「ほっ」と。キャンペーン

デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

カテゴリ:未分類( 15 )

白木屋お熊(PART 1)


 


白木屋お熊(PART 1)


 



(ken203b.jpg)



(ken303.jpg)



(bikini08.gif)




(june001.gif)


デンマンさんは女性のお尻に関心があるのですかァ~?



(kato3.gif)


。。。ん? 僕が女性のお尻に関心があるとジューンさんは思うのですか?


だってぇ~、上のイラストをじっくりと見てくださいなァ。。。 誰が見たって、女性のお尻が注目の的になっている印象を受けますわァ~。。。


あのねぇ~、僕は特に女性の尻に興味があるわけじゃないのですよ。。。 ただ、上のイラストを見た時に、この上の2枚のイラストを描いた人物は、女性の尻に焦点を当てて描いたと思ったのですよ。。。 だから、ジューンさんが見て僕に「デンマンさんは女性のお尻に関心があるのですかァ~?」と質問したのは、もっともな事なのですよ。。。


上の2枚のイラストは“白木屋お熊”という実在の女性を描いたものなのですか?


いや。。。 実は、僕が“白木屋お熊”さんは、こんな感じの女性ではないだろうかァ!?。。。 そう思って、“白木屋お熊”を話題にした記事に上の2枚のイラストを使ったのですよ。。。


つまり、最近 “白木屋お熊”の記事が人気があるのですかァ~?


そうなのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。



(liv70219d.png)



3) 『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』


4) 『白木屋お熊とセックス』


10) 『白子屋お熊事件』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の2月1日から19日までの約3週間の「人気記事リスト」です。。。 青枠で囲んだ3番、4番、それに10番に注目してください。



確かに、“白木屋お熊”を話題にした記事が人気記事リストの上位を占めていますわねぇ~。。。


でしょう。。。?! 試に、「白木屋お熊」を入れてGOOGLEで検索してみると次のような結果になるのですよ。。。



(liv70213a.png)



『拡大する』


『現時点での検索結果』



あらっ。。。 お尻のイラストが出てくるのですわねぇ~。。。



(ken203b.jpg)



そうです。。。 この画像をクリックすると次のページが出てきます。



(liv70213b.png)



『拡大する』


『白木屋お熊とセックス』



赤丸で囲んだページを表示をクリックすると次の記事が表示されるのですよ。。。



(liv60316e.png)



『拡大する』


『実際の記事』



でも、上の記事は人気記事リストでは4位の『白木屋お熊とセックス』ですよねぇ。。。 3位の『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』は、どういうわけで より人気があるのですか?



それは、もう一度次のページを見ると解りますよ。。。



(liv70213b2.png)


『拡大する』


『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』



上のページの赤い枠で囲んだ画像を見れば分かるけれど、大きな画像よりも注目を集めるイラストなのですよ。。。



つまり、赤枠で囲んだ画像をクリックすると『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』の記事に飛ぶのですか?


いや。。。 実は、そうじゃないのです。。。 でもねぇ~、『白木屋お熊とセックス』の記事の中に次の2つの画像が出てくるのですよ。。。


 


『白木屋お熊とセックス』



(echizen.jpg)



(ken001.jpg)


『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』



要するに、すぐ上の画像に興味が湧いてくるのです。。。 それで、ついつい引きずられて上のリンクをクリックして『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』を読むことになるのですよ。。。



だったら、『白木屋お熊とセックス』の記事の方が人気があるのではありませんかア!


確かに、そう思うのももっともです。。。 だけどねぇ~、それにもかかわらず『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』の方が人気があるというのは、画像検索して赤枠で囲まれたイラストを見つけて、それに惹かれて『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』を読む人が多いということを物語っているのですよ。。。


そうかしら。。。? わたしは違うと思いますわァ~。。。


どう違うのですか?


デンマンさんは、何が何でも次の画像が衝撃的な画像で、この画像を目当てに、『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』が人気があると断言していますけれど。。。



(ken001.jpg)



わたしは、むしろ大岡越前の画像を探して『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』を読む人が多いのだと思いますわァ~。



その証拠でもあるのですか?


ありますわ。。。 ちょっと次の検索結果を見てくださいなァ。。。



(yah70222a.png)



『拡大する』


『現時点での検索結果』



「大岡越前 徒然ブログ」と入れてYAHOO!で画像検索してみたのですわ。。。6,290件ヒットします。。。 その内の赤枠で囲んだ左上に デンマンさんが『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』の記事の中で使った大岡越前の画像が出てくるのですわァ。。。



マジで。。。?


赤枠で囲んだ大岡越前の画像をクリックすると次のページが表示されます。。。



(yah70222b.png)


『拡大する』


『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』



写真の下の赤枠で囲んだリンクをクリックすると、間違いなく『大岡越前とセックスと白子屋お熊事件』の記事が出てきますわァ。



なるほどォ~。。。 やっぱり、大岡越前の人気はすごいのですねぇ~。。。いい勉強になりました。。。


エロい画像ばかりに興味をそそられるネット市民ばかりではないのですわァ~。。。


僕も、エロい画像に興味を引かれているわけじゃないのですよ。。。


そうかしら。。。?


信じてください。。。お願いしますゥ。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-02-22 17:11

ばァ~の面影(PART 1)



 


ばァ~の面影(PART 1)


 



(grandma7.jpg)



(granma03.png)



(sayuri201.jpg)




(sayuri55.gif)


デンマンさん。。。 今日はデンマンさんのおばあちゃんの思い出ですか?



(kato3.gif)


いや。。。 僕の祖母の思い出は、まだ書く気分ではないのですよう。


どうして。。。?


あのねぇ~、実は、僕は“おばあちゃんっ子”だったのですよ。 ずいぶんと可愛がってもらったし、よく面倒を見てもらったものです。


だったら、デンマンさんのおばあちゃんの話をすればいいではありませんか!


でもねぇ~、僕の祖母とは、ある時期に とっても苦(にが)い思い出がある。 その“エグ味”のある思い出のために、僕はまだ素直な気持ちで書けないのですよ。 でもねぇ~、この話は、聞く人にとっては ある意味で実に面白い。 いつかは書かなければならないと僕は思っている。。。 祖母の鎮魂と、いたらなかった僕の“祖母(不)孝行”の償(つぐな)いのために。。。


デンマンさん! 思わせぶりなことを言ってないで おばあちゃんの面白い思い出を聞かせてくださいなァ~。


だから、それは もうしばらくしてから小百合さんに話しますよ。。。


では、いったい どういうわけで“ばァ~の面影”を取り上げたのですか?


ちょっと次のリストを見てください。。。



(wp70201a.png)



これは Denman Blog の1月31日の「人気記事リスト」ですよ。。。 赤枠で囲んだタイトルに注目して欲しい。。。



あらっ。。。『ばァ~の思い出』を読んだネット市民が2名居たのですわねぇ~。。。


そうです。。。 次の記事を読んだのですよ。。。



(wp40723e.png)



『拡大する』


『実際の記事』



。。。で、どういうわけで“ばァ~の面影”というタイトルにしたのですか?



やだなあああァ~。。。 ここまで話してきたら小百合さんの“ばァ~の面影”に決まっているでしょう!


あたしの“ばァ~”のことを語り合うのですか?


いけませんかァ~?


だってぇ~、わたしの“ばァ~”のことなど、この記事をお読みになっているネット市民の皆様には、全く興味がないと思いますわァ~。。。


あのねぇ~、人間である以上、誰にでもおばあさんが居るのですよ。。。 もう亡くなっているかもしれません。。。 でもねぇ~、思い出の中におばあさんはきっと面影として座っているはずです。。。 小百合さんも“ばァ~”はすでに亡くなっているけれど、思い出の中に座っているのですよ。。。 次のメールを読んでみてください。。。



仙台坂



(sayuri5.gif)


投稿日時: 2008/05/23 03:50 (ロンドン時間)
日本時間: 5月23日午前11時50分
バンクーバー時間: 5月22日午後7時50分




ん~ デンマンさん達の年代は麻布をオタク系の
集まりって思うの?


そんな高いビルに囲まれている町でもなく
大使館が多くて、だから ナショナルのスーパーが
あるのだけども


仙台坂って どうして仙台なんだろうね?
知ってる? イタリア大使館あたりのすごい坂
仙台に住んでた デンマンさん知ってる?



(sendaipk.jpg)


私が舶来グルメだなんて そんな! そんな…?
本当のグルメは飲茶は行きませんよ


ふかひれ や あわび 北京ダックを食べにいくのです。
バーガーキングなんていわず、フォアグラを分厚く
切ったのを ソテーして 食べてるんですよ。



(zenifry3.gif)


行田のゼリーフライが まずくて
食べられなかったとしても
きっと 時々 買いにいくでしょう。


ただ その時を 忘れないよう、思い出を買いにいくのです。
ゼリーフライが苦くて 口に合わなかったとしても
それは そうゆう物体として 体に入れるでしょう。
食べるとか 味わうとか でなくて。


朝ごはんはおいしいと思わず
ねむいのに無理に食べるというイメージで
学生の時からダメです。
たぶん 小学校の時も やっとでしたよ


ばー(おばあちゃん) が困って、パンにしてくれて
どうにか1枚たべて、絶対味噌汁は飲みません。
熱くて寝起きになんて飲めません。



(granma06.gif)


ばー は食べないと体がもたないよ。
ご飯を食べると ごくねつが出て体が 
ぽかぽか温まるんだよ。

…と 私に朝ご飯を食べさせる その仕事は大変
だったと いま 思いますが、
そのうち 中学 高校と 絶対食べませんでした。


これは イヤな思い出でニュアンスが違いますが
食べるというのは 美味しくて食べるのと
思い出を食べる 体に取り込むのと
薬のように がまんして 朝食を胃に入れる。
いろいろ なんですね。   


 



(sayuri15.gif)


小百合より




『麻布散歩』に掲載。
(2011年3月13日)



あらっ。。。 ずいぶんと古いメールではありませんか?



「絶対味噌汁は飲みません」という小百合さんの言葉が印象的でしたよ。 小さい頃の小百合さんは、ずいぶんと ばァ~をてこずらせたんだねぇ~。。。


そうですわねぇ~。。。 私も上のメールを読み返してみて、改めて祖母に大変な思いをさせたのだと思ってぇ、反省してますわァ。。。で、このことを言うために、わざわざ“梅干し番茶”を引用したのですか?


いや。。。 それだけじゃありませんよう。 小百合さんの“思い出を食べる”も僕の記憶にくっきりと残りましたよ。 当時次のように書いていましたからね。。。




こんにちは。デンマンですよう。


投稿日時: 2008/05/23 11:49 (ロンドン時間)
日本時間: 5月23日午後7時49分
バンクーバー時間: 5月23日午前3時49分




私が舶来グルメだなんて そんな! そんな…?


本当のグルメは飲茶は行きませんよ


ふかひれ や あわび 北京ダックを食べにいくのです。



(duck205.jpg)


日本で食べる北京ダックは高いらしいよね?
バンクーバーなら一人分4ドルか5ドルですよう。
3人で食べて15ドルぐらいでしたよう。
ロブソンストリートの“漢(ハン)”が安くてうまかった。


小百合さんがバンクーバーにやって来たら、
一緒に食べに行こうね。
そう言えば、しばらく北京ダックを食べてなかった。



(ducks03.gif)


なんだか、急に北京ダックが食べたくなってきましたよう。
うしししし。。。



(drinker2.gif)




(burger02.jpg)



バーガーキングなんていわず、フォアグラを分厚く


切ったのを ソテーして食べてるんですよ。



(din005.jpg)


うん、うん、うん。。。
ジューンさんが仔牛とフォアグラのローストをリクエストしたけれど、
これって、グルメの食べ物?
うしししし。。。



(bare02b.gif)


『仔牛とロマン - ジューンさんの仔牛と


フォアグラ・エピソード』





(zenifry3.gif)



行田のゼリーフライが まずくて食べられなかったとしても きっと 時々 買いにいくでしょう。
ただ その時を忘れないよう、思い出を買いにいくのです。


ゼリーフライが苦くて 口に合わなかったとしても
それは そうゆう物体として体に入れるでしょう。
食べるとか味わう とか でなくて。


“思い出を食べるグルメ”の小百合さんですからね。。。
分かります。。。分かりますよう。。。



(daibuts85.jpg)


“思い出の大仏”を食べましょうね。




(eatmar.jpg)




(yawn12.gif)



朝ごはん はおいしいと思わず
ねむいのに無理に食べるというイメージで
学生の時からダメです。


たぶん 小学校の時も やっとでしたよ
ばー(おばあちゃん) が困って、パンにしてくれて
どうにか 1枚 たべて、 絶対味噌汁は飲みません。
熱くて 寝起きになんて 飲めません。


ばー は食べないと 体がもたないよ。ご飯を食べると
ごくねつ が出て 体が ぽかぽか 温まるんだよ。
と 私に朝ご飯を食べさせる その仕事は大変
だったと いま 思いますが、
そのうち 中学 高校と 絶対食べませんでした。


小百合さんは育てるのが難しい女の子だったのだろうねぇ~
小百合さんからは、おっとりとした優しいイメージを僕は感じることが多いのだけれど、かつて、小百合さん自ら、“気の強いところがある”と意外な事を言ったので、朝食がダメ、と言うのもその表れなのかな?
そう思っていますよう。


僕の知らない気の強い面を持ってるのでしょうね?


“そんなカワイイわけないでしょう!”


小百合さんがそう書いていたけれど、
小百合さん自ら、“気の強いところがある”と意外な事を言うほどだから、自分の意識の中では“気の強い女”としての自負があるのかもね?
可愛い女よりは、むしろ気の強い女だと、小百合さんはそんな風に思っているのかもしれないね。




これは イヤな思い出でニュアンスが違いますが
食べるというのは 美味しくて食べるのと
思い出を 食べる 体に取り込む のと
薬のように がまんして朝食を胃に入れる。
いろいろ なんですね。   


 
うん、うん、うん。。。
小百合さんが味噌汁を飲まないのは意外でした。
やはり、そういうところが気が強いのと関係あるのかな?


ばーは小百合さんの面倒を見るのに苦労した訳なんだ。
うししししし。。。



でも、小百合さんにとっては優しいおばあちゃんだったんだろうね。
僕もおばあちゃん子だったから、ずいぶんとわがままをしましたよう。
でも、味噌汁は好きでしたね。


子供の頃、何を嫌いだったのだろうか?
すぐに思い出せないから。。。あまり嫌いなものはなかったようですよう。


今、嫌いなものですぐに思い出すのは韮(ニラ)ですよう。
下宿でニラを味噌汁の中に毎日入れたのですよう。
1センチか2センチぐらいに短く切ればいいと思うのに、
7センチか8センチに切ってあるのですよねぇ~。


ニラは意外に繊維質なんですよね。
熱を加えても、やわらかくならないのですよう。


僕はニラ自体が嫌いな訳じゃないのですよう。
みじん切りにして餃子などに入れるのなら、むしろ旨いと思って食べられます。
ところが、8センチぐらいに切ったニラを味噌汁の中に入れると、雑草を食べているような違和感があるのですよね。
あの触感(食感)がダメでした。



(nira12.jpg)


これは韮となめこの味噌汁です。
旨そうでしょう?
これならば、僕だって口を付ける気になりますよう。


でも、僕が飲まされた韮の味噌汁は、なめこなどは入っていませんでした。
韮が古くなって少し黄色みを帯びているのですよね。
だから、大根の古いのを食べているときのような、あの根っ子を食べている触感が舌にザラザラ感じるのですよう。
実にイヤ~な感じですゥ。


僕のお袋は味噌汁にはニラを入れなかった。
ネギ、大根、ジャガイモ、豆腐、。。。
味噌汁は、そういうものだと思い込んでしまったから、
ニラの入った味噌汁を飲むのは、小百合さんが書いたように
“薬のように がまんして朝食を胃に入れる”感じだったのですよう。


素人下宿で僕だけが下宿人ならば、おばさんにニラは入れないでくれ、と言えるけれど、僕が居た下宿は玄人下宿で多い時には30人ぐらい下宿人が居たのですよう。


だから、ニラを入れないでくれとは言えませんでした。
現在の僕ならば言うけれど、その当時は気の弱い優男(やさおとこ)だったのですよう。
うへへへへ。。。


それで、ニラがすっかりイヤになってしまったのですよう。
もちろん、イヤだとは言っても好き嫌いのない僕だから食べる気になれば食べられます。


でも、あの下宿時代の悪い思い出のために、
ニラを食べる時は、“薬のように がまんして胃に入れ”なければならないようになってしまったのです。


だから、未だに自分でニラを買ってきて料理する気になれないですよね。
嫌いになった食べ物は、このニラだけです。


僕の子供の頃は旨いものって、身の回りにあまりなかったのですよ。
子供の頃はゼリーフライをゼニ(銭)フライと呼んでいたものです。
お祭りの時に屋台を引っ張ってきて、その屋台で老人夫婦がゼニフライを揚げて売っていたのですよう。
一枚5円でしたよう。うへへへへ。。。


旨かったですねぇ~。
その老人夫婦の顔は今でもはっきりと思い出すことができますよう。
まるで昨日のように。。。


あの味も今、口の中によみがえってきたほどです。 yam,yam,yummy...
実は、ゼニフライは、その老人夫婦が作っていたもの以外は食べた事がないのですよう。


必ずお祭りの時と決まっていたので、
僕にとってゼニフライはお祭りの味なんですよう。
メチャ、懐かしいですよう。
かどやのゼリーフライは、おそらく屋台で揚げたゼニフライとは味が違うと思いますよう。


でも、小百合さんが手紙につけた「かどや」のゼリーフライのソース。




(sayuri2.gif)


前略


かなり急いでやって来たので


なんとなく急(せ)いてます。


まだ、小旅行の途中ですが、


小切手同封します。



アレぇ~~


ちょっと慌てたので


ついてしまいました。


上のシミ、何だか分かりますか?


ゼリーフライのソースです。


うふふふふ。。。


食べながら書いているのが


バレてしまいましたね。


代わりの便箋がないので


この便箋で送りますよう。


急ぎます。


駆け足。。。駆け足。。。


どこの郵便局から送ったか?


分かりますか?


分かりますよね?


うふふふふ。。。


早々


小百合より。


2008年5月1日




『メルヘンの夢とロマン』より
(2008年5月10日)


(kitty2.jpg+shimi5.gif)


だから、これから「かどや」のゼリーフライを食べる時、僕には間違いなくその思い出の味が加わるはずです。


ニラは下宿時代に嫌いにさせられたけれど、
それに代わって、現在、小百合さんがニラに代わる思い出の味、「かどや」のゼリーフライを僕に与えてくれたようなものですよう。
うしししし。。。



そう言う訳で、小百合さん、ありがとう!
小百合さん、ばんざ~♪~い!


じゃあね。


デンマンでした。



(byebye.gif)




『思い出を食べる』より
(2008年5月30日)



またまた、古い記事を持ち出してきましたわねぇ~。。。



そうです。。。そうです。。。 小百合さんの“ばァ~”のおかげで、僕も久しぶりに思い出を食べましたよ。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-02-04 03:54

人間としての誇り(PART 1)

 

人間としての誇り(PART 1)

 



(evolute03.jpg)


(down11.gif)


(atombomb.jpg)


(down11.gif)


(evolute02b.jpg)


(laugh16.gif)





(june001.gif)

あらっ。。。 なんだか意味シンなイラストですわねぇ~。。。。 うふふふふふふふ。。。


(kato3.gif)

ジューンさんにも解りますかァ~?

つまり、人類は進化し過ぎたのはいいけれど、心は昔のままで。。。 闘争本能に駆られて、ゆくゆくは原爆か水爆で自滅する。。。 それならば、まだ豚に進化した方がましだということですわねぇ~。。。

ジューンさんは、意外に推察力があるのですね。

そのくらいのことは、この記事を読んでいる日本語が解る世界のネット市民の皆様にも簡単に解りますわよう。

でもねぇ~。。。 意外にオツムが良いと思われている人の中に、こんな簡単なことが理解できない人がいるのですよう。

あらっ。。。 マジで。。。?

ちょっと次のリストを見てください。


(ame40826z.png)

『拡大する』



最近の僕の記事では次の記事がダントツで“いいね”をもらったのですよ。


(ame40816e.png)

『実際の記事』



上の記事を読んだ人が他の記事と比べて たくさんの“いいね”を付けたということが「人間としての誇り」と関係あるのですか?



もちろんですよう。。。 それを言うために わざわざ“いいね”リストを貼り出したのですから。。。

でも、“いいね”を付けたのは たったの11人でしょう!?

あのねぇ~、確かに 11人は多いとは言えない。 でもねぇ~、他の記事と比較する時に 多くの人が『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』という記事を読んで賛成の意を表してくれたのですよ。 そう思いませんか?

なるほどォ~。。。 そう言われてみれば、そうですわねぇ~。。。 で、その“とっちゃん坊や”というのは誰なのですか?

やだなあああァ~。。。 上の記事で僕と対談しているのがジューンさんなのですよ。 もう忘れてしまったのですか?

この記事を初めて読む人もいるでしょう! だから、わたしが その人たちに成り代わってデンマンさんに尋ねているのですわ。 (微笑)

ジューンさんも、なかなか芸がこまかいですねぇ~。。。 じゃあ次の小文を読んでみてください。


「日本人の誇り」を回復するのに

何が必要か



(tokko09.jpg)

「日本人の誇り」を回復するための必然的第一歩は、戦勝国の復讐劇にすぎない東京裁判の断固たる否定でなければなりません。

 (中略)

その上で第二は、アメリカに押し付けられた、日本弱体化のための憲法を廃棄し、新たに、日本人の、日本人による日本人のための憲法を作り上げることです。 (略) 国家の主柱たる憲法に嘘があるからです。
「嘘があってもいいではないか。
戦後の経済発展は軍備に金をかけず経済だけに注力したからではないか」
という人もいます。
これも真っ赤な嘘です。
戦前のドイツ、日本、戦後の韓国や台湾、近年の中国など、毎年GDP比10%、あるいはそれ以上の軍備拡大をしながら目覚しい経済発展を遂げたからです。
軍備拡大とはある意味で景気刺激策とも言えますから、むしろ当然です。

次いで、第三は、自らの国を自らで守ることを決意して実行することです。 (略) 少なくとも一定期間、自らの力で自国を守るだけの強力な軍事力を持った上で、アメリカとの対等で強固な同盟を結ばなければなりません。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




246-247ページ 『日本人の誇り』
著者: 藤原正彦
2011年4月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋




つまり、上の本の著者の藤原正彦さんは、日本を滅ぼす“とっちゃん坊や”の一人だとデンマンさんは言うのですか?



いや。。。 僕が言っているというよりも、『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』という記事を読んだネット市民の皆様の中に、そう思った人たちがいたのですよ。 その人たちが“いいね”をつけてくれたわけです。 ジューンさんが指摘したように 11人は確かに少ないけれど、でもねぇ~、他の記事と比べたらダントツですよ。 

それで、改めて デンマンさんは、こうして再び記事で取り上げる気になったのですか?

いけませんか?

。。。で、「日本人の誇り」じゃなく、「人間としての誇り」としたのはどういうわけですか?

あのねぇ~、いつまでも日本人に拘(こだわ)っている場合じゃないのですよ。 今やネットの世界を見ても、国境を越えて ネット市民の皆さんが丸く手をつなごうとしている。 それは僕のブログ一つだけをとってみても言える事です。

 

海外からのアクセス

 


(wp40825map.png)


(wp40825.png)

『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』

on Denman Blog




つまり、105ヵ国に住んでいる日本語が解るネット市民の皆様がデンマンさんの記事を読んでいる。 その方たちは“日本人の誇り”というよりも“人間としての誇り” “ネット市民としての誇り”を持って世界のネットをやっているとデンマンさんは言いたいのですか?



上のリストが充分にその事実を語っているとジューンさんは思いませんか?

でも、ちょっと飛躍しすぎているのではありませんか?

じゃあねぇ~、とりあえず藤原正彦さんが書いた次の小文を読んでみてください。


苦境を克服してこそ

高みに達する



(shinsai2.jpg)

今度の東北関東大地震でも、このような混乱時にはどこでも起こる略奪が極めて少なく、秩序がきちっと保たれていること、冷静にじっと耐える被災者を国民がこぞって助けようとしていること、などは世界中から賞賛されています。

原発への放水の際に見せた消防隊や自衛隊の決死的行動は海外の新聞で「ヒーロー」と一面トップを飾りました。
「これから原発に行く」とメールで妻に告げた消防隊長に、「日本の救世主になって下さい」と一行の返答が届いたそうです。
日本人は、まだ日本人だったのです。

日本人特有のこの美感は普遍的価値として今後必ずや論理、合理、理性を補完し、混迷の世界を救うものになるでしょう。
日本人は誇りと自信をもって、これを取り戻すことです。
これさえあれば我が国の直面するほとんどの困難が自然にほぐれて行きます。
さらに願わくば、この普遍的価値の可能性を繰り返し世界に発信し訴えてゆくことです。

スマイルズは前述の書で次のように言いました。
「歴史を振り返ると、国家が苦境に立たされた時代こそ、最も実り多い時代だった。
それを乗り越えて始めて、国家は更なる高みに到達するからである」(藤原訳)

現代の日本はまさにその苦境に立たされています。
日本人の覚醒と奮起に期待したいものです。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




248-249ページ 『日本人の誇り』
著者: 藤原正彦
2011年4月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋




藤原さんは「日本の救世主になって下さい」という妻の意識が日本人特有のこの美感と言うけれど、これは決して日本人に限ったことではない。 言わば、全人類の「人間特有の美感」なのですよ。



その証拠でもあるのですか?

ありますよ。 実は、7月8日に僕はバンクーバー市立図書館で DVD を借りて次のドキュメンタリーを観たのですよ。


(lib40826.png)

『実際のカタログページ』


(pray01.jpg)


(pray02.png)



この「日本のために祈る」のは日本人だけじゃないのですよ。 世界の人たちの祈りなのです。 実は、この記録映画は日本人が制作したのじゃなくて、アメリカ人のStuart J. Levyさんがプロデューサー兼監督として作ったのです。 この映画に協力した人、また映画に出演した人たちはすべてボランティアで、しかも、この映画の売り上げは、すべて震災の復興のために寄付されるのですよ。





そういうわけで、この映画には日本に住んでいる外国人、日本に永住権を持っている海外からの移民の人たちがたくさん出てくるのです。



つまり、海外からの暖かい援助の手もたくさん差し伸べられているということですか?

そういうことですよ。 要するに、国境を越えた人々のつながりがすでにある。

でも、戦争や紛争が絶えないですよね。

あのねぇ~、よ~く考えてください。 一番戦争をしたいのはアメリカのエスタブリッシュメントなのですよ。

なんですか。。。 そのアメリカのエスタブリッシュメントというのは。。。?

ケネディー大統領を暗殺した“アメリカン・エスタブリッシュメント” またの名を Military-industrial-Pentagon complex。 この人たちは軍事力こそ、平和のシンボルだと考えている。 だけど、それこそ地球を滅ぼす考え方なのですよ。 よ~く考えてみてください。 もし戦争をやめよう、仲良くしよう。 そうやって、世界の市民が結束したらどうなるか?

どうなるのですか?

アメリカは膨大な軍事力を抱えている。 平和になって、軍隊がいらなくなったら、数千万のアメリカ兵は失業してしまう。 しかも、何兆円という利益を上げている軍需産業が要らなくなたら、軍需工場で働いている何千万という人たちは失業してしまう。 国防総省(Pentagon)も要らなくなたら、そこで働いている役人の行き場がなくなる。 戦争のない平和な世界が出現すると、アメリカは膨大な失業者を抱えることになるのですよ。

要するに、平和を維持してゆくという大義のために、アメリカは軍隊を保持しなければならない! そのことをアメリカ国民に説得するためにも、世界は紛争と騒乱に満ちていた方がよい。 CIAが、そのために、各地で工作していると、デンマンさんは言うのですか?

いや。。。 僕が言っているわけじゃなくて、CIAの歴史をちょっとばかり見れば、そういうことだとすぐに解るのですよ。 例えば、ケネディー大統領はベトナム戦争を何とかして終わらせなければならない! そういう方針を立てた! ところが、そうなっては困るというPentagon のお偉方が、中心になって暗殺計画を立てた。 未だに、ケネディー大統領の暗殺関連ファイルは、公開されていない。 なぜか。。。?

でも、情報公開法に基づいて公開されたと聞いていますわ。

一部はねぇ~、でも重要なファイルは未だに公開されてない。 FBIが証拠隠しに賢明に協力していた! おそらく、公開されてはまずいファイルは、もうすでに焼却されているでしょう。 第一、アメリカのエスタブリッシュメントがケネディー大統領暗殺に関わっていなかったら、とっくの昔に、暗殺関連ファイルは公開されていたはずですよ。 ジューンさんは、そう思わないのですか?

なるほどォ~。。。

知っている人はすでに知っているのですよ!


(jfk999.jpg)





だから、藤原さんが言うように「自らの力で自国を守るだけの強力な軍事力を持った上で、アメリカとの対等で強固な同盟を結ばなければなりません」という事を主張することは、アメリカの思う壺にはまることに他ならない!



じゃあ、どうすればよいのですか?

だから、世界のネット市民は地球人として国境のない“非暴力”の世界を望んでいるのですよ。


(gandhi.jpg)


(mking.jpg)


(dalai02.jpg)


(aungsan.jpg)



だから、ネット市民の私たちも、“非暴力主義”で、武器を排除し、平和な世界を目指して、国境を越えてネット市民の輪を広げてゆこうということですか?



その通りですよ。



(laugh16.gif)

 (すぐ下のページへ続く)
[PR]
by denman705 | 2014-08-27 03:08

大量デジカメ写真の整理


 
大量デジカメ写真の整理



こんにちは。ベティーです。
お元気ですか?

夏休みで、デジカメで写真を撮る機会も多くなりますよね。
その写真をあなたのパソコンのディスクに保存してゆくと
いつの間にか大量のデジカメ写真がフォルダの中に一杯になってしまいます。

一つのフォルダにまとめていたデジカメ写真を整理しようと思ったけど多すぎて。。。
なんて思ったことがありませんか?

一枚ずつ見て分けるのは大変だし、
整理しようと思っていたのに、いっぺんで嫌気がさしてしまった。

こんな経験ってありませんか?

大量のデジカメ写真を整理するのに簡単にやれる方法がないのかしら?
あなただって知りたいでしょう?

フォルダの中に増え続けるデジカメ写真。
整理するのも一苦労ですよね。
そんな大量の写真を、撮影日で分類するカンタン整理方法があります。

興味ありませんか?
もし、簡単に整理したいのならば、ぜひ次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

■ 『大量のデジカメ写真を賢く整理する方法』

もちろん、無料ですよ。
登録する必要もありません。
読んですぐに使えますよ。

これで、あなたの大量のデジカメ写真も見やすくなりますよう。
簡単整理術をマスターして、あなたのデジカメ写真をより楽しんでくださいね。



Good luck!

バ~♪~イ


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク





■ 『今すぐに役立つホットな生活情報』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』



■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



■ 『バンクーバーの寒中水泳』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『漢字馬鹿さん元気?(2009年3月25日)』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、

また現れましたわ。

やっぱり、ベティーさん

ぱっかりに任せていると

退屈するのよねぇ~。

それで。。。つい、つい、

出て来てしまうので

ござ~♪~ますわよ。

ええっ、余計な事は言わなくてもいいから、

さっさと言いたいことを言って消えろ!

あららあああぁ~

あなたはそのような厳しいことをあたくしに

言うのでござ~♪~ますか?

いけすかないことォ~♪~

分かりましたわ。

では、今日の一言を。。。

うふふふふ。。。

Keep your face to the sunshine

and you cannot see the shadow.

--- Hellen Keller




常に明るい事を考えるのよ。

そうすれば暗く落ち込む事は無いのよね。


あたくしは、このように訳しました。

あなたなら、どう訳しますか?

素晴しい訳があったら教えてくださいませ。

ヘレン・ケラーはあなただって知ってますよね。

1880年6月27日に

アメリカのアラバマ州で生まれました。

生後19か月のときに熱病にかかり、

医師と家族の懸命な治療によりかろうじて

一命はとりとめたのです。

でも、聴力と視力を失い、

話すことさえできなくなってしまったのです。

この事から、両親から

しつけを受ける事の出来ない状態となり、

非常にわがままに育つ事となってしまったのです。

1887年、彼女の両親

アーサー・ケラーとケイト・ケラーは

聴覚障害児の教育を研究していた

アレクサンダー・グラハム・ベル(電話の発明者)を訪れ、

彼の紹介でマサチューセッツ州ウォータータウンにある

パーキンス盲学校の校長アナグノスに

手紙を出しました。

家庭教師の派遣を要請したのです。

派遣されてきたのが、

同学校を優秀な成績で卒業した

当時弱冠20歳のアン・サリヴァン(通称アニー)でした。

彼女はその後約50年にもわたってよき教師として、

そして友人として、ヘレンを支えていくことになるのです。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ~♪~イ。





[PR]
by denman705 | 2011-08-06 08:20

知ったかぶり屋

 
知ったかぶり屋



こんにちは。
いつも元気なジューンですよ。
ご機嫌いかがですか?
夏風邪は長引きます。
風邪をひかないように、気をつけてくださいね。

ところで知識を蓄えて、
そのことを自慢しすぎる人のことを“知ったかぶり屋” とか
“知ったかぶり” と言って日本語ではちょっと蔑(さげす)みますよね。

英語にも似た表現があるのですよ。
なんと言うかご存知ですか?

面白い言い方なんですよ。
ぜひ覚えておいてくださいね。

a know-it-all

このように言うのですわ。
直訳してみて、なるほどォ~、と思うでしょう!
実にうまい言い方だと思いますよね。

この複数形はどうなるのでしょうか?

know-it-alls

こう言うのですわよ。
マジで。。。うふふふふ。。。

“知ったかぶり屋の”という意味で形容詞としても使われます。
また、自動詞として使われることもあります。
知ったかぶりをしている、とか 利口ぶる、という意味になります。

では、どのように使われるのか?
ちょっと見てみましょうね。




John is a know-it-all jerk

ジョンは知ったかぶりをした(利口ぶった)ばかな奴だわ。






Mary always wears a know-it-all look.

メアリーっていつだって物知り顔なのよねぇ~。




Jim keeps up his know-it-all attitude.

ジムは知ったか振りな態度を取り続けているわ。




I am tired of that know-it-all boss!

あの知ったかぶり屋の上司にはもううんざりだわ!




I thought that he was just like a cocky, know-it-all.

私には彼がお高くとまった知ったかぶりの人間に思えたわ。




There he goes again...Mr. Know-it-all.

出たわよ、まただわぁ~。。。あの知ったかぶり屋よ。




Ted turns out an insufferable know-it-all.

テッドは鼻持ちならない(ごう慢な)知っ高ぶり屋だという事が分かったわ。


どうですか?
こういう使い方って面白いでしょう?

あなたも英語をおさらいしてみませんか?

ええっ?
時間もないしお金もないの?
だったらね、時間もお金もあまりかけずに英語を勉強する方法があるのよ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『あなたの国際化をサポートしてくれる無料英語学習サービス』

ネットをやっているあなたなら、いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。
明日から始めることが出来ますよ。



ええっ?英語もいいけれど、それよりも、人生にプラスになるような真面目に付き合いたい異性の相手が欲しいの?
何で。。。急に英語から男女交際の話になるの?
ちょっと飛躍していると思わない。。。?

でも、あなたがその気ならば良いところを紹介しますよ。
次のリンクをクリックしてみてね。

■ 『あなたが素敵な相手を見つけることができる真面目な結婚サイト ガイド』



どうせ、付き合うのなら、家庭を持つべき相手。。。
そのような人を探すべきよね。
遊びだけの付き合いもいいけれど。。。
人生にプラスになるような付き合いならば、やっぱり素敵な結婚相手を見つけることですよね。
では、あなたの幸運を祈っていますよ。



Good luck!

バ~♪~イ


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』



『弘中先生と熊谷(2009年9月6日)』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』



『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』



『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』



『バンクーバーの寒中水泳』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』




おほほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、また現れましたわ。

ええっ、何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

ワーホリしたいのですわよ。

とにかく、まず、レンゲさんのように

バンクーバーに行こうと思うので

ござ~♪~ますのよ。

あたくしだけこのようなダサい

十二単(じゅうにひとえ)なんか

着せられて、こうしてブログに顔を出すのって

少し飽きてきましたわ。



あたくしもレンゲさんのようにナウいレオタードを身に付けて

かっこよく登場したいのでござ~♪~ますのよ。

でも、あまりグチを言うと

デンマンさんに叱られてしまうので、

これぐらいにしますわ。

ちょっとこの面白い写真見てよ。



このオニイチャン、デレデレしているでしょう?

きれいなお姉さんに首っ丈(くびったけ)なのよね。

ちょっと笑い出したくなるでしょう?

笑って言いのよう!うふふふふ。。。

あなたも、笑って幸せな気分になってね。

そういうサイトがあるのよう。

ちょっと覗いてみたら。。。?

じゃあね、次のリンクをクリックして覗いてみてよ。

『あなたのための、笑って幸せになれるサイト』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ~♪~イ。





[PR]
by denman705 | 2011-07-19 08:26

ん?空っぽの席?




ん?空っぽの席?



こんにちは。
ごきげんいかがですか?
いつもニコニコ元気の良いジューンです。

空っぽの席って誰も座っていない席のことですよね。
英語に直訳すると empty seat ですよね。

では次の日本語を英語に訳す時
あなたは次の2つの文章のうちどちらを選びますか?


1) Is this seat empty?

2) Is this seat taken?



ところで、ドレスコードと言うのが
欧米のレストランにはありますよね。
T-シャツとジーンズをはいて
高級レストランへ行くと、
まず断られてしまいます。

元々は欧米の服装
についての決まり事ですよね。
服装には「フォーマル」、
「インフォーマル」、
「カジュアル」の3種類があります。

フォーマルなら男性の場合は、
タキシードまたは
ダークスーツにネクタイ。

女性の場合は、
イブニングドレスや
カクテルドレスですよね。

シャロンさんがこうして着ているのが
イブニングドレスです。

高級なレストランやクラブなどでは
こうしてドレスアップしてゆく
“ハイクラスな”人たちがいます。

でも、私は個人的には
このようなイブニングドレスは好きになれません。
なんとなく窮屈でしょう?
それにスノビッシュな感じが漂ってしまいますよね。

つまり、“上品を装う”
“上流を気取る”ような。。。

ドレスコードは、もともと、
そのようなために出来上がったのではないでしょうか?
T-シャツやジーンズは労働者の服装なのですよね。
だから、支配階級の人たちが
労働者を締め出すために作ったのが
ドレスコードではなかったのか?
階級社会の遺物でしょうね?
私はそのように思っているのです。

でも、たまには気晴らしに、
思いっきりドレスアップするのもよいかもしれませんよね。
たとえば、クルーズなどで、
お洒落を楽しみながらディナーテーブルで贅沢を楽しむ。





日本では余りドレスコードについて厳しくは無いですよね。
大体、日本人は外食する時には、ほとんどの人が“よそ行き”の服装をします。
だから、ドレスコードなどの決まりを設けなくても、
“よそ行き”がすでにドレスコードになっているのかもしれません。

ところで、上の英文ですが、

正解は2番です。

2) Is this seat taken?

このように言うのですね。
もちろん、empty を使っても意味は通じます。

Is this seat occupied?

。。という人もいます。
でも、圧倒的に taken を使う人が多いですよ。
つまり、それが英語らしい英語です。

こういう英語は経験で覚える事が最も忘れにくいですよね。
そういうわけで、最も効果的な方法は英語が話されている国へ行くことです。

ええっ?

時間もないしお金もないのですか?

そう言うあなたのために、無料であなたがどこにいても
国際語を勉強できるような無料サービスを紹介しますね。

ネットをやっているあなたなら、
いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。

次のリンクをクリックして試してみてくださいね。

『あなたの国際化をサポートしてくれる無料英語学習サービス』

何事も一歩を踏み出すことが大切ですよ。
あなたも知っている通り、“万里の道も一歩から”ですからね。。。
じゃあ、頑張ってくださいね。
応援していますよ。

Good luck!

バ~♪~イ



クルーズに興味があるのだったらぜひ次のトラベルガイドを見てくださいね。

■ 『あなたのための メチャお得な トラベル ガイド』

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわぁ。

恒例になりましたわああああ。。。

もう、イヤ~~、なんて

言わないでよね。

やっぱ、

十二単(じゅうにひとえ)って

ダサいですわよね?

これって、やっぱり

ドレスコードに反するでしょう?

こんなのを着て外を歩けないし、

これでレストランの中を歩き回ったら、

テーブルをひっくり返してしまいますわよ。

おほほほほほ。。。

脱げばよいじゃないかと

おっしゃるのですかぁ~?

いいえェ~~

脱げませんことよゥ~。

だって、これって、あたくしの

トレードマークのようなモノですからね。

おほほほほ。。。。

あなたも国際語を感覚で身に着けてくださいね。

あたくしもジューンさんに言われて

面白楽しく感覚で英語を

身につけたのでござ~♪~ますわよ。

ええっ?英語を感覚で学ぶって、

どういう事かとお聞きですかぁ~?

それならね、『英語を勉強しないでね』という

9月11日の記事を読んでくださいね。

面白い記事ですわよ。

あたくしも、その中に出てくるのですわよ。

あなたも、できるだけ英語が話されている現地で

楽しく国際語を身につけてくださいましね。

でも、日本の良さも見失わないようにね。

そういうわけですから

『新しい古代日本史』サイトも

よろしくね。

ホントに見てね。

ダメよ、生返事して、この場を誤魔化そうとしたら。

お願いだから見てね。

うふふふふふ。。。。

あたくしがマスコットギャルをやってるので

ござ~♪~ますのよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バーィ!



[PR]
by denman705 | 2006-10-11 20:22

お手紙下さいね




お手紙下さいね



こんにちは!
ジューンです。
ごきげんいかがですか?

お手紙もらうのってうれしいものですよね。
でも、最近手紙を書くことってなくなったでしょう?
あなたはどうですか?

Eメールはたびたび書いているかも知れませんよね。
だけれど、お手紙を書くことってほとんどないでしょう?

もちろん、お友達からEメールをもらってもうれしいものですけれど、
ジャンクメールの洪水に会うのは困ったものですよね。



こうなったら、本当に困ってしまうでしょう?
うふふふふふ。。。。

ところで、“落ち着かれたら、必ずお手紙をくださいね”
。。。と書く時、次の英語のどちらの方が英語としてふさわしいと思いますか?

1) Be sure to give me a letter after you get settled.

2) Be sure to write me a letter after you get settled.





いかがですか?
お分かりになりましたか?

正解は2ですよ。

write を使って次のように言うのです。

Be sure to write me a letter after you get settled.

お友達が引っ越してゆく時などの別れる場面で使われる、いわば決まり文句です。

“ください” と言っても give ではなく write を使うのがポイントですよ。

give me a letter ではないのですね。

手紙の場合は、write me a letter になります。

あるいは、

write a letter to me ですよ。

write me、あるいは write to me でもOKです。

「一筆ください」とカジュアルに言うのなら、

drop me a line

。。。という言い方もありますよ。

でもね、 「お電話をください」は

give me a call

。。。このように言うのです。

もちろん、write を使って write me a call とは言えませんよね。

機械的に単語単位で訳すのではなく、文脈によってベストな表現を探そうとする努力が大切ですよね。

自然な表現を選ぶと一口に言っても、それがなかなか難しいのです。
豊富な表現力が必要ですし、ベストな表現を生み出すには推敲が必要です。
つまり、英語だけではなく、日本語の表現力を磨く事も重要なんですね。

あなたもグローバル化に備(そな)えた英文の訳し方を考えてみたらいかがですか?

ところで、あなたも翻訳に挑戦してみませんか?

ええっ?英語もよくできないのに翻訳などできません?

でも、もし、翻訳の勉強をしながら、お金がもらえるとしたらどうですか?

“うっそォ~~、本当にほんと?”

そうなんですよ。本当なんですよ。
報酬を受け取りながら、翻訳者になるための勉強ができます。

翻訳学校でも、通信教育でも、費用がかかることはあっても、
報酬を受け取ることのできる勉強方法はありませんよね。
この翻訳の在宅インターンなら、
全ての仕事に文字通り「仕事」として対価が支払われます。
あなたもプロ翻訳者になることができるんですよ。

どんなスクールで勉強しても、
その結果は翻訳者として活躍できるようになるか、
そうではないかの二つに一つしかありませんでしたよね。
この翻訳の在宅インターン制度を利用すると、
翻訳者になる為の道のりがステップバイステップで明確になります。

欲しくても得ることのかなわなかった「翻訳の実務経験」が、
経験ゼロから得られるようになりますよ。
翻訳の在宅インターンご登録に付随する費用は一切ありません。
もし、興味があったら次のリンクをクリックしてみてくださいね。

『家に居て、翻訳の勉強しながらお金をもらいませんか?』

何事も一歩を踏み出すことが大切ですよ。
世界的な諺に次のようなものがありますよね。
「万里の道も一歩から」
じゃあ、がんばってね。
Good luck!
バ~♪~イ





あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわぁ。

恒例になりましたわああああ。。。

もう、イヤ~~、なんて

言わないでよね。

やっぱ、

十二単(じゅうにひとえ)って

ダサいですわよね?

夏場は大変でしたわよゥ~。。。

でも、やっとしのぎやすくなりましたわ。

あたくしも一息ついているところで

ござ~♪~ますわよ。

おほほほほほ。。。

あなたも国際語を感覚で身に着けてくださいね。

あたくしもジューンさんに言われて

面白楽しく感覚で英語を

身につけたのでござ~♪~ますわよ。

ええっ?英語を感覚で学ぶって、

どういう事かとお聞きですかぁ~?

それならね、『英語を勉強しないでね』という

9月11日の記事を読んでくださいね。

面白い記事ですわよ。

あたくしも、その中に出てくるのですわよ。

あなたも、できるだけ英語が話されている現地で

楽しく国際語を身につけてくださいましね。

でも、日本の良さも見失わないようにね。

そういうわけですから

『新しい古代日本史』サイトも

よろしくね。

あたくしがマスコットギャルをやってるので

ござ~♪~ますのよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バーィ!

[PR]
by denman705 | 2006-09-30 17:59




不倫にこだわってないわ
 









道徳



意識された道徳が

ますます私をダメにする

自分の中身をダメにする

汲んでも汲んでもこぼれる水




by レンゲ

2005/03/13

『わたしのキャンディ』より


今日は、あたしの詩を持ち出してきてイジメるのですか?

ちがいますよ。違いますよゥ。。。僕はレンゲさんがすばらしい人だと信じているからこそ、レンゲさんに幸せになって欲しいんですよ。

いいえ、デンマンさんは口先だけですわ。

僕はマジですよ。

本当にマジなら、どうしてデンマンさんがあたしを幸せにしてくれないのですか?

僕はすでに家庭を持って居るんですよ。日本でもカナダでも、重婚は犯罪なんですよ。。。犯罪である以上、僕が離婚しない限りレンゲさんと法律的に家庭を持つ事は出来ないんですよ。レンゲさんだって分かっている。僕がどうして上の詩を持ち出してきたか分かりますよね?

分かりませんわ。そのような回りくどい言い方じゃなくて、はっきりとおっしゃってくださいな。

“道徳”を“不倫”に変えればいいんですよ。レンゲさんだって、不倫が幸せをもたらさないことぐらい分かっている。だから、冷静になって考える時、レンゲさんは上の詩を作りながら悩むわけですよね?違いますか?

デンマンさんは、あたしの詩をそのように解釈したのですわね?

そうですよ。レンゲさんは不倫から学んだはずですよね。違いますか?何度も取り上げるようだけれど、レンゲさんは忘れてしまうようですね?レンゲさんは不倫した事を後悔していたはずですよ。あの苦い経験から何かを学んだはずでしょう?


長い不倫生活の果てに、

得られたものは、

負の遺産ばかりでした。





2004-07-21 10:11:08

一度の関係で
終わろうと思っていました。

してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、
セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。

結局わたしたちは、
不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは
苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は
心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。

その時点ではその言葉は、
彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、
彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも...
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。

そして、それと同時に
彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも
嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、
妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、
どうすればいいのかわからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、
今でも情けなくなります。


わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

by レンゲ




『不倫の悦びと苦悩』より


もちろん、僕はレンゲさんばかりを責めるつもりではないんですよ。最近の週刊誌を読んでも。。。

あらぁ。。。デンマンさんも日本の週刊誌を読むことがあるのですのォ~?

僕は日本の週刊誌を買って読んだことはありませんよ。

だって、“最近の週刊誌を読んで”とおっしゃっているではないですかぁ~

1週間ほど前に僕の知り合いが日本からやってきたんですよ。

卑弥子さんですのォ~?

違いますよォ~。やだなあぁ~~、最近、卑弥子さんがバンクーバーへ来たいと書いているからって、ライバル意識を持たないでくださいよね。卑弥子さんと僕とは心の恋人でもなんでもないんですから。。。

そんな事を言っていいのですかぁ~?卑弥子さんがまたひがむと思いますわぁ~。

あのねぇ~、レンゲさん。。。、卑弥子さんの事は口にしないでくださいよゥ。僕は別に差別しているわけではないですけれどね、卑弥子さんのことを持ち出すと、ますます問題がこじれてしまいますよ。だから。。。

分かりましたわ。それで、デンマンさんはお知り合いの方が置いていった週刊誌を読んで何がおっしゃりたいのですか?

だから、その週刊誌の中に次のような広告があったんですよ。



10年不倫




彼女たちはなぜ、“不倫しかできない女”に
なってしまったのだろうか?

幸せになりたい。
結婚もしたい。
でも、どうしても不倫がやめられない。。。

10年以上も家庭ある男と付き合い続けた結果、
果たして何がもたらされるのか?

出会い、交際方法から
別れまで赤裸々な告白の数々と自らの体験を下に、
彼女たちの性愛心理の根底に迫る衝撃のレポート!




『週刊朝日 2006.7.21』
91ページの「十年不倫」の広告より


これですよ。これ。。。

先日、この部分をデンマンさんは引用しましたわぁ~。

でもね、レンゲさんが読んでいないのではないかと思ってね。つまりね、不倫にこだわっているのはレンゲさんばかりではないんですよ。増えているんですよ。僕はそう思いますよ。

あたしも“不倫の流行”に乗ってデンマンさんに無意識のうちに接近しているとおっしゃるのですか?

もう、無意識なんてものじゃないでしょう?冗談なら分かりますよ。でも、レンゲさんは次のようにマジで僕に面と向かって言ったんですよ。


あたし、デンマンさんの赤ちゃんなら産んでも良いと思っています。



うへへへへ。。。それって、冗談か、僕を喜ばせるために言っているだけですよね?。。。そうでしょう? うへへへへ。。。。

あたし、マジです。

(。。。デンマン、口をパクパクして言葉が出ません。。。)

デンマンさん、どうかなさいましたの?

この記事。。。この記事は。。。直美も読むんですよ。。。(泣き笑い)

奥様が読むことも知っていますわ。

(ギョッとして。。。) 知っていながら、そのような衝撃的なことを言うのですか?僕の家庭を破壊して、破滅に追い込むような事を言うのですかあああ?

デンマンさんは、いつだってオーバーですわ。(不気味な薄笑い)

これはオーバーなんて言うもんじゃないですよ!もう。。。、んも~~。。。無茶苦茶ですよォ~。清水君の事を問題にしているんですよ。どうして、その問題を解決する前に、また、もっと大きな問題を起こそうとするのですか?しかも、僕の家庭まで巻き添えにして、衝撃的な告白をする。。。しかも。。。しかも。。。直美が読むことを知っていて、こういうショッキングな事を言う。

『不倫したいわけじゃないの』より


レンゲさん、僕はね、レンゲさんのことを良く理解しているつもりですよ。これまでレンゲさんが書いた手記や詩や日記はほとんどすべて僕は保存してありますからね。ちょっと気になる事があれば、検索してレンゲさんが言った事、書いた事をすぐに取り出す事が出来るシステムを僕は構築しましたからね。

デンマンさんはそれ程あたしの事を気にしているのですか?

気にしていると言うよりも、理解しようとしているんですよ。僕はレンゲさんを愛しているから、レンゲさんのことをできるだけ理解して、それでレンゲさんが幸せになれるように僕はサポートしてあげたい。。。今の僕の気持ちは正直、そういう思いなんですよ。

だったら、あたしが言った事もデンマンさんなら良く分かっていただけますよね?あたし、本当にデンマンさんの赤ちゃんなら産んでも良いと思っているのですわ。

だから、その事ですよ。普通の思慮も分別もある平均的な女性ならば、そのような事は言わないんですよ。思っていても口には出さないんですよ。

あたしが自分に正直な事はデンマンさんも良くご存知ですわよね?

知っていますよ。充分に良く理解していますよ。


<< 境界性人格障害の判断基準 >>

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの
  両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、
  不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや
  自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。
 

この項目にある衝動性なんですよ。普通の女性は、たとえ心の中で思っていてもレンゲさんのように衝動的に口に出す事はめったに無いんですよ。特に、まだ結婚してもいないのに“あなたの子供を産みたい”なんて事を言う女性は、たとえ恋愛中の女性が1000人居たとしても、言える人は5人も居ないでしょうね。僕はそう思いますよ。

つまり、その5人は境界性人格障害者だとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。

でも、あたしは衝動的に言っているつもりではありませんわ。

だから、どうしてそういう事を言ってしまうかというと、上の基準にも書いてあるように対人関係が不安定だからですよ。僕は“心の恋人”だと思うから詩的世界の中で撲とレンゲさんが比翼連理であることに満足できます。僕の精神世界の中でレンゲさんとの関係は“心の恋人”として、すっかり定着して安定しているんですよ。でも、レンゲさんはそうじゃないんですよね。僕をこき下ろすことも過去には何度かありましたよ。でも、現在は清水君と別れている。つまり、愛情をぶつける相手が居ない。そういうわけで、僕を理想化する方向に心が動いてしまう。そのようになると、レンゲさんは僕を“星の王子様”にしてしまう。しかし、“心の恋人”が子供を産んだら可笑しいでしょう?レンゲさんだって、そのぐらいの事は分かりますよね?

自分の思っていることを正直に言う事がどうしていけないことなのでしょうか?

いけなくは無いけれど、相手があり、社会がありますよ。つまり、レンゲさんが書いた上の詩の中の“道徳”ですよ。約束事がある。決まりがある。法律がある。重婚は日本でもカナダでも犯罪ですよ。僕は、結婚もしていないのに、無責任に子供を作るなんてことは、したくないんですよ。それは、“道徳”というよりも社会的な約束事だと僕は理解していますよ。レンゲさんだって、分からないわけじゃないですよね。だから、上のような詩が書けるわけですよね。上の詩の中の“道徳”を“妻子ある人の子供を産む”に置き換えてくださいよ。
[PR]
by denman705 | 2006-08-01 13:36



防人の歌がなぜそれほどまでに

政治批判になるのか?



防人は、筑紫(ちくし)・壱岐(いき)・対馬(つしま)などの北九州の防衛にあたった兵士たちのことです。崎守(さきもり)の意味だと言われています。

664年に中大兄皇子(なかのおおえのおうじ:後の天智天皇)が防人と烽火(のろし)の制度を置いてからのことです。

これは、前年、663年の朝鮮半島での白村江(はくすきのえ)の戦いに負けたために、防衛のために作った制度です。
防人には東国の人たちが選ばれました。なぜ東国の人たちが選ばれたかはいろいろな説がありますが、東国の力を弱めるためだったでしょう。

任期は、3年で毎年2月に兵員の三分の一が交替することになっていましたが、実際にはそう簡単には国に帰してはもらえなかったようです。

東国から行くときは部領使(ぶりょうし)という役人が連れて行きます。
もちろん徒歩で北九州まで行くわけです。
当時の人たちにとって辛い旅だったことは間違いありません。
帰りは、なんと、自費なのです。
だから、帰りたくても帰ることができない人がいました。
また、無理して帰路についても、故郷の家を見ること無く、途中で行き倒れとなる人たちもいたのです。

ホテルだとか旅館などはありませんでしたからね。
野宿ですよ。
追いはぎだとか野党に襲われて命を落とす人もいたのです。
一文無しになって放り出されれば乞食になるか野垂(のた)れ死にするか、わが身が今度は追いはぎや野党になるしか生き延びる道はありません。
だから、防人に選ばれると言うことは特攻隊員に選ばれるような悲痛なものがあったはずです。
生きて帰れるかどうかを本人も家族も心配しなければならなかった。
だから、次のような歌があります。




防人に

行くは誰が背と

問ふ人を

見るが羨しさ

物思ひもせず


万葉集 4425番の歌 読み人知らず(不明)

原文: 佐伎毛利尓 由久波多我世登 刀布比登乎 美流我登毛之佐 毛乃母比毛世受

よみ: 防人(さきもり)に、行(ゆ)くは誰(た)が背(せ)と、問(と)ふ人を、見るが羨(とも)しさ、物(もの)思(も)ひもせず

意味: 防人に行くのはどなたのだんな様?と何の悩みも無く聞く人を見るとうらやましい。


つまり、防人に選ばれてしまった男の妻が夫を見送りながら詠んだ歌ですよね。
“どなたの旦那様なの?”と囁(ささや)く声が聞こえてくる。
もうあの人と会えないかもしれないと、私はこれほど心配しているのに、私の心配など全く気にならないように他人事として尋ねているその女性がうらやましい。
私の気持ちを察してくださいな。生き別れになるかもしれないんですよ。本当につらいんです。泣きたいのを我慢しているんですよ。
。。。そのような気持ちを詠んだものでしょうね。

大伴家持は、当時、防人関係の仕事をする兵部省(ひょうぶしょう)のお役人だったのです。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(西暦775年)に、東国の国々から防人の歌を集めさせたのです。
集まった歌は166首でしたが、家持が選んで84首を万葉集に残しました。
この時は、すでに防人の制度が始まってから、100年近くが経過していました。

歌のほとんどは、家族と離れ離れになる悲しさや、夫が遠くに行ってしまう悲しさ・不安・無事を祈る気持ちで詠(よ)んだものです。
なぜ大伴家持は、防人の歌を集めさせたのか?
上に引用した彼の経歴を見れば明らかです。
家持はこの制度に批判的だったんですよね。

大伴家持は当時の政府の役人を務めてはいますが、心の中は反政府的なんですよね。
彼自身も反政府運動に加担していた。
少なくともそのような嫌疑をかけられて罰を受けたことがある。
反骨精神のある人だったことが分かります。

武器を持って反政府運動を繰り広げて政府を転覆したいと思っていたかもしれませんが、それが現実的でないので万葉集という歌集を編纂して、その中に反政府的歌をあつめて歴史の真相を後世に伝えようとしたわけです。
つまり、天智天皇政権の真相を伝えようとしたわけです。
天智政権の非人間的な政策に興味のある人は次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『天武天皇と天智天皇は同腹の兄弟ではなかった』
 
天智天皇と中臣鎌足が推し進めた非情な“天智政権”を批判したかった。
中臣鎌足の息子の藤原不比等が天皇家を抱き込んで日本を“私物化”しようとしたことを告発したかった。
そのような動機を大伴家持が編纂した万葉集の中に僕は見ることができます。

愛なき批判は空虚にして、

批判なき愛は盲目なり



万葉集を眺めていると、正にこのスローガンが行間に織り込まれているような気がするんですよ。
当時の政治権力者は、この歌集が“愛の歌”であったために、まんまと大伴家持のたくらみに引っかかってしまったのではないか?
万葉集が政治批判の歌集であるとは、どこにも書いてありません。
また、そのように言う国学者や歴史家に、僕はお目にかかったこともありません。

しかし、僕は大伴家持の残そうとしたものは、そのことに尽きると思っています。
そして、この業績の中に僕は大伴家持と言う人物の人柄を偲ぶことができます。
“愛なき批判は空虚にして、批判なき愛は盲目なり”

つまり、愛の歌と批判の歌が表裏一体となって“万葉集”の中に織り込まれている。
だから、ボンクラな当時の政権担当者は“万葉集”を愛の歌集だと思って見逃してしまう。
この当時の権力者は、この歌集が毒にも薬にもならないと思っていたでしょう。

でも、じっくりと読めば、薬と毒が散りばめられていますよ。
その例として防人の歌を挙(あ)げたつもりです。

大伴家持の経歴をじっくりと見てみれば、“愛の歌”だけを残そうとした人には見えません。

実は、藤原家に盾突いた人は大伴家持以外にもたくさん居ます。
ただ、面と向かって盾突くわけには行かない。
何しろ、不比等をはじめ藤原氏は実権を握っている。
そういう訳で、大伴家持がやったように、本音と建前をうまく使い分けながら、藤原氏に反抗しています。
この事はまた別の機会に書きたいと思います。

ところで歴史を学ぶ時、表面的なことばかり見ていると次のようなことだけしか読み取れません。


しかし、重要なことは、8人の女帝と言われる方々は、あくまでも「中継ぎ」として、いわば摂政のような形で天皇になったという事実です。
つまり、その女帝は「男系の女子」というべきご存在であり、その後の皇位はやはり男系が継承するという大前提があったのです。

これに対し、例えば愛子内親王が皇位を継承されるという場合を想定してみましょう。
当然、愛子内親王はどなたかと結婚します。
そして子供が生まれたら、その子によって皇位が継承されるということになる。
それは皇統が「女系」に移るということになるのです。

しかし、今までの皇室の歴史にはそういう例はない。
8人の女帝全てが、天皇が亡くなった後の皇后様、つまり寡婦(未亡人)か、あるいは生涯、独身を貫いた女性だった。
いわゆる女帝が子供を産んで、その子が皇位を継承したという例は今まで一度もないのです。
女帝はあくまで「中継ぎ」として、つまり「急場の危機をしのぐ」という意味で即位した。
その後の皇位継承は男系に戻る。今まで男系をはずれたことは一度としてないのです。
こうした歴史的伝統を踏まえ、現皇室典範も皇位継承は「男系男子」と定めているわけです。


これは歴史を50%だけしか理解していないことになります。
残りの50%はあなたが読み取らなければなりません。


上の系図の中に登場した女帝たちは“中継ぎ”のように見えるけれども、実態は“藤原氏の傀儡”だった。
“皇位継承権を持つ「男系男子」”は全く無視された!
このようにして藤原氏と天皇家の2人3脚の長い歴史の第1ページが作られた。


僕は、生前、司馬遼太郎さんが言った事を思い出しますよ。

“作品は作者だけのものと違うんやでぇ~。。。作者が50%で読者が50%。。。そうして出来上がるモンが作品なんやでぇ~”

名言だと思いますねぇ~~。

歴史も正に人間が作り上げた“作品”だと思います。
あなたが読者として、どれだけ50%の分を読みつくすか?
それが問題ですよね!

万葉集は大伴家持が全身全霊の力を込めて編纂した歌集です。

あなたも、全身全霊の力を込めて。。。あなたの人生経験と、これまで学んできた国文と、日本史と、すべてを噛み砕いた上で理解すべきなのかもねぇ~。

大伴家持は、それを期待しながら1250年後に生まれるだろうあなたに、この当時の波乱に満ちた政治の真相を伝えようと歌集を編纂したのかも知れませんよ。へへへへ。。。。

では。。。



ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



 

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

[PR]
by denman705 | 2006-05-12 13:52


ブロガーになるには

批判ができないとね。。。



 
中国がインターネットの規制を

強化しようとしている!


これは明らかに国際化の波に逆行している動きです。
僕はすでに3月1日の記事(『グローバル馬鹿物語 (続編)』)で書きましたが重要なのでここにまた書きたいと思います。

旧ソ連が崩壊したのはなぜだと思いますか?

ネットが縁の下の力持ちとして活躍したんですよ。

僕やあなたのような世界のネット市民が西側の健全な情報を
情報鎖国を敷いていた旧ソ連に流していたんですよ。
つまり、情報鎖国をするような国というのは民主主義の国ではありえないんですよね。

江戸時代の日本も文字通り鎖国をしていましたから、とても民主主義とは言い難い。
大体、情報鎖国をする。
国民の耳をふさごうとする。
国民の口をふさごうとする。
もし、国民が主役であるならば、このようなことは許されない事ですよね。
あなただって、そう思うでしょう?

政府や権力が、このようなことをしようとすれば、やがては旧ソ連のように崩壊せざるを得ません。
良識あるネット市民はこのようなことを許しませんよ。
良識ある旧ソ連の市民と活動家は、このような西側からのサポートを得て立ち上がったわけですよね。



分かるでしょう?
世界のネット市民には“知る権利”があります!
この知る権利を持つ世界のネット市民の基本的人権が“言論の自由・表現の自由”です。

そして民主主義というものは国民が本当の意味で主役になる社会理念だと思いますね。
つまり、民主主義の社会にあっては、政府や権力が国民の耳をふさぎ、口をふさぐという事は許されないんですよ。
国民が主役なんですから。。。
それが民主主義のはずです。でしょう?

そして、グローバル化した現在の世界では、ネット市民が主役です。
あなたや僕のようなネット市民が主役なんですよ。
そう思いませんか?

多少誤った言論であろうとも、
ちょっと下品な言論であっても、
それは民主主義という名のもとに許されるべきなんですよね。

だから僕は、“小額2年生”のえっけん君が下らない■[今日のぶつぶつ]を書くことも認めています。

えっけん君が自分のことを“陰気で病気でつまらない”と自己紹介しながら、
むだづかい日記”を書いていることを僕は認めています。
http://d.hatena.ne.jp/ekken/
これがえっけん君の日記のURLです。

本来なら、そのようなどうでもいい日記は日記帳に書くか、ネットでなら非公開で書くものですよ。
そういう下らない事をネットで書くえっけん君を、もし僕がヒトラーなら、すぐにガス室に送ってゴキブリのように抹殺してしまうでしょうね。

でも、僕もえっけん君も自由主義、民主主義の世界に住んでいます。
だから、僕は、えっけん君がどんな下らない事を書くことも認めています。
だから、ガス室に送ることもしません。

えっけん君良かったですね。
あのナチスの時代に僕がヒトラーだったら、えっけん君は間違いなくガス室送りになりましたよ。
うへへへへ。。。。

つまり、中国がやろうとしていることは

えっけん君をガス室に送ろうとする事と

変わりがないんですよね!


要するに“中国政府の目”で判断して、例えばですよ、えっけん君の書いている下らない“むだづかい日記”はけしからん!と言うわけですよね。
それで、次のような会話になるんですよ。

「そのような下らない事を書いているえっけん君をガス室に送ろうじゃないか。大臣の皆さん、そうしましょうね。いい考えだと思いませんか?」

「そうしましょう♪。。。そうしましょう♪。。。面白いからそうしましょう~♪~!」

このような話し合いが現在進んでいるという事なんですよね。うへへへへ。。。。

「そうだよ!えっけんをガス室に送ろうよ!」

「ん?。。。でも。。。」

「でも、何だよ?」

「あの、ゴキブリちゃん程度の脳みそしか持っていないえっけん君など、ガス室ではもったいないよ」

「どうしてさあああ。。。?」

「ガスがもったいないよ!うへへへへ。。。。」

「じゃあ、どうするんだい?」

「ゴキブリ、ホイホイがあるじゃん?あれを使おうよォ~♪~!」

うふゃふゃふゃふゃ。。。うへへへへ。。。。うひひひひ。。。。

こういうことで全会一致になってしまうんですよね。へへへへ。。。

そういうわけで、えっけん君が中国に居ると、ゴキブリホイホイで抹殺されてしまうというバ.カなお話ですよ!



ゥヒヒヒヒ。。。

面白いでしょう?でもね、えっけん君の身になって考えたら、絶対に笑えないですよ。

(でも、えっけん君は“小額2年生”だから、あなたと一緒になって笑っていると思いますよ。へへへへ。。。バ.カだからねええぇ。。。。)

とにかく、マジで、毛沢東や周恩来は同じ言論弾圧を昔の中華民国政府から受けたんですよね。
その被害をこうむった毛さんや周さんが作った現在の中国体制のもとで同じような言論統制をやってどうスンだよォ~♪~!

あなただって、可笑しな事だと気付くでしょう?

現在、欧米では中国の言論統制・報道統制に対する批判の声が高まっていますよ。
もちろん、デンマンだって、こうして世界のネット市民の皆様に、“小額2年生”のえっけん君を持ち出して、分かりやすく面白く説明しているわけですよ!へへへへ。。。。。

ホリエモンと同じぐらい有名(悪名高い?)なビル・ゲイツさんも中国の言論統制について次のように言っていますよ。


"I don’t think that a [rule] that said you shouldn’t do business in some place whose standards aren’t identical to the US would work.

Clearly people like ourselves are glad to go along with whatever reasonable things gets laid down.

That’s why its part of the dialogue.

The internet overwhelmingly makes information available.

It is not possible to block information, it is just not.

You can make it so that the average person who just clicks on popular websites, with no extra effort, certain things don’t show up there.

But in terms of actually blocking information… It’s very hard to do blocking … particularly if you put something up that says, we took this thing down, think of the time period between when you put it up and when it comes down and how people can cache that … It’s so night and day versus when newspaper publishers and TV owners were small chokepoints that controlled the distribution of information.

So, I think people have to [understand] what a open tool the internet is."




要するに、何を言っているかと言うと。。。

「ネット上の情報を統制しようとしたって、そんな事は所詮(しょせん)不可能な事なんですよ。
無駄な事なんですよ。
だから、やめたほうがいいんですよ!
インターネットと言うのは世界のネット市民の皆様に開かれた情報ツールなんですよ」

。。。と言う事です!

“Bill Gates on China and internet censorship”より


僕も同感ですよ!

しかし、中国だけを非難するのは片手落ちなんですよね。
日本だって同じような言論統制・報道統制が、実は見えないところで進んでいるんですよ!
ここに書くと長くなるから、関心のある人は僕が書いた次の記事を読んで下さいね。

『表現の自由、言論の自由、報道の自由が脅(おびや)かされている』

なぜ、また僕が同じような事を書くのか?

実は、3月5日にYAHOOのブログで書いた記事(『日本が戦争に巻き込まれる?まさかあああ。。。』)に次のようなコメントをもらったんですよ。


あのさあヤン・デンマンという有名なカラムニストは知ってるけど。
ビルゲイツとホリエモンでは月とスッポン格が違うね、何か勘違いしていない?

2006/3/6(月) 午後 9:16 [ lamerfontene ]


URLがしっかりと記録されているので、人を馬鹿にしているコメントではないんですよね。
僕が時々馬鹿をやるので、その文体に合わせて、ちょっぴりおどけているんでしょうか?
でもね、これは意味のあるコメントになっていません。
もちろん、批判にもなっていません。

僕は翌日このコメントがあることに気付いて、さっそく次のような返信を書きました。
このlamerfonteneの口調に合わせて書いています。へへへ。。。


あのさあ lamerfontene と言うハンドルなを持つ人間を僕は聞いた事も見た事もないよ!
。。。つうことわあ。。もし、有名か無名かと言う事で判断するなら、オマエは人間的に全く無意味な存在と言う事になるよね。へへへ。。。。
僕の言う事が分かるかい?

それからね、月とすっぽんと言う見方も人によって違うんだよ!
オマエのように何の根拠もなく
“月とすっぽん格が違うね、何か勘違いしていない?”
と書くことは全く意味のない事だよ!

どういうところを勘違いしているのか?そこを書くことが批判と言うんだよ!
オマエは“批判する”こと、“コメント書く”ことを何か勘違いしていない?
それじゃあ、全く批判になっていないし、全く意味のあるコメントになっていないよ!

オマエ!批判と言うものがどういうものなのか?
もう一度良く考えてコメントを書き直しておくれよね。
そうしてくれると、ぼくちゃん、すご~くうれしいよう。。。 へへへへ。。。。

オマエのコメント首を長くして待ってるね。
とにかく、コメント書いてくれたことアリガトネ。
オマエが逃げも隠れもしない事が、URLが記録されているので良く分かりますよ。

僕は決してオマエを馬鹿にしていないからね。
言葉は悪いけれど、心は寅さんのように優しいんですよ!
だから、誤解しないようにね。

僕が何を言いたいのか?
そこのことを考えて、返信しておくれ。
もしその気があったら。。。。へへへ。。。。
じゃあね。

2006/3/7(火) 午後 1:24


僕は20以上のブログを毎日更新していますが、YAHOOのブログは“いまいち”と言う印象を持ちますよ。
なぜ?

HTMLのタグが一部しかつかえないんですよね。
スタイルシートはほとんどすべて使えない。
しかもコメントの語数制限がこれまで僕が経験しているうちでは最も少ないんですよ。
全角で250字。半角で500字です。

上の僕の返信は、実は3つに分けて書いたんです。
だから、YAHOOのコメントでは満足に意味のある批判なんて出来ないんですよ。
全角250字ではあまりにも少なすぎます。
[PR]
by denman705 | 2006-03-09 10:35