デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705
カレンダー

カテゴリ:園芸・植物・花( 5 )

思い出の蓮 (PART 1)


 


思い出の蓮 (PART 1)


 



(ayesha102.jpg)



(lotus101.jpg)



(lotus68b.jpg)


 




(sylviex.jpg)


ケイトー。。。、今日はあなたの“思い出の蓮”の話をするわけねぇ~?



(kato3.gif)


いや。。。 僕の“思い出の蓮”の話はこれまでにたびたび記事に書いたから、今更取り上げても面白くないと思うのですよ。。。


じゃあ、誰の“思い出の蓮”を取り上げるわけぇ~。。。?


カルフォルニアのサンマテオ市に住んでいるアーイシャー・アーズミー(Ayesha Azmi)さんの“思い出の蓮”の話をしようと思うのですよ。。。


なんだか、アメリカ人らしくない名前じゃないのォ~?


実は、アーイシャーさんはインドのムンバイで生まれた帰化したアメリカ人ですよ。。。 まだ少女の頃に両親と共にアメリカに移住したのです。


。。。で、現在何をしているのォ~?


カリフォルニア大学バークレー校を卒業したあと サンマテオ市にあるオペラ・ソフトウェアでソフトウェア・スペシャリストとして働いているのです。



オペラ・ソフトウェア



(mateo03.jpg)



(mateo04b.jpg)


 


オペラ・ソフトウェア(Opera Software ASA)は、ノルウェーのソフトウェア開発企業。
ウェブブラウザ「Opera」の開発元として知られており、またW3Cを通じたWeb標準化の推進も行っている。


本社をノルウェーのオスロに置き、スウェーデン、米国、インド、中国、日本、韓国、ロシア、台湾、ウクライナ、ポーランド、オーストラリア、アイスランドに支社を持つ。
公開企業であり、ノルウェーのオスロ証券取引所(Oslo Stock Exchange)に株式を公開している。


あらゆるデバイスで最良のインターネット環境を実現することを目標として掲げる。
2016年6月に中国企業の買収に応じたことが報じられ、「Opera」ブランドの売却に伴い現社名の変更が確実となった。


この買収に伴い、オペラ・ソフトウェアは従業員数が約560人に縮小し、18カ月以内に新たな企業名を決定する事が必要となった。


1995年8月30日にヨン・フォン・テッツナーとゲイル・イヴァルセイによって設立される。
ノルウェーの大手通信企業Telenor Research and Development(現 Telenor)で行われていたプロジェクトを引き継ぐ形で設立された。
2004年3月11日にはオスロ証券取引所への株式公開を行っている。


Opera Softwareの最初の製品は1997年にリリースされたOpera 2.1 for Windows。
1998年からは携帯インターネットデバイス市場における多数のプラットフォームへのOpera移植というプロジェクトに成功、従来の目標を実現することとなる。



(mateo05.jpg)



(operabr2.jpg)





出典: 「オペラ・ソフトウェア」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



あらっ。。。 去年の6月に中国の会社に買収されたのねぇ~。。。 で、アーイシャーさんは会社に残るわけなのォ~?



いや。。。 そのうち転職つもりだそうです。。。


。。。で、そもそも、どういうわけでケイトーはアーイシャーさんと知り合ったわけなのォ~?


次のリストを見てください。。。



(liv70823a4.png)



『拡大する』


『Sweet Memory』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で8月22日の午後3時21分から午後6時38分までの約3時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。



あらっ。。。 8月22日の午後3時28分にインドのGOOGLEで画像検索してケイトーのブログの『Seet Memory』を読みにやって来たのねぇ~。。。


そういうことです。。。


赤いアンダーラインが引いてあるリファラをくりっくすると、どんな画面が出てくるのォ~?


次のページが出てくるのですよ。。。



(gog70823a.png)



『拡大する』


『現時点での検索結果』



あらっ。。。 「Sweet memory lotus」と入れて検索したのねぇ~。。。 



そういうことです。。。


上の画面の赤丸で囲んだVisit page をクリックすると次の記事が表示されます。



(lotus70.jpg)



(lotus71.jpg)



(lotus74.jpg)



(lotus75.jpg)


『Sweet Memory』



IPアドレスを調べてアーイシャーさんが「オペラ・ソフトウェア」に勤めていると突き止めたわけなのォ~?



そうです。。。



(ip11636b.png)


『拡大する』



あのねぇ~、ケイトー。。。 いつも、いつも、あなたがIPアドレススを調べるから、私も「IPひろば」で調べてみたのよ。。。 そしたら次のようなページが出たのよ。。。



(ip11636c.png)


『拡大する』



ワシントン DC が出てきて、ホワイトハウスが出てきて、そしてバージニア州になっているのよ。。。 これってどういうわけなのォ~?



あのねぇ~、ソフトウェアは人間が作ったものなのですよ。。。 人間は完璧じゃないから、間違ったソフトを作る場合がよくある。。。 だから、よく調べてみる必要があるのですよ。。。 オペラ・ソフトウェアの住所は正しいのだから、その住所を頼りに調べれば、すぐに正しい地図をゲットすることができる。。。


なるほどォ~、何もかも信用してはだめなのねぇ~。。。


そういうことですよ。。。 常に、“ウラ”を取ってみる必要があるのです。。。


それで、アーイシャーさんの“思い出の蓮”というのは、見つかったわけなのォ~?


あのねぇ~、アーイシャーさんは次の箇所を読んだのです。。。 




Subj:
A bit chilly in the morning



(vancfall.jpg)


From: barclay1720@aol.com
to: diane@vancouver.ca
Monday, Sept. 9, 2013 2:25PM
(Pacific Daylight Saving Time)



Hi Diane,


How are you doing?
we've got a nice and gorgeous day, today, haven't we?



(vanc700.jpg)


As you said, in the mornings I can feel the chill, it's definitely not as light and warm as before.
Like today, however, it feels downright summerish.


Yes, yes, yes... I hope it lasts a bit longer, too


> Thanks for the article ..
> I just can't seem to get myself interested
> in the political issues of the day for some reason.


Yes, yes, yes ... I understand that.
If possible, I'd like to get rid of politics altogether.
Politics is a dirty and nasty thing behind the scenes.


> I know I should, or at least many tell me I should, develop an interest but it just doesn't grab me.
> I'll try, though.


Well ... Each person has his or her own interest and color.
Nobody has a right to change your color.
You've got your own marvelous shining color, which I can see!


> By the way, the Vancouver Library has
> a new writr-in-residence, Rawi Hage,
> and I see he's giving his inaugural reading
> at the Central Branch on Sept. 17th.
> Might be interesting, do you think?


Yes, yes, yes ... I've noticed the poster in the elevator.


Rawi Hage's speech upon winning


the 2008 International IMPAC Literary



He's an award-winning writer.
It must be interesting.


> I'm hoping to attend, even though it conflicts
> with my Kundalini yoga class.


I'd like to attend, but I'm gonna leave for Japan in the beginning of October.
I'll stay in Japan for a month and will be back in November.



(yokoso2.jpg)



TAKOYAKI cooking



As usual, I've got to write about 30 articles in advance to cover 30 days so that I have enough time to enjoy my stay in Japan.
Nobody forces me to write an article everyday, but it has become my habit and I'm enjoying it to the hilt.


> Went to JFS earlier today, and took a look
> around the joint hoping to see you
> but, alas, no Kato. Next time, maybe ...


I book the time slot in the morning at JFS from Monday thru Saturday.
Not on Sunday, when I go straight to the central library and spend half a day.



(traveler2b.gif)


Peace-loving fun-loving skinny traveller, Kato
with a lot of love


P.S.:



(8hashiy.jpg)



(8hashiz.jpg)


Last fall, I bought several pieces of Japanese sweet called "Yatsu-hashi" for you.
It has a peculiar Japanese taste, I suppose.
This year, I'm thinking of a different kind of Japanese sweet---something like a 1000-year-old lotus-sweet.



(lotus72.jpg)



(lotus73.jpg)



(lotus74.jpg)



(lotus75.jpg)


A 1000-year-old lotus-sweet.


...sounds yukky? :-)



(kissx.gif)




『Sweet Memory』より
(2013年9月17日)



1000年の蓮”とは、どういうものなのか?。。。と、アーイシャーさんは不思議に思ったのですよ。。。 だから、僕は約1400年から3000年前のものと推定された種子が、僕のふるさとの日本の行田市という町の 建設工事の現場に出来た掘削地の池で1973年に自然発芽した蓮のことだと返事を出したら、ビックリしたのですよ。。。



(lotus101.jpg)



上の写真の蓮が、1000年の眠りから覚めて発芽した古代蓮の子孫だと言ったら、アーイシャーさんは、「これと同じ蓮を私は子供の頃にムンバイの池で見た」と言うわけです。



つまり、ケイトーの記事を読んで、すっかり忘れていたムンバイの池の蓮のことがありありと思い出されたということなのねぇ~。。。?



(lotus711.jpg)




(ayesha102.jpg)



そういうことですよ。。。 この上の写真がムンバイの池の蓮の花だそうです。。。



でも、写っているアーイシャーさんは、どう見ても子供とは思えないわァ~。。。


子供の頃の写真を貼り出したら、アーイシャーさんだと誰も判らないから、僕が現在のアーイシャーさんの写真を貼り付けたのですよ。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-08-26 02:56 | 園芸・植物・花

思い出の蓮 (PART 2)




 


思い出の蓮 (PART 2)



【ジューンの独り言】



(bare02b.gif)


蓮の花ってぇ本当にきれいですよねぇ~。。。


でも、わたしは花よりも 蓮のレンコンが大好きなのですわ。。。


特にテンプラにしたレンコンがたまりません。。。


あのシャキシャキ感は、カナダの料理では味わうことができません。。。


日本の京都でいただいた レンコンのはさみ揚げのお味が忘れられませんわァ。



(lotus712.jpg)



どうですか?


あなたもおなかが空いてきたでしょう?


上のクリップを参考に、あなたも今夜の夕食のおかずに作ってみてくださいねぇ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、シルヴィーさんのことをもっと知りたかったら次の記事を読んでください。



(sylvie500.jpg)



『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』


『真紀子落選(2013年1月14日)』


『野火(2013年1月18日)』


『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』


『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』



(sunwind2.gif)


『チョコレートと軍産複合体』


『チョコレートと甘い権力』


『CIAの黒い糸』


『美しい日本語再び』


『宮沢りえブーム?』


『また、宮沢りえ?』


『浅間山噴火とフランス革命』


『なぜアクセスが急増したの?』


『気になる検索ワード』


『なぜ塩野七生批判』


『その検査、ムカつく!』


『宮沢りえと床上手な女』



(mh370a.jpg)


『MH370ミステリー』


『なぜ死刑廃止?』


『真犯人はそこにいる』


『MH370ミステリー裏話』


『お裁きを信じますから』


『ジャルパックと国際化』


『古代ローマのセックス』


『CIAとノーパン』


『エロいローマ再び』


『エロいけれどためになる話』


『えろあくにめ温泉』



(jump009.jpg)


『エロいけれどためになる』


『地球上のネット普及率』


『原発はダメだったのに』


『スカートをはいた兵隊』


『行田シンドローム』


『幻の暴走機関車』


『CIA@NOパンツ』


『やっぱり、セックス』


『セックス風呂具村』


『CIAの黒い手再び』



(banana82e.jpg)


『アダムとイブは何を食べたの』


『舞踏会 明子』


『波乱の人生』


『国際化だよね』


『イングナさんを探して』


『美しい日本語 チェーホフ』


『横の道@ニコライ堂』


『また塩野七生批判』


『日航スチュワーデス』



(cleopara2.jpg)


『クレオパトラ@塩野批判』


『テルモピュライの戦い』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。



(hand.gif)



(surfin2.gif)


ィ~ハァ~♪~!


メチャ面白い、


ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』


Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)


■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"



(linger65.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



(beach02.jpg)


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-08-26 02:55 | 園芸・植物・花

可憐な茨の花(PART 1)

   
 
可憐な茨の花(PART 1)
 


 



デンマンさん。。。、「可憐な茨(いばら)の花」なんてぇ、柄(ガラ)に似合わないことを持ち出してきたではござ~♪~ませんか?



やだなあああァ~。。。僕の繊細な心を傷つけるような事を言わないでくださいよ。 こう見えても、僕には「可憐な茨の花」を愛(め)でるような繊細な感受性があるのですよ。

そうかしら? うふふふふふ。。。でも、どうして急に「可憐な茨の花」なんてぇタイトルにしたのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、僕は昨日(12月15日)、次の記事を書いたのですよ。



『また、あんたね』

(2011年12月15日)



ええ、読ませていただきましたわ。。。とっても可笑しくて笑ってしまいましたわ。 ォほほほほほ。。。



ほおォ~。。。卑弥子さんにも面白く読めましたか!?

ヒラリーさんの上の写真がなかなか面白くて、ついつい「どんな事が書いてあるのか?」と思ってページを開いてしまったのですわ。 でも、「可憐な茨の花」なんてぇ出てきませんでしたわ。

もちろん、出てきませんでしたよ。 でもねぇ、上の記事の中で紹介している次の記事を読むと出てくるのですよ。





『ヴァイアグラを飲みすぎると。。。』

(2006年9月20日)




あらっ。。。そうなのでござ~♪~ますか?



本文とは関係ないから僕は記事の中では取り上げなかった。 でも、僕自身にとっては忘れることのできない懐かしい花なのですよ。

「茨の花」がでございますか?

いや。。。正確に言うと「茨の花」ではなくて、その花のことを取り上げたダ・ヴィンチというハンドル名を使っていた女性ですよ。

あらっ。。。デンマンさんは懐かしい名前を持ち出すではござ~♪~ませんか?

そうでしょう!?。。。卑弥子さんもきっと懐かしくなるだろうと僕は思いましたよ。

「茨の花」をダ・ヴィンチさんが持ち出したのでござ~♪~ますか?

そうなのですよ。 このエピソードはダ・ヴィンチさんが僕の記事にコメントを書いてくれたことから始まったのですよ。






ところで、Realogのメンバーのダ・ヴィンチさんから
別の記事(『ブログで小遣いを稼ぎませんか?』)にコメントをもらったんですよ。
僕が返信でヴァイアグラ馬鹿について書いているので、ここで紹介します。


凄い!

毎日記事書く気力すら無い私ですが面白そうなお話ですね。
でも、正直携帯代ぐらいは何とか出来ると面白そうですね。

しかし、本当にデンマンさんって一体何者なのでしょうか?
物凄くアンテナの広い方なので日々ロムっております。

by ダ・ヴィンチ 2006/09/18 08:46

『ブログで小遣いを稼ぎませんか?』のコメント欄より
(2006年9月17日)


僕は、さっそく次のような返信を書きました。


ダ・ヴィンチさん、
好意的なコメントを書いてくれてありがとう!
最近はご覧の通りヴァイアグラ馬鹿だけが、
まるでコメントジャンキーのように毎日僕にコメントを書いていますからね。


うへへへへ。。。。

ダ・ヴィンチさんのような正常な人からコメントをもらうと
飛び上がりたくなるほどうれしいものですよ。うしししし。。。






凄い!
毎日記事書く気力すら無い私ですが


僕じゃなくてヴァイアグラ馬鹿のこのキチガイじみた活力と気力を見習ってくださいよ!

このヴァイアグラ馬鹿は毎日ですよ!
しかも僕の他の掲示板やブログやウェブリングにも毎日、
1日も休まずに、コメントを書いているんですよ。
それも1つどころじゃない。。。
合計すれば1日に100以上のコメントを書いているんですよ。

しかも僕だけじゃない、他に何千というブロガーが
このヴァイアグラ馬鹿のスパムコメントをもらっているんですよ。

とにかく、僕が毎日30のブログに2つづつの記事を書いていることなんざ、
まだ、まだ序の口ですよ!
うへへへへ。。。。






本当にデンマンさんって
一体何者なのでしょうか?
物凄くアンテナの広い方なので
日々ロムっております。


いやいや、僕なんぞはまだネットでは未熟者ですよ。
まだまだ、幼稚で可愛いものですよ。うひひひひ。。。。

何度も言うようですが、このプロフェッショナルの迷惑コメントスパマーのヴァイアグラ馬鹿こそ、大変な人物ですよ。

コメントスパマー部門がノーベル賞にあれば、このヴァイアグラ馬鹿が、まず真っ先に受賞できるでしょうね。
うひひひひひ。。。。。


もう何と言うか。。。
感心すると言うか。。。
呆れるというか。。。
馬鹿馬鹿しさを通り越して。。。
ネットの世界の奥深い事を毎日目の当たりにして、
驚いているというか、
ヴァイアグラ馬鹿の活力と気力を見習わなければならないと。。。
うへへへへ。。。。
励まされているような次第ですよ。

とにかく、ダ・ヴィンチさん、タイムリーなコメントありがとう。
明日はレンゲさんのことを書きますが、
あさってはダ・ヴィンチさんのコメントを真っ先に出してから、
ヴァイアグラ馬鹿の事を書こうと決めましたよ。
うししししし。。。。。

ヴァイアグラ馬鹿のことを書きたいと思いながら、
もうひとつ書く意欲が湧いてこなかったのですよ。

ダ・ヴィンチさんのコメントに返信を書きながら、
インスピレーションが沸いてきました。
これで、あさってのヴァイアグラ馬鹿の記事が面白く書けそうですよ。

そう言う訳でダ・ヴィンチさんのコメントを使わせてもらいますね。
楽しみにしていてくださいね。
じゃあね。

Again,
Thanx millions!

by デンマン  2006/09/18 13:34


この翌日、ダ・ヴィンチさんから次のようなコメントが付いていました。




どうぞどうぞ(´∀`)ノ。
私は恐ろしく素人なので、
こうした事で刺激に成る事を有り難いと思います。

しかし、本当に物凄い方なのですね其の変わった御仁。

記事楽しみにしてます。ハイ。

レンゲさんの記事も楽しみです。
デンマンさんの不思議な魅力ッヲかまして下され!

by ダ・ヴィンチ 2006/09/19 05:56


19日にレンゲさんの記事を書いてから僕は次のような返信を書きました。


そうですかぁ~~
レンゲさんの記事を楽しみにしてもらっている、と聞くと、やはりうれしいですねぇ~。



期待に添えるようなものが書けたかどうか。。。???

ヴァイアグラ馬鹿のことは話題として面白そうですが、
この愚か者のやっている事自体は極めて馬鹿馬鹿しいことですからね。
書いていても何となく時間の無駄なような気もするんですよ。
要するにイマイチ熱くなれないような。。。

ヴァイアグラ馬鹿と比べたら、
レンゲさんは人生に対して前向きに生きようとする気持ちを持っていますから。。。
また、それを僕は感じますから、書いていても張り合いがありますよ。

その点、ヴァイアグラ馬鹿のやっている事から
この人物の価値観や人生観を推測する時、
この人物に対して否定的というか、悲観的というか、
なんともやりきれないものを感じますね。

つまり、ヴァイアグラ馬鹿は僕にとって砂漠に生きているサソリのようなものですよ。

(これはゴキブリですが、同じようなものですよね。。。うへへへへ。。。)

ヴァイアグラ馬鹿は意味の無い生き方をして居る。
そういう砂漠の中で、レンゲさんは
きれいに咲いた一輪の蓮華の花であるように僕には思えるわけです。



(これはバンクーバーに咲いている野バラですが。。。。うししししし。。。)

ヴァイアグラ馬鹿のような愚かな人間だけがネットに居たら、
救われませんよね。

しかし、残念ながら、ヴァイアグラ馬鹿のような愚か者が
ネットで増えているような印象を僕は持つのですよ。

そういうわけで、ダ・ヴィンチサンのような正常の人からコメントをもらうと、
オアシスで水を飲むような気分ですよ。
うへへへへ。。。。
マジで。。。


とにかく、それ程期待しないで明日のヴァイアグラ馬鹿の記事を読んでくださいね。
では。。。

by デンマン  2006/09/19 14:14

『ブログで小遣いを稼ぎませんか?』のコメント欄より
(2006年9月17日)





『ヴァイアグラを飲みすぎると。。。』より
(2006年9月20日)




つまり、ダ・ヴィンチさんから好意的なコメントをいただいたので、デンマンさんの記憶に忘れられないほどの印象を残したのでござ~♪~ますわね?



そう言う事なのですよ。

でも、「茨の花」は出てまいりませんわ。

確かに出てこないのですよ。 でもねぇ~、「茨の花」が出てくるきっかけは僕とダ・ヴィンチさんのやり取りがこうして始まったからなのですよ。 そのあとで卑弥子さんが次の記事を書いたのですよ。


 (すぐ下のページへ続く)
[PR]
by denman705 | 2011-12-16 09:26 | 園芸・植物・花

可憐な茨の花(PART 2)

 
 
可憐な茨の花(PART 2)


古代ハスのふるさと



おほほほほ。。。。

今日も、始めから

現れてしまいましたわぁ~、

あなたにお会い

したかったので

ござ~♪~ますわよゥ。

懐かしい京都も

よいですけれど、

デンマンさんが

生まれ育った

行田にも行きたいのですわよ。

ええっ?どうしてかって?

それはね、デンマンさんは

もちろんですけれど、

あたくしにとって行田とは

切っても切れない縁が

あるのでござ~♪~ますのよ。

どうしてだか、

お分かりになりますか?

行田は古代ハスの

ふるさとなので

ござ~♪~ますのよ。



きれいでしょう?

あたくしの初恋の花でござ~♪~ますのよ。

ええっ?どういうわけかってぇ。。。?

実は、八ツ橋を売るお店に、

かわゆい男の子が居たのでござ~♪~ますのよ。

おほほほほほ。。。

その男の子にあたくしが

恋をしたのでござ~♪~ますわ。

ええっ?その話しはすでに聞いたって。。。?

あらっ、あなたは覚えていらっしゃるのですか?

そうですのよね。

あたくしが9月26日に書いた記事

■ 『行田は古代ハスのふるさとです』

で実は恋の告白をしたことをしゃべってしまったのですわぁ~。

おほほほほほ。。。。

ええっ? どうして、また書くのかって。。。?

実はね、Realogに書いたその記事に

メンバーのダ・ヴィンチさんから

コメントをいただいたのでござ~♪~ますのよ。

きょうはその事について書こうと思っているのですわ。

どうか、お付き合いくださいませませ。。。

うふふふふ。。。。





私は茨城ですが、県の花は薔薇。
しかし、本来は茨の花を昔は多かったと聞く茨城県ですけどね。
未だ茨って見た事無いんです。
既に見るのは園芸品種が野放しで野生化したモノばかり。
原型と言うか原種が気に成ります。

古代ハス。
最近植物園で見ました。
蓮根のハスなんかと違い
神秘的な色合いと大きさが印象的でしたわ。



素敵な画像に溜め息出ちゃうわ。
羨ましい行田市。



by ダ・ヴィンチ 2006/09/26 17:08




『行田は古代ハスのふるさとです』
のコメント欄より


茨(いばら)とは茨城県の県名に含まれていますからね、
県の花が薔薇というのも納得がゆきますわよねぇ~。

でも、この茨(いばら)とはいったい何?

。。。そういうわけで三省堂大辞林 第二版でしらべてみましたわ。
次のようにでていました。


いばら 【茨 / 荊 / 棘】

(1) バラ・カラタチなど、とげのある低木の総称。

(2) (多く「薔薇」と書く)
    ノイバラ・ヤマイバラなどのバラ科バラ属植物の総称。
    うばら。うまら。むばら。

(3) (中部・関西地方で)植物のとげ。

(4) (建築で)二本の曲線の出合った所にできるとがった形。

【茨を負う】 : 罪を一身に引き受けて苦難に耐える。 →負荊(ふけい)




バラ科バラ属の植物の総称なんでござ~♪~ますわね。
ダ・ヴィンチさんのコメントを読むと茨(いばら)を総称と言うよりも
バラの原種として捉えているようですわよね。

あたくしのオツムの中では“野ばら”をイメージするのですわよ。
デンマンさんに“茨(いばら)”ってご覧になった事がおありですか?と尋ねたら
“そんなものバンクーバーにはたくさん咲いているよ”ですってぇ~。。。



これがバンクーバーに咲いている“茨(いばら)”ですってぇ~。。。

そう言えば、デンマンさんは、この花をよく持ち出してレンゲさんと対話していましたわ。。。

投稿日時: 2006-10-02 13:18

デンマン注: 画像とリンクは現在アクセス可能なURLに変えてあります。




コメント(7件)


コメント投稿者: ダ・ヴィンチ



嗚呼、成る程!
又一つ賢くなったわ(ノ∀≦)有難う。

素敵な花ですね。茨。

可憐と言うべき花で素敵。
レンゲさんのイメージにぴったりですわ。
卑弥呼様はこの蓮通りの華やかさが有りますよね。

コメントに答えてくださり有難うございます♪。

2006-10-03 08:06:43

 

コメント投稿者: デンマン



ダ・ヴィンチさんのコメントを読んで、レンゲさんも卑弥子さんも飛び上がるばかりに喜ぶと思いますよ。

記事の中でお礼を言う事でしょう。また楽しみにして待っていてくださいね。

じゃあね。
ありがとうございました。

2006-10-03 13:55:36





『魔女と小さな鐘』より
(2009年9月29日)




あらっ。。。あたくしは、このような事を書いていたのでござ~♪~ますわね?



そうなのですよ。。。ところが卑弥子さんはすっかり忘れてしまっていたのですよ。

「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」と言うではござ~♪~ませんか! ォほほほほほ。。。

ォほほほじゃないですよ! 取って付けたような諺を持ち出さないでくださいよ。 意味することが違っていますよ! とにかく、卑弥子さんには僕のような繊細な感受性は無いのですね?

ありますわよゥ。。。ただ、あたくしはデンマンさんのように上の記事を最近読んでなかったので思い出せなかったのでござ~♪~ますわ。 ォほほほほほ。。。


【卑弥子の独り言】



ですよねぇ~。。。
あなただって、そう思うでしょう?
しかも、褒められているのは、そもそもデンマンさんなのでござ~♪~ますわよ。
あたくしは、あくまでも付け足しで持ち上げられているまでですわ。

とにかく、今年も残り少なくなりましたわね。
新年には、お餅を焼くのが楽しみです。



そして、美味しいお雑煮もいただきたいと思うのでござ~♪~ますう。
いくつになってもお正月は待ちどおしいものですわ。
あなたも、そうでしょう?



そしてジューンさんのように雪見をしながら温泉につかりたいと思います。

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。








ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』



『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』



『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』





こんにちは。ジューンです。

デンマンさんのパソコンが約1年ぶりに立ち上がったそうです。

でも、マウスは動かないままですって。



マウスなしで、どうやってパソコンを使うのかしら?

わたしが尋ねたらキーボードのテンキーをマウスとして使うのですって。



このテンキーをどうやってマウスとして使うのかしら?

あなたも知りたいでしょう?

次の記事を読んでみてくださいね。

『キーボードをマウスとして使う』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあ、また。。。



 

[PR]
by denman705 | 2011-12-16 09:25 | 園芸・植物・花

卑弥子でござ~♪~ます




卑弥子でござ~♪~ます



おほほほほ。。。。

今日も、始めから

現れてしまいましたわぁ~、

あなたにお会いしたかったので

ござ~♪~ますわよゥ。

でもね、理由は他にも

あるのでござ~♪~ますのよ。

実は、10月2日に

『古代ハスのふるさと』

と言う記事を

書いたのでござ~♪~ますわ。

Realogに書いたその記事に

メンバーのダ・ヴィンチさんから

コメントをいただいたのでござ~♪~ますのよ。

本当にありがとうござ~♪~ましたぁ~。

うれちィ~~!

きょうはその事について書こうと思っているのですわぁ。

どうか、お付き合いくださいませませ。。。

うふふふふ。。。。





嗚呼、成る程!

又一つ賢くなったわ(ノ∀≦)有難う。



素敵な花ですね。茨。

可憐と言うべき花で素敵。

レンゲさんのイメージにぴったりですわ。

卑弥呼様はこの蓮通りの華やかさが有りますよね。

コメントに答えてくださり有難うございます♪。

by ダ・ヴィンチ 2006/10/03 08:06

『古代ハスのふるさと PART 1 (10月2日)』のコメント欄より


そうなんですのよゥ~!
あたくし、うれしいわあああああ!



あたくしは、もう、このように手放しで喜んでしまっているのですわよゥ。
ええっ?
どうしてかって。。。?

次のきれいな蓮のお花を見てくださいましよゥ~


 

ジャジャ~♪~ン!
 

卑弥呼様はこの蓮通りの

華やかさが有りますよね。


ダ・ヴィンチさんがこのようにおっしゃってくださったのですわよ。
もう、本当にうれしいですわぁ~。
飛び上がりたいほどうれしいのでござ~♪~ますわよ!



でも。。。、でも。。。一つだけ間違いがあるのでござ~♪~ますのよ

あたくしの名前は、卑弥子なんですのよ。
卑弥呼と書くと、あたくしよりももっと前に生まれた
あの有名な倭国の女王様の事なんですのよ。


  卑弥呼



卑弥呼(ひみこ)
158年頃?に生まれた。
248年頃?に亡くなった。
日本の弥生時代後期における倭国の女王(倭王)でした。
邪馬台国を治めたのです。
封号は親魏倭王。

後継者となったのは親族の台与と言われています。
やはり女性です。

『三国志』魏書東夷伝、
『後漢書』の通称倭伝(『後漢書』東夷傳)、
『隋書』の通称倭国伝(『隋書』卷八十一 列傳第四十六 東夷 倭國)、
梁書諸夷伝、
三国史記新羅本紀

これらの書物の中では表記は「卑彌呼」となっています。

現代日本語では一般に「ひみこ」と呼称されていますが、
当時の正確な発音は不明です。
「ひめみこ」を音写したものという説もあります。

当時の中国語が異民族の音を記す時、
匈奴語のように「呼」はwoをあらわす例があります。
つまり、卑弥呼は「ピミウォ」だったのではないかとする説もあります。

一方で、当時の中国語から「ビミファ」だったのではないかとする説もあるのです。
その場合、「ミファ」は大神(オオミワ)神社のミワに対応し
「ビ」は、女性の尊称(ビ、ベ)、
日あるいは蛇とも解釈できます。

つまり、姫神、日神、蛇神とも解釈できるわけです。
後世、そのように解釈された形跡もあります。

「日巫女」と漢字を当てて、
日神に仕える巫女の意味とする解釈の仕方もあります。
いずれにせよ、弥生時代の日本語の発音および
当時の中国語の音写の法則についてはまったく説が確立していません。
したがってその意味も判然としないのです。

少なくとも現代日本語で解釈するのは学術的に意味がないのですね。
古代日本語の音韻論を基本に考察しなければならないのです。

SOURCE: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


。。。ですってぇ~~
いづれにしても卑弥呼さんって、すっご~♪~い人だったんですよね。

魏志倭人伝には次のように書いてありますわ。

「卑彌呼 事鬼道 能惑衆」



卑弥呼さんは鬼道で衆を惑わしていた、と言うことなんですわよ。
でも、この鬼道や惑の意味には諸説があって、正確な意味は分かっていないのですって。
通説では、神がかりになって神のお告げを告げる事ができたおばさんだったという事ですよね。
うふふふふふ。。。。

「年已長大 無夫壻」

けっこう、年食っていたけれど、夫を持たなかったと言う事ですわよ。
あたくしと同じように、独身だったのですわよ。
うふふふふふ。。。。

「有男弟佐治國」

弟がいて卑弥呼さんを助けていたようですわね。

「自爲王以來 少有見者

唯有男子一人給飮食

傳辭出入 居處宮室樓觀 城柵嚴設」


倭国の女王となってからは、卑弥呼さんを見た者は少なく、
ただ一人の男子だけが飲食を給仕していたのですって。
たぶん、弟さんなんでしょうね。
その人が一人だけ卑弥呼さんのところに出入していたようです。
卑弥呼さんが居た宮殿には楼観や城柵が設けられていたのです。
つまり、守りを固めていたんでしょうね。

「卑彌呼死去 卑彌呼以死

大作冢 徑百余歩」


卑弥呼さんが亡くなった時には、
倭人は直径百余歩もある大きな塚を作ったのです。
その時、卑弥呼さんに仕えていた使用人が100人近くも殉葬された、と言われています。

中には進んで自殺して卑弥呼さんのお供をした人も居たかもしれませんが、
強制的に自殺させられた人も居たでしょうね。
要するに、卑弥呼さんという人は、それだけの権威と権力を持っていたのでしょうね。
だから、中には、卑弥呼さんのことを生き神様だと思って仕えていた人も居たでしょう。

早い話が新興宗教の教祖様のような者ですわよねぇ。
うしししし。。。。

でも、考えてみたら、古代日本には
それだけの権威と権力を持っていた女性が居たと言うことなのですわよねぇ~。
中国の書物に、はっきりと書いてある事ですから。。。

現在の天皇などとは比べものにならないほどの権威と権力を持っていたということですよね。

だから、考えようによったら、イギリスの皇室よりも日本の皇室の方がナウかったのですわよね。
うふふふふ。。。



だって、エリザベス女王などよりもずっと前に女王が居たのですから。。。
そういうわけで、日本に女帝が居てはまずいのだ!。。。なんて言う人は
古代史を勉強した事が無いんでしょうね。

貴方も、古代史を調べる旅に出てみませんか?

ええっ??
旅に出たいけれど、ホテルも旅館も高い!とおっしゃるのですか?

まだ、安いところがありますわよゥ。
ウソだと思ったら、次のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。

『探してみれば、まだまだ安くてお得な旅館やホテルがあるものですわよ!』

パブリック会員は無料で登録できますわよ。
しかも、びっくるするほど安く泊れます。
あなたもちょっと覗いてみれば分かりますわ。

茨城県で“茨(いばら)”を探すのも良いですわ。
行田市の古代蓮を鑑賞するのも素敵な事ですわね。

でも、古代史を調べる旅なんてロマンがあるでしょう?
あなたも、古代のロマンの花を咲かせてくださいましね。

いづれにしても、ダ・ヴィンチさん、
コメントありがとうございました。

おかげで、またこうして記事を書く事ができました。
うししししし。。。。

また気が向いたら、コメントを書いてくださいませませ。。。
じゃあね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『英語のここが分からない、易しく教えて掲示板』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ~♪~ますけれど。。。

あたくし、やっぱしデンマンさんと

対話したいのでござ~♪~ますのよ。

デンマンさんはレンゲさんとも

ジューンさんとも対話しているでしょう。

でも、あたくしをめったに

お相手にしてくれないのですわよ。

どうしてかしら。。。?

ええっ?あたくしが馬鹿やるからだってぇ。。。

んも~~

あなたって、女心が傷つくような事を

ズケズケとしゃべってしまうのですわねぇ~。

いけ好かないお方だことォ~~

仕方ありませんわ。

しょうがないから、こうしてしばらく一人きりで、

あなたをお相手にお話しすることにしますわよゥ~。

うふふふふふ。。。。

そう言う訳ですから、

あなただけは

あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』を見てねぇ~。

本当に見てねぇ~?

ダメよ!生返事だけして

この場を誤魔化そうとしちゃああああ~~

絶対見てよねぇ。 見ないとダメよォ~

おほほほほ。。。。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ



[PR]
by denman705 | 2006-10-04 15:26 | 園芸・植物・花