惹かれて (PART 1 OF 3)


 



(hotei12.jpg)



(jbeauty7.gif)




(himiko22b.gif)


デンマンさんは布袋さんに惹かれているのでござ~♪~ますか?



(kato3.gif)


。。。ん? 僕が布袋さんに惹かれていると卑弥子さんは思うのですか?


だってぇ~、タイトルに そう書いてあるではござ~ませんかァ!


確かに、タイトルには そう書いてあります。。。 でもねぇ~、僕が特に布袋さんに惹かれたわけではないのですよ。。。


じゃあ、どなたが布袋さんに惹かれたのでござ~ますかァ~?


山形市にお住まいの保定たい子さんが布袋さんに惹かれているのですよ。。。


マジで。。。?


僕が嘘をついていると卑弥子さんは思っているのですか?


だってぇ~、急に山形市にお住まいの保定たい子さんを持ち出してこられても、すぐには信じられませんわァ~。。。


分かりましたァ。。。 だったら、まず次のリストを見てください。



(liv70128a3.png)


『拡大する』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の1月27日の日本時間で午後7時22分から午後8時6分までの「生ログ」ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。



あらっ。。。 1月27日の午後7時22分にGOOGLEで検索して『布袋さんの魅力』を読んだのですわねぇ~。。。


そうです。。。 次の記事を読んだのですよ。。。



(hotei02.jpg)


『布袋さんの魅力』



ちなみに「布袋さんの魅力」と入れてGOOGLEで検索すると次のような結果になるのですよ。。。



(gog70128a.png)



『拡大する』


『現時点での検索結果』



あらっ。。。 393,000件もヒットするのでござ~ますわねぇ~。。。



トップから5番目に「徒然ブログ」に掲載した『布袋さんの魅力』が出てきます。


でも、どういうわけで山形市にお住まいの保定たい子さんが上の記事を読んだと判るのでござ~ますか?


簡単なことですよ。。。 IPアドレスを調べたのです。。。



(ip18747b.png)


『拡大する』



でも、個人情報を保護するために アクセス者の名前までは調べられないのですわァ~。。。



だけど、僕には判るのですよ。。。


それは、どういうわけで。。。?


僕の第6感です。。。


信じられませんわ。。。


とにかく、保定たい子さんは次の小文を読んだのですよ。。。



布袋(ほてい)



(hotei02.jpg)


布袋は、唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な仏僧。
水墨画の好画題とされ、大きな袋を背負った太鼓腹の僧侶の姿で描かれる。
日本では七福神の一柱として信仰されている。


本来の名は釈契此(しゃくかいし)であるが、常に袋を背負っていたことから布袋という俗称がつけられた。
四明県の出身という説もあるが、出身地も俗姓も不明である。
図像に描かれるような太鼓腹の姿で、寺に住む訳でもなく、処処を泊まり歩いたという。
また、そのトレードマークである大きな袋を常に背負っており、生臭ものであっても構わず施しを受け、その幾らかを袋に入れていたという。
なお、布袋が背負っているこの袋は堪忍袋ともいわれる。


雪の中で横になっていても布袋の身体の上だけには雪が積もっていなかった、あるいは人の吉凶を言い当てたなどという類の逸話が伝えられる。
彼が残した偈文に「弥勒真弥勒、世人は皆な識らず、云々」という句があったことから、実は布袋は弥勒の垂迹、つまり化身なのだという伝聞が広まったという。


その最期についても不思議な逸話が伝えられており、仙人の尸解に類している。
天復年間(9世紀末)に奉川県で亡くなり埋葬されたにもかかわらず、後日、他の州で見かけられたというのである。
その没後あまり時を経ないうちから、布袋の図像を描く習慣が江南地方で行われていたという記録がある。


なお、布袋を禅僧と見る向きもあるが、これは後世の付会である。
10世紀後半に記された『宋高僧伝』巻21「感通篇」に立てられた「唐明州奉化県釈契此」(布袋)の伝には、彼と禅との関係について一切触れていない。
布袋と禅宗の関係が見られるのは、時代が下がって11世紀初頭、『景徳傳燈録』巻27に「禅門達者雖不出世有名於時者」として、梁の宝誌や、天台智顗、寒山拾得らの異僧・高僧たちと共に、「明州布袋和尚」として立伝される頃からのことである。




出典: 「布袋」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



そもそもデンマンさんは布袋さんの生き方に共感しているのでござ~ますか?



そうです。。。 布袋さんのように生きられたらすばらしいと思っています。


だったら、デンマンさんがいいなと思う布袋さんの生き方は、“インテリ乞食”の辞世の歌に込められた生き方に近いのではござ~ませんか?


。。。ん? “インテリ乞食”の辞世の歌?


次のエピソードの乞食が残した歌ですわよう。
     


嘉永五(1852)年の世相トピックス


 


インテリ乞食の最後


 


江戸の山下御門外をかせぎ場にしていた乞食の六助が死んだ。


朋輩の易者が悔みにたずねたところ、六助が使っていた茶碗の底に、辞世の歌が書いてあるのを発見した。


さだめし名ある人物のなれの果てだろうと評判になった。



(rokusuke.png)


赤字はデンマンが強調。)




772 ページ 『読める年表・日本史』
2012年7月21日 改訂11版第1刷発行
発行所: 株式会社 自由国民社



デンマンさんも忘れてはいないでしょう?



忘れかけていました。。。 でも、思い出しましたよ。。。 確か、3年ほど前に投稿した『遊女と三つ子』という記事の中に出てくるのですよ。。。


あたくしは上の辞世の句を次のように解釈したのですわ。


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-01-30 04:57 | 美術・芸術


 


布袋さんに惹かれて (PART 2 OF 3)




一鉢千家飯 孤身幾度秋 


不空遂不色 無楽又無憂


冬暖草園裡 夏涼橋下流


若人間此六 明月水中浮





(himiko22.gif)


おもらい用のドンブリに千軒の家からご飯をもらって 一人で食べた食欲の秋が何度もありましたわ。


ドンブリが空になるまで思う存分いただきました。 色気のことなど、ちっとも考えてみませんでしたわ。


楽しければよいのです。 憂いなんて要りません。


冬は暖かい草の上に寝て、夏は橋の下で涼みます。


人間は若い内が花ですよ。


だから、明日はウキウキしながら水の中に飛び込んで、楽しく浮いて泳ごうと思いますわ。




『遊女と三つ子』より
(2013年9月5日)



あたくしは、このように現代語に訳したのでござ~ますわ。



うん、うん、うん。。。 はっきりと覚えてますよ。


だったら、布袋さんの生き方は、あたくしが解釈したような生き方に近いのではござ~ませんか?


もちろん、卑弥子さんのように解釈することもできると思いますよ。 いかにも卑弥子さんらしい人生観に基づいて現代語に訳しています。 でもねぇ~、“現代語訳”と言うよりも“現代誤訳”になっていると思うのですよ。


あらっ。。。 どこか間違っているのでしょうか?


京都の女子大学で腐女子の皆さんに「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授に向かって失礼かとは思うけれど、上の現代語訳は卑弥子さんの人生観に基づいての個人的な解釈で、上のように解釈すると、さだめし名ある人物のなれの果てだろうと評判にならないと思うのですよ。


そうかしら。。。? どこがいけないのかしら。。。?


あのねぇ~。。。 解釈全体が、楽観的、享楽的すぎるのですよ。 これでは乞食の六助さんがルンルン気分で死んだことになって、どう考えてもさだめし名ある人物のなれの果てだろうと評判にならないです。


そうかしら。。。?


僕は思うのだけれど、この漢詩には“布袋さんの心”が読まれていると思うのですよ。


“布袋さんの心”でござ~ますか? 


そうです。 さだめし名ある人物のなれの果てだろうと評判になったということは、六助さんは乞食でありながらも中国の歴史や中国文学にも詳しかった。 そういう古典の素養を基にして上の辞世の漢詩を詠んだということだと思うのですよ。


あたくしのように解釈してはいけませんか?


いや。。。 卑弥子さんのように解釈してもいいですよ。 でもねぇ~、京都の女子大学で腐女子の皆さんに教える時には、卑弥子さんの極めて個人的な解釈では駄目だと思うのですよ。


じゃあ、デンマンさんはどのように現在語訳したのでござ~ますか?


次のように訳してみました。




布袋さんのように施しを受けがら孤独の生活を何十年と続けてきた。


施しが無ければ食わずに居ることもある。


特に楽しみと言うほどのことも無い代わりに、これと言って憂いも無い。


冬は暖かい干し草の上にでも寝て、夏は橋の下の流れで涼む。


そのような生活のどこがいいのか?ともし、誰かがこの六助に問うならば、きれいなお月さんが池に映って浮かんでいるような気持ちで生きているだけです、と答えようか。。。?



(moon77.jpg)




『遊女と三つ子』より
(2013年9月5日)



あたくしの現代語訳とそれほど変わらないと思うのですけれど。。。



うん、うん、うん。。。 確かに、大きな違いがあるわけじゃないかもしれません。 結局、見解の相違でしょうね。 僕にとって、卑弥子さんの解釈は、極めて楽観的、享楽的すぎると思う。 布袋さんは卑弥子さんほどルンルン気分ではいなかったと思うのですよ。 でもねぇ~、卑弥子さんの解釈が間違っているとは言いませんよ。


でも、駄目だと言ったじゃござ~ませんか!


それは僕の言いすぎでした。 卑弥子さんのような解釈の生き方もありだと思います。 自由主義・民主主義の世の中ですからね。。。 この記事を読んでいる人の考え方にも いろいろあると思うのですよ。


つまり、布袋さんの魅力は一つとは限らない。。。 人によってそれぞれ見解の相違がある。。。 デンマンさんはそのように言うためにこの記事を書き始めたのでござ~ますか?


いや。。。 実は、布袋さんを描いた狩野洞白愛信に興味を持ったのですよ。



(hotei02.jpg)



この布袋さんの絵が実にいい。。。 僕は惚れ惚れとして眺めながら、一体いつ頃の人なのだろうか? そう思いながら、この画家に興味を持ったというわけです。 それに、僕にとって“狩野洞白愛信”とは初めて耳にする名前だったのですよ。 だから、僕は初め“どうはくあいしん”と読んだ。 本当はどのように読むのだろうか? それで、ネットで調べてみたら、“とうはくちかのぶ”と読んでいるページに出会った。



(gog30910.gif)



(gog30910c.gif)



こうして検索結果を見ると日本よりも中国やイギリスの方で有名なようですよ。



そうですわね。 確かに、1ページ目には中国語と大英博物館のページが出てきますわね。


日本語の“読み”が出てくるのは2ページ目です。 赤枠で囲んだページです。


それで、そのまま“とうはくちかのぶ”という読み仮名を書き入れたのでござ~ますか?


その通りです。 ところが、僕は『狩野派決定版』という本で、この「狩野洞白愛信」という人物を調べてみたのですよ。



(kano001.jpg)



残念ながら、この人の描いた絵は一枚も紹介されてない。 でも、巻末に「狩野派系図」があった。 その中に「狩野洞白愛信」(1772-1821)の名前があったのですよ。 しかし、『ウィキペディア』には「狩野洞白愛信」も、「狩野愛信」も、「狩野洞白」という項目もない。 かろうじて「狩野洞白」を入れて検索すると次のような項目が引っかかった。



(wik30910.gif)



山本昇雲(1870-1965)も河鍋暁斎(1831-1889)も画家で、二人とも狩野洞白の弟子となっている。



でも、弟子にしては時代が違いすぎるではありませんか!


そうなのですよ。 「狩野洞白愛信」(1772-1821)はとっくの昔に死んでいるのです。 それで、「狩野派系図」をよく見たら、「狩野洞白」というのは二人居るのですよ。 狩野洞白愛信(1772-1821)の弟子が 狩野洞益春信(1772-1821)で、その弟子が 狩野洞白陳信(?-1851)。 洞白陳信(とうはくちんしん)の弟子が狩野洞春陽信(とうしゅんようしん)と河鍋暁斎(かわなべきょうさい)と書いてある。 系図には山本昇雲(しょううん)の名は出てない。


。。。で、系図によると「洞白愛信」は何と読むのでござ~ますか?


“とうはくなかのぶ”と書いてありました。


あらっ。。。 “愛”が“ちか”なのか? それとも“なか”なのか? どちらが正しいのでしょうか?


本人に聞いてみるしかないでしょうね。 でも、1821年に亡くなっていますからね。 訊くことはできないですよ。


。。。で 「南原宏治」は画家ではないのでござ~ますか?


南原宏治(1927-2001)は俳優ですよ。 苦(にが)みばしった いい役者でしたよ。 1971年公開の『闇の中の魑魅魍魎(ちみもうりょう)』という映画で狩野洞白を演じているのです。



(kano005.jpg)


『闇の中の魑魅魍魎』 (切腹シーン)




幕末の土佐を舞台に、異色絵師・金蔵の生き様を描いた映画で、出てくるのは狩野洞白愛信じゃなくて、1851年に亡くなった狩野洞白陳信の方なのですよ。



要するに「狩野洞白愛信」は、あまり有名ではないのですわね。


そうらしい。。。 でもねぇ~、布袋さんの絵を見たとき、僕は素晴らしい画家だと思いましたよ。 僕が気に入った一枚です。


。。。んで、山形市にお住まいの保定たい子さんは、どうなりました?


どうなりましたってぇ、今でも山形市に住んでいますよ。。。


そういうことじゃなく、どういうわけで保定たい子さんが『布袋さんの魅力』を読んだと判ったのでござ~ますかァ?


あのねぇ~、保定たい子さんが次のようなコメントを書いてくれたのですよ。。。



 



 


布袋さんの絵を見ると 大きな袋を背負い


たいてい幸せそうな丸顔が笑っていて、


しかも栄養満点というか


大きな太鼓腹を突き出して


世の中には苦労などないという表情を


浮かべています。


 
  
それで、いつも不思議に思うのですけれど、


布袋さんはどこで生まれて育ったのだろうか?


あのような幸福な人相は


どのようにしてうまれるのだろうか?


そう思いながらネットで検索していたら、


このページにたどり着きました。


 
  
出身地も俗姓も不明なのですね。


常に袋を背負っていたことから


布袋という俗称がついたのだそうですが、


たぶん袋には“幸せの味の素”が


たくさん入っているのでしょう!?


興味深い絵に誘われて


最後まで読んでしまいました。


ありがとうございました。


 


Posted by 保定 たい子


at 2017年01月28日 10:12




『布袋さんの魅力』のコメント欄より
(2013年09月10日)


(ran103b.png)



あらっ。。。保定たい子さんは、おきれいな方なのですわねぇ~。。。 でも、どこかで見かけたような気がいたしますわァ~。。。



それは卑弥子さんの気のせいですよ。。。


そうかしら。。。?


とにかく、確かな証拠を見て卑弥子さんも満足したでしょう!? だから、卑弥子さんも布袋さんのようにニコニコしてルンルン気分で暮らしてくださいねぇ~。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-01-30 04:56 | 美術・芸術


 


布袋さんに惹かれて (PART 3 OF 3)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif) 


ですってぇ~。。。


あたくしも布袋さんのように いつも笑顔で楽しく暮らしたいと思うのでござ~ますわァ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますわァ。


うふふふふふふ。。。


ええっ。。。 信じられないってぇ~。。。?


じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ~。。。



(genjiero4.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?


ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?


でも こう見えても 一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。


ただし、なかなか あたくしの魅力を認めてもらえないのでござ~ますう。


つまり、結婚相手が 現れないのですわァ。


この際 高望みはいたしません。


“寅さん”のような人でもいいですわ。


旅に出ていることが多いので 手がかからないと思うのでござ~ますう。


ついでだから、寅さんの映画でも見て、希望をつなごうと思います。


“袖触れ合うも他生の縁”と申します。


あなたも 一緒に寅さんのYouTubeでも見てくださいねぇ~。。。



(tora019.jpg)



ちなみに、紫式部のお話も面白いですけれど、古代のお話も心にしみますわァ。


たまには、日本の古代史の記事も読んでくださいませぇ。


そういうわけで あなたのために平安史、古代史の記事を用意しました。


ぜひ 覗いてみてくださいね。


天武天皇と天智天皇は


同腹の兄弟ではなかった。
 


天智天皇は暗殺された 


定慧出生の秘密 


藤原鎌足と長男・定慧 


渡来人とアイヌ人の連合王国


なぜ、蝦夷という名前なの?


平和を愛したアイヌ人


藤原鎌足と六韜


古事記より古い書物が


どうして残っていないの?


今、日本に住んでいる人は


日本人でないの?


マキアベリもビックリ、


藤原氏のバイブルとは?


とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。



(hand.gif)


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)



(surfing9.gif)




(sayuri5.gif)


ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。


卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。




(hama10.jpg)


『ハマグリにハマる』


『ハマグリの誘惑』


『ハマグリの足跡を追って』


『芭蕉と遊女』


『光源氏もビックリ』


『エロエロ源氏物語』


『悲痛の紫式部』


『卑弥子のえっち』


『白妙の和歌を探して』


『キーワード診断』


『紅のボート難民』


『ん?ネトウヨ』



(miya08.jpg)


『下衆のかんぐり』


『桓武天皇のママがネットで』


『ござが天皇とGOOGLE』


『エロ 建礼門院』


『一敗が三人に!』


『行田の黒い霧をはらう』


『ペルシャ人が飛鳥に』


『小柴垣草子』


『後白河上皇ダントツ』


『ブスと美人』


『エロい話が好き?』


『死んでも生きてる』


『失意の太田将宏』



(annasalleh.jpg)


『オルフェと聖徳太子』


『源氏物語とおばさんパンツ』


『霊仙はなぜ毒殺されたの?』


『紫式部が地獄へ』


『破戒僧円載』


『アショーカ王の愛と苦悩』


『どら平太の世界』


『三四郎とデンマンさん』


『ヒトラーの姪』


『ゴヤと三島由紀夫』


『仏陀とキリストと娼婦』



(zurose2.jpg)


『ズロースと戦争』


『伊藤若冲ブーム?』


『ブッダと物理学』


『加藤清正ブーム?』


『愛憎と三輪山』


『松原智恵子 お尻ペンペン』


『坂本龍馬は流れ者か?』


『野ざらし』


『紫式部堕獄説』


『日本最古のポルノ?』


『源氏物語の性描写』


『寅さんの本棚と急行まつしま』


『ヒトラーは草食系?』


『ブッダとキリストと娼婦』


『顔文字とオナラ』


『宝暦の恨みを明治維新で』


『デウキと紅葉@行田』


『薄い陰毛と紅のボートピープル』


『江戸の閨房術』


『ずるがしこい現代人』


『春画@源氏物語』


『千早振る』


『あれっ、松本清張』


『キスと源信』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-01-30 04:55 | 美術・芸術

恋人のタイプ


 


恋人のタイプ


 



おほほほ。。。


卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。


また出て来てしまいましたわア~


どうしても、あなたに


お会いしたかったので


ござ~♪~ますわよゥ。


ええっ?


いつも同じ事ばっかり言うな!


貴方は、そのようなきつい事を


あたくしに喚(わめ)くので


ござ~♪~ますか?


そのようなエゲツない事を


言わないでくださいましなぁ~


仲良くしましょうね。


あたくしは、あなたに本当に


お会いしたかったので


ござ~♪~ますわよう。


うしししし。。。


ええっ?


そんな事はどうでもいいから、


「恋人のタイプ」について早く話せ!


あなたは、また、そのような強い口調で、


あたくしにご命令なさるのござ~♪~ますかア?


分かりましたわ。


あたくしも、そのつもりで


出てきたのでござ~♪~ますから。。。


おほほほほ。。。



(himiko22b.gif)



あなただって、これまでに恋をしたことがござ~♪~ますわよね?


。。。んで、振られたり、相手が気に喰わなくなったりして


別れる事になりますわよね。


。。。んで、また懲りも無く恋をしますわよね。



(breakup5.gif)


それで、またうまく行かなくて別れる事になりますわよね。


うふふふふ。。。


。。。んで、あなたはふと考える事があるのでござ~♪~ますわよ。


どうして同じようなタイプの人を恋人にしてしまうのかと。。。


今日は、そう言う訳で、あなたが恋人にしてしまうタイプを


あたくしが判断するのでござ~♪~ますわよう。


ええっ?そんな事があたくしに分かるのかって。。。?


それが分かってしまうのですよ。


あたくしが全く関係ない質問をするけれども、


馬鹿にしないでマジで答えてね。


その答えによって、あなたがどのようなタイプの人を恋人にするのかが分かるのよう。


じゃあいくわねぇ。


何度も言うようだけれど、マジで答えるのよ。いいわね。


では、あなたへの質問ですよ。


1日の運勢がよい結果だと、それだけで気分がいいものです。


星占いで見た「今日のラッキー●●」。あなたが実践したくなるのはどれですか?



A: ラッキーフードを食べる


B: ラッキーカラーを身につける


C: ラッキーアイテムを持ち歩く


D: ラッキーパーソン(△△座の人)に会う



(date100.jpg)


さあ、選びましたか?


多ければいいってもんじゃないのよ。どれか一つを選んでね。


そうじゃないと、あたくしには判断のしようが無いのよ。


今からでも遅くないからどれか一つに絞ってね。


じゃあ、診断しますわよ。


お付き合いする相手のタイプが「いつも同じ!」なんてことが良くあるのよね。


今回は、「あなたが恋に落ちやすい相手」を診断しますわ。



○ Aを選んだあなたは 【経済的に裕福な相手】 を選んでしまう傾向がありますわ。


「ラッキーフード」を選んだあなたは、“現実主義”です。
社会的地位や経済力があり、なおかつスマートに振る舞う人に恋しやすいようです。




○ Bを選んだあなたは 【外見がステキな相手】 を選びがちです。


「ラッキーカラー」を選んだあなたは、“美的センスに優れた人”です。
ファッションセンスや外見に優れた人に恋しやすいようです。




○ Cを選んだあなたは 【友達感覚で話せる相手】 を恋人に選びやすいのですよ。


「ラッキーアイテム」を選んだあなたは、“恋に慎重な人”です。
少しずつ相手を知ることができる、友達感覚で付き合える人に恋しやすいようです。




○ Dを選んだあなたは 【尽くしてくれる相手】 を選ぶ傾向がありますよ。


「ラッキーパーソン」を選んだあなたは、“いい人好き”です。
見返りを求めず、献身的に尽くしてくれる人に弱いようです。


どうですか?
思い当たるでしょう?


ええっ?あたくしですか?
「ラッキーフードを食べる」を選んだのですわよ。


そうなのよ。確かに、あたくしには現実主義的なところがありますわ。
でもねぇ~、社会的地位や経済力のことはあまり考えないのよ。
それよりも、現実的で、しかも夢とロマンを持っている人がいいのよ。
そうなのよ。デンマンさんみたいな人がいいのよ。
でも、デンマンさんは、どうもあたくしが好きでないみたいなのよう。
それが問題なのよ。


あなたはどうでした?
当たっていた?


もし、あたくしの上の診断が間違っていたとしても、
ムカついたりしないようにねぇ。


ムカつくと癌になり易くなるのよ。
ナチュラルキラーの癌細胞・殺戮力(さつりくりょく)が落ちてしまうのよ。
うふふふふ。。。


だからね、癌にかかりたくなかったら、いつもニコニコしている事なのよ。


ええっ?いつもニコニコしていられないの?
だったらね、あなたのために、いつもニコニコしていられるサイトを紹介するわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。


■ 『どんな時でも、あなたがニコニコしていられるサイト』



(himiko12.jpg)


ええっ?
あなたは本格的に、あなたの恋人のタイプを占いたいの。。。?


分かりましたわ。
それならねぇ、本格的な占いサイトをご紹介しますわよ。


もちろん無料なのよ。
じゃあね、次のリンクをクリックしてね。


■ 『あなたも未来を開く占いをやってみませんか?


うれしい出会いが待っているかも知れませんよ!』


上のリンクをクリックすると「占いの館」の説明が現れますよ。
「占いの館」とは西洋占星術に基づく「ミーシャの12星座占い」です。
東洋の易術に基づく「ミーシャの易占い」という2つの無料占いと、
必ず開運アイテムがもらえる「ココロのアイテムおみくじ」が楽しめる
本格的な占いコンテンツでござ~♪~ますわよ。


とにかく、無料で試してみることが出来るのよ。
あなたが失うものは無いの。。。
だから、覗いてみるだけの価値があるわよ。


じゃあ、大いに楽しんでね。



(himiko5.gif)


あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』


Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)


■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"


■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』


■ 『面白くって楽しくてためになる英語』


■ 『今、すぐに役立つホットな情報をゲットしようね』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



(linger47.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



(compter.gif)


■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『辞書にのってない英語スラング』


■ 『オンライン自動翻訳利用法』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


おほほほほ。。。。


また現れて、


くどいようでござ~♪~ますけれど。。。


分かってるわよゥ。


でも、我慢して読んで頂戴ね。


あたくしだって、好き好んで


あなたをわずらわせたくないのよ。


でも、デンマンさんは良い人だから


あたくしは、お手伝いをしたいわけなのよゥ。


だから、あなたも我慢して


最後まで付き合ってね?


おほほほほ。。。


ところで、あたくしはマロンが大好物なのよ。



(maron2.jpg)


ええっ?モンブランじゃなかったのかって。。。?


そうなのよ。良く覚えているわね?


モンブランも好きなのよ。


でもマロンも大好物なのよ。


おほほほほ。。。


あなたも食べてみない?


ええっ?


食べたくても無いのォ~?


心配する事は無いのでござ~♪~ますのよゥ!


貴方もこうしてネットをやって、


あたくしの記事を読んでいるのですから、


クリックするだけで、


すぐに手に入るのですわよ!


ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。


■ 『あなたのためのオンライン ショッピングガイド』


それは、さておき。。。


あたくしがマスコットギャルをやっている次のサイトも見てね。


■ 『面白くて楽しい、新しい日本古代史』


貴方、ホントに見てね?


ダメよ!そうやって生返事ばかりして、


この場をうまく誤魔化そうなんてぇ~


そういうコスイ考え方は、お止めになった方が


良いのでござ~♪~ますわよゥ~。


ええっ?どんな面白い記事があるのかって?


ちょっとこれを見てよゥ。



(taishi01.gif)


これはね、聖徳太子が子供の頃の


立像なのでござ~♪~ますわよ。


聖徳太子は厩戸王子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたのよ。


なぜ?


あなたも、そう思ったことない?


どうしてかしら?


知りたいでしょう?


興味が湧いてきたでしょう?


次のリンクをクリックして読んでみてねぇ。


■ 『聖徳太子は、なぜ厩戸王子(うまやどのおうじ)


と呼ばれていたのでしょうか?』


あたくしも読んだけれど、


けっこう面白い事が書いてあるのよ。


だから、あなたも読んでみてね。


いづれにしても、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。



(monbran2.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-01-30 04:48 | 恋愛・失恋・不倫