デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ふるさと 行田( 37 )


 


国道17号バイパスの奇跡 (PART 1)


 



(route17.jpg)


 




(foolw.gif)


件名:


おはようさん!


すっきり、おめざめですか?


きゃははははは。。。


♪┌(・。・)┘♪




(latte01.jpg)


日付: Wed., November 8, 2017 9:16 AM
差出人: "barclay1720@aol.com"
宛先: "dominis912@yahoo.co.jp"


今、「自遊空間」で「抹茶ラテ」を飲みながら このメールを書いてます。
飲み物は、コーヒーでもスープでも紅茶でも、何でも飲み放題ですよ。
今年から、飲み物と食べ物持込がOKになりました!


最近、利用客が減って 客集めに大変なんでしょう!?


今朝は6時20分に目覚めて、
朝食を済ませ
8時に「自遊空間」に着きました。


6時間ネットをやるので午後2時までここにいます。


1時50分には、ここを出て「自遊空間」の玄関の階段で小百合さんのやって来るのを待ちますね。



(jiyufukiage1.jpg)


小百合さんの都合が悪く それ以後になるようだったら、
17号バイパスと県道ルート66号の交わる交差点のところにある セブンイレブンの雑誌の棚の所で待ち合わせようと思います。
そこなら、雑誌を読んで暇をつぶせます。。。
きゃははははは。。。


では、小百合さんの返信を待ちます。。。


時間があったら、次の曲を聴いて心を癒されてね。。。



(paris40.jpg)



どうですか? 癒されましたか?


なお時間があったら


次の懐かしい記事を読んでみてねぇ~。。。



(r66c.jpg)


『ルート66の奇跡』


 


更に、富岡のことで次の記事も書きました。


時間がなかったら、あとで読んでねぇ。



(joushu02.jpg)


『上州散策』


それでは今日もストレス解消のためにルンルン気分で過ごしましょう!


じゃあねぇ~。。。



(denman01.gif)



(byebye.gif)


 




(sayuri5.gif)


件名:


ちょっと ごたごたして


いそいでいます…


♪┌(・。・)┘♪




(neco002.jpg)


日付: Wed, Nov 8, 2017 at 12:21 PM
差出人: "dominis912@yahoo.co.jp"
宛先: "barclay1720@aol.com"



おはようございます


婦人会のバザーの用事が長引いてしまいました


セブンイレブンが分からないので


いつものスポーツの反対の本屋にいます


確か、宮脇書店という名前です


デンマンさんがいつも私を待つ間に立ち読みしていた本屋ですわ。


そこに 2時までに会いましょう


それ以上、遅いとネコが終わってしまう


「自遊空間」から 真っ直ぐ 自転車こいできてね



(sayuri15.gif)


さゆりより



 




(katosmil.gif)


件名:


はい、はい、はい。。。


分かりました。。。


♪┌(・。・)┘♪




(bikeanim.gif)


日付: Wed, Nov 8, 2017 at 1:42 PM
差出人: "barclay1720@aol.com"
宛先: "dominis912@yahoo.co.jp"


 


はい、はい、はい。。。


分かりました。。。


2時少し過ぎるかもしれませんが、急いでゆきます。


じゃあねぇ~・・・


埼玉りそな銀行の記事を書きました! きゃははははは。。。


今さっき、投稿しました。


これから本屋に向かいます。


暇のある時に読んでみてね。



(resona03.jpg)


『埼玉りそな銀行 行田支店 悪い評判』


Necoに間に合うかな?


心配です!


じゃあねぇ~。



(denman01.gif)



(byebye.gif)




(sayuri55.gif)


デンマンさん。。。 “国道17号バイパスの奇跡”という ずいぶんと大げさなタイトルを付けましたわねぇ~。。。



(kato3.gif)


いけませんかァ~?


どうせまた、最後は冗談に終わるのでしょう!?


いや。。。 僕の目には奇跡としか思えませんでした。。。


いったい、何がそんなに奇跡的だったのですか?


上のメールにも書いたとおり、僕は小百合さんに会うために 自転車をこいでショッピングセンター「ウニクス鴻巣」の2階にある宮脇書店に向かったのですよ。



(gyodamap77.png)


『拡大する』



(unicus01.jpg)



(miyawaki2.jpg)



(miyawaki1.jpg)



僕はルンルン気分で自転車をこいで宮脇書店に向かっていた。。。 そしたら 女性が僕を呼ぶ声が聞こえてくる!。。。 声を聞いただけでも、なんだか魅力的で美しい人だという印象を与えるのですよ。。。



(callyou.jpg)


“デンマンさ~♪~ん”



いつから 日本で声をかけられるほどに人気が出たのだろうか? 確かに僕のブログは日本語が解る世界の134カ国のネット市民の皆様に読まれている!


 


海外からのアクセス@Denman Blog


 



(wp71201map.png)




(wp71201.png+wp71201b.png)


『ルート66の奇跡』@Denman Blog


 



でもねぇ~。。。 僕が地元で、それほど有名になっているとは思えなかった。。。



つまり、デンマンさんのファンの女性が声をかけたと思ったのですか?


そうですよ。。。 だけどねぇ~、よく考えてみたら、僕の写真は一枚もネットで公開してないのです。。。 だから、僕の表情を認めて声をかけてくる女性が居るわけがないのですよ!。。。 ところが、僕の名前を呼ぶ声が確かに聞こえてくる。。。


いったい、どこの女性がデンマンさに声をかけたのですか?


僕は自転車を止めて 声のする方を見たのです。。。 そしたら、国道17号バイパスの車道から歩道によって三菱の軽トラが止まっている。。。 その軽トラの運転席の窓から手を振りながら反対車線側の僕が居る歩道に向かって声を出しているのは、小百合さんじゃありませんかア!



(galhand2.jpg)



そんなことぐらい すぐに判るでしょうに!



あのねぇ~、僕は 小百合さんが宮脇本屋で待っているとばかり思い込んでいましたからねぇ~。。。 まさか小百合さんが三菱の軽トラに乗って国道17号バイパスを走ってるなんて 夢にも思ってなかった! どうして、本屋で待ってなかったのですか?


だってぇ~、デンマンさんは2時になっても現れなかったのですわァ。。。 Neco はいつまでも店を開いてないのです。。。 お昼の時間は決まってますから。。。 だから、私は焦ってデンマンさんを迎いにいったのですわァ。。。


でも。。。、でも。。。、車に乗りながら僕を探すのって大変でしょう!


私には 敏感な第6感があるのですわァ~。。。


うん、うん、うん。。。 言われてみれば 確かに、4年前にも同じような奇跡が起こりましたからねぇ~。。。





(sayuri2.gif)


Subj: 行こうかな。。。?


Date: 2013/10/15 (Tue) 09:52
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com


 


おはようございます。


メール見ました。


「自遊空間」で記事を書いているのですね。


お昼ごろ終わるの?


その時、近くのファミマから電話ください。


お昼ごろ着くように向かおうかな?


電話待ってます。


では。。。


 


さゆり



(sayuri15.gif)


 




僕は記事を投稿してから すぐ近くのファミマの店の前にある公衆電話で小百合さんに電話しようと思ったのですよ。 



それなのに、どうして電話しなかったのですか?


あのねぇ~、外へ出たら小雨が降っていたのです。 それで、雨にぬれながら話すのが億劫(おっくう)になって、これなら実家に帰ってからかけようと思って、ファミマによるのをやめにしたのですよ。 それで、そのまま国道17号バイパスの歩道を自転車に乗って ルート66に向かったわけですよ。


それで。。。?



(r66gyoda.jpg)



国道17号バイパスから おもむろに県道66号線に入っていったのです。



(r66gyoda2.jpg)



それで白鳥を見ようと用水路に向かったわけですか?



いや。。。 今年の10月は暑い日が多かったでしょう! 異常気象でしたよ。 30度近い日が続きましたからね。。。 だから、白鳥には暑すぎたらしいのですね。 それで行田に滞在している間に一度も白鳥を見ることができませんでしたよ。 たぶん、行田にやって来る白鳥は 暑すぎたので東北か北海道のどこかに降りてしまったのですよう。


それでは“奇跡”は起こらなかったじゃありませんか!


いや。。。 別に奇跡が起こって白鳥が飛んで来る事を期待したわけじゃないのです。


じゃあ、いったい どのような奇跡が起こったというのですか?


あのねぇ~。。。 用水路を越えて上越新幹線のガードをくぐりぬけて 「ものつくり大学」入り口のバス停にさしかかった。 「フライ焼きそばの店 山下」の看板が目の前に見えてきたのですよ。



(yamashita.jpg)



それで行田名物のフライを食べようとして「フライ焼きそばの店」に入った時に奇跡が起きたのですか?




いや。。。違いますよ。 僕は行田名物のフライが食べたかったわけじゃないのですよ。 すでに200円の特製カレーを『自遊空間』で食べました。 だから、店の前の交差点を渡って「フライ焼きそばの店」の駐車場にさしかかって 店の前を通り過ぎようとしていたのですよ。



(yamashita2.jpg)



すると、背後でクラクションの鳴る音がする。 さかんに、プッ、プッ、プッ、プッ、プッ、。。。と鳴らすのですよう。



誰かが事故でも起こしたのですか?


実は、僕もそう思ったのですよ。 でもねぇ、交通事故など日常茶飯事だから、僕には関心がありませんよう。 だから、そのまま店の前を通り過ぎようとしたのです。


それで。。。?


ところがクラクションが鳴り止まない。 一体誰のためにクラクションを鳴らしているのだろうか? 僕はすでに交差点を渡り終えて「フライ焼きそばの店」の前を通り過ぎようとしていたのです。 僕とは全く関係ないはずです! 「うるさいなアアア~ まったく、んもオ~~!」と思いながら、さらに進もうとすると、背後から三菱の軽トラックが僕を目指して突っ込んでくるではありませんかア!



(truck2.jpg)



しかも、歩道に乗り上げてくる! 僕は、“ああああアアアァ~~!” あわや 軽トラに轢(ひ)かれるのではないかと思って一瞬恐怖でしたよ。 そしたら、僕と衝突する前に軽トラが急停車した! 僕は一瞬、殺されるかと思った! なんと、ドアを開けて出てきたのは小百合さんじゃありませんかア!



それが“奇跡”なのですか?


だってぇ、そうでしょう!? 僕がどこを自転車で走っているのか? 小百合さんには見当がつかないはずですよ。 それなのに僕の目の前に1年ぶりに急に小百合さんが現れたのですからね。 これが奇跡でなくて何でしょうか?!




『ルート66の奇跡』より
(2013年11月29日)



デンマンさんは4年も前のことをよく覚えてますわねぇ~。。。



覚えてますよゥ。。。 こうして記事を書いたほどですからねぇ~。。。 小百合さんが忘れているなら、その方が可笑しいのですよ。。。


とにかく、間に合うだろうと思ってNECO に着いたのです。。。 そしたら水曜日は定休日でお休みだったのですわァ。。。


そうでした。。。 そうでした。。。 小百合さんは、奇跡が起こって二人のために店が開いていると思ったのですか?


私は念のために 「お昼は何時までやっているのですか?」とお店に電話して確かめたのですわァ。。。 今日(11月8日)は お休みだとは言ってませんでした。。。


常連の小百合さんは水曜日が定休日だということを知っていると思ったのですよ。。。


そうかしら?。。。 そうだとしても、「今日はお休みです」ぐらいのことは言って欲しいものですわァ~。。。


つまり、そういう事には、小百合さんの第6感は働かないのですねぇ~。。。 僕は小百合さんが、また奇跡を起こして店を開けさせると期待したのだけれど。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-12-08 03:56 | ふるさと 行田



 


国道17号バイパスの奇跡 (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


奇跡は起こそうと思って起こるものではないのでござ~ますわァ。


ところで、小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれています。


なぜ。。。?


ご存知でござ~♪~ますか?


実は簡単な事なのですわよう。


小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。


小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。


分からない事ではござ~ませんわ。


そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。


現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。



(suikyu9.jpg)


それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。


そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。


軽井沢・雲場池の紅葉



軽井沢のイルミネーション



秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩



とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。


だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。


じゃあねぇ~~。



(hand.gif)



(surfin2.gif)


ィ~ハァ~♪~!


メチャ面白い、


ためになる関連記事




(linger65.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



(house22.jpg)


■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』



(fragran11.jpg)


■ 『かぎろいミステリー』


■ 『40代女性の魅惑』


■ 『私のバレンタイン』


■ 『バレンタイン@4月』


■ 『豆まき@バレンタイン』


■ 『夢のココナッツ』


■ 『日本の失敗』


■ 『しじみ@愛のロマン』


■ 『とろけるカレー@バレンタイン』


■ 『バレンタイン夫人』


■ 『昭和の表象空間』


■ 『ズロースなの?』


■ 『焼きそばサンド』


■ 『平成の表象空間』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『手作り弁当@船着き場』


■ 『盛り上がる@馬車道』


■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』


■ 『愛と憎しみの丸墓山』


■ 『忘れられない!』


■ 『大名行列@行田』


■ 『別れの朝も…』


■ 『婚外恋愛』


■ 『婚外恋愛と人間失格』



(noten15.jpg)


■ 『月夜の美人』


■ 『ふるさと 行田』


■ 『愛の偶然と必然』


■ 『田中角栄と軽井沢』


■ 『うさぎ追いしかの山』


■ 『アブラッソ不在の美』


■ 『ロマンの昔話』


■ 『海を渡ったバレンタイン』


■ 『バレンタインが老人を狂わせた』


■ 『マルちゃん海を渡る』


■ 『銀座からバレンタイン』


■ 『仙台からバレンタイン』



(sayuri201.jpg)


■ 『パリからバレンタイン』


■ 『ジャズ@バンクーバー』


■ 『タイからバレンタイン』


■ 『たまご麺@バレンタイン』


■ 『愛犬とゴッド』


■ 『ザ・バレンタイン女』


■ 『週刊誌deヌード』


■ 『愛と天の夕顔』


■ 『ジェミマおばさんのシロップ』


■ 『夏日に、お帰りなさい』


■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』


■ 『スープカレーなのね』


■ 『忍城時代まつり』


■ 『夜道のルート66』


■ 『上を向いて歌おう』


■ 『霧積温泉のロマン』


■ 『元気が一番!』


■ 『行田のスープカレー』


■ 『パンツとブラジャーと餃子』


■ 『軽井沢を文学散歩する』


■ 『ばァ~の面影』


■ 『バレンタイン@行田』


■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』


■ 『桃の節句@天国』


■ 『古代米カレー』


■ 『愛のジェローを探して』



(coffeeluv1.jpg)


■ 『コーヒーと愛の香り』


■ 『愛の馬車道』


■ 『亀姫と香芽子さん』


■ 『愛の夕顔を探して』


■ 『ケネディ暗殺の謎』


■ 『行田物語 ピラミッド』


■ 『由梨さん@コルシカ』


■ 『黒い行田市長』


■ 『ヒシしようよ』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


■ 『天の川de思い出』


■ 『天の川の思い出』


■ 『行田物語 古代蓮』


■ 『チーズ@シルクロード』


■ 『ラーメン@バクー』


■ 『行田物語 饅頭』


■ 『ぶんぶく茶釜だよ』


■ 『ぶんぶく阿波踊り』


■ 『食欲の秋です』


■ 『カレーdeパリ』


■ 『パワースポット』


■ 『日本男児@パワースポット』


■ 『タケモトピアノ 苦情』


■ 『母と暮せば』



(bare02b.gif)


こんにちは。ジューンです。


「上を向いて歩こう」がアメリカで人気が出るきっかけは


何だったのでしょうか?


通説によると、1963年の春、


アメリカ西海岸のローカルラジオ局のDJが、


異国情緒を味わってもらおうと、たまたま手元にあった


日本の曲をオンエアーしたところ、


リスナーからリクエストが殺到したために


人気に火がついたと言われています。


果たして、その話はどこまで本当なのでしょうか?


アメリカで「上を向いて歩こう」をシングルとして


最初に発売したレコード会社はキャピトルです。


同じ時期にキャピトルはイギリスの親会社であるEMIが


ビートルズのシングルを出すようにと要請してきたのです。


ところがアメリカでは人気が出ないと断っているのですね。


では、いったい誰が「上を向いて歩こう」をシングルとして


発売したのでしょうか?


その発売を決定した人の名前が


デンマンさんが描いた次のチャートに出ています。



(qchan90.gif)


デイブ・デクスター・ジュニアさんなのです。


「A&Rマン」と言われていた人で、


売れる可能性のあるアーティストを発掘し、契約を結び、


制作を担当する仕事をしていた人です。


ローカルラジオ局のDJからある日電話がかかってきて


「上を向いて歩こう」が人気が出ていると聞いて、


さっそく自分でも聞いてみたそうです。



(qchan03.jpg)


九ちゃんが日本語で歌っているので


詞の内容は理解できなかったけれど、


これならイケそうだと直感して売り出すことに決めたそうです。


つまり、ビートルズの曲はヒットしないと蹴ったけれど、


九ちゃんの「上を向いて歩こう」は直感的に


ヒットすると思ったのだそうです。


ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて


次のサイトを立ち上げました。


時間があったら下のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。


『夢とロマンを持って前向きに生きる


小百合さんの物語』


では、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。



(ebay5.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-12-08 03:55 | ふるさと 行田


 


埼玉りそな銀行 (PART 1)


 


行田支店 悪い評判


 



(resona01.jpg)



(uncle006.gif)



最近、大企業の杜撰(ずさん)な体質が


表面に出てきたよねぇ~。


まず、日産自動車の問題!



(nissan01.jpg)



不正検査だけじゃないんだよ!


資格試験の答えを漏洩した問題も浮上した!


さらにスバルでも、同じような問題が出てきた!



(subaru01.jpg)



なんとスバルでは30年間も


この不正検査が続けられてきた


と言うじゃないかァ!


開いた口が塞がらないとは


このことなんだよねぇ~!


さらに、デンマンが行田市に帰省して


同じような銀行の杜撰な体質に


出くわしたのですぞ!


もちろん、銀行は自動車を


検査しているわけじゃない!


じゃあ、どんな杜撰な体質なのか?




(gal013.jpg)


埼玉りそな銀行 行田支店営業課マネージャー 石川 ヒロミ



毎度、当銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。



(kato3.gif)


毎度ご利用と言っても、最後に埼玉りそな銀行 行田支店を利用したのは2011(平成23)年10月11日なんですよ。


6年前でございますねぇ~。


そういうことです。。。 ところが、キャッシュカードが使えないんだよね。。。 いったい、どういうことですか? ちょと調べてください。。。


調べましたら、5年以上 デンマン様の普通口座で出し入れがありませんので口座が“凍結”しております。


あのねぇ~、口座を開設したのは2003(平成15)年11月26日でした。。。 その時、普通口座規定には5年以上出し入れがなかったら口座を“凍結”するというような項目を読んだ覚えもないし、聞いた覚えもないのですよ。。。 普通口座規定の該当項目を見せてもらえませんか?


ちょっとお待ちください。。。 調べてまいります。



(resona02.jpg)



大変申し訳ございません。。。普通口座規定には、期間は記載されてございません。。。



つまり、あなたの銀行の担当者が、個人的な基準に基づいて利用者の口座を勝手に“凍結”しているということですか?


一応、5年以上 普通口座で出し入れがない場合には口座を“凍結”しております。


でもねぇ~、普通口座規定には、そういう規定が書いてないのでしょう!?


書いてございません!


銀行が そういう勝手なことをしては利用者が困るのですよ。。。迷惑なのですよ。。。


でも、利用者を保護するために、5年以上出し入れがない場合には、不正に他者から引き出しされるような場合を考えまして、“凍結”している次第です。


あのねぇ~、僕は1年の11ヶ月をバンクーバーで暮らし1ヶ月間 行田に帰省しているのです。。。僕は足利銀行にも普通口座を持っていて、たいてい足利銀行の行田支店で現金を引き出している。。。 足利銀行からは毎年、残高通知を受け取っているのですよ。。。 ところが、埼玉りそな銀行 行田支店から そういう通知を受け取ったことがない! “凍結”する前に、利用者に通知を出すべきではないのですか?


そうですね。。。 そうすべきかも知れません。。。 でも、現行では、当銀行ではそのようなことをしておりません。。。 大変申し訳ございません。。。


それは利用者に対して誠実なサービスを提供してないということですよね。。。 ちょっと次の紙面を見てください。。。



お客さま 各位


株式会社 埼玉りそな銀行


 


お客さまの信頼にお答えするために


 


弊社では、お客さまの一層の信頼にお答えしていくため、法令および社会規範を遵守するとともに、「営業担当者の行動の基本とする事項」をお客さまにご案内させていただいております。


万一、営業担当者がこの事項に反するようなことがございましたら、お取引店の支店長までご連絡いただきたくよろしくお願い申し上げます。


今後も、更なるサービスレベルの向上に努め、お客様に信頼される銀行を目指し取り組んでまいります。



【営業担当者の行動の基本とする事項】


 


1. お客さまのニーズに応え、質の高いサービスを提供します。


  お客さまをよく知り、最適な商品サービスを提供します。


  サービスご提供の際は、お客さまが十分ご理解いただけるよう適切でわかりやすい説明をします。


2. 誠実で心のこもったサービスをご提供します。


  お客さまからの信頼をすべてに優先し誠実で心のこもったサービスをご提供します。


3. (略)


4. (略)


5. (略)


(本件に関するご照会先)


本件に関するご照会は、お引取り店の支店長までお願いいたします。


(2017年10月)


赤字はデンマンが強調!



上の文書に書いてある通り、お客さまからの信頼をすべてに優先し誠実で心のこもったサービスを提供するのが あなたの仕事だと思うのですよ。



その通りでございます。。。


だったら、口座を凍結する前に利用者に何らかの通知をするのが適切な対応だと思いませんか?


その通りでございます。。。 誠に申し訳ございません。


あなたを困らせるつもりはないのですよ。。。 当然、責任者がしっかりしていないから、こういうことになるのですから。。。上の文書に、営業担当者がこの事項に反するようなことがございましたら、お取引店の支店長までご連絡いただきたくよろしくお願い申し上げますと書いてあるので、お手数ですが支店長を呼んでもらいませんか?


かしこまりました。。。 少々お待ちください。。。



(masuo02b.jpg)


埼玉りそな銀行 行田支店 副支店長 半田カツヤ



(masuo02c.jpg)


毎度、当銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。。。ただいま支店長が外出中ですので私、副支店長 半田カツヤが代わって承ります。。。 どうぞよろしくお願いいたします。



あのねぇ~、このようなわけで、大変迷惑しているのですよ。。。


誠に申し訳ございません。。。 しかし、「キャッシュカード規定」には次のように書いてございます。



キャッシュカード規定



(resona03.jpg)


 


 (前略)


13. (解約、カードの利用停止等)


 (1) (略)


 (2) (略)


 (3)普通貯金口座ならびに貯蓄預金口座において、次の場合には、カードの利用を停止することがあります。
    この場合、当行の窓口において当行所定の本人確認書類の提示を受け、当行が本人であることを確認できたときに停止を解除します。


    ① 第14条に定める規定に反した場合


    ② 貯金口座に関し、最終の預入れまたは払い戻しから当行が別途表示する一定の期間が経過した場合



 (後略)



赤字はデンマンが強調!




2003(平成15)年11月現在



分かりました。。。 では、2003(平成15)年11月当時の 期間の規定が書いてある別途紙面を見せてください。。。



係りの者に、さっそく持参いたさせます。



大変お待たせいたしました。。。 本部の者に問い合わせたところ、ポスターにその期間が書いてあったということでございます。



。。。で、その期間は。。。?


2年数ヶ月、3年未満ということでございました。


。。。で、そのポスターは現在見ることができるのですか?


申し訳ございません。。。 お見せすることができません。


。。。で、現在のポスターでは どうなっているのですか?


現在、そのようなポスターはございません。


つまり、当行が別途表示する一定の期間を明示した文書はないということですか?


その通りでございます。


あのねぇ~、それは日産自動車の問題や、スバルの問題と同じような銀行の杜撰な体質ということじゃありませんか? 利用者が迷惑するのですよ。


大変申し訳ございません。。。


日本では頭を下げて謝ればすむと思っているのが大間違いですよ。。。 どこの国に、日本人のようにペコペコと頭を下げて謝る国がありますか!?


ごもっともです。。。 大変申し訳ございません。。。


とにかく、あなたを困らせるつもりじゃありません。。。 責任あるあなたの上司がいい加減なのですよ。。。本店の取締役がこの記事を読めば少しは反省するでしょう!



デンマン様には 大変ご迷惑をおかけしました。。。



あのねぇ~、副支店長。。。 日本の銀行は、最近、海外の銀行と比べると、時代遅れになっているのと違いますかァ~? インドでも中国でも、キャッシュレス決済が80%、中国では90%にもなっているのですよ。。。 こういう時代に、キャッシュカードのアカウントを勝手に凍結してしまうということは、利用者に大きな迷惑をかけるのですよ。。。もう一度、上の文章に書いてある あなたの銀行の理念を読み返してください。。。 そうでないと、ますます埼玉りそな銀行の悪い評判が広まりますよ。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-11-08 13:25 | ふるさと 行田


 


埼玉りそな銀行 (PART 2)


 


行田支店 悪い評判



【ジューンの独り言】



(bare02b.gif)


ですってぇ~。。。


そうですよねぇ~。。。


最近、日本では、大企業も、銀行も、利用者を無視して ボタンの掛け違いをしているのではないかしら?


あなただって、そう思うでしょう?


埼玉りそな銀行は、かつて次のような間違いもしてしまいました。



(resona04.jpg)


『実際の記事』


銀行の理念としている文書に書いてある通り、


お客さまからの信頼をすべてに優先し誠実で心のこもったサービスを提供して欲しいものです。


では、また。。。



(byebye.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事




(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(june501.jpg)


『顔文字とオナラ』


『宝暦の恨みを明治維新で』


『デウキと紅葉@行田』


『薄い陰毛と紅のボートピープル』


『江戸の閨房術』


『ずるがしこい現代人』



(linger65.gif)


『おつまみミステリー』


『混浴風景を探して』


『ハレルヤ』


『マルタ島のロマンだ』


『宮沢りえ人気@海外』


『癒しを奏でるパンツ』


『マルタ島deロマン』


『生ログdeロマン散歩』



(curryind.jpg)


『宮沢りえ@クールジャパン』


『混浴風呂ガー』


『ウェルカムバック』


『コペンハーゲンからやって来た』


『ロシアからやって来た』


『海外美女ランキング』


『ブログを解剖する』


『スイスからトランプ見に来る』



(biker302.jpg)


『なせば鳴る音楽』


『日本人女学生行方不明』


『日本人女学生死亡』


『ガレット』


『那須高原の紅葉』


『希望とロマン』


『錯視 錯覚』


『マンボ@バンクーバー』



(rengfire.jpg)


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』


『皆さん、ありがとう』



(noten15.jpg)


■ 『ジェミマおばさんのシロップ』


■ 『夏日に、お帰りなさい』


■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』


■ 『スープカレーなのね』


■ 『忍城時代まつり』


■ 『夜道のルート66』


■ 『上を向いて歌おう』


■ 『霧積温泉のロマン』


■ 『明けましておめでとうございます』


■ 『車掌さんの松島音頭』


■ 『上州散策』



(bellyan15.gif)



(hand.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-11-08 13:22 | ふるさと 行田

Halloween@Shibuya (PART 1)


 


Halloween@Shibuya (PART 1)


 



(shibuya02.jpg)




(shibuya90.jpg)



(sayuri88b.jpg)



(hallowe05.jpg)



(hallowe04.jpg)



(hallowe02b.jpg)



(sayuri201h.jpg)




(diane02.gif)


Kato, who is the above lady in East Indian costume?



(kato3.gif)


She is Madame Taliesin.


Is she your wife?


Oh, no... She is the queen of Halloween.


No kidding!


I'm dead serious!  She is MY queen of Halloween.


Are you telling the world that she is a queen of Halloween ONLY for you?


Yes, that's right.  You're telling the world, Diane.


But why is she wearing an East Indian costume instead of kimono?


Good question! ... It is a long story.


Then make it short and tell me the story.


Well ... When I arrived in my hometown, Gyoda, on October 18, it was so hot that Madame Taliesin welcomed me while bathing in bikini.



(sayuri82.jpg)



Kato, were you dreaming or what?  It was terribly cold in Vancouver on October 18.  No Vancouverites could take a dip in the water.



I know, I know, ... I'm sure you were almost frozen to death, but I felt as if I were in Hawaii when I arrived in Japan on October 18.


How come it's so hot in your homwtown at this time of year?


Good question, Diane!  It is because Gyoda is famous for its fire festival.



(firef06.jpg)



(firef07.gif)



(firef02.jpg)



(firef03.gif)



(firef05.gif)




(worldjp.gif)


        
(down11.gif)



(shibuya90.jpg)



(diane02.gif)


Kato, are you saying that the fire in the festival makes it hot in Gyoda at this time of year?



(kato3.gif)


Yes, you're absolutely right.


I think you're definitely kidding me.  Who could believe you?  By the way, who are the couple in the above video.  They seem to wear old Japanese costumes.


Yes, they do... The festival is about Konohanasakuya-hime and her husband.


Who is Konohanasakuya-hime?


She is a famous character in Japanese mythology.



Konohanasakuya-hime



(firef02.jpg)


Konohanasakuya-hime (木花咲耶姫) is the blossom-princess and symbol of delicate earthly life.


She is the daughter of the mountain god Ohoyamatsumi.


She is often considered an avatar of Japanese life, especially since her symbol is the sakura (cherry blossom).


Kono-hana is also the goddess of Mount Fuji and all volcanoes.


Kono-hana-hime is the wife of the god Ninigi.


She met him on the seashore and they fell in love.


Ninigi asked Oho-Yama, the father of Kono-hana-hime for her hand in marriage.


Oho-Yama proposed his older daughter, Iwa-Naga-hime, instead, but Ninigi had his heart set on Kono-hana because Iwa-Naga-hime was ugly.


Oho-Yama reluctantly agreed and Ninigi and Ko-no-hana married.


Because Ninigi refused Iwa-Naga-hime, the rock-princess, human lives are said to be short and fleeting, like the sakura blossoms, instead of enduring and long lasting, like stones.


Kono-hana became pregnant in just one night, causing suspicion in Ninigi.


He wondered if this was the child of another kami.


Kono-hana was enraged at Ninigi's accusation and entered a doorless hut, which she then set fire to, declaring that the child would not be hurt if it were truly the offspring of Ninigi.


Inside the hut, Ko-no-hana had three sons, Hoderi, Hosuseri and Hoori.


Shrines have been built on Mount Fuji for Konohanasakuya-hime.



(fuji199.jpg)



(fuji198.jpg)


It is believed that she will keep Mount Fuji from erupting, but shrines to her at Kirishima have been repeatedly destroyed by volcanic eruptions.


She is also known for having tore up the Yatsugatake Mountains, because it was higher than Mount Fuji.





SOURCE: "Konohanasakuya-hime" from Wikipedia



I see... Quite interesting... But, Kato, how come Madame Taliesin wore an East Indian costume, instead of the traditional Japanese costume?



Diane, have you ever heard of an old saying---"Fight fire with fire"?


Yes, I have. But I can hardly understand why the above saying has to do with Madame Taliesin's East Indian costume.


Well..., Madame Taliesin is crazy about East Indian currey.




(sayuri201.jpg)



Kato, are you saying that I'm crazy about East Indian curry?



Yes, I am. The other day, You ate Indian curry at Kumagaya Station shopping mall!



(binjdi01.jpg)



(binjdi02.jpg)



Even if you're not addicted to East Indian curry, you're still crazy about curry in general.



Do you have any proof?


Yes, of course.  You ate soup curry yesterday (November 4, 2015) at Neco Curry Shop.



(neco002.jpg)



(neco001.png)


『Actual Page』



Did you see me eat the soup curry?



Yes of course I did.  You ate it in front of me.  I couldn't help but see you enjoying it to the hilt.



(neco003.jpg)



(neco006.png)



So, Kato, you enjoyed seeing my eating, huh?



Actually, I was a bit surprised.


Why is that?


...'Cause you told me that this place was a secret romantic spot.


Did I really say that?


Yes, you did.  You even showed me the following page:



(neco001b.png)


『Actual Page』



Then you even asked the owner to play some romantic music.



Did I?


Yes, you did.  You requested "Black Orfeus"---romantic Bossa Nova.



(orphe800.jpg)



(orphe801.jpg)



You told me, "I wish I could eat with you on the beach in Rio de Janeiro.



Did I really say that?


Yes, you did.  I'm pretty sure that if you hear the following music, you'll certainly recall it.



(orphe802.jpg)





Now, Madame Taliesin, did you remember what you said at the time?



I'm afraid not.  There are no stages in that curry restaurant in the first place.


Is that right?


I'm quite positive, Kato, that you were probably daydreaming.




SOURCE: 『Soup Curry @ Gyoda』
(November 5, 2015)



You see, Diane, Madame Taliesin is crazy about curry. That is, she fights hot weather with hot East Indian curry.



Are you saying, Kato, that's the reason Madame Taliesen wore an East Indian costume in the Halloween party?


Yes, that's right!  You're telling the world.



(dianelin3.jpg)


(To be continued)


[PR]
by denman705 | 2017-11-03 13:22 | ふるさと 行田

Halloween@Shibuya (PART 2)




 


Halloween@Shibuya (PART 2)



【Himiko's Monologue】



(himiko22.gif)


Kato enjoys his atay in his hometown---Gyoda-city.


A couple of days ago, he visited and watched the rice-paddy art, which was registered in 2015 as the world-largest rice-paddy art by Guinness World Records.



(tanboart2.jpg)



It looks amusing and amazing, doesn't it?


In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.


So please come back to see me.


Have a nice day!


Bye bye ...



(hand.gif)



(renge400.jpg)



If you've got some time,


Please read one of the following artciles:




(dianesun.jpg)


"Glorious Summer"


"Biker Babe & Granny"


"Genetically Modified"


"Tyrannosaur"


"Love@Magic"


"Yellow Ball"


"Welcome Back"


"Forbidden Love"


"Merry X'Mas"


"Heaven with Mochi"


"Travel Expense Scandal"


"Love@Redemption"



(cook002.jpg)


"JAGEL"


"JAGEL Again"


"Say NO!"


Happy Gal in Canada


Roof of Vancouver


Aftershock


Whiplash


Sex Appeal


Better Off Without Senate


Fire Festival


Sweets@Paris


Scary Quake


MH370 Mystery


Putin's Way


Trump @ Vancouver


Otter & Trump



(juneswim.jpg)


Changeling


Fiddler on the Roof


Flesh and Bone


Maiden's Prayer


Romeo & Juliet


Trump @ Joke


Halloween in Shibuya


Trump Shock


Happy New Year!



(biker302.jpg)


Life or Death


Way to Millionaire


Adele Hugo


Middle Sexes


Romance@Madison


Hacksaw Ridge


Eight the Dog



(surfin2.gif)



(bare02b.gif)


Hi, I'm June Adams.


Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.


As a matter of fact, he has already accomplished his goal.



(lib50909a.png)


『Actual List』



(june001.gif)


Kato watched "The Arabian Nights" or "One Thousand and One Nights" as his 1001th movie.


You might just as well want to view it.



(1001nite.jpg)




(1001nite10.jpg)




The stories in "the Arabian Nights" were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.


The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.


In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.


What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.


The stories proceed from this original tale.


Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.


Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.



(bellyan15.gif)



ところで、愛とロマンに満ちた


レンゲさんのお話をまとめて


『レンゲ物語』を作りました。


もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、


次のリンクをクリックしてくださいね。


『愛とロマンのレンゲ物語』



(renge730.jpg)


『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。




(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』


 



(bikini901b.jpg)



(dogs17.gif)



(girlxx.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-11-03 13:20 | ふるさと 行田

行田物語 にぼし (PART 1)


 


行田物語 にぼし (PART 1)


 



(niboshi01.jpg)



(niboshi10b.jpg)



(mayumi55.jpg)




デンマンさん。。。 どういうわけで“にぼし”を取り上げるのですか?



(kato3.gif)


あのねぇ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。




(mother55.jpg)


 


私が眠っていた時から、トントンと大根をせん切りにする音が台所から聞こえれ来ていた。
煮干のだしの匂いもむんむんしていた。


私は大人になって結婚して、まだ暗いうちから、冷たい水を使いながら、大根トントンやることを思うと、恐ろしくなって、結婚なんかしたくない、大人になりたくないと思った。
それも毎日、毎日。


あの頃はかまどに薪をくべながら毎朝飯を炊いていた。
白菜の漬物もつけていた。


母の指は、短くて細くもなかったが、真っ赤になっていた。
冷たそう。
その間に、少なくとも3個以上の弁当を作っていた。


 (98ページ)


うちはだしをとった煮干を味噌汁のおわんの中に一人2,3匹の割合で配給するのだった。



(niboshi04.jpg)


そして、「カルシュームだ、食え」と父は目を光らせた。


あれは本当にまずいのよ。


口の中がいがいがするのよ。


私は二度とあれは食いたくない。


どんなに白菜の白いところがうまくてもあの煮干のかすで朝食がパアになる感じだった。


 (105ページ)


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




『役に立たない日々』
著者: 佐野洋子
2008年8月20日 第6刷発行
発行所: 朝日新聞出版



この部分を読みながら、僕のオツムに ありありと少年時代の朝の食卓の風景がよみがえったのですよ。。。



デンマンさんも同じような体験を持ったのですか?



(table95.jpg)



そうなのです。。。 当時はちゃぶ台を囲んで みんながその周りに集まって、上のようにして朝食を食べたものです。。。



“にぼし”ってぇ、そんなにまずいものですか?


真由美ちゃんは食べたことないのォ~?


ありますわァ~。。。 “にぼし”が入っているオヤツですわァ~。。。



(niboshi02.jpg)



このオヤツのなかに“にぼし”が入っているのですわ。。。 とってもおいしくて、これは私の好物のオヤツですわァ~。。。



あのねぇ~、この中に入っている“にぼし”はダシを取る前の味のあるモノが入っているのですよ。。。 ダシをとったあとの“にぼし”は、まさに ジャリジャリするだけの味も素っ気もない 砂を噛んでいるようなものなのですよ。。。 あれだけは、思い出しただけで食べたくないですよ。。。 佐野洋子さんが書いているように マジであれは本当にまずいのよ。 口の中がいがいがするのよ。 私は二度とあれは食いたくないという思いをしみじみと共感したのですよ。。。


ダシを取ったあとの“にぼし”ってぇ、それほどまずいのですか?


あのねぇ~、真由美ちゃんも今度 機会があったらぜひ食べてみたらいいよ。。。 あのまずさは半端(はんぱ)じゃない! 僕は味噌汁の中に入っている“にぼし”を見るたびに、母親に文句を言ったものです。。。


それで、デンマンさんのお母さんは何と言ったのですか?


佐野洋子さんの父親と同じようなことを言いました。。。 「カルシュームがたくさん入ってるから、丈夫で健康になって背がスクスク伸びるのだから、黙って食べなさい!」と。。。


。。。で、デンマンさんは仕方なく食べたのですか?


一度か二度は食べましたよ。。。 でもねぇ~、3度目からは絶対に食べなかった。。。 必ず箸で味噌汁から出してちゃぶ台の上に残しておきました。。。 あとで母親が食べてましたよ。。。 とにかく、僕が子供の頃は 旨い物がなくて。。。、戦中・戦後の食料のない時代を経験した人は、口に入るものならば何でもムシャムシャと食べていました。。。 僕が物心ついた頃には、「買出し」という事はもう無くなっていたけれど、自由化の前でしたからね、バナナなどは高級品で小学校の遠足のときに初めて母親が買ってくれたものでした。



煮干し



(niboshi01.jpg)


 


煮干し(にぼし)は小魚を煮て干したもので、主に出汁をとる材料として使われるほか、そのまま、あるいは乾煎りにするなどで食べられている。
カタクチイワシで作ったものが最も一般的だが、マイワシ、ウルメイワシ、キビナゴ、アジ、サバ、トビウオ(あご)などを原料としたものもある。
イリコ(炒り子)、じゃこ(雑魚)、だしじゃこ(出汁雑魚)など多くの別名がある。


 


最近の商品開発の動向


煮干は、一般にそのまま食することができるため、現代人のカルシウム不足を補う意味もあって、「食べ(られ)る煮干」として、食べられることを明記し、健康によい食品であることを訴求した商品が増えている。


また、アーモンドなどのナッツ類と一緒に小袋にパッケージされた商品も、茶請けや酒のつまみとして長年にわたって日本人には愛好されている。



(niboshi02.jpg)


出汁用として、煮干しを粉状に粉砕したものも広く流通している。


 


煮干の日


2月14日。 バレンタインデー。


1994年に全国煮干協会が「に(2)ぼ(1=棒)し(4)」の語呂合わせから制定した。


 


出汁の取り方


水出し法と煮出し法があり、水出しの方が雑味の少ない良質の出汁が取れる。
頭と腹わたからは苦味や雑味が出るので下拵えとして取り除くと良いとされるが、水出しの場合は頭と腹わたから灰汁が出にくいため、それらから出る旨みを利用するために取り除かない方法もある。
出汁が出やすいように、中骨に沿って2枚下ろしのように指で二つに割る。


ただし一般家庭で味噌汁等に使う場合には、特別な下拵えをせずにそのまま使う場合も多い。
なお出汁を抽出した後に焼け火箸を入れると生臭みの元になっている成分が揮発し上品な出汁になるといわれている。


出汁をとった後の煮干は出し殻として取り出すが、家庭料理ではそのまま汁の実として食べる場合もある。


水出し法 : 1000ml程度の水に50gほどの煮干を入れて一晩(10時間程度)出汁を抽出する。煮干を取り出した後に出汁を加熱して用いる。



(niboshi05.jpg)


煮出し法 : 1000ml程度の水に30gほどの煮干を入れて10分程度煮出す。


折衷法(最も一般的な方法) : 1000ml程度の水に30gほどの煮干を入れて30分から一晩程度出汁を浸出し、煮干を取り出さずに10分程度煮出す。





出典: 「煮干し」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



真由美ちゃんは“にぼし”でダシを取った味噌汁なんて飲んだことないでしょう?



そうですわねぇ~。。。 私が子供の頃は、味噌汁を作ることは珍しくなってました。。。 母が作るときでも“ダシの素”を入れて作っていたようでしたわァ~。。。


。。。だろうねぇ~。。。 真由美ちゃんが子供の頃は 朝食が洋食風にパンとコーヒーで食べるようになった頃ですよ。。。。



(diningrm2.jpg)



そうですわ。。。 スープにサラダ、それにオートミールなんかをを食べていましたわァ~。。。



時代が変わったんだよねぇ~。。。 真由美ちゃんが小学生の頃は検便なんてしたことないでしょう? ウンチをマッチ箱につめて学校に持ってゆくのですよ。。。 それを保健婦さんが顕微鏡で見て回虫の卵があるかどうかを調べるのです。。。


あらっ。。。 デンマンさんが小学生の頃はウンチをマッチ箱につめて学校に持っていったのですか? うふふふふふ。。。


もちろん、毎日じゃあありませんよ。。。 1年に1度ぐらいでしたよ。。。 でも、小学校4年生ぐらいから検便は無くなりました。。。


どうして検便をしたのですか?


回虫ですよ。。。 その当時は、野菜などは下肥(しもごえ)を使って栽培していたのです。。。



(koedame02.jpg)



このように田んぼには 汲み取り便所から肥桶に入れて持ってきた糞尿を下肥にするために“肥溜め”に溜めておいたのですよ。。。 だから、屋根のない“肥溜め”に落ちる人も珍しいことではなかった。



マジで。。。?


あの有名な黒柳徹子さんが小学生の頃 汲み取り便所の裏で遊んでいて、汲み取り便所の汲み取り口の穴がちょうどマンホールのようになっていたのです。。。 どのような理由か知らないけれど、その蓋(フタ)が無くて、新聞しか何かで隠されていた。。。 徹子さんは、それを知らずに、その新聞紙をめがけてジャンプしたらしく、ズボッとクソ壺の中に入ってしまった。


あらっ。。。 マジで。。。? じゃあ、ウンチとオシッコだらけになってしまったのですかァ~?


そうですよ。。。


でも、どうして、そのような事をデンマンさんは知っているのですか?


徹子さんが自分で本に書いてましたよ。。。 僕が小学校1年生のときにも同級生の女の子が便所の中に落ちたことがありました。。。


マジで。。。? 


必死の思いで“キン隠し”につかまっていたので クソ壺には落ちなかったのだけれど、保健婦さんが助けて、足洗い場で素っ裸にされて消毒液が入った盥(らたい)の中で、泣きながら体を洗われていましたよ。。。


大変な時代だったのですわねぇ~。。。


でもねぇ~。。。、それほど昔のことじゃない! 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の昭和30年代の話です。。。



(always02.jpg)




あらっ。。。 この頃にはまだ“検便”があったのですか?



そうです。。。 水洗便所じゃなく、汲み取り便所があったということは、まだ回虫が小学生の腹の中に居たということですよ。。。



回虫



(kaichu02.jpg)


 


回虫(カイチュウ、蛔虫とも)は、ヒトをはじめ多くの哺乳類の、主として小腸に寄生する動物で、線虫に属する寄生虫である。
狭義には、ヒトに寄生するヒトカイチュウ Ascaris lumbricoides を指す。


ヒトに最もありふれた寄生虫であり、世界で約十億人が感染している。
本項では主としてヒトカイチュウについて記載する。


雌雄異体であり、雄は全長15〜30cm、雌は20〜35cmと、雌の方が大きい。環形動物のミミズに似た体型であり、 lumbricoides (ミミズのような)という種名もこれに由来するが、回虫は線形動物であり、環形動物とは全く異なるので体節も環帯もなく、視細胞などの感覚器も失われており、体の両先端に口と肛門があるだけで、体幹を腸が貫通する。
生殖器は発達し、虫体の大部分を占める。成熟した雌は1日10万個から25万個もの卵を産む。


 


歴史と現状


回虫は、古くから人類の最も普遍的な寄生虫であった。
紀元前4世紀から5世紀のギリシャの医師ヒポクラテスや中国の紀元前2700年頃に記録があり、日本では4世紀前半とされる奈良県纏向(まきむく)遺跡の便所の遺構から回虫卵が発見されている。


鎌倉時代頃から人糞尿(下肥)を農業に利用する事が一般化したので、回虫も広く蔓延した。
人体から排泄された回虫卵が野菜等に付き、そのまま経口摂取されて再び体内に入るという経路である。
こうした傾向は20世紀後半にまで続き、1960年頃でも、都市部で寄生率30 - 40%、農村部では60%にも及んだ。


しかし、徹底した駆虫対策と衛生施設・衛生観念の普及によって急速に減少、20世紀末には実に0.2%(藤田紘一郎)から0.02%(鈴木了司)にまで下り、世界で最も駆虫に成功した例となった。
ただし、同じ頃に広まった自然食ブームによって下肥を用いた野菜が流通するようになり、また発展途上国からの輸入野菜類の増加に伴い、回虫寄生の増加が懸念される。


更に、駆虫が余りにも徹底したため、回虫に関する知識が忘れられるというような場合もあり、医師でさえ回虫を見た経験がなく、検査方法も知らない例もあって、回虫の増加が見逃される恐れもある。


世界的にも回虫の寄生率は高く、アジア・アフリカ・中南米などの発展途上国・地域ではなお40%程度あり、欧米でも数%となっている。
発展途上国・地域では、人口の激増と都市集中、衛生施設・観念の不足、衛生状態や経済の悪化等により駆除が困難となっている。


 


対策


衛生環境を整備しなければならないのはもちろんである。かつての日本で寄生率が著しく高かったのは、人糞尿を肥料に用いていたと共に、それで栽培した野菜類を漬け物などとして生食いしていたのが大きな原因である。回虫卵は強い抵抗力を持ち、高濃度の食塩水中でも死なないので、食塩を大量に使用した漬け物でも感染は防げなかった。
第二次大戦後は化学肥料の普及が回虫撲滅の一端を担った。


回虫卵は熱に弱く、70℃では1秒で感染力を失う。従って野菜類は充分熱を通して食べれば安全である。
有機栽培の生野菜を摂取するのであれば、下肥の加熱処理をしなければならない。


だが、大量の食品が海外から輸入されている現状では、そこから感染する恐れもあり、注意しなければならない。
発展途上国では人糞尿を肥料にする事は少ないが、衛生観念や施設の不充分から回虫の蔓延が見られる。


便所の位置や構造が不衛生で、地面にそのまま排泄する場合には、乾燥した便に含まれる回虫卵が風に乗って空中に浮遊して感染する。
糞便にたかる昆虫やネズミなどの小動物も感染源となっている。


回虫は毎日大量に産卵するので、1匹でも寄生していれば必ず糞便に卵が混じる。
よって検便をすれば寄生の有無がわかる。駆除にはかつてはサントニン・マクニン・カイニンソウなどが用いられたが、最近はパモ酸ピランテル、メベンダゾールなどが用いられる。



(santonin02.jpg)


根本的には便所の改善、人々の衛生観念の向上、社会の貧困撲滅など、多くの課題がある。発展途上国・地域でも、日本はじめ先進諸国の援助もあってそれらの問題の解決に取り組んでいるが、なお困難な事業である。




出典: 「回虫」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



デンマンさんは回虫を見たことがあるのですか?



もちろんですよ。。。 僕の腹の中にも居ましたからねぇ~。。。


あらっ。。。 自分のお腹の中に居た回虫を見たのですかァ~?


そうです。。。


でも。。。、でも。。。、どのようにして見たのですか?


あのねぇ~、確か僕が小学校の1年生か2年生の頃でした。。。 ある時、僕の足の先から頭のてっぺんまでじっくりと眺めて、母親は不思議そうにしていた。。。


デンマンさんは汲み取りお便所に落ちたのですか? それで、プンプン匂っていたとか。。。? うふふふふふ。。。


まさかァ~! 僕は黒柳徹子さんのような馬鹿な真似はやりませんでした。。。


。。。で、どうしてデンマンさんのお母さんはデンマンさんをしみじみと眺めたのですか?


母親というのは、子供の体調が気になるのですよ。。。 「ずいぶんと食べているのに、ちっとも太らないのよねぇ~。。。」 そのような事をぶつぶつ言っていたと思ったら、やがて薬屋に行って「サントニン」の小瓶を買ってきた。。。 ちょうど上の写真にあるような小さなビンの中に20錠ぐらい 白い錠剤が入っていた。。。 その錠剤を2粒ぐらい飲ませられた。。。 母親は「虫下し」だと言ってましたよ。。。


つまり、デンマンさんの お腹の回虫を殺すためですか?


そうです。。。 効果覿面(てきめん)でした。。。 翌日、トイレに入ってウンチをしたのですよ。。。 あのねぇ~、ウンチを出すときにはリズムがあります。。。 ポトポトポト……とか、。。。ツーツーツー……とか。。。ドボドボドボ……とか。。。 とにかう、ウンチが肛門から出てゆくときのリズムは予想できるものなんですよ。。。 真由美ちゃんだって、このリズム感には思い当たるでしょう!?


そうですわねぇ~、言われてみれば、ウンチが落ちるリズムと言うものは確かにありますよね。。。


ところが、その時、そのリズムが狂ったのですよ。。。 生まれて初めて経験するウンチのリズムの異常です。。。 ポトポト……まで行ったのに、次のポトが来るはずなのに来ない!


どうしたのですか?


肛門からウンチが落ちているはずなのに、落ちてない。。。 どうして。。。? あの不思議な感覚!? ウンチが肛門からぶら下がっているのですよ。。。 佐野洋子さんの本に次のようなエピソードが書いてある。




(shizuko02.jpg)


 


山梨のど田舎の学校で引揚者である私が誰よりもハイカラな服装をしていた。 (略)


どこから出てくるのか、アメリカからのララ物資か、日本政府からの援助か、時々学校で雨ガッパ一着とかゴムの黒い靴一足とかが、天下ってきた。
先生は、「引揚者の洋子さんに」とそれは私に恵まれるのであったが、子供心に先生のヒイキだと思えた。


山の中の川のそばの掘っ立て小屋に住んでいる女の子も居たのだ。
そこは便所も電気もなく、押せば倒れるような家とも云えないもので、時々そこのお母さんが、川でおしりまる出しにうんこをしていた。


始めうんこかと思っていたのは10センチもおしりの穴からぶらさがっている脱腸なのだった。
それは恐ろしいものだった。


女の子はノートも鉛筆もなく、丸めたおがくずのような髪の毛はしらみの卵としらみで真っ白になっていた。
そしてくさい洋服に向かってしらみはぞろぞろと歩き回っていた。
あの子はいつも素足だったのかも知れない。


学校中で雨ガッパなど持っている子供は一人も居ないのだ。
すべての子供はわらぞうりか下駄をはいていて、靴などはいている子供は居なかったのだから……。


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




71-72ページ 『シズコさん』
著者: 佐野洋子
2008年7月20日 第8刷発行
発行所: 株式会社 新潮社



あらっ。。。 デンマンさんも脱腸になってしまったのですか?



ちがいますよう! 小学生で脱腸になるはずないでしょう!? 当時 僕は“脱腸”なんて知らなかった。。。 とにかく、ウンチのリズムが狂って、不思議な異常に気づいて、「オヤっ。。。 どうなっているんだろう?」と思って尻をもたげて股の間の自分のウンチを見たのですよ。。。 そしたら、次のような光景を目撃した!。。。



(unchi800.png)



なんと、サントニンで殺された回虫が出てきた。。。 回虫のメスは30センチぐらいはありますからねぇ~。。。 それもウンコをウィンナー・ソーセージのように繋(つな)げながら出てきたのですよ。。。 つまり、40センチから50センチぐらいのウィンナーがぶら下がっていたのですよ。。。 ウンコが落ちないはずですよ。。。



うふふふふふ。。。 デンマンさんは、ずいぶんと面白い経験をしたのですわねぇ~。。。


そうですねぇ~。。。、こういう経験は今の時代では したくてもなかなかできないですよゥ。。。



(laugh16.gif)


では、口直しに 旨い“煮干ラーメン”のクリップをご覧ください。。。



(niboshi10.jpg)




 (すぐ下のページへ続く)

[PR]
by denman705 | 2017-09-25 04:19 | ふるさと 行田

行田物語 にぼし (PART 2)


 


行田物語 にぼし (PART 2)




【デンマンの独り言】



(kato3.gif)


真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。


去年(2016年)の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。


学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。


あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。


でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。


同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。


太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。


なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。


もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。


僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。


しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。


いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!



(inflight2.jpg)



(airport1b.jpg)


ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?


とっても素敵な街ですよ。



(stanley50.jpg)



(seawall3.jpg)



(seawall2.jpg)


世界で最も住みやすい街バンクーバー






(wetsuit.jpg)



(wetsuit3.jpg)



(gastown20.jpg)




(canplace22.jpg)



ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?


卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。


クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。



(polar10.jpg)



上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?


ところが気温は確か2度ぐらいでした。 


水の中の方が暖かかったのです。


とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。


あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。


では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。


だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。



(hand.gif)




(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』


 



If you've got some time,


Please read one of the following artciles:




(santa85b.jpg)


『ピラミス@美術館』


『夢のバンクーバー』


『バンクーバーの屋上で』


『オランダ移住』


『カナダ移住の夢』


『ディープコーヴ』


『浴衣のバンクーバー』


『黒豚テリマヨ』


『イタリアのベーグルとサルサ』


『花火大会』


『乙女老い易く学成り難し』


『真由美ちゃん@英語』


『真由美ちゃんダントツ』


『日本よい国天国だ!』


『やっぱりどこか狂ってる』


『日本で再会』



(utsunomiya10.jpg)


『乙女力@宇都宮』


『いい出会いの連鎖』


『笑顔の乞食おばさん』


『ニュートンの暗い秘密』


『新年@バンクーバー』


『スープキッチン@新年』


『猫と癒し』


『猫と犬と癒し』


『大通りde水の滑り台』


『イルカとワンちゃん』


『カワウソ@スタンレー公園』


『生パンツ系男子とベトナム兵』


『愛と癒しの涙』


『ダンスとノーベル賞』


『おもてなし』


『思い出ポロポロ』


『ロブソンの5月』



(biker302.jpg)


『ネットが不倫を連れて来る』


『ペットと良心』


『夢のデニッシュ』


『パンツァネッラ』


『12歳少女の短命』


『行田の伯母さん』


『パン職人修行』


『タイムマシーン』


『ルンルンdeサルサ』


『天国のワンちゃん』


『万の風になって』


『プロシュット』



(mayumi76.jpg)


『なせば鳴る音楽』


『日本人女学生行方不明』


『日本人女学生死亡』


『ガレット』


『那須高原の紅葉』


『希望とロマン』


『錯視 錯覚』


『マンボ@バンクーバー』


『オリーブオイル』


『スコーンとプディング』


『5月のロブソン』


『病院食の間違い』


『プレミアム・ジャパン』


『自然の摂理を無視すると…』


『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』



(juneswim.jpg)


『パリ風カフェ』


『どこか狂ってるわ』


『行田遠野物語』


『行田物語 ピアノ』


『行田物語 猫』


『行田物語 母の懐』


『行田物語 ケネディ暗殺』


『行田物語 病院食』


『行田物語 お股の花々』


『晩香坡物語 ジャズ』


『行田物語 悪夢』


『行田物語 社長』


『行田物語 棺桶に入るまで』


『宝田百合子@インド』


『行田物語 ちゃぶ台』


『行田物語 アカギレ』



(surfin2.gif)



(dogs17.gif)



(girlxx.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-09-25 04:18 | ふるさと 行田

 


行田物語 アカギレ(PART 1)


 



(akagire3.jpg)



(mayumi55.jpg)




デンマンさん。。。 どういうわけで“アカギレ”を取り上げるのですか?



(kato3.gif)


真由美ちゃんは手にアカギレができたことある?


ありませんわァ~。。。


じゃあ、見たことある?


いいえ。。。 アカギレがどういうものかは知ってますけれど、実物を見たとこはありません。。。



しもやけ あかぎれ


 


しもやけ(霜焼け、英: Chilblain)とは、身体の一部が冷えたために、膨れて硬くなったり、その部分が痒くなったり熱くなるような感覚を覚える現象である。
しもばれ(霜腫れ)、しもくち(霜朽ち)、凍瘡、ゆきやけ(雪焼け、日本海側各地の方言)とも言う。


霜焼けは、寒さのために血行が悪くなり生じる炎症であり、手足など血管が細い四肢末端に発症しやすい。
また、肌が外気に露出している頬や鼻先や耳たぶも霜焼けになりやすい部位である。


よく「ジンジン」と形容される感覚を起こしやすく、むず痒い、痛い、熱いなどと表現されることもある。
指に発症した場合は、患部が硬く膨れ上がる場合もある。
患部を暖めると疼痛や痒みが強く感じられる事が多い。
童謡『たきび』にも歌われている、冬の季節病である。


霜焼けの状態で肌が乾燥すると、皮膚の角質層の厚い部分に亀裂が生じ、内部が赤く見えたり出血したりする。
これをひび、また程度の甚だしいものを皸(あかぎれ)と呼ぶ。



(akagire3.jpg)


 


治療法


治療法には、40℃位のお湯と5℃位の冷水に患部を交互に付ける(必ず、水よりお湯につける時間は長くし、お湯から始めてお湯で終わるように)方法や、患部を温めながらマッサージする方法(ただし余り強い力でマッサージすると患部付近の毛細血管が破裂し、症状が一段と酷くなる場合がある)、トコフェロール(ビタミンE)を服用する方法などがある。


初期の軽いものなら、レタスなどのビタミンEを多く含む食品を食べることにより、1週間程で治ることもある。


ジルチアゼムやニフェジピンなどの血管拡張薬が使用される。


しもやけで肌が乾燥した状態(アカギレ)の症状には、保湿効果のあるワセリンなどの軟膏剤をラップフィルムに塗り患部に当てる湿潤療法などがある。


dl-カンフル、メントール、ベンジルアルコールやユーカリ油(Eucalyptus oil)が配合された塗り薬(例えばメンターム、メンソレータムなど)が、しもやけクリームとして使用される。




出典: 「しもやけ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



最近では、電化製品が増えて、炊事でも簡単にご飯が炊けるし、昔のように、冷たい水に手を浸して米を研いだり、冷たい水を使って雑巾(ぞうきん)がけをすることなんて無くなったから、アカギレができることなんてまずないだろうねぇ~。。。



雑巾(ぞうきん)がけってぇ、どういうことですか?


あのねぇ~、昔は小学校などでも生徒が掃除をしたのですよ。。。 バケツに水を汲んでその中に雑巾を浸して床を拭くのですよ。。。 冬などは冷たい水の中に手を突っ込むのだから、大変ですよ。。。


私が子供の頃はそういう経験はありませんでしたわァ。。。


だろうねぇ~。。。 最近は水道をひねれば温かいお湯がでるからねぇ~。。。 僕も、最近ではアカギレができてる人の手を見たことがないですよ。。。 でも、僕が子供の頃は珍しくはなかった。。。 たまたまバンクーバー市立図書館で借りている本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。



農家の嫁の手


 



(akagire2.jpg)


 


1963(昭和38)年に撮影した21歳になる「農家の嫁」の手。


手に刻まれたひび割れは家庭内および田畑での作業の厳しさを物語る。


この写真は、20世紀初頭から1950年代末にいたるまで、農村社会と農業技術に大きな変化がなかったことを証言している。


農村社会で日々の作業のルーティーンが大きく変わるのは高度成長の成果が農村にまで行きわたり、農作業の機械化が進むようになる1960年代以降のことだった。


 



(akagire5.jpg)


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




547ページ 『日本の200年』 新版 下
徳川時代から現代まで
著者: アンドルー・ゴードン
訳者: 森谷文昭
2013年4月10日 第1刷発行
発行所: 株式会社 みすず書房



真由美ちゃんが子供の頃は、日本が経済大国になって、テレビ、冷蔵庫、電気洗濯機はもうどの家にもあったでしょう! テーブルで椅子に座って家族と一緒にご飯を食べていたのですよ。。。 でしょう?



そうですわァ。。。



(diningrm2.jpg)



こんな感じでご飯をいただいていました。。。



僕が子供の頃は、まだ畳に座って“ちゃぶ台”でご飯を食べてたのですよ。。。



(table95.jpg)



マジで上のようにして畳に座ってご飯をいただいていたのですか?



そうです。。。 たとえば、あの話題になった昭和30年代の頃を描いた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の中にも“ちゃぶ台”がでてきますよ。。。



(always02.jpg)




この映画は1964年の話です。。。 つまり、昭和39年の頃の話です。。。 要するに、上の1963(昭和38)年に撮影した21歳になる「農家の嫁」の手というのは、この頃には、それほど珍しいことではなかった。。。



(akagire2.jpg)



でも、この写真はちょっと痛々しすぎるよねぇ~。。。



21歳でこんな手をしているなんて、考えられませんわァ~。。。


ネットで上の写真の出所を調べたら次のように書いてありましたよ。。。



『秩父三十年 南良和写真集』の5ページの井出孫六の文章より


撮影年月は1963(昭和38)年5月、撮影場所は埼玉県秩父郡小鹿野町三田川であることがわかった。



(ogano01.jpg)


井出孫六の文章に「秩父盆地は、荒川によって東西に二分され、


西に広がる山間の村々は西谷(にしやつ)とよばれているが、


その西谷(にしやつ)の奥、三田川(みたがわ)の耕地に泊りがけでボランティアにおもむいたとき、


写真家南良和にとって忘れることのできない被写体に遭遇することになる。


いまからちょうど30年前の1963年5月、写真家南良和の遭遇したその被写体を、


読者は本書の図55、56において目にすることができるが、


「21歳の嫁の手」は、それから4年後の1967年、第4回太陽賞に浴するとともに、(後略)」という記述あり。




『レファレンス事例詳細』より



昭和38年5月に写真家の南良和さんが埼玉県秩父郡小鹿野町三田川の農家で撮ったのですよ。。。 この頃は電化製品はほとんどなかった。。。 もちろん温かいお湯が出る水道なんてない! 冬には冷たい水で米を研ぎ、大根なども冷たい水で荒い、食事が終わってからも、農家の嫁は休む暇もなく、食器を洗ったり、水仕事が絶えない。。。 それでアカギレが手にいっぱいできてしまうわけですよ。。。



デンマンさんも子供の頃にアカギレができたことがあるのですか?


いや。。。 しもやけができたことはあるけれど、アカギレができたことはありません。。。


それなのに、どういうわけで“行田物語 アカギレ”というタイトルにしたのですか?


僕の母親の手にアカギレがたくさんできたのですよ。。。 それを子供の頃、見たとき痛みが伝わってきましたよ。。。


でも、デンマンさん自身はアカギレができたことがないのに、どうして痛みが解るのですかァ~?


それは、解りますよ。。。 竹細工(たけざいく)をしていて小刀で指を切ったりしたことがあるから。。。



(akagire3.jpg)



こういう傷を僕も何度か指に受けたことがあるから、お袋のアカギレを見て痛いだろうなァ~、と痛みを共感しましたよ。。。 しかも、当時はその傷に七輪(しちりん)の練炭(れんたん)の火であぶって溶かした「あかぎれ膏(こう)」で傷を埋めるのですよ。。。



(akagire4.jpg)



(7rin01.jpg)



熱いでしょうにィ~。。。



そうですよ。。。 このチョコレートのように固まったものを練炭の火であぶって溶かすのですからねぇ~。。。 とろっと溶けたモノは熱くないはずがない。。。 それをアカギレの傷の中にたらしてヒビを埋めるのです。。。 子供心に“拷問”のようだと思いましたよ。。。


。。。で、デンマンさんのお母さんは しばらく水仕事を休むのですか?


もちろん、休むわけにはゆきません。。。 それが嫁の仕事なんだから。。。 ヒビを埋めなけらば、冷たい水が傷にしみて痛みが増すけれど、「あかぎれ膏(こう)」で傷を埋めるので、冷たい水に手を入れても 多少は痛みが軽減されるのでしょう。。。 毎日の炊事を休むわけにはゆかないので、そうやって痛みを少しでも軽減しながら、つらい水仕事を続けるのですよ。。。


たいへんですわねぇ~。。。


そうですよ。。。 僕の母親は町に嫁(とつ)いだから、まだいいほうですよ。。。 農家の嫁さんは、町の嫁よりも水仕事が多いから、上の写真のようなアカギレができてしまうのですよ。。。 



(akagire2.jpg)



こうなってしまったら、「あかぎれ膏(こう)」で傷を埋めるのも面倒くさくなるから、もう処置なしでしょうねぇ~。。。 だから、上の写真は審査員の共感を呼んで、「21歳の嫁の手」は、それから4年後の1967年、第4回太陽賞を受賞したと僕は思うのですよ。



デンマンさんのお母さんの世代の女性は、誰もがアカギレで痛い思いをしたのですか?


あのねぇ~、女中さんを雇えるような裕福な家の主婦以外は、誰もがアカギレに悩まされたと思いますよ。。。 でも、その当時はアカギレは別に珍しいことじゃないし、嫁さんたちはたいていアカギレができていたから、みな我慢して水仕事にいそしんでいたのですよ。。。 それに当時の農家は、藁葺(わらぶ)き屋根の家でしたからねぇ。。。 何もかもが不便で旧式だった。。。



(endo02b.jpg)



(endo10.jpg)



真由美ちゃんのお母さんは僕の従妹だけれど、彼女が子供の頃住んでいた実家のある南河原村では、当時、まだ箱膳を前にして食事している家も多かったのですよ。。。



南河原村という村は行田市に統合されたのでしょう?


そうです。。。 2006年1月1日に行田市に編入されたのです。。。


 



(gyodamp3.png)


『拡大する』


 



デンマンさんも 旧南河原村にあった私の母の実家で箱善で ご飯を食べたことがあったのですか?



そうです。。。 僕は4歳か5歳だったけれど、母親が田植えの手伝いかなんかで僕を連れて実家に行ったのです。。。 その時 一緒に箱膳の銘々膳(めいめいぜん)で朝ごはんを食べたことをはっきりと覚えてますよ。。。



銘々膳からちゃぶ台へ


日本女子大学・北陸大学非常勤講師 東四柳祥子


 


「一家団欒」の象徴とされるちゃぶ台は近世までの銘々膳(めいめいぜん)による配膳形式とは異なり、空間を共有するもの同士が囲む四本脚の共同膳である。
日本における共同膳の歴史は、奈良・平安時代の貴族たちに享受されていた「大饗料理」になかのぼることができる。


その後、武家社会における師従関係の成立により、身分に基づき整列することで、銘々膳によって食事をする形式が定着を見せた。
そして江戸時代を迎え、鎖国化でも交流が許された中国から一つのテーブルを囲み、大皿に盛られた料理を分かち合う「卓袱(しっぽく)料理」が出島に伝来する。
まさにこの形式こそが、ちゃぶ台のルーツともされ、やがては都市部での酒宴形式として人気を誇るようになる。


しかし、根強い儒教的観念に縛られた日常生活の中では、家長を中心に、銘々膳での食事形式が従来どおり踏襲され、しつけの場の重要な空間としての意味も持ち合わせていた。



(table93.jpg)


しかし、幕末の開国以後、流入した西洋文化の影響は、家族の食事風景を大きく変えることになる。
新たに導入された西洋料理は、中国料理同様、テーブルを囲むといった食事形式を呈しており、共同膳で食事をする習慣が上流階級の間から徐々に定着をみせた。 (略)


やがて昭和期になると、『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』などといった国民的な漫画のなかで、ちゃぶ台は家族をつなぐ大切な装置として描かれ、その空間で共有される話題や珍事が、微笑ましい家族関係の理想形を印象づける効果を発揮し始めるようになる。


しかし、昨今の食の課題には、個食や孤食、外食や中食(なかしょく)にたよるといった食の外部化・簡略化への依存などがあり、家族仲良くちゃぶ台を囲むという機会の形骸化も拭えない事実である。
いま私たちは、昭和期を通して形成された家族で共有する時間のあたたかさを、再認識する時代に来ているといえるのではなかろうか。
ちゃぶ台が、人間関係の構築・再生の場であった昭和の風景に学び、守るべき遺産であるという意識も高めていきたいものである。



(table90.jpg)


赤字はデンマンが強調のため。
読み易いように改行を加えています。
イラストはデンマン・ライブラリーより)




139ページ 『暮らしの年表 流行語100年』
講談社編 2011年5月19日 第1刷発行
発行所: 株式会社 講談社


『カウチポテト』にも掲載
(2013年1月9日)



あらっ。。。 銘々膳というのは、ずいぶん古くから、デンマンさんの子供時代まであったのですわねぇ~。。。 でも、私が覚えている母の実家は、藁屋根の家ではなくて、新しく立て替えた新しい瓦屋根の家でしたわァ~。。。 それに、テーブルを囲んで椅子に座ってご飯をいただいてました。。。



そうです。。。 そうです。。。 その頃は昭和40年代を迎えて日本は経済大国になり、竈(かまど)は電気炊飯器になり、川で洗濯していたのが、電気洗濯機で洗濯するようになり、何もかもが電化されて生活が楽になった頃ですよ。。。 つまり、アカギレは昔の話になったのですよ。。。 要するに、僕と真由美ちゃんでは 子供の頃を送った時代が違うんだよねぇ~。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-09-16 02:55 | ふるさと 行田


 


行田物語 アカギレ(PART 2)



【デンマンの独り言】



(kato3.gif)


真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。


去年(2016年)の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。


学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。


あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。


でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。


同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。


太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。


なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。


もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。


僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。


しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。


いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!



(inflight2.jpg)



(airport1b.jpg)


ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?


とっても素敵な街ですよ。



(stanley50.jpg)



(seawall3.jpg)



(seawall2.jpg)


世界で最も住みやすい街バンクーバー






(wetsuit.jpg)



(wetsuit3.jpg)



(gastown20.jpg)




(canplace22.jpg)



ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?


卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。


クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。



(polar10.jpg)



上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?


ところが気温は確か2度ぐらいでした。 


水の中の方が暖かかったのです。


とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。


あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。


では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。


だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。



(hand.gif)




(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』


 



If you've got some time,


Please read one of the following artciles:




(santa85b.jpg)


『ピラミス@美術館』


『夢のバンクーバー』


『バンクーバーの屋上で』


『オランダ移住』


『カナダ移住の夢』


『ディープコーヴ』


『浴衣のバンクーバー』


『黒豚テリマヨ』


『イタリアのベーグルとサルサ』


『花火大会』


『乙女老い易く学成り難し』


『真由美ちゃん@英語』


『真由美ちゃんダントツ』


『日本よい国天国だ!』


『やっぱりどこか狂ってる』


『日本で再会』



(utsunomiya10.jpg)


『乙女力@宇都宮』


『いい出会いの連鎖』


『笑顔の乞食おばさん』


『ニュートンの暗い秘密』


『新年@バンクーバー』


『スープキッチン@新年』


『猫と癒し』


『猫と犬と癒し』


『大通りde水の滑り台』


『イルカとワンちゃん』


『カワウソ@スタンレー公園』


『生パンツ系男子とベトナム兵』


『愛と癒しの涙』


『ダンスとノーベル賞』


『おもてなし』


『思い出ポロポロ』


『ロブソンの5月』



(biker302.jpg)


『ネットが不倫を連れて来る』


『ペットと良心』


『夢のデニッシュ』


『パンツァネッラ』


『12歳少女の短命』


『行田の伯母さん』


『パン職人修行』


『タイムマシーン』


『ルンルンdeサルサ』


『天国のワンちゃん』


『万の風になって』


『プロシュット』



(mayumi76.jpg)


『なせば鳴る音楽』


『日本人女学生行方不明』


『日本人女学生死亡』


『ガレット』


『那須高原の紅葉』


『希望とロマン』


『錯視 錯覚』


『マンボ@バンクーバー』


『オリーブオイル』


『スコーンとプディング』


『5月のロブソン』


『病院食の間違い』


『プレミアム・ジャパン』


『自然の摂理を無視すると…』


『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』



(juneswim.jpg)


『パリ風カフェ』


『どこか狂ってるわ』


『行田遠野物語』


『行田物語 ピアノ』


『行田物語 猫』


『行田物語 母の懐』


『行田物語 ケネディ暗殺』


『行田物語 病院食』


『行田物語 お股の花々』


『晩香坡物語 ジャズ』


『行田物語 悪夢』


『行田物語 社長』


『行田物語 棺桶に入るまで』


『宝田百合子@インド』


『行田物語 ちゃぶ台』



(surfin2.gif)



(dogs17.gif)



(girlxx.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-09-16 02:54 | ふるさと 行田