デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

<   2005年 12月 ( 74 )   > この月の画像一覧



群衆の中の孤独!

寂しくって死んでしまいたい。

 



レンゲさん、また寂しくなって死にたくなったのですか?

。。。ええ、。。。そうです。

去年の今頃も同じように寂しくなって死にたくなったんですよね。

そう、。。。そうでしたかあああ?

覚えてないんですか?

寂しくなって死にたくなることって、あたしにとってそう珍しい事ではないんです。

レンゲさん、あなたは寂しさをもてあそんでいるように僕には見えますよ。

つまり、あたしはマジで寂しいわけではないとおっしゃるのですか?

なんとなくそんな気がしますよ。

あたしが狂言で寂しがっていると。。。?

そこまで言うつもりはないですけれどね、レンゲさんが本当の寂しさを知っているとは思えないんですよ。

本当の寂しさ、。。。。ですか?

そうですよ。

あたしが落ち込んでいる寂しさというのは本当じゃない、。。。つまり本物の寂しさじゃないとおっしゃるのですか?ウソの寂しさ、。。。ということですか?

レンゲさん、あなたはマジで寂しがっているのかもしれませんよ。しかし、あなたが言っているように“群衆の中の孤独”なんですよ。そのような孤独を感じて寂しいと言っている。

デンマンさんの目にはあたしの寂しさは本物ではないと映るのですか?“群衆の中の孤独”は寂しさの中には入らないと。。。?

そうですよ。

デンマンさんは、なぜあたしの寂しさが本物ではないとおっしゃるのですか?

レンゲさんは寂しくて死にたいと言う。しかし、僕に言わせてもらえば、寂しいと思う根拠が全くない。現在のレンゲさんは直美と一緒に高級マンションに住んでいる。経済的には全く困っていない。しかも、ちゃんとした仕事にも就いている。“ブティック・フェニックス”の熊谷店の店長をしている。



確かに、クリスマスの夜はレンゲさんは自分の部屋で一人で過ごしたかもしれない。でも、それまでの一週間は直美に連れ出されてクリスマスパーティーでたくさんの人に会っている。直美によれば、レンゲさんは充分に楽しんでいたと言う。そのようなレンゲさんから、“寂しくて死にたい”と言われても、僕には全く理解できませんよ。冗談でしょう?としか言いようがありませんよ。

だから、奥様の目にあたしは楽しく見えたかもしれません。でも、あたしの心のうちでは全く楽しんではいなかったのです。

つまり、“幼児的な触れ合い”を満たしてくれるボーイフレンドが居ないということを言いたいんでしょう?

。。。

レンゲさんは去年も同じような事を言っていたんですよ。




幼児的な

ふれあいへの

あこがれ


わたしのぐずぐず

さびしいよおおおお!

彼氏にあえないからねえ・・・

でも、本当はね、ここがふんばりどころだと気付いてる

遊びだけの男とセックスするのはやめとこう

連絡したら来てくれるヤツもいるけど・・・

ずるずると同じことくり返して学習しないわたしを変える

誰とでもセックスするヤツやったんや!って

あの人を傷つけてしまった。

さびしさでこわれてるけど、きっと直る、この心。

どうしても、幼児的なふれあいへのあこがれが、

この年になると、イコールセックスになるんやわあ。

Renge 2004-12-27 11:37:24

『愛とセックスは、もちろん、違いますよね?』より




誤解のないように付け加えておきますが、レンゲさんにはこの上の母と子のスキンシップが欠如していたんです。愛の原点とはこの母親との間のスキンシップです。僕はそう信じています。そのように考えている心理療法士の人は多いですよ。だから、このことをレンゲさんは“幼児的なふれあいへのあこがれ”と言っているのです。この触れ合いをボーイフレンドに求める。それが得られない時に寂しさを感じる。

では、デンマンさんにとって寂しさとは何ですか?

僕は以前何度か書いていますよ。レンゲさんのために、またここに書きますよ。




レンゲさん、本当の寂しさはマイナス42度の原野で
人っ子一人居ないところで
上のようなオーロラを見るときに感じるものですよ。

イエローナイフに2年近く居ましたが、
このオーロラを見るたびに人間は
一人一人皆、孤独だということを
しみじみと感じましたね。

政府の職員官舎から5分も歩くと
こういう原野がず~と、ず~と広がっています。
寂しさというよりも、孤独ですよね。

こういうところにゆくと、しみじみと一人なんだと感じます。
でもね、結局、誰もが一人で生きているんですよ。

このオーロラは写真では黄色がかって見えますが、
実物は、いぶし銀のように光っています。
とにかく神秘的で、幻想的で、
自分が吸い込まれて行きそうな感じを覚えながら
ポケー。。。として見上げるんですよ。

それからバンクーバーに出てきました。
対話の世界です。

レンゲさん、寂しさをなくす、
孤独で居たくないということは、
対話を持つことですよ。
そしてこの対話が切れたとき、
人間はますます孤独になってゆくものです。

これから、時たま見に来ますね。
そう、深刻に考えることもないですよ。
じゃあね。。。。

(^Д^)ギャハハハハ。。。

Denman 2004 09/04 00:00

『本当の寂しさって?』より


これを書いたのは去年の9月ですよ。それ以来僕はレンゲさんの口から死にたいと言う言葉を何度も聞いているのですよ。しかも、自分で死にたいだけじゃなく、レンゲさんがボーイフレンドだと思っていた男から殺されかけた事もある。なぜだと思いますか?

なぜですの?

レンゲさんは、お金には余り目がくらまないかもしれない。しかし、寂しさに目がくらんでしまうんですよ。それで、人間を見る目がかすんでしまう。レンゲさんの知性なら、もっと上等な男をボーイフレンドに持つことが出来る。しかしレンゲさんは、あなたのすぐれた知性で男を選ばない。寂しさを埋めるためにボーイフレンドを探す。ここに破綻の原因がある。気づいているにもかかわらず改める事が出来ない。タバコを止めたい人が止められないのに似ていますよ。

あたしに禁煙しろとおっしゃるのですか?

今のレンゲさんには禁煙は出来ませんよ。禁煙が出来るくらいなら、寂しくて死にたいなんて言わないものですよ。

デンマンさんは禁煙なさったことがあるのですか?

ありますよ。僕は18の時からタバコを吸い始めました。足掛け12年ほど吸っていましたよ。多い時には2箱。たいてい一箱から一箱半吸っていました。でもきっぱりやめましたよ。僕はこのように理屈っぽい男だから、結構、理屈で自分をコントロールする事が出来るんですよ。でも、レンゲさんにはできない。レンゲさんは頭も良く、知的な人なんですよ。でも、こと決断に関する限り、理性的というより感情的になる。人間関係では、知性で男を見極めていない。レンゲさんの男との関係が、どうして破綻に終わるのか、分かりますか?

どうしてですの?

寂しさを紛(まぎ)らわせるために男に近づくからですよ。

デンマンさんは寂しくはならないのですか?

もちろん寂しいと思うことがないわけじゃない。でも、寂しいからと言って女性に近づくわけではないですよ。

デンマンさんの寂しさと言うのは、どういうものですの?

レンゲさんが言う“群衆の中の孤独”と言うのは、僕に言わせてもらえば、たわ言ですよ。そんなのは僕にとって孤独のうちに入らない。なぜなら、孤独を紛らわせようと思うなら、いつでも群衆の中に入って孤独を紛らわせる事が出来るからですよ。それが出来ないレンゲさんは感情的に未熟だとしか言いようがないんですよ。その未熟さは、お母さんとのスキンシップが欠如していたから、いつまでもあなたの心の中にわだかまっている。つまり、幼児的な触れ合いへの憧れですよ。そのために寂しさを強く意識してしまう。

だから、デンマンさんの寂しさとはどういうものですの?

本当に孤独になって寂しくなると、死ぬなんてことは全く頭から消えうせてしまうものですよ。むしろ本能的に生きようとするすさまじいまでの生に対する執着にとらわれるものですよ。

どういうことですか?

北極の原野に一人で置き去りにされた事を考えてみてくださいよ。寂しいなんて言っているどころじゃない。その瞬間から生きなければならない。腹をすかせたハスキー犬が牙をむいて襲い掛かる。グリスリー・ベアに出会えば、命はないと思わなければならない。

デンマンさんは、北極の原野に放り出された事でもあるのですか?

もちろん、ありませんよ。でも、僕の宿舎から5分も歩くと人の姿は見えませんでした。30分も歩いたら、そこは上の写真のような原野ですよ。野生化したハスキー犬が獲物を狙い、牙をむいて近づいてきますよ。

ハスキー犬って何ですか?

狼と犬の混血だと言われています。だから野生化したハスキー犬は人も襲いますよ。

怖いでしょう?

怖いなんてものじゃない。ハスキー犬の群れに襲われたら命がありませんよ。

それでハスキー犬に出会ったことでもあるのですか?

ありますよ。僕は2週間ほど休みをとって夏、北極の原野を歩きましたよ。せっかくイエローナイフに行ったのですからね。もう2度とそういう経験は出来ないと思いましたからね。

それで怖い思いをなさったのですか?

“怖い思い”と言っているうちは本当に怖くはないんですよ。

どういうことですか?

僕は“野生化する”という意味が初めて分かりましたよ。野生化するということは一口で言ってしまえば“死と隣り合わせ”で生きるということなんですよ。常にビクビクしていなければならない。感覚が研ぎ澄まされている。ライフルを背負っていないと安心していられない。

ライフルって、。。あの~。銃、。。。鉄砲のことですかあああ?

そうですよ。カップヌードルじゃないですよ。常に身を守る事を考えていますよ。ハスキー犬でもただの野犬でも、飛びかかって来る前にライフルを構えなければならないから、つねに辺りに気を配っていますよ。あんなに音に敏感になれるとは思ってもみませんでしたよ。葉っぱが擦れ合う音にさへ最初のうちはビクッとしましたよ。

それでどのような怖い思いをしたのですか?

夜でも横になっては寝られなかったですよ。

どのようにして眠るのですか?

座って寝るんです。とても横になって寝る気になれませんでしたよ。リュックを背にしてライフルを抱くようにしながら眠るんですよ。熟睡できない。1時間半から2時間おきに目が覚めますね。

それで。。。?

遠吠(とおぼ)えなんかが聞こえると実に嫌なものですよ。“お~い、獲物が居たぞォ~、みんなで襲おうじゃないかァ~~”そう仲間に呼びかけているように聞こえてくるんですよ。

それで。。。

よく西部劇で獣を寄せ付けないために一晩中火をたきながら眠るシーンがありました。でもね、あんな事は出来ませんでしたよ。

どうしてですか?

燃やす薪(たきぎ)がすぐになくなってしまうんですよ。上の写真で見るように森なんてありませんからね、潅木がチラホラ程度ですよ。燃やすものがなくなって火が消えて真っ暗になります。そういう時にオーロラが頭上を神秘的に踊っている。まさに踊っているようにサラサラ動いている。ゾォ~~とするような美しさですよ。でも、いつまでもボケーと見上げているわけにはゆかない。コソッとでも物音がしようものならすぐにライフルを引き寄せて構えますよ。最初のうちは、珍しいから撃ちたくってバンバン引き金を引きましたが、そのうち弾(たま)が減ってくるから、そうやたらに撃てなくなる。弾が無くなった時が僕の命が無くなる時ですよ。

それで。。。

最初の夜などは、かなりぶっ放しましたが5日ぐらい経つとライフルを撃つ事も面白くなくなる。それよりも弾の数が減ってくる事の方が心配になりますよ。

それで。。。

とにかく、近くにセブンイレブンはないんですよ。自動販売機もないんですよ。公衆電話もないんですよ。人っ子一人居ないんですよ。短波放送を聞く気になれば聞く事が出来ますが、ラジオなんかかけていたら、獣の物音が聞こえなくなる。ハスキーの群れに襲われたら、命は無いんですよ。耳を澄まして物音だけに神経を集中しますよ。そういう時には寂しいなんて気持ちにはならないものですよ。早く夜が終わってくれないか。そればかりを考えている。気を紛らせることができるのはオーロラを見上げる時ぐらいです。

それでどういう怖い事があったのですか?

1週間ぐらい経った頃ですかねぇ~。僕はもうやたらにライフルを撃たなくなりました。ある程度物音にも慣れてきました。“殺気”という言葉を聞いた事があるでしょう? 僕は初めてそういう経験をしましたよ。あれは、野生化した僕が本能的に感じたものだと思うんですよ。理屈ではどうにも説明できないんです。確かに物音を感じた。でも、それが獣だか潅木の葉っぱが擦れ合う音なのか?あまりはっきりしなかった。 とにかく“やばい”という胸騒(むなさわ)ぎがして僕はライフルを引き寄せてテントの入り口から外をソッとうかがった。

何が居たのですか?

目が2つ光って僕を見ているんですよ。ゾォ~としましたね。僕は引き金に手をかけていましたが撃つ気になれない。

それは何だったのですか?

おそらくハスキー犬か野犬でしょうね。瞬(まばた)きもせずに僕の方をジィ~と見ているんですよ。最初の夜だったら、僕は間違いなく、すぐにぶっ放していましたよ。でも、“殺気”はそれまでなんですよ。僕はもう怖さはない。すぐ撃てるからですよ。僕はブルックリンで人間の返り血を浴びた事があるから、結構そのような度胸はついている。“かかってくるなら来い、ぶっ放してやるだけだ!” そう思いながら僕も睨(にら)みつけましたよ。僕の目もおそらくオーロラの光を受けて光っていたでしょうね。僕には5分ぐらいに感じられたけれど、それ程長い間のことじゃなかったでしょう。とにかく、にらみ合いの挙句、その獣は諦めたようにクルッと身を翻(ひるがえ)すと帰っていきましたよ。

デンマンさんは撃たなかったのですか?

“殺気”が消えていたんですよ。喧嘩した後、さっぱりした気持ちになるでしょう。あの気持ちなんですよ。動物同士だって勝ち負けがついたら相手を殺さないものですよ。

それで、その夜はそれ以外には何もなかったのですか?

何もなかった。もうその獣はやって来ませんでしたよ。

それで、デンマンさんの寂しさって何ですか?

つまり、人間が野生に返って生きるなら、寂しさを感じている暇がないんですよ。僕はしみじみとそう感じたものですよ。そしてあの朝を迎えた時のなんとも言えない幸せな気分。僕はお日様に向かって感謝し、祈るような気分になりましたよ。“あああ。。。お日様さん、ありがとうございます。夕べも無事で命に別状はありませんでした。今夜もよろしくお願いします。どうか僕をお守りください” 朝日を浴びながら、実際そう思ったものですよ。レンゲさんに、この僕の伝えようとしている気持ちが分かりますかあああ?

よく分かりませんけれど、“寂しさを感じている暇がない”ということはよく分かりました。確かに、そのような状況におかれたら、寂しさは怖さでまぎれるかもしれませんね。でも、あたしにはその怖さに耐えることが出来そうにありません。

そうですか。少しは分かってもらえたようですね。じゃあ、今夜は大晦日ですから、レンゲさんと年越しそばでも食べましょうか?



デンマンさん、これって、。。。ラーメンでしょう?

そうですよ。いけませんか?

だって、年越しそばって言ったでしょう?

これしかないんですよ。ソバだと思って食べてくれませんか?

仕方ありませんわァ。。。

僕も食べ残しのミソラーメンがありますから、これを食べます。



あたしのと比べるとずいぶんと少な目ですわねぇ。

そうですよ。レンゲさんにはたくさん食べてもらって、元気にすばらしい新年を迎えて欲しいんですよ。

そうですかあああ。。。では無理をしても全部いただかないといけませんわねぇ。

でも、食べる前にちょっとばかりダンスでも踊ってくれませんか?

今ですかあああ?

そうですよォ~。年越しそばを食べる前の準備体操ですよ。

そういうことって聞いた事がありませんけれど、。。。

とにかく、難しい事は抜きにしてサモアのダンスを踊ってくださいよォ~。みんなで楽しみにしていたのですから。。。

仕方ありませんわ。では、ほんのさわりのところだけお目にかけます。



じゃあ、皆さん、レンゲさんが踊っている間に、年越しソバをいただきましょうね。サモアのダンスミュージックを聴きながら見たい人は次のリンクをクリックしてくださいね。
『サモアのダンス見てみます?』

では、あなたも、すばらしい新年を迎えてくださいね。






僕がブルックリンで返り血を浴びたエピソードは次の記事を読むと出てきます。

■ 『ネットストーカーと成りすまし犯罪者とレンゲさん 【続編】』

僕が噛み付いたコメントを読みたい人は次のリンクをクリックしてください。

■  『バークレーさんが噛み付いたコメントの数々!』

僕を励ましてくれたコメントは次のリンクをクリックして読んで下さい。

■  『☆ バークレーさんを励ますコメントの数々 ☆』



レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』

バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
[PR]
by denman705 | 2005-12-31 10:40 | 人格障害・心の病気




あなたも留学してみたら?



8歳の女の子がアメリカに留学したのを知ってますか?

ええっ?そんな事は聞いた事がない?

あなたはあまり歴史が好きではないようですね。
津田塾大学を知っているでしょう?
あの大学を創った津田梅子ちゃんは8歳でアメリカへ留学したんですよ。

じゃあ、11歳で一人で中国へ留学した男の子を知ってますか?

ええっ、歴史は好きだけど、そんな事は聞いた事もない?

それも無理はないわよねぇ~。
歴史の専門家でも知らない人が居るからねぇ~。。。

ところで藤原鎌足(かまたり)を知ってる?

知らない。

じゃあ、藤原不比等(ふひと)を知ってる?

知らない。

あなたは、かなり歴史が嫌いなのね?
じゃあ、藤原氏は知っているでしょう?

知らない。

藤原氏も知らないの?

うん、知らないよ。へへへへ。。。

社会科だとか、歴史の成績、1だったんでしょう?
       
そうだよ!歴史はだいっ嫌いだったからね。。。うヒヒヒヒ。。。

じゃあ、戦前の近衛文麿首相も知らないわよねぇ?

マジで知らない。

それじゃあねえぇ~、日本新党を作った細川護熙さんは?
この人は元熊本県知事だったのよ。
そのあとで首相にもなったわァ~。

うん、名前だけは聞いた事があるよ。

この細川さんや近衛さんの1300年昔の祖先なのよ。

ふーん、それがどうしたの?

この男の子はねぇ、11歳で一人で当時の唐に留学したのよ。
でもね、12年間中国で一生懸命勉強してやっと日本へ帰ってきたら、
殺し屋に殺されちゃったのよ。
日本に居たのはたった3ヶ月。
かわいそうでしょう。

それ、あんたの作り話?

ちがうわよ。本当にあった話なのよ。
もし、嘘だと思うなら、次のリンクをクリックして読んでごらんなさいよ!

『藤原鎌足と長男・定慧』

それで、あたいに留学を薦めるわけ?

そうなのよ、あなただって留学できるのよ。

あたい、できない。

どうして?

だって、TOEFLの点がメチャ悪いもん。

悪くってもできるのよ。

ウソだ~♪~い。。。ほんとにィ~? どうしたらいいのォ~?

いい留学エージェントをさがすのよ。

何それ?

あなたのようにね、ちょっとオツムの弱い人でも、留学できるように一生懸命骨折ってくれる人なのよ。

そういう人が居るの?

居るのよ。うれしいでしょう? だから、あなただって、海外に出て、世界に羽ばたけるのよ。

うん、それ、面白そうじゃん。あたいも、世界に羽ばたきたいと思っているんだ。でも、それを言うと、みんなであたいをバカにすんだよ。

そういう人は無視すればいいのよ!とにかくね、世界に羽ばたきたかったら、次のリンクをクリックして、あなたを留学させてくれる留学エージェントを探してごらんなさいよ。
『あなたの留学をサポートしてくれるエイジェントを探せます。』

クリックしてどうすんの?

たくさんのエージェントが居るから、その中から、あなたのフィーリングに合ったエージェントを選ぶのよ。そして資料(無料)を取り寄せてじっくりと読むのよ。分かった?

ウン。。。そうすると、あたいでも留学できるの?

できるわよ。

でも、あたいが留学したいというと、みんなでバカにするんだよ。

そういう人たちは、相手にしなければいいのよ!分かった?

でも、できなかったら?

留学する前から、あきらめていちゃあ、しょうがないでしょう?決意を決めたら、一歩を踏み出しなさいよね。イイ諺があるから、あなたのためにここに書いておきますからね。

『なせばなる、なさねばならぬ何事も、なせぬは人のなさぬなりけり』

要するに、こうと決めたら一歩を踏み出しなさいという事を言っているの。分かった?

ところで、あんたは一体何者ですか?

あたしはね、デンマンさんが作った日本古代史サイトのマスコットギャルなのよ。卑弥子っていうの。よろしくね。もしあなたも歴史を勉強したくなったらぜひ会いに来て頂戴ね。次のリンクをクリックするとあたしに会えますからね。
『新しい日本古代史』

あたいも歴史を勉強した方がいいと思う?

出来れば勉強した方がいいわよ。それよりも、いつまでも狭い日本に閉じこもっていないで、広い世界を見てごらんなさいよォ~。

日本て狭くないよ。結構、日本って意外に広いよォ~!

広くないわよ。狭くて退屈しちゃうでしょう?あなたのように、海外に出た事のない人がそういうことを言うのよ。

あたい、広くっても退屈してるよ。

だから、留学しなさいって言ってるでしょう。そのほうが面白くて、楽しいと思わない?

そうだね。留学って、面白くて楽しそうだね。あたいもやってみるよ。

じゃあね。がんばってね。あなたを元気付けるためにあたしフラダンス踊ってあげるわねええええ。。。



ルンルンル~♪~ン、ランランラ~♪~ン、ルンルンル~♪~ン、ランランラ~♪~ン

(面白い人が居るもんだねええぇ。。。。)
[PR]
by denman705 | 2005-12-31 10:37 | 留学
あなたにはハッカーの素質がある?



12月28日にGOOで書いた記事(『ネット犯罪と巧妙化・複雑化するネット社会 (その2)』)にYama君から次のようなコメントをもらいました。
この記事の全文は次のリンクをクリックすると読むことが出来ます。
『ネット犯罪と巧妙化・複雑化するネット社会 (全文)』


Unknown (yama.R)

2005-12-29 00:23:20

そんなIPについての基本的なことを聞いた訳じゃなくて、
IPがわかったところで学歴や職歴や病歴はわからんだろうに、
犯罪歴だって公な法的なものではなく「僕のサイトがアラされました」という所までしかわからないだろうに、
という所を聞いたんだけどそこは無視なんですね。

まあ「無視して下さい」と書いておいて無理に追求はしないけど。
僕が言ったのはあくまでどうやって「ウンコマンがDEMPA55なる人物である」との確証を得たのかとかそういう事なんですよ。
gooブログでも記事内では自分のサーバーのアクセス記録用のプログラムを画像として呼び出せばIPを収集することは可能だろうから記事を見た人のIPは収集できても、
gooブログでは記事本文を表示しないでコメントを書き込める以上はあるIPがそのコメンターであるということを証明することは出来ないはずですよね。

ウンコマンへの回答として「オマエのIPはすべて記録されているんだよ!」と発言している以上はgooブログ上でもIPを記録できていなければならないと思うんですけれどもちゃんと記録できてるんですか?

僕のIPが記録できているのなら、WinXP上ならnslookupすれば僕のプロバイダと都道府県と接続方法まではわかるはずなので、
それを答えてくれれば納得します(でもブログ見たら結構わかるかも知れないな)


まず、本題に入る前にここでちょっとショッキングな事を書かなければなりません。
上のコメントを書いてくれたYama君は Dyslexia (Reading deficiency) を患っているのではないか?
僕はそう思ったんですよ。

カナダではこの障害は結構知られているんです。
3年前でしたが、僕はローカルのCNNニュースで初めてこの言葉を聞いたんですよ。
バンクーバーの教育委員会が“生徒に読むこと書くことの困難な者がけっこう居る”という事を問題にした事があったのです。

ホントかよォ~~? そういうことがあんのォ~?
僕はそう思ったものです。

もちろん“知能障害者”の事を言っているわけではないのです。
日常生活の上では、どこといって正常者と変わらない人のことを言っているのです。
知的には正常な人の中に、良く読むことが出来ない人が居る、と言うのです。
つまり、“読解力”がないんですよね。

日本では知的障害に関して読み書きが出来ないという事を聞いたことがありますが、
正常な人の中に読む事が苦手、あるいは困難な人、というのを僕は日本では聞いたことがありませんでした。
だから、非常に珍しいものを目にしたような、ちょっとした驚きを感じたものです。

日本語のウィキペディアで調べたら次のように出ていました。


実際はこの障害を持つ人の多くは大学などの通常の高等教育の場で教育を受けている場合も多い。
しかしながら一般に他人に顕著ではないこれらの症例は
一緒くたにされて重大な知的障害や精神病の一種と誤解されがちで、
社会的に思わぬ差別や蔑視、阻害を受けることも少なくないため、
彼らの権利を擁護する団体は国内、国外問わず活発に活動している。

現在では視覚・聴覚能力の訓練や神経生理学的研究によって、
障害を克服できた例が増えてきている。

映画俳優のトム・クルーズがディスレクシアを抱えていたことを告白し一般的な関心が高まった。
またアルバート・アインシュタインもディスレクシアであったらしい。

『ディスレクシア 【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)】』より


アインシュタインもディスレクシアであったらしい、というくらいだから“バカ”が陥(おちい)る障害ではないんですよ。

上の日本語ウィキペディアでは、文字の読み書きの事に焦点を当てて書いていますが、
(僕は後半部分だけを引用しています。)
アメリカとカナダとイギリスでは文章を読むことに焦点を当てているような印象を僕は持ちました。
その証拠に次のイギリス人が書いた記事では大人のディスレクシアについて書いています。
『A validation of the Dyslexia Adult Screening Test (DAST) in a post-secondary population』

これまでに僕はYama君が書いてくれたコメントに対して“読解力”がないことをタビタビ指摘したものでした。
次の記事を読むとよく分かります。

『コメントを書く時にはしっかりと相手の文章を読みましょうね。 (2005年12月8日)』
『あなたは文章をじっくり読むのが苦手ですか? (2005年12月11日)』

この2つの記事を書いて以来僕は気にかかっていたんですよ。
Yama君は知的障害者ではないんですよね。
アインシュタインほど才能に恵まれているわけではないですが、僕はYama君の文章の中に“技術者”を感じ取っていたんです。
僕は工学部出身ですから、理工系の書き方には慣れている。

だから、Yama君の文章を読んだ時に理工系の頭の者が書いた印象を持ったんですよ。
それで“専門バカ”的な書き方だという事もどこかで書いたはずです。
要するに、重箱の隅をつつくような書き方なんですよね。
“木を見て森を見ない”書き方になっているんですよ。

枝葉末節な事をクドクドと飽きることなく書いていた!
その書き方は病的でさえあった!
つまり、わざと難しくクダクダと書いてある大学の教科書のような書き方なんですよ。

しかも、僕が分かりやすく書いているのに、全く要点を理解していない!
これまでの投稿の交換を通してYama君ほど“読解力”のない人に出くわすのは僕は初めてのことだったのです。

しかし、Yama君はいわゆる“馬鹿”じゃないんですよね。
これまでのコメントを読めば分かります。
技術的なことは良く知っている!
それにもかかわらず、僕の経験から言えることは、Yama君の知的レベルから考えると“読解力”がないんですよ。
なぜか?
よく考えてみると、Yama君は Dyslexia (Reading deficiency) を患っているのではないか?
僕はそう思ったわけです。

つまり、俯瞰(ふかん)的な読み方が出来ない!
記事を大局的に読むことを知らない。
木を見て森を見ていないんです。
だから、長い僕の文章を理解する事が出来ないんですよ!

誤解しないでくださいね。
僕はYama君の“アキレス腱”をチクチク傷つけようとしているのではありませんよ!
このようなことは日本では誰もYama君に対して言わないでしょう?
僕は、わざわざ憎まれ役を買ってでも、あえてこうしてYama君に言いにくい事を書いています。

これがネットでの意見の交換だと信じているからです。
お互いに批判し合って、前向きに進んでゆくんですよね。へへへ。。。。

Yama君は、僕が何度も言うように“馬鹿”じゃないんですよね。
“読解力”さえ身につければ、すばらしい技術者になれると僕は信じる事が出来ますよ。
悪い道に進むと、間違いなくハッカーになってしまいます。
その素質十分にあると思えます。へへへへ。。。。
そうならないようにね。

アインシュタインもディスレクシアであったらしい、と言うくらいだから、この障害は恥ずかしいものじゃないんですよね。
ただし、僕は専門家ではありませんから、気になったら専門家に相談してください。
それとも、単なる冗談として聞き流すか。。。。
それはYama君の自由です。



やっと本題に入る事が出来そうです。
どうして、こういうことを書かねばならなかったのか?
Yama君が僕の書いた記事を全く理解していなかったからです!

普通の“読解力”を持っている人なら理解できるんですよ。
僕は試(こころ)みに何人かの知り合いと友人に僕とYama君の記事を読んでもらいました。
ほとんどの人がYama君には“読解力”がないということで意見が一致していましたよ。

Yama君、どうか僕の文章を最低3度じっくりと読んでみてくださいね。
なぜ僕がジューンさんと僕の対話を載せたのか?
Yama君、キミは、ここのところを理解していませんよ!

僕の長い文章の各部分は有機的に密接に関連しているんですよ。
ところが、キミはその関連性を全く理解できていない!
ジューンさんと僕の対話をしっかりと理解していたら、
キミのような返信は書かないはずなんですよ。
[PR]
by denman705 | 2005-12-30 07:30 | 荒らし・ネットストーカー




つまり、次のような事は書かないはずなんです。


犯罪歴だって公な法的なものではなく「僕のサイトがアラされました」という所までしかわからないだろうに、
という所を聞いたんだけどそこは無視なんですね。


この回答も“ジューンさんと僕の対話”と次の段落を読めば理解できるものなんですよ。


では、どうして個人情報が分かるのか?
それは上の記事で紹介したハッカーが居るからです。
ハッカーはどのようなハードディスク上の機密ファイルの中にも侵入します。
だから、プロバイダーに保管されたあなたの個人情報ファイルにもアクセスします。
またそれをするのがハッカーです。




何のために僕が“ジューンさんとの対話”を載せたのか?
Yama君、キミにはこの関連性が全く読み取れないんですよ!
そこに、キミの“読解力”の問題がある!
つまり、君はDyslexia (Reading deficiency) を患っている!

君は修辞学を勉強したことが全くない!
だから、“暗喩(あんゆ)”と“直喩(ちょくゆ)”を理解する事が出来ない!
僕は28日の記事の中で直喩的なエピソードを書くわけにはゆかないんですよ。
なぜか?
自分で自分の首を絞めることになるかもしれないからですよ。
だから、ジューンさんと僕の対話という形で“暗喩的なエピソード”を書いたわけです。
ところが、君には全くこのことが理解できない!
つまり、キミの“読解力”に問題がある!


gooブログでは記事本文を表示しないでコメントを書き込める以上はあるIPがそのコメンターであるということを証明することは出来ないはずですよね。
ウンコマンへの回答として「オマエのIPはすべて記録されているんだよ!」と発言している以上はgooブログ上でもIPを記録できていなければならないと思うんですけれどもちゃんと記録できてるんですか?


このことも次の部分を読めばちゃんと理解できるはずなんですよ。


えっけん君が

“gooブログではユーザーがIPを取得する事はできませんので、念のため。”

と書いていますが、必ずしもそうは言いきれないのですね。
たとえば、FC2のブログにはアクセス解析のコードをユーザーが組み込めるようになっている。
当然の事ですが、そのようなコードをブログに組み込めばコメントを書かない場合でも記事を読んだほとんどすべての人のIPアドレスが記録されます。
実際、僕はそれを利用しています。

そうなっていないブログでも、記事の中に“code snippet”を潜(もぐ)り込ませると同様のことが出来ます。
そのようにする事を禁止しているブログ・プロバイダーもありますから注意する必要がありますが。。。



この部分をじっくりと読んで、よく分からなかったらGOOGLEで検索すれば理解できるんですよ!
ところが、Yama君、キミには“読解力”がないんですよ!
全く理解していない!

しかも、“読解力”がない事を君は知っているようだねぇ~。
なぜなら、君のブログには次のように書いてある!


スパム監視中の
 

変な人です。
 

精神年齢13歳


“読解力”に関する限りキミの精神年齢は確かに13歳かそれ以下ですよ。
これは僕の悪口でも、嫌がらせでもありません。
率直な僕の意見です。
くれぐれも誤解しないようにね。
お願いします。

普通の人間なら、自分から精神年齢13才なんて書かないものですよ!
なぜ書くのか?
思い当たる事があるからですよ!。。。と僕は思います。へへへ。。。。

ええっ?冗談だった?
でも、潜在意識の中に精神年齢13歳のキミが居るんですよ!
僕の言う事が分かりますか?

文章というものはその人の個性が現れてしまう!
だから、誤解を与えるような事は書かないことだよ!
キミは上の“精神年齢13歳”を無意識のうちに書いたんだよね?

違う?
では、なぜ意識的に書いたのか?
キミにはその理由が書けないだろう?へへへ。。。。
僕の言おうとしている事が分かりますか?ゥヒヒヒヒ。。。



しかし、Yama君、キミは上の箇所を理解できるだけの技術的な知識を持っている。
凡人には君が書いた次の事は分からないはずですよ!


僕のIPが記録できているのなら、WinXP上ならnslookupすれば僕のプロバイダと都道府県と接続方法まではわかるはずなので、
それを答えてくれれば納得します(でもブログ見たら結構わかるかも知れないな)


でも、君には分かる!
だから、僕が書いたcode snippetとはどういうものなのか?
君には分かるはずですよ。でしょう?
分からなかったら、GOOGLEで調べてね。

code snippetを組み込めばIPアドレスを調べて次のような地図を描くことも出来ます。



この地図は僕の掲示板の次のスレッドを訪ねた訪問者のIPを調べて作図したものです。
http://wroatriutrie.byethost5.com/denman/tree.php?all=480
僕が描いたものではなくアクセス解析の機能の一つです。

この地図についての説明は次のリンクをクリックすると読むことが出来ます。
『田舎者管理人はなぜ僕のブログを丸ごと削除したの?(続編) 』
 
ところで、えっけん君の次の質問の答えは、正月2日か3日に記事を書いてその中で返信したいと思います。
(延び延びになってすいません。)


Unknown (えっけん)

2005-12-24 12:36:16

国際化されているデンマンさんは、なぜ日本のブログサービスばかり十数個も利用しているのですか?

そして何故、全部同じ内容なんですか?

ネットワークで繋がっている世界に、全く同じ物を投稿することに、どのような意味があるのですか?

小学2年生にもわかりやすく説明して下さい。


では、楽しみにして待っていてください。

じゃあ、今日も楽しくネットサーフィンしましょうね。


[PR]
by denman705 | 2005-12-30 07:28 | 荒らし・ネットストーカー


レンゲさんのクリスマスは

一人っきりで寂しかった

 



レンゲさん、クリスマスは一人っきりで寂しかったのですか?

そうです。

一人っきりではなかったでしょう。あなたはいくつかのクリスマスパーティーに出て、ずいぶんと楽しんでいたと言うことでしたよ。

どなたがそのような事を言ったのですか?

だから直美ですよ。

奥様はあたしの内面を見ていないからですわ。

しかし、あなたはパーティーで楽しそうにしていたと言っていましたよ。

それは外見だけです。

あなたは心では寂しくても、外見は楽しそうにするのですか?

そういう場合もあります。

僕はパーティーがつまらなかったら帰りますよ。

それはデンマンさんの性格だからできるのですわ。あたしにはそのような事は出来ません。

なぜですか?

だって、お仕事関係のパーティーがほとんどでしたから。。。。

つまり、直美があなたを誘ってパーティーに行ったので、つまらなくてもそこに居たと言うのですね?

せっかく誘っていただいたのですもの、あたしだけ中座して帰ってくるわけにはゆきませんわ。

そういう時には、無理に楽しそうな顔をしてその場に居ることは無いんですよ。

でも、。。。。

デモも機動隊も関係ありませんよ。あなたの気持ちが重要なんですよ。自分が楽しくないのに、楽しそうな顔をしていたって意味が無いでしょう?

そうとばかりは言えませんわア~。

楽しくないのに、楽しくない場所に居る。なぜそのような非論理的な。。。と言うか理屈に合わない事をレンゲさんはするのですかあああ?

だってぇ~。。。

だって、何ですかアアア?

奥様はあたしの上司でもあり雇い主ですわァ。

でもね、パーティーと言うのは個人的なつきあいですよ。仕事の一部ではないんですよ。上司に誘われたからとか、雇い主に誘われたから嫌々参加するというものではありませんよ。

それはデンマンさんがカナダやアメリカの生活にすっかりはまっているから、そのように言うのですわァ。日本では義理で参加しなければならないことが結構たくさんあります。

じゃあ、喜んで義理で参加したわけですか?

別に喜んで参加したわけではありません。

嫌々参加したわけですか?

別に嫌々でもありません。

じゃあ、どういう気持ちで参加したのですか?

だから、奥様に誘われたから、なんとなく断れなくって参加したのです。

だけど、パーティーはつまらなかった。寂しかったと言うのですね?

そうです。

そういう時にはね、直美にはっきりと言うべきですよ。

何と言うのですか?

だから、このように言えばいいんですよ。“実は、わたしは断れなくって、なんとなく参加したのですけれど、どうしても楽しめませんので失礼とは思いますが帰らせていただきます” こう言えばいいんですよ。

そんな事言えしませんわあああ~

どうしてですか?

だって、それでは、奥様の気持ちを傷つける事になりますわ。好意をアダで返すような事になります。

それはねぇ、レンゲさん、あなたの一方的な思い込みですよ。むしろ、楽しくないのに楽しそうにしていたという事が、あとで直美に分かった時の方が、実に嫌な気持ちになると思いますよ。僕はそう思います。だから、僕は今言ったようにはっきりと言うわけですよ。何も、自分の気持ちを犠牲にしてまで、直美の誘いを受ける必要は全くないんですよ。

でも、日本では、それが半(なか)ば当たり前ですわ。



でも、そういう日本の慣習に従ってパーティーに出たから、あなたは結局寂しい思いをする。パーティーでは楽しそうな顔をしているけれど、心の中は全く楽しんでいない。それで、あなたは僕に寂しかったと言う。しかし、直美はあなたに本当に楽しんでもらいたかった。だから、そのためにレンゲさんを誘ったんですよ。

奥様がそのようにおっしゃったのですか?

そうですよ。あなたが寂しそうにしていたから、。。。と言っていましたよ。レンゲさんにも直美のその気持ちが分かったんでしょうね。だから、むげに断らなかったんでしょう。それでパーティーに直美と一緒に行った。でも、レンゲさんには面白いパーティーではなかった。しかし、直見にそれを言えなかった。なぜなら、レンゲさんにも直美が誘った気持ちが分かっていた。それで、直美の前では楽しそうに振舞っていた。そういうことでしょう?

だいたい、そういうことです。

レンゲさんがうまい演技を見せていたんでしょうねぇ~。。。直美はすっかりあなたが楽しんでいたと思い込んでいますよ。

あたしはいけない事をしたのでしょうか?

いけないことをしたわけではないですよ。ただ、自分の気持ちをもっと素直に直美に言うべきでしたよ。直美はあなたの投稿を読んでいたから、あなたが率直で素直な人だと信じていますよ。そういうわけで、嫌な事はイヤだと言うことが出来る人だと思っています。でも、レンゲさんは、いつも素直なわけではないんですよね。

あの場合、あたしには断れませんでした。

“対話”と言う事はそのような時に直美に素直な気持ちを語ることを言うんですよ。直美の好意をアダで返したくないのなら、その時にレンゲさんの素直な気持ちを伝える事こそ“好意をアダで返さない”行為ですよ。そうすれば、楽しくしているような演技をする必要も無かったし、パーティーが終わってから、いっそう寂しい思いをする事も無かった。

確かにその通りです。

分かっているならどうしてそうしなかったのですか?

出来ませんでした。

だからなぜ。。。?

あたしは奥様のお誘いを断る事が出来なかったのです。

だから、なぜですか?と聞いているのですよ。

デンマンさんは、どうしても理由を聞きたいのですか?

もちろんですよ。

奥様はあたし以外のことは何もお話にはならなかったのですか?

レンゲさんとパーティーに行ったということ以外には特に何も話さなかったですよ。

男の人のことは何もお話にはならなかったのですか?

男の人というのは妻の浮気の相手。。。と言う意味ですか?

デンマンさんはご存知なのですか?

いや、知りませんよ。でもね、僕は直美とは1年に1度か2度しか会わないんですよ。だからこれまでにも、僕が直美の浮気を疑った事は何度かありました。僕自身浮気をしたこともありますよ。僕と直美はそのことについては何度と無く話し合ったんですよ。

デンマンさんは、奥様が浮気をなさる事を認めているのですか?

認めてはいないけれど、浮気をする可能性があることは認めていますよ。

つまり、奥様が浮気をしたら許すのですか?

そのことはね、Mikiさんが書いたコメントの中にあったでしょう?もう一度ここに書きますよ。




不死身のdenmanさん、また書き込みさせてください。
不倫をすると家庭崩壊がはじまる!とdenmanさんは記事に書いておりますが、本当にそうでしょうか?

夫婦生活では、信頼の木をたくさん植え、大きな森にしていく事が大切だとはなしている人がいましたよ。
一本の木が、嘘の木で枯れたとしても、大きな森だったら再生ができるよ!と

信頼の大きな森を作っているから、denmanさんの家族はカナダと日本で離れて暮らしても家庭崩壊が起こらないような気がします。

信頼の木を増やすには、夫婦の会話が何より大切だと思います。
相手の性格を観察したり、相手が何を求めているのか、なぜこんな行動をするのか、会話からいろいろな情報が得られると思います。

夫婦関係だけではないと思いますが、対話が必要なんですね!

by miki 2005年12月22日 10:37

『でも、不倫は、やっぱり永遠のテーマですよね』より


僕と直美の間は決して平穏ではなかったんですよ。僕は浮気をしたこともあれば、不倫をしたこともある。でも、別れずに曲がりなりにも夫婦としてやってこれたのはMikiさんが書いていたように“信頼の木”を植える事が出来たからですよ。


信頼の木をたくさん植え、大きな森にしていく事が大切。。。
一本の木が、嘘の木で枯れたとしても、大きな森だったら再生ができる。。。。
信頼の大きな森を作っているから、denmanさんの家族はカナダと日本で離れて暮らしても家庭崩壊が起こらないような気がします。


Mikiさんが言っているとおりだと思いますよ。

つまり、デンマンさんは奥様を信頼しているから、浮気をしても認めるとおっしゃるのですね?

普通、お互いを信頼していれば浮気はしないものでしょうね。でも、それでも直美が浮気をすれば、なぜ浮気をしなければならないのか?その理由を僕は理解しようとするでしょうね。

デンマンさんは、そのように冷静で居られるのですか?

居られないでしょう。でも、浮気した事が事実なら、ヒステリーを起こしたところで、どうしようも無いでしょう?そう思いませんか?本気でない事を願うだけですよ。

デンマンさんは、それ程奥様を信頼しているのですか?

信頼しているというより、家庭を守りたいという気持ちがお互いにあったと思いますよ。動物の母と子を見てください。母親は、わが身を犠牲にしてでも我が子を守り抜く。僕と直美に“人間としての本能”があるとしたなら、それは、わがままを通しても最低限、家庭を守り抜く。崩壊家庭にしない。それは我が子のためですよ。家庭が崩壊してレンゲさんのように傷ついた子供を僕も直美も身の回りに見てきましたからね、。。。自分たちの子供たちをそのようにはしたくないという思いが直美にも僕にもありましたよ。だから、お互いのわがままは、ある程度我慢したというか、見て見ないフリをしていたところがありましたよ。僕も直美もわがままなところがありますからね、お互いにある程度の自由を認め合わないかぎり、二人の関係がこのように長くは続かなかったですよ。

分かりました。

それで直美の浮気の現場でも見たのですか?

そういうお話しではありません。

では、どういう話ですか?

奥様をしつこく追いかける人が居るのです。

そうですか。。。これまでにも何度かありましたよ。そのような事を小耳に挟んで僕は直美の浮気をずいぶんと疑った事もありました。でもね、直美は“浮気”が趣味ではありませんよ。レンゲさんのように“幼児的な触れ合い”を求めているわけでもありません。この事については次のスレッドに書きました。まだ読んでいない人は次のリンクをクリックして読んでみてください。
『あなたにとって愛とセックスとは?』

デンマンさんは奥様のことが気にならないのですか?

全く気にならないと言えばウソになりますよ。でも、気にしたって仕方が無い事ですよ。僕はバンクーバー、直美は埼玉県の熊谷市に居ますからね。生活の場が違いますよ。気にしたところでなるようにしかならないんですよ。その“なるようになる”ことが僕には分かっていますからね。

奥様の事を信じておられるのですね。

信じているというより理解しているつもりですよ。レンゲさんの“愛と性”についてずいぶんと話し合いましたが、直美の“愛と性”についてもレンゲさんとかなり話しましたよね。それを直美は読んでいたんですよ。

そうでしたわ。そういうことがありましたね。あたしは奥様が読んでいるのだとは全く知らなかったので驚きました。

レンゲさんはビーバーランド XOOPSの『秘密の扉・文学館』の館長さんとして張り切っていたことがあるんですよ。



   

    8月26日         8月29日

『レンゲさん、あなただってメチャ頑張っていた事があったんですよ』より

去年の8月ですよ。レンゲさんの赤裸々な、あまりにも素直で率直な投稿が直美にもインパクトを与えたんですよ。その後11月に会った時、彼女がかなり影響を受けたことが僕にもはっきりと分かりましたよ。

デンマンさんは嫌な方ですわねぇ~。

どうしてですか?

だって、あのような投稿を奥様にも読ませていたなんて。。。

いけませんか?

だって、アダルトな内容ですもの。。。。あたしはメンバーの方だけが読んでいるものだと。。。。

直美もビーバーランド XOOPSのメンバーだったんですよ。

では、この記事も奥様はお読みになっているのですか?

そういうことですよ。多分僕のブログも読んでいると思いますよ。URLを知らせてありますからね。レンゲさんは読まれてまずいことを書いているわけではないでしょう?

でも、ちょっと考えてしまいますわァ~。

それで、その直美を追いかけている男というのはどういう人間ですか?

それが一人ではないのです。

分かりますよ。直美の事を事実上離婚していると思い込んでいる人が多いですからね。別居しているのはウソで、パトロンが居て自由気ままに楽しく暮らしていると妄想をたくましくしている男が多いんですよ。僕が言うのも何ですけれどね、あいつはまだ女としての魅力が充分に残っていますからね。浅はかな男が、いい思いが出来るんじゃなかろうかとアリが砂糖にたかるように集まってくるんですよ。それで、その男たちがどうしたというのですか?

奥様があたしを誘うのは、ただあたしに楽しい思いをして欲しいという他に、この男たちを遠ざけるための“小道具”に使いたいのではないか?とあたしには思えたのです。

どういうことですか?

奥様はソツの無い方ですから、どなたとも等しく嫌味を与えないお付き合いが出来る人ですゥ。

分かりますよ。とにかく京都の人ですからね。付き合い方に一寸の隙もありませんよ。そういう点は実に洗練されている。要するに本音と建前の使い分けが実にうまいんですよ。だから、関東のバカな男たちはいい気になってのぼせ上がってしまうんですよ。愚かな男が多いということですよ。それで。。。?

中にはしつこく喰い下がって、それでも奥様の後を追いかける者が居るのですわ。

分かりました。。。それでレンゲさんを“魔よけ”のために誘ったと言うんでしょう?

そうです。一緒のマンションで暮らしているので帰りは同じ車です。あたしを送ってゆかなければならないと言えば、男の申し出を断る言い訳になります。

そのように考えるレンゲさんの気持ちは分かるけれど、ちょっと考えすぎじゃないのかなあああ?

でも、あたしは2重の意味で落ち込んでしまうんです。

どういうことですか?

あたしは奥様と居ると常に“壁の花”なんです。男の人はまず奥様に話しかけます。

それは、レンゲさんの魅力とは無関係な事ですよ。パーティーに参加する人は誰もが直美のことを知っている。もちろん、すべての事を知っているわけじゃない。でも、ウワサを知らない者はほとんど居ない。しかも“ブティック・フェニックス”チェーンの女経営者。パトロンが居るけれど海外に居るから、かまってやる男が居ない。それでアホな男が自分がかまってあげますよと名乗りでる。直美もバカじゃありませんよ。そういう男にチヤホヤされたからって天狗になるような女じゃないんですよ。

でも、あたしにはお声がかかりません。

だから、直美に近づくのは男に下心があるんですよ。そういう男に声をかけてもらえなかったからと言って、別にレンゲさんが落ち込む必要は無いんですよ。

今のあたしにはボーイフレンドも居ません。それだけでも寂しいと思うのです。それなのにボーイフレンド募集中のあたしには目もくれずに奥様だけに男の人が集まってしまう。あたしは本当にダークでつまらない女に見えるのじゃないか?だから、男の人はあたしに洟(はな)も引っ掛けてくれない。あたしにはそう思えるのです。

それはレンゲさんの考えすぎですよ。パーティーに参加する男というのはほとんどが下心を持って参加するんですよ。

どのような下心ですの?

だからいい女を引っかける。。。

デンマンさんもそのようなつもりでパーティーに行くのですかあああ?

もちろん、“引っかける”にもいろいろな意味がありますよ。あわよくば、今夜一緒に寝ようと思ってあさる男も居るでしょう。

デンマンさんはどのような下心を持って行くのですかあああ?

僕は“壁の花”の中にレンゲさんのような人を見つけるために行きますよ。だから、僕が同じパーティーに居ればレンゲさんに声をかけるでしょうね。

それは、あたしの心をくすぐるためにデンマンさんがそう言っているだけですわァ~~。

とにかくね、れんげさん、。。。あなたは少し考えすぎですよ。パーティーで引き立つ人と、普通の生活の中で引き立つ人は全く別です。直美はパーティーに出慣れている。だから、どのように自分を演出したら引き立つのかを良く知っている。そういうことも経営者としての彼女の“極意”なんですよ。半分は仕事のためにパーティーに出ている。だから、そういうことを考えれば、レンゲさんが落ち込む必要は全く無いんですよ。

でも、あたしの本当の寂しさはデンマンさんにも分からないと思います。

まだ、僕に話していない寂しさがあるんですかあああ?

聞いていただけますか?

今日は、もうダメですよ。この辺で一区切りしないと、どんどん長くなってしまって収拾(しゅうしゅう)がつかなくなってしまいますよ。またこの次に聞きますよ。いいでしょう?

デンマンさんがそうおっしゃるのなら、仕方だありませんわ。この次にします。

今回もレンゲさんはフラダンスもサモアのダンスも踊る雰囲気に無さそうなので、どうしても、レンゲさんのダンスを見たい人は次のリンクをクリックして見てくださいね。
『サモアのダンス見てみます?』
サモアのダンスミュージックも聴くことが出来ますよ。






僕が噛み付いたコメントを読みたい人は次のリンクをクリックしてください。

■  『バークレーさんが噛み付いたコメントの数々!』

僕を励ましてくれたコメントは次のリンクをクリックして読んで下さい。

■  『☆ バークレーさんを励ますコメントの数々 ☆』



レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』

バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
[PR]
by denman705 | 2005-12-29 11:02 | 人格障害・心の病気

お肌の韓流ブーム?






お肌の韓流ブーム?



日本全国、韓流ブームでもりあがっているようですね。
以前はNHKのみだった韓国ドラマの放送もあっというまに民放まで広がりました。
気がついたら毎日ワイドショーで韓流スターの動向が知らされるようになりました。

ヨンさまを知らない人がいないほど韓流ブームが浸透しましたが韓国料理も知られざるブームを呼んでいます。
キムチ・チヂミ・冷麺・焼肉・・・と韓国はおいしいものの宝庫です。

「韓国料理って辛いからだめ!」
。。。とあなたは叫んでいるかもしれませんね。
実は17世紀まで韓国料理は辛くなかったのです。

「ええっ、ほんと?」

そうなんですよ。韓国に唐辛子が入ってきたのは17世紀なのです。
そのためそれまで韓国料理は辛くなかったのです。
その証拠に、最近NHK−BSで放送されている「宮廷女官チャングムの誓い(原題:大長今)」では辛くない宮廷料理がいっぱい登場します。

そもそも韓国料理は「医食同源」という考え方のもと、おいしいだけではなく健康にもよいものを好んで食べるという傾向があります。
韓国に素肌美人が多いのを知っていますか?
それはこの「医食同源」と関係があるんですよ。
みんな透き通るような白い肌でうらやましいと思いませんか?
美容に対して関心の高いのも韓国のお国柄です。
医食同源にもとづいた食習慣が根付いています。

私たちも良く知っている高麗人参からキムチまで健康によい食材を日々の食事に織り交ぜています。
焼肉から韓国料理=肉料理=重そうというイメージもありますが、日々の食事は野菜中心です。
キムチなどの野菜類とごはんというレパートリーが一般的なので、韓国でホームステイすると肉が恋しくなるそうです。

ちなみに韓国人の摂取カロリーは日本人の2倍なのです。知っていますか?
「それなのに、どうして太っている人があまり居ないの?」
それは、韓国人の多くが体脂肪率が低いためです。
つまり、キムチのカプサイシン効果と野菜摂取量がおおいからですよ。

私のお友達が言っていました。
韓国で1ヶ月ホームステイすると痩せるうえにお肌がきれいになるのよ!
韓流ブームはヨンさまだけではありませんよ。
あなたもお肌の韓流ブームを考えてみてはいかがですか?

ええっ、もう韓流ブームには飽き飽きした?
そうですね。
あれだけブームが日本全国に行き渡るとちょっと反抗してみたくなるのも人のならいですよね。
そう言うあなたのために韓流ブームとは関係のないお肌の手入れをご紹介しましょう。
関心があったら次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

『あなたのお肌を美しく保つために。。。』

あなたもきっと、大和撫子のすばらしいお肌を手に入れることが出来るでしょう。
では、頑張ってくださいね。
Good luck!


[PR]
by denman705 | 2005-12-29 11:00 | 美容・健康


ネット犯罪と

巧妙化・複雑化するネット社会


次の記事は僕が日本のネットでサーフィンをやり始めた頃に書いた懐かしい記事です。
『巧妙化するハッキング・ネット社会の危うさ』
クリックしても“アクセスが禁止されています”というようなメッセージが表示されて
ページを見ることが出来ません。

実はDEMPA55のような悪い奴が居て、
告げ口されて僕のサイトがすべて閲覧禁止処分になってしまったんですよ。
上の記事は閲覧禁止処分になった、たくさんの記事のうちの一つです。

この記事自体には全く問題がありません。僕はそう信じています。
根拠の無い告げ口を真に受けて、じっくりと調べもしないでサイトを非公開にする事は、
上の記事が掲載されている日本のサイト・プロバイダーが未熟な事を物語っています。
つまり、サイト・プロバイダーとしての良識が欠如しているわけです。
島国根性に凝り固まった“井の中の蛙”が日本のサイト・プロバイダーの中には結構居るのです。

すでに何度も書いていることですが、僕は欧米のネットで18年間やっていました。
現在でも欧米のサイトで、かなりの英文のウェブサイトを持っています。
その一つがTRIPODのサイトです。
次のリンクをクリックすると見る事が出来ます。

『ビーバーランド メガサイト』



これは2002年9月にアメリカのTRIPODで作ったサイトです。
このサイトを作ってしばらくして日本語IME(Input Method Editor)があることを知ったのです。
つまり、英語版のシステムでも日本語が使えると分かって、この時から日本のサイトを本格的に見るようにになったのです。
そして日本語で初めて作ったサイトが2002年12月にTRIPOD JAPANで立ち上げた『ビーバーランド ジャポニカ』だったわけです。

このTRIPOD JAPANはやがてINFOSEEKに合併吸収されました。
それで、現在はinfoseek.co.jpのサイトに僕の非公開処分にされたサイトが存在しています。

上で紹介した非公開処分にされている記事をここに書きます。
僕とジューンさんの対話という形で書いてあります。
読みやすいように編集しなおしてありますが、ほとんどがオリジナルのままです。



巧妙化するハッキング

ネット社会の危うさ


ジューン & デンマン
2002年(平成14年)12月26日


「ジューンさんはハッキングという言葉を聞いたことある?」
「ええ、でも具体的にはどういうことをするのですか?」
「本来、アクセスしてはいけないコピューターシステムに不正侵入して、その内部のデータを変えたりすることだよ。たとえば、アメリカで起きたことだけど、中学生が自分の家のパソコンを使って、国防総省(ペンタゴン)のコピューターにアクセスしたことがある」
「ふつうの人はアクセスできないようになっているんでしょう?」
「もちろんさ。そうでなかったら、ペンタゴンに保管されている重要機密が守れない」
「どんなふうに侵入するの?」
「普通はパスワードを入れないとアクセスできない。だから、パスワードを発生するプロラムを使って不正侵入する」
「中学生でも、そんなだいそれたことができるの?」
「今の子供のなかには、コピューターをオモチャがわりにして育った者がいる。しかも、小学校からコピューターを教えている学校もたくさんある。この点では、日本よりもよっぽど進んでいる。だから中学生ぐらいになると、専門家も顔負けな知識と経験を持つ者がでてくる。子供だからといってあなどれない」



「それで何をするの?」
「あまり悪質でない場合には、単なるメッセージを残すだけ。。。要するに、誰もがアクセスできないシステムに、アクセスしたことを誇示するわけさ」
「自己満足ですね?」
「そういうこと。。。でも悪質になると、コピューター内部のデータを変えてしまう。たとえば、銀行のシステムへ浸入して、自分の口座へ多額のお金を入金する。そのあと現金化して、国外へトンヅラしてしまう」
「銀行強盗と変わりないわね?」
「そういうこと。北米では、ハッキングによる銀行の被害が、かなりでているという。うわさでは、こういう事件は、銀行では外部に発表しないらしい。営業実績にかかわるからね」
「ホント?」
「はっきりと確認したわけではないけれど。考えられることだ。とにかく、インターネットを使った犯罪が激増している」
「それは日本でも同じ状況?」
「そうなんだ。でも、日本ではまだ充分な対策ができていないようだ。次に紹介するのは、実際に日本で発生したハッキングのケース。今後、ますます手口が巧妙になって行くと思う」



外国人元留学生ハッカー


平成14(2002)年11月21日


静岡県浜松市内にある静岡大学の寮の一室。今年1月22日早朝に捜査員が踏み込むと、室内にはパソコンのほか、コンピューターの周辺機器などが散乱。
その中で、1人の外国人の男がデスクトップのパソコンに向かっていた。マレーシア国籍で、静岡大工学部でコンピューターのセキュリティを学んでいたビンアワン(仮名)元留学生(25才)。

昨年8月から9月にかけて計9回にわたり、東京都千代田区のプロバイダーのホストコンピューターに不正侵入していたとして、不正アクセス禁止法違反容疑で警視庁ハイテク犯罪対策総合センターや滋賀県警などの合同捜査本部に逮捕された。
犯行は、日本の地方銀行や企業、大学などのほか、米国や中国など7ヵ国に及んだ。

ハッキング用ツールを使って自分のコンピューターから大量のデータを送り、誤作動・セキュリティ機能を低下させる「バッファオーバーフロー攻撃」。
一昨年、相次いだ官公庁のホームページ改竄事件で使われた手口だ。
彼はシステムを自由にコントロールすることができた。しかし、データの書き換えはしなかった。


「すごいことしますね~」
「ジューンさんも驚きですか?」
「そういうことまで出来るものなんですか?」
「ハッキングの手口は除々に高度化しているんですよ。サイバーテロをやろうと思えばできただろうと、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターの幹部は言っていますよ」
「ビンアワンさんはすごい知識を持っているんですね?」
「警視庁の係りの人が、その“見事な技” に舌を巻いたそうですよ」
「ビンアワンさんはハッカーになるために日本に留学したのですか?」
「もちろん、ハッカーになるためではありませんよ。彼は平成9年に静岡大学に留学したんです。当初はコンピューターのセキュリティーの勉強をして本国で役立てようと思った」
「それが、なぜハッカーに?」
「セキュリティーの勉強のためにはコンピューターの弱点を見つけなければならない。落とし穴はそこにあった」
「どういうことですか?」
「やがて、興味はコンピューターの弱点を捜すことだけに移る。そして、2000年の官公庁のホームページ改竄事件をきっかけに、完全な“悪意のハッカー”に豹変した」
「どうやってハッカーの技術を覚えたんですか?」
「大学でコンピューターセキュリティーの知識を学ぶ一方で、コンピューター雑誌を調べたり、インターネットのチャットで情報のやり取りをしておぼえた」
「つまり、独学ですか?」
「そうなんですよ。ほぼ独学でハッキングの手法を学んだ」
「すごい勉強家なんですね」



「もっと社会になることをすればいいと思うのだけれどね。。。」
「それで、ビンアワンさんは何のためにハッカーになろうとしたのですか?」
「プロバイダーのセキュリティーが高いと思っていたので、そのセキュリティーを破って見たいという興味が起きたと言うんだ。そして、やがて他人のコンピューターに侵入することで快楽を覚えるようになった」
「そういう人も世の中には居るのですね」
「どんな善人でも初めて他人のコンピューターに浸入できるとスリルを感じますよ」
「デンマンさんもやられた事があるのですか?」
「なんだか、疑いの眼(まなこ)で僕を見ていますね?」
「疑っているわけではありませんけれど、デンマンさんならやりそうだと。。。。うふふふ。。。。」
「なんだか、嫌な笑いですねええ。。。。」
「どうなんですか?」
「僕もコンピュータが専門で、それでメシを喰っていましたからね、少しは知っていますよ。でも、犯罪になるようなことまでしていません」
「そうですか?」
「なんだか、まだ僕を疑っているような目つきですねええ。。。?」
「実際はやった事があるんでしょう?白状してくださいよ」
「ありませんよ。へへへ。。。本当にありません。ハハハ。。。。僕は愚か者がネットストーカーとなって僕の後を付きまとって嫌がらせのカキコすることにさえ、犯罪者呼ばわりをして、しつこく撲滅(ぼくめつ)しようとしているんですよ。その僕がハッカーなどしてネット世界に迷惑を撒き散らすなんて。。。。」
「どうなんですか?」
「そのような事は考えられませんよ」
「ほんとうですかあああ?」
「ジューンさんもしつこいねええぇ。僕はやってないと言ったらやってないんです。犯罪になるようなことはしていませんよ」
「。。。という事わあああ。。。犯罪にならないことはしていると。。。。うふふふ。。。。」
「犯罪にならない事ならば、してもいいんですよ。。。」
「やっぱり。。。」
「ほらほらああ~、泥棒を捕まえたような声を出さないでくださいよおおおお。。。僕は無罪です」
「分かりましたわ。それで、他人のコンピューターに侵入できると分かった後はどうなるんですの?」
「そこが善人と悪人の別れ道になるんですよ。善人は、それをステップにセキュリティーのスペシャリストとして成長していく。悪人は、犯罪の世界に走ってしまう」
「ビンアワンさんは犯罪の道に足を踏み込んだというわけですね?」
「そういうことですよ」
「ところで、その事件が明るみに出たきっかけになったのは何ですか?」
「ビンアワン君の犯行は、実は今も闇の中だったかもしれないんですよ」
「どういうことですか?」
「たった1件の被害届が発覚のきっかけになったんですよ。2001年の8月、滋賀県内のプロバイダーのホームページが改竄された。被害届を受けた滋賀県警彦根署が捜査したところ、都内のプロバイダーが不正アクセスの踏み台にされていたことが判明した」
「それで、どうなったのですか?」
「合同捜査本部でログを分析した結果、同一人物による犯行とわかった」
「つまり、情報発信源はビンアワンさんのコンピューターだと分かったのですね?」
「そういうことですよ。パソコンの通信記録はほとんど消されていたけれど、約70のIPアドレスが書かれたメモが残されていたんですね。それが決め手になった」
「でも、それ程簡単に他人のコンピュータに侵入できるものなんですか?」
「セキュリティーがしっかりしていないと、そういうことも出来るんですよ。決して難しい事ではない」
「でも、すぐに分かってしまうでしょう?」
「そのような場合もある。たとえば、ホームページの書き換えならばすぐに分かってしまう。1日1度ぐらいはたいていの管理人がホームページを見るからね。でもね、画面に現れないようなファイルは危機管理が甘いと、不正アクセスにまったく気付かない」
「そういうものなんですか?」
「そうなんですよ。警視庁によると、2001年の1年間だけで全国の警察が認知した不正アクセスは1253件。そのうち7割以上の930件がサイバーパトロールや容疑者の取調べなどから分かった。つまり、警察の取調べが無かったら、分からなかったという事ですよ」
「要するに、発覚していない浸入もかなりあるということですね?」
「そうですよ。だから危機管理をしっかりとやらなければならないんですね」
「それをサボったら?」
「危機管理のない企業のコンピューターに簡単にアクセスし個人情報が流出した場合、ハッカーも悪いけれど、危機管理をしない企業も悪いですよ。僕はそう思いますね」
「ハッカーだけを責めてもいけないという事ですか?」
「そうですよ。常にハッカーを締め出すように注意する必要がありますよ」
「ハッカーはいづれ居なくなりますか?」
「なくなりませんね。ネットがあるかぎり必ずハッカーが現れますよ。砂糖にアリが群れるようなものですよ。不正アクセス禁止法が出来ても、その程度ではダメでしょうね。ハッカーの手口はさらに巧妙化してゆきますよ」
「どうすればよいのでしょうか?」
「ハッカーに負けないようなセキュリティーを構築する事ですね」
「つまり、いたちごっこを続けるということですね?」
「ジューンさんは頭がいいねぇ~?」
「デンマンさん、それは褒めているのですか、それとも、けなしているのですか?」
「その両方ですよ。へへへ。。。。」





12月22日にGOOで書いた記事(『あなたは乾燥肌に悩んでいませんか?』)に2ちゃんねる出身の悪名高きネットストーカー(かつてDEMPA55と名乗っていました)から次のようなコメントをもらいました。


ジュンコさんって誰ですか?

gooブログの利用規約です。

第7条(会員資格の譲渡)
会員は、会員資格を第三者に譲渡及び貸与することはできません。
また、第1条第6項の定めに従い、Eメールアドレスを登録した自己の携帯電話を
会員本人以外に貸与し、記事を投稿させてはならないものとします。

これは誰が書いた記事ですか?

要はこの記事に誘導したいだけの捏造ですよね?
http://janet.earthcare.co.jp/

また、上記記事に誘導する途中で、ジャネットのアフィリエイトリンクを経由させていますね?

アフィリエイトサイトへのリンクは、gooブログでは禁止事項となっています。

by Unknown   2005-12-22 23:34:05


これは、もちろんこの愚劣で低脳なネットストーカーであるDEMPA55の嫌がらせのコメントです。
このDEMPA55についてよく知らない人はGOOGLEかYAHOOで検索してください。
僕が書いた記事がたくさん引っかかります。
あなたの手間を省くために次にリンクを貼っておきます。
『GOOGLEでDEMPA55を入れた検索結果』
383件見つかりました。
ほとんどの記事は僕が書いたものです。

『YAHOOでDEMPA55を入れた検索結果』
Yahooでは1680件見つかりました。
これも、ほとんどのページは僕が書いたものです。

どうして僕が上の記事(『巧妙化するハッキング・ネット社会の危うさ』)をここに再度書いたのかと言えば、22日の記事についたコメントに答えるためです。
そのコメントとは次のようなものです。

まず、DEMPA55のコメントに対する僕の返信から。。。


愚か者!URLとハンドル名を書け! (デンマン)

2005-12-23 07:04:22

オマエはどうしてそのような愚かな事を言ってんの!
まずオマエのハンドル名を明確に書くこと!
それから、オマエのURLをしっかりと書くこと!

小学校4年生でもしっかりとURLを書いてコメントを付けてくれましたよ!

オマエには小学校4年生でも出来る事が出来ないんだよね。
恥ずかしいと思いな!
オマエはいつになっても変わらず馬鹿だね。

オマエはいい年しているんだよ!
恥ずかしくないのか?
小学校の全過程をやり直しな!
いいね。

ここは世界のネットの一部なんだよ!
オマエのように世界のネチケットも知らず、島国根性に凝り固まった井の中の蛙がガタガタ言うんじゃないんだよ!

成りすまし犯罪者!
オマエがまず真人間になることだよ!
愚か者!

何度言えば分かるの!
もう一度改心して味噌汁で顔を洗って出直しな!
いいね。

[PR]
by denman705 | 2005-12-28 09:58 | ネット犯罪・ネット社会



愚か者!まず指摘箇所を直せ! (ウンコマン)

http://blog.goo.ne.jp/denman/e/unkoman.com


注釈: DEMPA55は“ウンコマン”というハンドル名を使っていますが、
     URLは“成りすまし犯罪者”にもどって僕のURLを使っています。
     無意識のうちに、このような犯罪を犯すんですよね。
     2ちゃんねるで“生まれ育つ”と、このようなことを平気でやるようになります。
    
     しかも、この書き方が2ちゃんねるで習え覚えた
     “オウム返しの術”を使っています。
     自分の言葉で書けないDMPA55の文章の癖が丸出しになっています。
     これまでに、このような書き方を無意識のうちに何度と無くやっています。
     だから、DEMPA55だとすぐに分かってしまうんですよ!

     “馬鹿は死ななきゃ治らない”

     この格言はDEMPA55のためにあるようなものですよ!(爆笑)

     【発言者: デンマン】


2005-12-23 10:39:08

オマエはどうしてそのような愚かな事を言ってんの!
まずオマエの記事を修正すること!
それから、二度とアフィリエイトなんて下種なこと考えないこと!

小学校4年生でもやってはいけないことぐらいわかってくれましたよ!

オマエには小学校4年生でも出来る事が出来ないんだよね。
恥ずかしいと思いな!
オマエはいつになっても変わらず馬鹿だね。

オマエはいい年しているんだよ!
恥ずかしくないのか?
小学校の全過程をやり直しな!
いいね。

ここは世界のネットの一部なんだよ!
オマエのように世界のネチケットも知らず、島国根性に凝り固まった井の中の蛙がガタガタ言うんじゃないんだよ!

ジュンコに成りすます犯罪者!
オマエがまず真人間になることだよ!
愚か者!

何度言えば分かるの!
もう一度改心して味噌汁で顔を洗って出直しな!
いいね。



精神年齢が12歳のウンコマンことDEMPA55 (デンマン)

2005-12-24 08:32:40

DEMPA55よ!オマエはどうしてそれ程ウンコが好きなの?バカじゃなかろかあああああ?

以前、オマエはFeces of Goldと名乗っていたね。
オマエはどうしてそれ程の愚か者なの?
愚かなDEMPA55よ!
お前だということが分かっているんだよ!
バカだねぇ、オマエわああああ。。。。

オマエは自分の言葉で文章が書けないんだね?
2ちゃんえるで生まれて育つとオマエのような愚か者が誕生するんですよ!
全く僕の文章のマネをしているんだよ!
バカだねええぇえぇ!

オマエはどうして“病める日本のバカ”の見本を見せたがるの?
どうしてDEMPA55と言う愚か者をそれ程世界のネットに宣伝したいの?
また、GOOGLEとYAHOOに愚か者のDEMPA55の記事が登録されますよ!
へへへへ。。。。
また、オマエは悪名高くなりますよ!ゥヒヒヒヒ。。。。

オマエのIPはすべて記録されているんだよ!
オマエの学歴から職歴から病歴から、犯罪歴まで、。。。すべて分かっているんだよ!
愚かな成りすまし犯罪者よ!
オマエは本当に愚か者だね。

何をしても愚劣なDEMPA55だと言う事がすっかり筒抜けなんだよ!
オマエはバカだねえぇえぇ~~~

どうしてオマエは改心して真人間にならないの?

かつて僕の暖かい忠告に耳を傾けて、

“おかげさまでデンマンさんの温かいお言葉に感動して改心いたしました
 これからは真人間になりたいと思います。”

          
オマエは“しおらしい乙女のような言葉遣い”でこう言って一度は改心したんだよ!
へへへへ。。。。

ところが、変態嗜好者のオマエは“ウンコマン”と名乗って、よせばいいのに、またDEMPA55の愚かさを世界のネット市民の皆様の前にこうしてお見せしているんだよ!
愚か者!
へへへへ。。。
オマエは処置なしの馬鹿者だねえぇえぇ~~~

世界のネット市民の皆様もオマエのような愚か者を見て呆れていますよ!

オマエは底抜けのバカだね。
際限無しの愚か者だね。
底抜けのウツケ者だね。

オマエは結局犬死するために生まれてきたの?
役立たずの虫けらより愚劣な人間のクズとして生まれてきたのか?

そろそろ、また、真人間になることを考えても良い頃じゃないの?
愚か者のDEMPA55よ!
悪い事は言わない。まともな人間らしい人生を歩み始めた方がいいよ!

今のままじゃあ、オマエは一生人間のクズで終わってしまうよ!

僕はオマエのためを思って言っているのだからね。
オマエのように悪意じゃないんですよ。
善意を込めてオマエに忠告してあげるからね。
いいね。
真人間になるんだよ。
分かった?

ああ、そうかい。
おりこうだね。
もう一度小学校からやり直した方がいいね。

じゃあ、小学校1年生のDEMPA55君よ!
君が小学校卒業したらまた会おうね。

それまでさようならああアアア~♪~♪~!!!


DEMPA55に関すること、

このネットストーカーの“言いがかり”については、

僕がよく分かりやすいように、すでに次の記事に書きましたので

クリックして読んでみてください。

『変態嗜好があるネットストーカーの愚劣な低脳ぶりを暴く!』



Unknown (えっけん)

2005-12-24 12:36:16

国際化されているデンマンさんは、なぜ日本のブログサービスばかり十数個も利用しているのですか?

そして何故、全部同じ内容なんですか?

ネットワークで繋がっている世界に、全く同じ物を投稿することに、どのような意味があるのですか?

小学2年生にもわかりやすく説明して下さい。



以下、重箱の隅をつつくだけなので無視して下さい。 (yama.R)

2005-12-24 17:48:09

1.「成りすまし犯罪者」について

Unknownさんは誰にも成りすましてない。名前書いてないだけ。
ところでこうやってすぐ反対意見に対して小学生だのなんだのレッテル貼りをして罵倒するような人に対してまともに話をしようと思って匿名でない名前で書ける人なんてそんなにいないと思うんだけどな。
それと、URLを書けというのに他の人のブログを読まないというのは良くないと思いました

2.「精神年齢が12歳のウンコマンことDEMPA55」「小学校1年生のDEMPA55君」について

精神年齢12歳で小学1年生ってすごいね(とはてなブックマークで言われてた)

3.「オマエのIPはすべて記録されているんだよ!オマエの学歴から職歴から病歴から、犯罪暦まで、。。。すべて分かっているんだよ!」について

IPだけで学歴とか職歴がわかるって凄い技術ですね。
どういうメカニズムで調べるのか知りたいくらいです。

この前僕のことを技術者だの何だの言ってましたけどあれって僕がただの高校生だって知ってて言ったんですよね、IPでわかるんだから。
すごいなあ。本当に病歴までわかるのかコメント付けた人全員についてこれまでにどんな病気になったか実際に教えて欲しいです。
あ、それなりに重要な個人情報っぽいので僕のだけでも結構です。



ちなみに (えっけん)

2005-12-24 18:18:50

gooブログではユーザーがIPを取得する事はできませんので、念のため。



Unknown (yama.R)

2005-12-24 19:17:17

> gooブログではユーザーがIPを取得する事はできませんので、念のため。

ウンコマンがDEMPA55と同一人物だとIP抜きで判断できたデンマンさんの技術は恐ろしいと思った。
あるいはgooで取得できないIPをどうにかしてデンマンさんは取得してるらしい!
「オマエのIPはすべて記録されているんだよ!」という発言を見るとそう判断していいですよね?

きっとこの技術を利用してWeb関連のプログラマになれば凄い儲けられますよ!
とりあえず僕の病歴が本当にわかるのか知りたいのでIPをデンマンさんに教える方法を教えて下さい。
So-Netの書き込みからはIPわかるんですか?あるいはもう僕のIPは漏れてるんですか?


すべてのコメントに、ここで答えるつもりはありません。
IPに関することについて書いてみようと思います。
その前にIPとは何か?について説明する必要があるでしょうね。

IPとはInternet Protocolの頭文字をとったものです。
簡単に分かりやすく言えば、“インターネットで通信を行うための取り決め、あるいは約束事”のことです。

IPアドレスとはインターネットに接続されたコンピュータを1台ごとに識別するための番号です。
具体的には、IPアドレスは32bitの整数値で表現されています。
人に読みやすくするため、通常はこれを8bit(1byte)ずつ先頭から区切って、次のように表します。

123.45.78.220
110.110.67.210
65.101.111.201

0から255までの10進数の数字を4つ並べて表記しています。

インターネットに接続する時、ドメイン名でやりとりするのが一般的ですが、
この数字をドメイン名の代わりに打ち込めば、リクエストしたWebサーバーを呼び出すこともできます。

http://123.45.78.220

IPアドレスが分かれば、このようにしてアクセスする事が出来ます。

つまり、コンピュータ同士はこの数字でやり取りしています。
その情報はプロバイダー側にログとして、誰に対してどのようなIPアドレスを与えたかが、その接続時間とともに記録される仕組みになっています。

“匿名書き込み”が問題になっている2ちゃんねるの場合、ログの履歴を保存していないため完全匿名性が保証された掲示板だったのです。
しかし、裁判での敗訴を受けてIPアドレスのアクセス履歴を保存するようにシステムが変更されました。
そういうわけで、明らかに犯罪行為とみなされる書き込みは2ちゃんねる側で警察に通報をするようになっています。

当然の事ですが、IPアドレスというのは数字だけです。
だから、IPアドレスには学歴、職歴、病歴、犯罪暦は含まれて居ません。
そういうわけで、IPアドレスが分かっただけでは学歴、職歴、病歴、犯罪暦は分かりません。

では、なぜ分かるのか?
実は、あなたが今使っているコンピューターのIPアドレスは現時点で全世界に1つしかない数字の組み合わせなんです。
だから、IPアドレスによってあなたのコンピューターを特定することができます。

しかし、それを特定するためには、あなたのプロバイダーの協力が必要なのです。
あなたが犯罪を犯さない限り、あなたのプロバイダーはあなたの個人情報を警察に与える必要はありません。
個人情報保護のためです。

では、どうして個人情報が分かるのか?
それは上の記事で紹介したハッカーが居るからです。
ハッカーはどのようなハードディスク上の機密ファイルの中にも侵入します。
だから、プロバイダーに保管されたあなたの個人情報ファイルにもアクセスします。
またそれをするのがハッカーです。

でも、ハッキングをしなくても、つまり犯罪を犯さなくても、そのような情報を得る事は出来ます。
たとえば、DEMPA55が書き込みをした時点でIPアドレスを残してゆきます。
成りすまし犯罪を犯した時点で、IPアドレスと共に消す事の出来ない証拠を残してゆくのです。
つまりDEMPA55の犯罪歴は、僕のコンピューター上でそのような形で蓄積されてゆきます。

WABLOGやFC2などのブログにはIPアドレスを記録する機能が付いています。

えっけん君が

“gooブログではユーザーがIPを取得する事はできませんので、念のため。”

と書いていますが、必ずしもそうは言いきれないのですね。
たとえば、FC2のブログにはアクセス解析のコードをユーザーが組み込めるようになっている。
当然の事ですが、そのようなコードをブログに組み込めばコメントを書かない場合でも記事を読んだほとんどすべての人のIPアドレスが記録されます。
実際、僕はそれを利用しています。

そうなっていないブログでも、記事の中に“code snippet”を潜(もぐ)り込ませると同様のことが出来ます。
そのようにする事を禁止しているブログ・プロバイダーもありますから注意する必要がありますが。。。

いづれにしても、ハッキングから比べればIPアドレスを取得する事はたやすい事です。
名刺をもらう事とさして変わりの無い事です。
もちろん犯罪にはなりません。
尋ねてきた人の顔を覗き窓から見て確かめてみるだけの話しですから。。。。
IP関連の質問はこれで答えることが出来たと思っています。。。。
詳しい個人情報はここに書き出すわけにはゆきません。
個人情報保護のためです。

ところで、えっけん君の最初の質問の答えは、あさってにも記事を書いて
その中で返信したいと思います。
では、楽しみにして待っていてください。

じゃあ、今日も楽しくネットサーフィンしましょうね。


[PR]
by denman705 | 2005-12-28 09:55 | ネット犯罪・ネット社会

レンゲさんのクリスマスは

どうでしたか?

 



レンゲさん、どうでしたか?

どうでしたかって。。。?

もちろんクリスマスですよ。

でも、どうして紅葉を背景にして撮ったあたしの写真など貼り付けたのですか?

レンゲさんがバンクーバーでなく日本に居る事を知ってもらうためですよ。クリスマスカードに写っているレンゲさんは実はウィスラーマウンテンをバックにしているんですよ。ここで2010年に冬季オリンピックが開かれます。



そうなんですの? あたし知りませんでしたわ。

ところで、このクリスマスカードの出来はどう思います?

あたしの足元のあたりが危なそうですよ。なんだか谷底へ滑ってしまいそうですわ。

仕方ありませんよ。合成写真ですからね。

それでカードが載っている記事を読んだ人の反応はどうでしたか?

大きな反響は無かったですよ。でも、Realogに書いた記事にネコスケさんから次のようなコメントをもらいました。



メリークリスマス(^_-)☆彡

デンマンさんに祝福を(*^_^*)

by ネコスケ  12/25 11:13

『Realogでの25日の記事』より


ネコスケさんは日本時間でクリスマスの午前11時に書いてくれたんですね。僕は翌日に返信を書きました。日本時間で26日はバンクーバーでは25日、つまりクリスマスです。



ありがとね。

目から涙が噴出して、
     
ボク、メチャメチャに悦んでいますよゥ~!

バンクーバー時間で、現在25日の午後2時40分です。
そうで~♪~す。
クリスマスの真っ最中なんですよゥ!

ネコスケさんも寒い日本の師走を乗り越えて
メチャすっご~い新年を迎えてくださいね。
じゃあね。
また、気が向いたらコメント書いてね。

by デンマン  12/26 7:45


でも、デンマンさん、ちょっとオーバーじゃありませんか? “目から涙が噴出して、ボク、メチャメチャに悦んでいますよゥ~!” こういうのって、ちょっとわざとらしいですわァ~。

日本では受けませんか?

しらけますわァ~

そうですかァ~。カナダではこのくらいの事を言わないと受けませんよ。

それで、コメントは一つだけだったのですか?

Mikiさんから次のようなコメントをもらいましたよ。



不死身のdenmanさん!メリークリスマス!
カナダはホワイトクリスマスでしょうか?
素敵なクリスマスPARTYの最中でしょうか?



我が家は今息子がチキンを焼いています。
チキンを焼きながら
「denmanさんって、本当に女性を愛しているんだね!」
「いやらしい部分を時々見せるけど、本当の意味で女性を愛しているから、女性に対して厳しく怒ったりするんだよ!」
「嫌いだったら、しらんぷりするはずだもんね!」
と話していました。

一年前、denmanさんのHPをみてから、
いろいろ勉強させていただきました。
ありがとうございました。

私もパワフルmikiを目指します。
もうそれ以上はヤメテー!(息子が叫んでおります)

また書き込みさせてください!

by miki 2005年12月25日 20:39

『WABLOGでの25日の記事』より


Mikiさんは午後8時に書いてくれたんですね。夕食の時と言うか、ホームパーティーの時だったんでしょうね。




> 不死身のdenmanさん!メリークリスマス!

ありがとう。Mikiさんも息子さんとすばらしいクリスマスを過ごしているようで僕までがうれしくなりますよ!



> カナダはホワイトクリスマスでしょうか?

残念ながらホワイトクリスマスではありません。
僕の記憶する限り、ホワイトクリスマスであったためしがありません。

これを書いている時間は実はバンクーバーでは25日の午後1時35分です。
そうです!クリスマスなんですよ。(日本時間では26日の午前6時35分)
現在、空は雲にどんよりと覆われたいます。
それでも、わずかに雲の間からお日様の光が暖かく降り注いでいますよ。
気温は12度と低めです。
しかし、日本と違って光熱費が馬鹿安いですから、全マンション完全暖房です。
家の中にいる限り短パンとT-シャツですよ。
やはり生活の豊かさを感じます。
日本では、こんな事は出来ませんよね。

> 素敵なクリスマスPARTYの最中でしょうか?


そうです。今、ジューンさんも横でこの画面を見つめながらニヤニヤしていますよ。

> 我が家は今息子がチキンを焼いています。
> チキンを焼きながら「denmanさんって、
> 本当に女性を愛しているんだね!」


ジューンさんもこれを読みながらうなづいています。

> 「いやらしい部分を時々見せるけど、
> 本当の意味で女性を愛しているから、
> 女性に対して厳しく怒ったりするんだよ!」
> 「嫌いだったら、しらんぷりするはずだもんね!」と
> 話していました。


ジューンさんもうなづいていますよ!
(でしょう、ジューンさん?)
ノーコメントで~♪~す。

> 一年前、denmanさんのHPをみてから、
> いろいろ勉強させていただきました。
> ありがとうございました。


こちらこそ!
1年前は僕は四面楚歌でしたからね。
Mikiさん以上に強力な味方は少なかったですよ。
そういうわけで僕はMikiさんに感謝しています。

“捨てる神ありゃ拾う神あり”ですよね。

> 私もパワフルmikiを目指します。

そうですよ!ぜひそうなるように頑張ってください。
でも、半分以上そうなっていますよ。へへへ。。。

> もうそれ以上はヤメテー!
> (息子が叫んでおります)


そうですか。。。
じゃあ、メチャすばらしい正月を迎えるために風など引かないように元気に寒い日本の師走を乗り越えてくださいね。

> また書き込みさせてください!

どうぞどうぞ。。。
Mikiさんのコメントはいつでも大歓迎です。

Have a prosperous happy New Year!!!!

by バークレー(デンマン) 2005年12月26日 06:56

『WABLOGでの25日の記事』より


デンマンさんは、ネットでも現実社会でも充実したクリスマスを過ごされたようですわねぇ~

そうですよ。だれでも楽しい思い出に残るようなクリスマスを演出する事が出来るんですよォ。

あたしにはできしませんわあああ~~

レンゲさんが、そう思い込んでいるだけですよ。

いいえ、あたしにはできません。。。。あたしには、どこか暗い影が付いて回っているんです。

レンゲさん、そのように思い込んでしまうことが、まずいけない事ですよ。確かにレンゲさんにはそのように思い込んでしまうところがあるんですよ。

分かりますかアアア?

なぜなら、そのような事を書いていたんですよ。次の手記に良く現れていますよ。
[PR]
by denman705 | 2005-12-27 08:43 | 女性の健康管理・悩み





もっともっとしんどい人

   いっぱいいるよね?

   2004 12/27 12:37 編集

無職。
ひとり暮らし。
ダークだから昔の友達に無視される。

親と5年ほど会ってない。
話もしてない。

身体がちょっとだけ不自由になる時がある。
(自分でコントロールできなくなる)

ぐず。
整理整頓が大苦手。
なんにも意欲がわかない。
世の中めんどくさすぎて、しんどい。

もう一度卵巣の中に戻してください。

by RENGE

『立ち上がろうと努力しているのが良く分かりますよ!』より


分かるでしょう、れんげさん。。。。あなたは、こうして自分で決め付けているんですよ。あなたにはむしろ天真爛漫・天衣無縫なところがある。僕にはその印象の方が強いんですよ。

そうなんですの?

僕は何度もあなたにそう言っているでしょう?

そうでしたかァ~?

また、そうやって、とぼけるのですかァ~?

だっててえぇ~~~

だってもトッテもありませんよ!次の投稿を見るとあなたの天真爛漫なところが良く現れていますよ。



たまにはねっ♪

レンゲ@二度寝起きです。

ずっとビーバーちゃんばかりにカキコしているので、

たまには、こちらのほうにもおじゃましようと思いました。

初めてこちらのページの画像を見た時には、

「びっぐいんぱくと!!」でした。

今はもう、わたしの中で定番になってますよ。

ビーバーちゃんで、ずいぶん鍛えられましたからね☆

では、わたしは今から入浴いたします。




レンゲさんの入浴シーンが目に浮かびます。ちょっと悩殺的ですね。

あたし、このようなことを書きましたかあああ?

また忘れてしまっているんですねぇ~? とにかくレンゲさんも頑張っていた頃があったんですよぉ~。

   

    8月26日         8月29日

どうですか、レンゲさん? 『秘密の扉文学館』の館長さんとして、こんなにも元気で張り切っていたことがあるんですよ!覚えているでしょう?

ええ、もう5年も前のような気がしますわァ~。

レンゲさんの掲示板のHITが10000に達したように、レンゲさんだってやる気になれば出来るんですよ。それを、貴重な時間とエネルギーを、レンゲさんを殺しかねない男のために浪費する!そんな馬鹿馬鹿しい考えは誰が聞いても納得しませんよぉ!

『あなただってメチャ頑張っていた事があったんですよ』より


このように天真爛漫に頑張っていた頃があるんですよ!

なんだか大昔のような気がします。

レンゲさんはすぐに忘れてしまうんですよね。あなたのために、もう一度あの表を持ち出さなければなりませんよ!


<< 境界性人格障害の判断基準 >>

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。


この表のどれに当たるというのですの?

もちろん下から4番目ですよ。


■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。


あなたはねぇ~、レンゲさん、自分自身に対するイメージが実に不安定なんですよォ。僕から見ると、あなたは悪い方向に自分のイメージを変えてしまうような傾向がありますよ。恐らく、ここにもお母さんに“見捨てられた”というトラウマが作用しているんでしょうね。

そうでしょうか?

たまには僕の言う事をじっくりと受け止めて、考え方を変えたらどうですか?あなたはすばらしい人なんですよ。

そう言ってくださるのは、あたしのドクターとデンマンさんだけです。

だから、あなたのドクターと僕を信じて、もう少し自分に自信を持ったらどうですか?

でも、あたしのクリスマスは寂しいものでした。

ほらほらァ~~、また、そこにも自分を悲劇のヒロインにしてしまうような悲しいあなたの見方があるんですよ。

でも、本当にあたしのクリスマスは一人っきりで寂しかったんですねん。

直美はそうは言ってませんでしたよ。あなたは、パーティーでずいぶんと楽しんでいたと言ってましたよ。

奥様の見方はあたしの内面をご覧になっていないからです。

分かりましたよ。今日は、もうこの記事は長くなりすぎたから、次はそのことについて話しましょうね。今回もレンゲさんはフラダンスもサモアのダンスも踊る雰囲気に無さそうなので、どうしても、レンゲさんのダンスを見たい人は次のリンクをクリックして見てくださいね。
『サモアのダンス見てみます?』
サモアのダンスミュージックも聴くことが出来ますよ。






僕が噛み付いたコメントを読みたい人は次のリンクをクリックしてください。

■  『バークレーさんが噛み付いたコメントの数々!』

僕を励ましてくれたコメントは次のリンクをクリックして読んで下さい。

■  『☆ バークレーさんを励ますコメントの数々 ☆』



レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』

バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
[PR]
by denman705 | 2005-12-27 08:41 | 美容・健康