デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

<   2006年 07月 ( 89 )   > この月の画像一覧





ロマンいっぱいのリヴリーの世界




卑弥子でござ~♪~ますわよ。

また出てきてしまいましたわぁ~

ええっ?どうしてかって。。。?

あなたにお会いしたいからで

ござ~♪~ますわよゥ。

おほほほほほ。。。

ええっ?

どうしてリヴリーの世界に

出てきたのかって?

だって、あたしもリヴリーの世界で

知られるようになったので

ござ~♪~ますのよ

あたくし、とっても

うれしゅうござ~♪~ますわあああ~

おほほほほ。。。

あなたもご覧になったでしょう?

ええっ? まだ見たことないの?

ダメよ! それじゃああああ。。。んも~~

じゃあね、もう一度ここに書きますわね。


デンマンさんが飼っているボヴァリーちゃんというペットが居るんでござ~♪~ますのよ。



まだ知らない人は次のリンクをクリックすると見ることができますわ。

『リヴリーのボヴァリーちゃんのお部屋はこちらです。どうぞご自由にお入りくださいね』

デンマンさんはレンゲさんのことばっかり書いているでしょう。。。

あたくしの事などめったに書いてくださらないのですわよ。んも~~

バンクーバーに行きたいと言っているのに、

忙しいから駄目だあああ~~駄目だあああ~~、っつうんですのよ。

あたくしは、だから、ひがんでいたのでござ~♪~ますのよ。

どうして、レンゲさんだけ特別扱いするのって。。。?

そうしたらね、デンマンさんが良いものを見せてあげるから、

ボヴァリーちゃんの掲示板を覗いてご覧よ!と言ってくださったんで

ござ~♪~ますわよ。うししししし。。。。

そうしたら、次のようなカキコがあったのでござ~♪~ますわ。




名前: もしかして稲 [ChaseTheDevil]

2006/07/13 14:47

こんにちはー。
デンマンさんのブログ、
月ごろからほぼ毎日拝見しています。
過去の記事で
リヴリー(ボヴァリー)がいることは読んでいたのですけれど、
まだ飼っていらしたんですね。

私はお友達から誘われて
始めたんですのよ〜(卑弥呼さん風)またお訪ねします、
では。




あたくしのことが書いてあるんでござ~♪~ますのよ!うれしいいいい!!
レンゲさんではなくて、あたくしのことが書いてあるんですのよ!

あたくし、飛び上がるほどうれしいのですわ。
でも、飛び上がるなんて月並みですわよね。

だから、この際、十二単(じゅうにひとえ)なんて、かなぐり捨てて
フラダンスを踊ってしまいますわああああ。

ウララ~~ウララア~~ルンルンル~♪~ン。。。アラぁ~、エッサッサアアア~♪~

ウララ~~ウララア~~ルンルンル~♪~ン。。。

もう一つおまけに、アラぁ~、エッサッサアアア~♪~



うふふふふふ。。。。

愚かなところをお目にかけてしまいましたわぁ~

大和撫子としたことがお恥ずかしいィ~

おほほほほ。。。。


でも、あたくしの名前は正確に書くと卑弥呼ではありませんことよ。卑弥子なんですのよ。これからは、しっかりと覚えておいてくださいましね。おほほほほ。。。

卑弥子さん。。。、

あららあああああ。。。。デンマンさんではありませんかあああ?

そうですよ。たまには、レンゲさんではなくて、卑弥子さんとも話がしたいと思ってね。うへへへへ。。。



あたしが、ひがんでいると書いていたので、それでデンマンさんが気を使って出てこられたのですわねぇ?
 
まああ。。。堅苦しい事は抜きにして、卑弥子さんと面白い話でもしましょうね。

うれしいですわあああぁ~。。。デンマンさんとこうして対談できるなんてええええ。。。夢のようですわあああ。。。それで、どのようなお話をしてくれるのでござ~♪~ますかぁ?

ちょっと舞台裏の話でも。。。

そうですの?ぜひお聞きしたいですわぁ~。

実は、卑弥子さんが登場した7月20日の記事(『バラ色の個人投資』)を“もしかして”さんが読んでいたんですよ。

そうなんですの?

その記事を読んで“もしかして”さんがね、ボヴァリー島の掲示板に次のようなカキコを残してくれたんですよ。


名前: もしかして稲 [ChaseTheDevil]

2006/07/23 05:10



おはようございます。
私の島へお越しくださったのですね、
ありがとうございます。

20日の記事中に2001の姿を発見できました。
しかも、卑弥子さん直々におでましだったので大変恐縮しました。

それでは、一読者へと戻ります。
また遊びに参りますね。

『ボヴァリー島』の掲示板より
(すぐ上のリンクをクリックすると、このページのボヴァリーちゃんの絵と同じような島が現れます。掲示板は左下の立て看板をクリックすると見れます。)


それで、デンマンさんは“もしかして”さんの島の掲示板にどのようなカキコをなさったのでござ~♪~ますかぁ?

僕は次のような事を書いたんですよ。


名前: denman [ボヴァリー島]

2006/07/20 05:15

13日のカキコ見てやって来ましたよ。
まさか、ボヴァリーちゃんの掲示板に、もしかしてチャンから僕のブログを見ている、
なんてカキコがあるなんて思ってもみませんでしたよ!

そうですか。。。毎日見てくれていますか。。。そういう事を聞くと、ほんとうに励みになりますよ。
これからも毎日更新しますからね、気が向いたら毎日でも読みに来てくださいね。

もしかしてチャンがカキコしてくれたので近いうちにこの事も記事に書きたいと思っていますよ。
楽しみにしていてくださいね。
できれば1週間以内に書きたいと思いますよ。
では、この続きは記事の中で読んでね。

卑弥子(卑弥呼ではありませんよ。うししししし。。。)さんもお待ちしていますからね。
じゃあね。バ〜♪〜イ



『ChaseTheDevil島』の掲示板より


デンマンさんが、あたくしの名前を訂正してくださったのですわねぇ~。。。ありがとうございます。それで、何か面白い事でもあったのでござ~♪~ますか?

そうなんですよ。昨日の朝、僕が起きて、おもむろにボヴァリーちゃんにエサをやろうとしていたら、“もしかして”さんがやって来たんですよ。驚きましたよ。でも、うれしかったです。次のような会話をしました。




ん?あなたは誰ですか?

“もしかして”です。こんばんわ。

おおおお。。。これから、訪ねようとしていたところですよ。

そうなんですか?

ところで、バンクーバーは午前9時50分ですよ。

おはようございます。

あなたは夜型だね。日本は午前1時50分ですよ。

そうです。わたし夜型なんです。

仕事何してんの?もしかして小学生?

コンピューターの部品を納品しています。

そうなんだ。

エンジニアです。

僕もエンジニアでしたよ。

そうですか?わたし、これが初めてのチャットです。

僕はナオちゃんとチャットしたのが日本のサイトでは初めてでしたよ。

そうですか。。。

“もしかして”さんとは日本で2度目ですよ。うへへへへ。。。。

朝、お忙しいのにすみません。

また、話しましょうね。

そうですね。では。。。

じゃあね。バイバ~♪~イ



[PR]
by denman705 | 2006-07-27 10:58 | 娯楽・ゲーム・趣味


こんな感じの会話でしたよ。僕は忘れないように、この後すぐに自分の掲示板に次のようなメモを書きました。


名前: denman [ボヴァリー島]

2006/07/26 02:04

まさか“もしかして”さんとチャットができるとは夢にも思いませんでしたよ。
僕はナオちゃんとチャットしたのが日本のサイトでは初めてでした。

近いうち、この事で記事が書けそうですよ。
リヴリーの世界にはロマンがあるので好きなんですよ。
もちろん、ハマるほど夢中にはなれませんが。。。うへへへへ。。。

リヴリーのことで記事を書くときは、いつもネタがなくなったときだけですよ。
でも、今回はチャットの事で面白い記事が書けそうです。
また、気が向いたらカキコしてね。




デンマンさんも、けっこうハマッテいるのではありませんかぁ~?

それほどでもないですよ。

デンマンさんは“リヴリーの世界にはロマンがある”と書いていますけれど、具体的にはどのような事ですか?

リヴリーを飼っている人はたくさん居るのだけれど、ユニークな人が多いですよ。

どういう風にユニークなのでござ~♪~ますかぁ~?

例えば、島の名前や、飼い主の名前、リヴリーの名前、それに島の紹介文。。。大して読むところは無いのだけれど、そういう短い文の中に、夢が込められていたり、面白い発想が見えたり、その人の性格や創造性や知性が垣間見えるんですよ。それが、面白いと言うか。。。ブログに記事を書いていて、疲れたときなどに、ちょっとボヴァリーちゃんを散歩させるために、ランダムに島を訪ねるんですよね。。。

ペットを散歩させるのですか?

そうなんですよ。散歩させないとね、ストレスがたまって、家出してしまうようになっているんですよ。

ボヴァリーちゃんが家出した事って、あるのでござ~♪~ますかぁ~?

そうなんですよ。これまでに3度家出しましたよ。僕も忙しいときがあるからね、そうたびたび、かまってやれないんですよ。

家出すると、どうなってしまうのですか?

呼び戻しボタンがあるんだよ。それをクリックすると戻ってきますよ。うへへへ。。。

話を戻しますけれど、ランダムに島を訪ねるって。。。?

ランダムに島を訪ねることができるボタンがあってね、それをクリックすると、いろいろな島を訪ねる事ができるんですよ。そうやって、島を訪ねてゆくんだけれど、今言ったように、島の名前とか、紹介文。。。そういったものを眺めていると、なんと言うか。。。一息つきながら、ユニークで面白い短い文章を読めるんですよね。。。なんとなく癒されると言うかぁ。。。そういうところに、夢。。ロマン。。。空想。。。意外な発想。。。そんなものを感じて。。。楽しいですよ。

それをデンマンさんはロマンと呼ぶわけでござ~♪~ますのォ~?

そうですよ。冒険や恋愛ほど大げさじゃないけれど、なんとなく夢で遊ぶようなオツムのオアシスを感じますよ。ちょっとした息抜きになりますよ。オツムが充電されます。

それで、話は変わりますけれど、この記事を書くことになって、“もしかして”さんにも連絡したのですか?

そうですよ。さっき“もしかして”さんの島に行って次のカキコを書いてきましたよ。


名前: denman [ボヴァリー島]

2006/07/27 03:27

もしかしてチャン元気ですかぁ〜?
元気だよね。

今日、もしかしてチャン、ボヴァリーちゃん、卑弥子さんの記事を書くので、
この島のURLを書く都合があるからやってきました。
(URLをコピぺしましたよ!)

また、島が変わったね?
かなりハマッテますね?うひひひひひ。。。。
雨が降っているのがなかなかイイですよ。
情緒がありますねぇ。

日本では27日の午前3時半だけれど、
バンクーバーはまだ26日の午前11時半ですよ。
じゃあ、この続きは27日のブログを読んでね。
バイバ〜♪〜イ!



『ChaseTheDevil島』の掲示板より


島が変わったって、どう言う事ですか?

島をいくつか所有する事ができるんですよ。僕は、面倒だから1つしかもっていませんが、ハマッテいる人は島をいくつか持って、気分によって変えているようです。“もしかして”さんの現在の島は次のようなものです。



“もしかして”さんのこの島には雨が降っているのですか?

雨が降っている、と言うほどではないのだけれど、ポツリポツリと雨が降り始めているような情景を見ることができますよ。動画です。

“もしかして”さんのペットはパンダですか?

パンダに似ているけれど、これはリヴリーの世界では“クンパ”と呼ばれている種類ですよ。

デンマンさんのボヴァリーちゃんは何と言う種類なのですか?

パキケという種類なんですよ。卑弥子さんも始めたらどうですか?

あたくしは、デンマンさんのブログに出させてもらっているだけで精一杯ですわ。とてもネットでペットを飼っている暇などありませんでござ~♪~ますわ。

そんなことはないでしょう?僕はブログの記事を書きながらでも飼っているんだから。。。

デンマンさんは現代人だからできるのですわぁ~。あたくしは平安時代に生まれ育った大和撫子なんですもの、現在の早いテンポにはとってもついては行けませんでござ~♪~ますわ。

そうですか、それは残念ですね。

ところで、デンマンさん。。。、あのォ~。。。あたくし。。。あたくし、今年の夏休みにはバンクーバーへ行きたいと思うのですが、デンマンさんのところでご厄介になってもよろしいでしょうか?

えええええええ~~~~~ 卑弥子さんもバンクーバーへやって来たいのおおおおお?

いけませんかぁ~?

いや、その。。。なんと言うかぁ~

平安時代に生まれ育ったテンポののろいあたくしを、もしかして、デンマンさんは差別しているのではござ~♪~ませんかあぁ~?

いえ、いえ。。。けっして卑弥子さんを差別しているなどと。。。

では、あたくしもバンクーバーへ行ってよろしいのでござ~♪~ますわねぇ?

ちょっと。。。ちょっと。。。それわああああ。。。

いけないのですかぁ~?

レンゲさんだけでも大変なんですよ。

つまり、なんですのォ~。。。?レンゲさんは、バンクーバーへ行けるけれど、あたくしはダメなんですのォ~?

いや、そういうわけじゃないけれど、レンゲさんがやって来て、さらに卑弥子さんがやって来たら、大変な事になってしまいますよゥ。

大変だなんてぇ、んも~~。。。大げさな事をおっしゃらないでくださいましなぁ~~

大げさではありませんよ。。。それに。。。その。。。十二単(じゅうにひとえ)ねぇ~~

このおキモノがどうしたと言うのでござ~♪~ましょうか?

ちょっと、それヤバイと思うよ。

えっ。。。ん?。。。ヤバイ ???

そうですよ。そんなものを着ていたんじゃ飛行機に乗れないでしょう?

だからあああ。。。あたくし、変身するのでござ~♪~ますよ。 タラ~~



これで、どうでござ~♪~ましょうかぁ?

卑弥子さん。。。あなたねぇ~。。。あなたは、マジですかぁ~?

もちろんですわぁ。マジですわよゥ~。あたくし、この格好でバンクーバーでデンマンさんにお会いしたいのでござ~♪~ますわよ。これならばナウいですわよねぇ~?

でも、こうして毎日ウェブカムで会っていますよねぇ~。

デンマンさんは、レンゲさんにはバンクーバーで会うけれども、この卑弥子とは会いたくないのでござ~♪~ますかぁ~?

そういうわけではないですよ。もちろん会いたいですよ。

だったら、今年の夏休み、お会いしましょうよゥ~~

しかし、ボーイフレンドの平助さんはどうするのですかぁ~?

あの方はボーイフレンドでも何でもありませんわ。それに、変なものを食べて、もうお亡くなりになりましたわ。デンマンさんだって、あたくしのお話を読んだのでしょう?
『平助さんが卑弥子さんに恋をしたのがウンのつき』

もちろん読みましたよ。

あたくし、デンマンさんのことを長~♪~い間お慕い申し上げておりましたのでござ~♪~ますわあああ~。

ちょっとォ。。。急に、そんな事を言われても困りますよゥ。

あたくし、けっこう、ボインでしょう?うふふふふふ。。。

僕は別に、卑弥子さんがボインだとか、ボインでないとかを問題にしているのではないんですよ。

でも、レンゲさんだって気にしていたようでござ~♪~ますわよ。ジューンさんがとってもボインな方で、それで、レンゲさんもボインじゃないとデンマンさんに好かれないのではないかと心配していたのですわぁ~。



レンゲさんが、そう言ったのですか?

いいえ、あたくしはレンゲさんと直接お目にかかった事はないのでござ~♪~ますのよ。

どうして知っているのですか?

だって、レンゲさんとデンマンさんのことはブログで必ず読んでいますわ。

だったら、知っているでしょう?レンゲさんが夏休みにバンクーバーへやって来ようとしているんですよ。ところが、レンゲさんと清水君の問題だってまだ片付いていない。ゴタゴタ、ガタガタしているんですよ。こういう時に、レンゲさんばかりか、卑弥子さんまでがバンクーバーにやって来たら一体どうなるのか?。。。んも~~。。。考えただけでも恐ろしくなりますよゥ~!

つまり、デンマンさんは、あたくしのことをお嫌いなのですわねぇ?

違いますよォ~。違いますよゥ~。 

だったら、あたくしがバンクーバーに行く事を反対しませんわよね?

   

【ここだけの話ですけれどね。どうしてこのような事になってしまうのでしょうかね?僕は女性に持てるようなタイプではないんですよ。ただ考えられる事は、卑弥子さんがレンゲさんのことをじっくり読んでいて、夏休みにバンクーバーへやって来れば、退屈紛れになると考えているんでしょうね。つまり、野次馬根性なんだと思いますよ。あまり深く考えずに卑弥子さんと対談した事を僕は後悔していますよ。。。とにかく、卑弥子さんとの話も面白くなる事は間違いないようですよね。うへへへへ。。。。それを楽しみに、あなたもまた読みに来てくださいね。じゃあね。】



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、くどいようで

ござ~♪~ますけれど。。。

もう、愚かな真似は

いたしませんでござ~♪~ますよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

[PR]
by denman705 | 2006-07-27 10:57 | 娯楽・ゲーム・趣味



リゾートで働いてみませんか?



初めて軽井沢に行った時、町並みがやけにファンタジーで、
お伽っぽいというかメルヘンチックな感じでメチャ良かったんですね。
たくさんのお土産屋さんが軒を連ねていて、かわいい小物をたくさん売っていました。
何の目的もなく来た旅行だから、
ただ、なんとなく町を歩き、手持ち無沙汰に小物を見てまわったのでした。



でもやっぱり心のどこかで素敵な出会いを期待していたようでした。
女の一人旅なんて、ちょっと寂しいものですよね。
でも、恋の傷心を癒すためにも。。。と思って思い切って旅に出たのでした。

そういう私の目を引いたのが、
“嫌な事を変わってくれるお人形” というものでした。
ちっちゃな人形なんですよね。
なんだか人形とも呼び難いような。。。
小さな麻の袋に入ってるメキシコとかにありそうな
民族土産みたいなものでした。

なんとなく、その時の私の気持ちに通じるものがあったのでしょうね。
私はそのお人形さんを買う気になってしまったのでした。
私の傷ついた恋心を癒してくれそうな気がしたからです。

ペンションに帰り、オーナーさんに自慢気に見せました。
今思えば、現地に住んでる人達にとっては、
決して珍しくとも何ともなかったのかもしれません。

その次の夜、廊下に出た時、
「あの人形ね、身代わりになってくれるということは、いつかお墓に埋めるということ?」
「ええっ?」
私のお人形のことをどうして知っているのだろうか?
私はしみじみとその人を見つめました。
笑顔がとっても親しみやすい、やさしそうな男の人でした。

“これが出会いなのかしら?”私はまずそう思ったものです。
それにしても、どうしてお人形のことを知っているのかしら?

「夕べ、話しているのが聞こえたんですよ。面白い話だと思ってね」
「そうだったんですか?」
「身代わりね~。。。そういう気持ち、僕にも分かりますよ」
「あたし、やな事いっぱいあるから~」

それが高田さんと私の出会いになったのです。
高田さんは会社の上役と合わなくて会社を辞めてから、
憂さ晴らしに旅に出たと言いました。
なんとなく、心が晴れない者同志が同じペンションに同宿したというわけなのです。

「それで、次のお仕事は。。。?」
「僕はここが気に入りましたからね、ここで働くことにしましたよ」
「あたしも、そうしようかしら。。。?」
「マジですか? もし、そうなら僕が働いているところでどうですか?女性を募集していますよ」

不思議な出会い。。。そして不思議な縁。。。
私は高田さんと目下恋愛中です。
旅先の出会いも捨てたもんじゃないですよね。

あなたもリゾートで働いてみませんか?

リゾートホテル、旅館でのホール、フロント、調理、ベル、仲居、仲番など...
未経験者から経験者まで!
寮費・食費・光熱費無料!
シッカリ貯金も出来ちゃうんですよ。

3ヶ月以上、半年以上大歓迎!
期間も相談可能ですよ。

興味ありませんか?
もし関心があったら、次のリンクをクリックしてくださいね。

『楽しく、うれしく、豊かで、うるわしい人生を演出しませんか?あなたのための、めちゃグーなリゾートバイト』

何事も一歩を踏み出すことが大切みたいですね。
あなたも知っている通り、“万里の道も一歩から”ですからね。。。
じゃあ、頑張って、よりすばらしく楽しい人生を送ってくださいね。
応援していますね。

Good luck!

バ~♪~イ



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて

実にためになるリンク






■ 『クレジットカードを上手に使うためのあなたのガイド』



■ 『安心してお得なローンガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



■ 『あなたが楽しむための 娯楽 スポーツ レンタルDVD ガイド』



■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

ビックリしたでしょう?

あたくし変身したのでござ~♪~ますのよ。

あたくしだって自分の姿を見て

ビックリしたのでざ~♪~ますから。。。

ええっ、なんで変身したのかって?

だってね、

十二単(じゅうにひとえ)なんて

もうダサいでしょう?

リゾートホテルで働けませんものね?

あたくし、十和田湖のそばにあるホテルで

働くことにしたんですのよ。

ナウい男の人との出会いを

期待しているのでござ~♪~ますのよ。

これを読んでいる素敵な男性の方、

十和田湖までいらしてね?

おほほほほ。。。。

あたしって、けっこうボインでしょう?

平安時代にわね“鳩胸でっちり”と言ってね、

あたくしのような体型は

ダメだったのでござ~♪~ますのよ。

んも~~

長生きするものでござ~♪~ますわね。

おほほほほ。。。。

とにかくね、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

おもしろい記事がたくさん読めますよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

[PR]
by denman705 | 2006-07-27 10:55 | アルバイト探し




不倫しかできないの?
 






10年不倫




彼女たちはなぜ、“不倫しかできない女”に
なってしまったのだろうか?

幸せになりたい。
結婚もしたい。
でも、どうしても不倫がやめられない。。。

10年以上も家庭ある男と付き合い続けた結果、
果たして何がもたらされるのか?

出会い、交際方法から
別れまで赤裸々な告白の数々と自らの体験を下に、
彼女たちの性愛心理の根底に迫る衝撃のレポート!




『週刊朝日 2006.7.21』
91ページの「十年不倫」の広告より


デンマンさん。。。、これって。。。また、あたしに対する当てこすりですわね?

違いますよ。僕はレンゲさんに嫌味を言っているのではありませんよ。

でも、デンマンさんは“不倫”する人を嫌悪していますわ。

分かりますかぁ~?

そんなことぐらい、デンマンさんの記事を読んでいる人ならすぐに分かりますわ。

僕は“嫌悪している”と言うほど拒否反応を示しているわけではないですよ。ただね、不倫したって、どうにもならないのに、なぜ、どうにもならない事を、どうにかしようとして不倫するのか?。。。それが不思議ですよ。

不思議でも何でもありませんわ。

レンゲさんにとって不倫は不思議でもなんでもないのですか?

ごく自然な事だと思いますわ。

ん?自然なこと。。。?

そうですわ。愛しているから不倫するのですわ。

それは可笑しいですよ。愛しているから不倫する、と言うのは詭弁ですよ。言いすぎですよ。愛していても不倫しない女性の方が圧倒的に多いですよ。

どうしてそのような事が分かるのですか?

レンゲさん、わざと愚かな事を言わないでくださいよね。レンゲさんほど頭のイイ女の子が、常識でも分かりそうな事を理解していないようなふりをする。

あたしは、本当に自然な事だと思っています。

不倫する事は決して自然な事ではありませんよ。それが分からないのなら、今年結婚した人を調べてみてくださいよ。不倫してそのまま不倫相手と結婚した人が何人居るのか? お互いに独身で結婚した人の方が圧倒的に多いんですよ。なぜなら、その方が自然だからですよ。

あたしは、統計の事を言っているのではありませんわ。数の事を問題にしているのではありません。あたしにとって不倫は決して不自然ではないと言っているのですわ。愛する人と一緒になりたいと思う事は自然な事ですわ。

レンゲさんにとっては自然でも、社会的に見ればそれは不自然ですよ。結婚している男に独身女性が愛を感じて一緒に暮らそうとする。重婚が犯罪である以上、不倫する事は社会的に不自然な事なんですよ。どうしても“幸せな不倫”がしたいのなら、重婚が許されている一夫多妻のイスラム教の国へ移住して、その国の既婚男性を見つけたらどうですか?

そんなアホらしい事、よう、できへんわあああぁ~

でも、どうしても社会的に認められるような“不倫”がしたければ、重婚が許されている国へ行くしかないでしょう?江戸時代と違って、今の日本は鎖国していないんだから、イスラム教国へ移住する事もできますよ。

デンマンさん、いい加減にしてくださいな。不倫したいために移住するなんて。。。そんな馬鹿げた話はありませんわ。

でも、レンゲさんは不倫したいのでしょう?

違います。あたしは不倫したいわけではありません。たまたま好きになる人が結婚しているだけですわ。

つまり、レンゲさんは、たまたま僕の事が好きになった。僕が結婚していると言う事は充分知っている。それにもかかわらず、僕とバンクーバーで一緒に暮らしたい。そう言う事ですよね?

違います。たまたま好きになって一緒に暮らしたいと思っているわけではありませんわ。デンマンさんが、あたしの事を“心の恋人”だと思っているからですわ。

“心の恋人”が結婚したら、“心の恋人”でなくなるでしょう? “心の恋人”と言うのは一緒に暮らさないものですよ。。。でしょう?

それは、デンマンさんがそう思っているだけですわ。

ところでね、今、“心の恋人”を入れてGOOGLEで検索したんですよ。。。びっくりしましたよ。

どうしてびっくりしたのですか?

なんと、『レンゲのフォーラム』に書いた僕の記事が48,000件のトップに貼り出されているんですよ。次のリンクをクリックすると見ることができますよ。
『GOOGLEで“心の恋人”を入れて検索した結果』

それで、“心の恋人”という意味を調べたわけなんですの?

そうなんですよ。それで、心の恋人の定義が手っ取り早くつかめるようにね、“心の恋人とは” を入れてみたんですよ。そしたら、2度びっくりしましたよ。

どうしてですの?

今度は、EXBLOGの『デンマンの書きたい放題』ブログに書いた僕の記事がトップに掲載されているんですよ。
『GOOGLEで“心の恋人とは”を入れて検索した結果』

それで“心の恋人”と言う意味が分かったのですか?

自分で検索して、自分の記事の中で書いた定義が出て来て。。。それを書き出しても、なんだか、アホくさいけれど。。。仕方がないよね。うへへへへ。。。とにかく、長くなるけれど、その箇所を書き出しますよ。



冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。


2004-8-16 19:46





ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんにエスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by RENGE

『次元の違いとは端的に言うと』より


こうしてレンゲさんは叶わぬ夢を見たわけですよ。そして、その夢を実現させようとしてバンクーバーへやって来た。でも、レンゲさんの夢にはなぜか絶対に叶わないような要素が含まれている。

その要素とは。。。?

だから、ある人を衝動的に独占しようとする強い願望ですよ。

できないことでしょうか?

それも普通の女性ならば行動を起こす前にじっくりと考えるから、衝動的に事を始めないんですよ。つまり、レンゲさんが考えるようなことは詩の世界で実現するものですよ。詩とはそういうものでしょう?そして、心の恋人とはそういうものでしょう?僕とレンゲさんは詩の世界で比翼連理の恋人なんですよ。違いますか?それを現実の世界で叶えようとするから無理がある。

でも、デンマンさんだって衝動的に事を始めた事がありますわ。

そんな事はありませんよ。

ありますわ。あたし恵美子さんのことをデンマンさんの記事の中で読ませてもらいましたわ。




中学校に入学して間もなくだった頃だと思いますが、
全校生徒が体育館に集まった時に
同学年の恵美子さんが“乙女の祈り”をピアノで独奏したのです。

僕はその時初めてこの曲を聴いたのですが、すばらしいと思いました。
感動しました。
曲も良かったけれど、あの恵美子さんが弾いたのだという事も感動的でした。
この恵美子さんは小学校のとき6年間隣のクラスに居た可愛い女の子だったのです。

よく目にした事はあっても口をきいたことが一度もなかったのです。
初恋の人ではなかったのですが、僕の気に入った女の子でした。
遠くから見ていて、可愛い女の子だなぁ~と思っていたのです。

小学校ではクラス替えがなくて6年間同じメンバーだったのですが、
中学校では学年毎にクラス替えがあったので、この恵美子さんと同じクラスになる事を期待していたのです。
しかし、とうとう同じクラスになる事はありませんでした。
(こういう思い通りにならない事って、人生にはずいぶんとあるものですよね?)

とにかく、僕が気に入っていた“乙女”が弾いた“乙女の祈り”が忘れられなくて、僕はどうしてもこの曲が弾きたくなった。
大学に入学して下宿から通うようになった頃、下宿にピアノがあったので楽譜を買ってきて、独習で弾き始めたのです。
とにかく、一生懸命に独習したので、何とか全曲を弾けるようになったのです。
自分では結構マシに弾けると思ったので、ぜひ恵美子さんに聞いてもらいたいなぁ~と思い始めたんですよ。



そう思ったら、何が何でも恵美子さんに聞いてもらいたいと思うようになった。
それで、夏休みに帰省した時に思いきって恵美子さんに電話したのです。
当時、恵美子さんは音楽大学に通っていました。
恵美子さんはビックリするだろうと思ったのですが、極めて落ち着いて冷静に受け答えしていたので僕のほうがその落ち着き方に内心ビックリしたほどでした。

これまでに一度も言葉を交わしたことのない女性に初めて電話して僕のピアノの演奏を聞いて欲しいと言ったのですからね。
もちろん、どうしてそういう気持ちになったのか、かいつまんで説明しましたが、
今から思うと“すっご~い心臓”を持っていたものだと、自分ながら呆れる思いです。
その後、恵美子さんがコンサートピアニストになったのかどうか、僕は、もうぷっつり連絡していないから全く分からないのです。
僕は社会人になると間もなく海外へ出てゆきましたから。。。

当時、彼女の家にはグランドピアノがあって、その頃でもピアノ教室が別棟にあって、そこで子供たちに教えていました。
とにかく、恵美子さんに会ったのは前にも後にもそれっきりなんですよね。
電話した事もなければ、手紙を書いたこともない。
本当にその時会ったのが初めで最後!

『クラシックと片思い』より


デンマンさんだって、このように恵美子さんに衝動的に電話して会ったではありませんか!

確かに僕が恵美子さんに電話した事を衝動的にそうしたのだ、と決め付ける事もできるかも知れません。でもね、僕が初めて恵美子さんのような可愛い女の子が隣のクラスに居るという事を知ったのは小学校3年生の頃だと思いましたよ。それから彼女の事をアニメのヒロインを見るように遠くから見ていた。そのヒロインが中学校1年の時に“乙女の祈り”を独奏した。それに感動を受けた僕は、それ以来恵美子さんが“乙女の祈り”の曲と共に僕の心に刷り込まれた。つまり、心理学で言うところの“刷り込み”--“imprinting”だったんですよ。





分かるでしょう、僕の言う事が。。。アヒルは卵から雛に孵(かえ)る時に、初めて動くものを見て、そのモノを母親だと思い込んでしまう。上の写真の人間のあとに付いて行くアヒルの子供たちは、この人間を母親だと思い込んでいる。僕が中学1年生の時に恵美子さんが演奏する“乙女の祈り”を聴いて受けた感動は、それ程僕の純真な心に訴えるものがあった。

まさか、デンマンさんは恵美子さんのことを母親だと思ったわけではないでしょう?

もちろん、そうではありませんよ。それでは、余りにも滑稽な笑い話になってしまいますよ。僕はアヒルの子供のように恵美子さんを母親だと思い込んだわけではないですよ。うへへへへ。。。。つまり、終生忘れがたいような強い印象を。。。感動を。。。衝撃的に僕の心に植え付けたということですよ。僕は大学に入って、その感動を甦(よみがえ)らせようとピアノを独習し始めた。そして一生懸命やった甲斐があって全曲をものにした。その時の達成感が僕に勇気を与えれくれた。それで僕は夏休みに帰省した時に恵美子さんに電話したんですよ。つまりね、この一連の話を総合すれば、決して衝動的に恵美子さんに電話したわけではないんですよ。小学校3年生の頃から僕の心の中で熟成した夢であり、願望だった。俗っぽく言えば、僕の片思いであり、はかない恋心だったかもしれない。。。そういうことですよ。

つまり、衝動的ではなかったとおっしゃりたいのですね?

そうですよ。これを衝動的に電話して会いに行ったと受け止めるのは、レンゲさんの短絡的な考え方のためですよ。

でも、デンマンさんがそのようにおっしゃるのであれば、あたしだって上の手記を書いたのは2年前ですわ。あたしが実際にデンマンさんを訪ねたのは去年の夏でした。だから、今月(6月)の9日にデンマンさんを訪ねた事も決して衝動的ではありませんわ。

でもね、距離的に大きな違いがありますよ。当時僕がバンクーバーに居たら、電話したとしても、とても恵美子さんに会いに日本へすぐに飛び立つなんて事を考えませんよ。ところがレンゲさんは、例えて言えば、その時電話して太平洋を越えて3日後に会いに行ったわけですよ。僕には、それ程の衝動性はありませんよ。

50歩100歩だと思いますわ。

分かりました。レンゲさんがそう思いたいならば、仮にそういう事だとしておきましょう。しかし、僕が言いたい事はそれだけではないんですよ。僕は次のようにも書いていたんですよ。


もちろん、僕は恵美子さんにまた会いたくなったから、
と言うのでこの記事を書いているわけではありませんよ。
小学生のときに芽生えた“乙女”に対する思いが
僕の“乙女の祈り”の演奏を聴いてもらう事によって完結した。

言ってみれば、そのような儚(はかな)くも淡い“恋”ではなかったのか?
もちろん、それは“片思い”にすぎなかったのだけれども、
僕はその片思いをあのような形で完結したのだと。。。
今から思い返すと、そう思えるのです。


僕は、今でも恵美子さんのことを懐かしく思い出すことができますよ。しかし、会いたいという気持ちはないですよ。すでに完結したという思いの方が強いですよ。でもね、レンゲさんの場合には、“完結した”と思いながら、ずるずると“余韻”に、またのめり込んでしまうようなところがありますよ。

そうでしょうか?

つまり、次のステップがあると思うんですよ。人生には。。。僕は“乙女の祈り”にいつまでもこだわっていませんでしたよ。完結したのだから。。。

『性と愛と楽園』より

[PR]
by denman705 | 2006-07-26 10:51 | 恋愛・失恋・不倫


つまり、あたしが妻子ある男性に心が奪われるのは、あたしが次のステップに進もうとしないで、未熟なまま、いつまでも妻子ある男性に対して夢を見ているとおっしゃるのですか?

簡単に言ってしまえば、そう言う事ですよ。レンゲさんがどうして不倫に陥りやすい傾向にあるのか?それはレンゲさんの生い立ちを見て行くと分かるんですよ。

あたしが育った家庭が崩壊していたと言う事ですか?

そうですよ。レンゲさん自身が愛の無かった家庭だと認めていましたからね。笑いのある家庭、愛のある家庭に育ったのであれば、レンゲさんのように、愛を他に求める事は無かったでしょう。でもね、レンゲさんは“不良娘”として、家庭では得られなかった愛を他に求めていった。


仲直りしたい。でも、。。。

不良娘は、それが

なかなかできないんです。


2004 09/08 13:03 編集 返信



ほんとうにありがとうございます。
わたしが、グレていた間も
ビーバーランド XOOPSに行きたかったんです。
でも、わかっていただけたらうれしいのですが、
不良娘は、それができないんです。

できないから、どんどん距離が大きくなる。
わたしの家庭はそんな所でした。
「話し合い」なんて、タブーでしたから。

トラブルが起きるたびに、
家族の溝は深まっていきました。

わたしは、その家庭崩壊を、
追体験したような、
そんな気持ちがします。

でも、デンマンさんは、
玄関の鍵をあけてくださるんですね。
感謝します。

できそこないの身に、痛いほどしみてきます。
ありがとうございます。

by レンゲ

『次元の違いとは端的に言うと』より


レンゲさんは、またこうして追体験しようとしているんですよ。

どういうことですか?

僕は玄関に鍵をかけてレンゲさんを閉め出すようなことをしませんからね。だから、レンゲさんがバンクーバーにやって来たことだって、そういうことを知っているからこそ、レンゲさんは一方的に話を進めてしまった。最悪の場合でも、“だって、デンマンさんは、鍵をかけないと言っていましたわ” と言えば、言い逃れができますからね。

あたしは、初めからデンマンさんのことを無視して我侭(わがまま)を押し通しているとおっしゃるのですか?

そうですよ。

。。。で、一体、あたしが何を追体験しようとしているとおっしゃるのですか?

だから、坂田さんとの懐かしい秘め事を、またもう一度。。。と思っているのでしょうね。


禁断の園でレンゲさんが

坂田さんと秘め事をして知った悦び




レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。

まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。

愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心のよりどころがなくて、当時近所に住んでいた坂田さん夫婦の家に時々遊びに行っていた。

坂田さんも、レンゲさんの家庭の事情を良く知っていて、何かとレンゲさんのことを思いやり可愛がっていた。レンゲさんは、いつしか坂田さんに淡い恋を感じるようになっていた。

坂田さんは良い人だけれど、競馬競輪にはハマッていて、そのことで妻の幸子さんと別居するようになった。レンゲさんは、そんなある晩、幼な妻のように坂田さんのために夕ご飯を作ってあげた。坂田さんにも何か感じるものがあったのかも知れませんよね。その晩、レンゲさんは坂田さんの腕に抱かれてハラハラ。。。、ワクワク。。。ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。

『性と愛の渇き』より


あたしは、こんな昔の事にこだわってなどいませんわ。デンマンさんこそ、何度も何度もあたしの16才の頃の写真を持ち出してきて、こうして勝手に夢想しているのですわぁ~。やっぱりデンマンさんは強度のロリコンだと思いますわぁ~。

僕がレンゲさんの16才の頃の写真を持ち出すとロリコンになるのですか?

だって、そうでしょう?デンマンさんは現在のあたしよりも16才の頃のあたしを持ち出してきて、こうして記事を書くことが圧倒的に多いのですわ。

僕は16才の頃のレンゲさんにこだわっているわけではありませんよ。レンゲさんには、かなり年上の男に対して憧れを持つ傾向があるんですよ。なぜならね、レンゲさんの父親がレンゲさんの心の中で不在なんですよ。その事はレンゲさんの手記の中にも書いてある事ですよ。

つまり、あたしはデンマンさんの中に父親像を求めているとおっしゃるのですか?

そういう傾向がレンゲさんにはありますよ。

あたしが、デンマンさんに優しい父親を求めて接近しているとおっしゃるのですか?

レンゲさんの育った家庭には優しい父親は不在でしたからね。

確かにそうでした。でも、そうだからと言って、優しい父親を求めてデンマンさんに近づいたわけではありませんわ。。。で、デンマンさんは、ご自分のことを優しい父親と思っているのですか。。。?デンマンさんは、あたしにはけっこう厳しいですわぁ~。

でもね、レンゲさんのやり方を見ていると、優しい父親に対する“甘え”を感じますよ。

それで、あたしにどうしろとおっしゃるのですか?

もっと現実に目を向けて、精神的に自立したらどうですか?

デンマンさんには、あたしがそれ程の未熟者に見えるのですか?

たとえばね、鐵さんの次のコメントを見るとね、社会に対する甘えも、男に寄せる甘えも感じられないですよ。つまり、自立して頑張ってゆこうと言う姿勢が見えますよ。ちょっと読んでみてくださいよ。


デンマンさん
こんにちは

あながち間違いではないです。
男らしいです私。
そして馬鹿騒ぎの毎日です。

片親は良い選択だとも思っています。
これは個人意見ですが…
両親揃うにこした事はないですが必要ない父親もいます。
それが私のシングルの理由です。

結婚生活はありません。
私にとっても娘にとっても最善だと思っています。

野心が強く社会でキャリアを積んだ人が家庭に入ると
今までの生活とのギャップに参る人が多いと私は思います。

現在、少子化と言われていますが出産希望ない人が子供を産んでも
それこそ虐待などにつながるとも思います。



若いから親には無理目だったなんてのは理由にはなりませんよ。
老若男女問わず姿勢なんだと思います。

話がだいぶそれてしまいました。

まとまらない文章でしたがここで終わります。

by 鐵   2006/07/22 14:10

『お願い、もう一度愛して PART 1』のコメント欄より


鐵さんは2才の女の子の母親だけれども、まだ24才なんですよ。現実に目を向けて、シングルマザーとして娘さんとしっかりと生きてゆこうとしているんですよ。レンゲさんは30才になろうとしているんですよ。

つまり、あたしが、いまだに一人で、フラフラと。。。バンクーバーでデンマンさんと一緒に暮らそうと言う夢を見ているとおっしゃりたいんでしょう?

そうですよ。レンゲさんには日本での暮らしがある。ブティック・フェニックスの熊谷店長なんですよ。しかも、清水君と半年間幸せに暮らしていた。浮気をしたと言う事で別れてしまったけれど、もっと現実に目を向けるならば、清水君と仲直りする事の方が先決ですよ。ところが、レンゲさんはこれまでの恋愛の破綻から学んでいないんですよね。“見捨てられ感”に取り付かれて、いつものようにさっさと清水君と別れてしまった。これでは、いつまでたっても同じことの繰り返しでしょう?

つまり、デンマンさんは、あたしのように男にもたれかかる女が嫌いなんですのね?

そんなことを言ってませんよ。

だって、そうじゃありませんか?


両親揃うにこした事はないですが必要ない父親もいます。
それが私のシングルの理由です。

結婚生活はありません。
私にとっても娘にとっても最善だと思っています。


鐵さんは、必要でない男を切り捨ててシングルマザーとしての道を選んだ。そして、力強く生きようとしている。あたしは、これまで何度となく恋愛経験をしているのに、いまだに家庭を持たずにフラフラしている。洋ちゃんと別れたら、今度はデンマンさんとバンクーバーで暮らしたいと言っている。。。そう言うあたしを見て、デンマンさんは、あたしが誰とでも寝る女だと決め付けているのですわぁ~。あたしが、ふしだらで、どうしようもないダメな女だと思っているのですわぁ~。

違いますよゥ~。

そうですってばああああ~~、デンマンさんは、あたしが男無しでは生きてゆけない女だと思っているんですってばああああ。。。。

違いますよおおお~。

そうですってばああああああああ~~

【ここだけの話しですけれどね、レンゲさんが、このように感情的になったら、もうダメなんですよ。河内弁が飛び出して来て、ここでは書けないような言葉をバンバン出して喚(わめ)き散らし始めるんですよ。もう、すごいのなんのってぇ~。。。うへへへへ。。。そういうわけですので、今日はここまでです。また、あさって書きますね。。。とにかく、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』


[PR]
by denman705 | 2006-07-26 10:50 | 恋愛・失恋・不倫


五感を刺激して

頭を良くしませんか?




あなたは、今、何をしていますか?
おそらくパソコンを使ってこの記事を読んでいると思います。
もしかすると、携帯で読んでいるかもしれません。



あなたの机には、食べかけのコンビニ弁当があるかもね?
あるいは、さっきちょっと出かけて行ったファーストフッドの店で買ってきたジャンクフードがそばにあるかもしれませんね?

コーラかペプシを飲んで、時々振り返ってはテレビの画面に目を向けるのかも?
このページを見終わったら、書き残しのメールを打ち始めるのでは。。。?



ナガラ族の食事。。。
あなたはパソコンの画面を見ながら、こうして食事を済ませるのかもしれませんね。

今では当たり前の食事風景ですよね。
でもね、このような食事では、本来、持っていた人間の原始的な感覚は、すっかり鈍ってしまうのですよ。

あなたはキャンプをしたことがあるでしょう?
ちょっと思い出してくださいね。

周囲にはセミの鳴き声と川のせせらぎ。。。
ほほをなでる風、
照りつける太陽。
釣ったばかりの魚を焼くいい匂いがしています。
現地の農家で購入した、もぎたてのキュウリやトマト。
おいしくて、思わず食べ過ぎてしまった経験はありませんか。



パソコンの前で食べる食事とキャンプで食べる食事を比べてみてくださいね。

パソコンの前で食べる食事では、関心はメールやテレビの画面や音声のみに向けられます。
つまり、「視覚」と「聴覚」しか使われていません。

キャンプの食事では、周囲の美しい自然の風景を眺める「視覚」、
セミや川のせせらぎ・仲間の声が耳に入る「聴覚」、
魚が焼ける匂いという「嗅覚」、
ヌルヌルした魚や、冷たい水に触れる「触覚」。
そして、獲れたての旬なものを味わう「味覚」というように「五感」が使われています。

この「五感」こそがあなたの頭を良くするための原動力になるのです。

脳に入力される情報は、すべてがこの五感によってもたらされます。
人間の場合は、そのうちの80パーセントは視覚が占めています。
まさに「百聞は一見にしかず」なのです!

では、その他の感覚はどうでしょうか?

ところで、犬の嗅覚の中でニンニクを嗅ぎ分ける能力は、なんと人間の2000倍もあります。
酸の臭いだと、人間の1億倍もの能力があるそうです。
散歩に連れられた犬が、電信柱ごとに他の犬の匂いをクンクンと嗅ぎ、縄張りを確認するのは見慣れた光景ですよね。
このように犬に限らず四本足の動物は、匂いを嗅ぎまわってエサを探します。
生存本能に根ざした行動を取っているのです。

二本足になって、遠くを見渡せる視野を獲得した人間は、生存を嗅覚に頼らなくても済むようになりました。
そのために嗅覚が退化したと考えられています。

嗅覚・味覚・触覚など、動物としての生存に直結する感覚を「原始感覚」と呼んでいます。
視覚ばかりが発達した人間が脳を活性化させるには、この「原始感覚」を鍛えることこそが大切なのです。

大脳生理学の研究では、ソフトウエアである前頭葉から発せられるゴーサインによって、人間が行動を起こすことが明らかになっています。
しかし、この前頭葉は視覚刺激だけでは活性化せず、嗅覚・味覚・触覚と"共感覚"的刺激を受けて活性化することが分かっています。

こうした「生きもの」としての「原始感覚」が加わることで脳が活性化するのです。
ちょうど「隠し味」が加わって素材の良さが引き出されるのと同様です。
「原始感覚」を研ぎ澄ませることによって人間として素晴らしい「味」が引き出されるのです。

どうですか?
キャンプでの食事のすばらしさが分かっていただけたと思います。

パソコンの前だけで食事を取らずに、裏庭でバーベキューをしてみては。。。
ええっ?裏庭がないのですか?



それなら、郊外の公園にでも出かけてバーベキューをしてみては。。。
どうせするなら、キャンプに出かけるのもいいですよね。

ええっ?忙しくてその暇がないの?
ではね、あなたのために頭を良くするためのDVDが用意してあります。
時間がなかったら、次のリンクをクリックして、この無料のDVDを見てあなたのオツムを良くしてくださいね。

『DVDで見るもっと知りたい頭を良くする脳のはなし』

無料ですよ。
取り寄せたからって、後で教材を買わせられると言うようなことはありません。
安心して無料でもらうことができます。

あなたの頭がもっともっと良くなることを祈っています。
じゃあね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク





■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

例によって、

また出てまいりましたわ。

ええっ?

五感と脳の記事に

なぜ、顔を出すのかって?

だって、あたくしも

オツムを良くしたいので

ござ~♪~ますのよ。

平安時代に暮らしていると、

テンポがのろいでしょう。。。

オツムまでが鈍くなって

しまうのでざ~♪~ますのよ。

平成時代はずいぶんと

便利になったもので

ござ~♪~ますわね。

こういう動きにくい不便な

十二単(じゅうにひとえ)を着ていても、

DVDを取り寄せて、

何でも見ることができるのですものね。

あたしも、早速にDVDを取り寄せて

オツムを良くするために

見てみようと思っているのでざ~♪~ますのよ。

あなたも見たらいいわよ。

オツムを良くしてね。

おほほほほ。。。。

それから、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

興味深い記事がたくさん読めますことよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

 
[PR]
by denman705 | 2006-07-26 10:48 | 能力開発・頭を良くする



ん? SEO馬鹿対策?



ん? SEO馬鹿?

なんだい?それ?


あなただって、そう思ったでしょう?

もちろん、SEOって、あなたは知っていますよね。
中には、知らない人もいるかも。。。うへへへへ。。。。

Search Engine Optimizationの頭文字をとってくっつけたものですよね。
日本語に直訳すると“検索エンジン最適化”と言う事になります。

一体どういうことなのか?
分かり易く言うと“検索エンジンであなたのホムペやブログが上位に表示されるようにする事”です。

ホームページ、ブログを開設したけれども、アクセスに伸び悩んでいる・・・
そんなあなたがまずすることがSEOです。

なぜだか分かりますか?

実はね、インターネットユーザーの8割以上が検索エンジンを利用しています。
だから、もしあなたのページが検索エンジンの上位に表示されると、
それを見てあなたのページを見にやってくる人が増えると言うわけです。
アクセス数が増えます。

もしあなたがブログを持っているなら、多くの人に見てもらいたいでしょう?

ん?別に多くの人に見てもらわなくてもいいの?

でもね、それなら、別にネットでブログを書くことはないんだよね。
伝統的な日記帳をつければいいわけでしょう?
自分だけが見るような日記帳ですよ。

ん?でも、キーボードを使って書いたほうが紙の節約になるから、ブログに書いているの?

だったら、何もブログに書かなくても、テキストファイルを作ってオフラインで書けばいいでしょう?
わざわざネットでブログを立ち上げるのは時間もかかるし手間もかかるでしょう?

せっかく、ブログを立ち上げるのなら、多くの人に見てもらうべきですよ。
そうじゃないと意味がないと僕は思いますね。

つまり、意味のある情報をいかに多くの人に見てもらうか?
それが重要な事だと僕は信じていますよ。

そういうわけで、僕は自分にとって、また他の人にとっても、読みたいと思う記事、
ためになるような記事、面白いと思ってもらえるような記事を書いているわけです。

僕と投稿を交換していた人が、
“ブログを見てくれる人は、1日でせいぜい100人から200人程度ですよ”
。。。と言った人が居ました。
確かに、ブログを1つのところで書き始めて3ヶ月から6ヶ月でその程度ですよね。

でも、僕は1日2つの記事を約30のブログに毎日書いているんですよ。
6月27日のQLEPのアクセス数は1日で 10801
6月28日のアクセス数は1日で 15825 でした。

どうして急に増えたのかまだ良く分からないのですが、
QLEPでの累計アクセスが昨日(7月3日)で 11万を越えました。

この記事は7月4日に書いた記事(『 ん? SEO対策?』)を基にして書いています。
今日(7月25日)現在でQLEPの累計アクセス数は13万を越えています。


SO-NETでの累計アクセスは24万を越えています。



これはSO-NETの僕のブログの統計ですが、
6月18日のアクセスは約2000でした。

平均が1000アクセスだとします。
このうち半分の人が僕の記事の下に貼ってあるリンクをクリックして僕の掲示板の記事を読むとします。
すると、総アクセス数は、1日で

(1000 +500) * 30 ブログ = 45000 アクセス (Page views)

僕はいくつかのアフィリエートに参加しているので、ページには広告バナーが貼ってあります。
100人のうち3人が広告バナーをクリックするとします。
つまり3パーセントの人がクリックするとします。
1クリックが仮に10円の収入をもたらすとすれば、

45000 (Page views) * 0.03 * 10円 = 13500円 (1日の収入)

13500 * 30 日 = 405000 円 (1ヶ月の収入)

もちろん、僕はブログで情報を売っているのではありません。
でも、読者が読みたい情報を書く事によって集客することができると言うことをここで示したつもりです。

この集客力を利用すれば、ブログをマーケティングツールとして利用することができます。
このようにして情報を売ることも可能ですし、情報以外の商品を売る事も可能です。

では、簡単な最適化の具体例を示しますね。
次のリンクをクリックするとGOOGLEの検索結果を見ることができます。
66件ひっかかりますが、すべて僕のページです。

『GOOGLEで "grassroots net politics" を検索窓に入れてすべての結果を表示した場合』

この記事は7月4日に書いた記事(『 ん? SEO対策?』)を基にして書いています。
今日(7月25日)現在で182件引っかかりました。
3週間で2倍以上になっているわけです。
ほとんど全てが僕のサイトの僕の記事ですが
ランキングサイトだとか、GOOGLEのような検索サイトにリストアップされたものが
GOOGLEサイトに掲載されているんですね。
つまり、雪ダルマ式に増えてゆくわけです。


(7月4日の時点で)3週間前にGOOGLEで検索したときには一つも引っかからなかったのです。
僕がgrassroots net politicsについて書いたので、こうして今では検索エンジンに載るようになりました。

『YAHOOで "grassroots net politics" を検索窓に入れてすべての結果を表示した場合』

あなたのページを、魅力的なタイトルと説明文で書き、
それが検索エンジンの最初のページの上位に表示されれば、
注目度が今まで以上に高まり、大幅なアクセスアップが図れます。

それを可能にする手法がSEO対策なのです。

SEO対策を業者に外注すると、数十万円~数百万円はかかってしまいます。
もちろん、外注に出す必要はありません。
あなたが自分でやれば済むことですから。。。

でも、どうすればいいの?

SEO対策は次の3ステップが重要です。

1) 「キーワード選定」

2) 「SEO対策の実施」

3) 「アクセス解析とメンテナンス」

関心があったら、次のリンクをクリックして読んでみてください。

『たくさんの人に読んでもらえるブログの作り方』

もちろん無料ですよ。
登録する必要もありません。
僕の掲示板の記事です。

全部読むと結構時間がかかりますから、
面白そうなページだけ読んでください。
じゃあね。
Good luck!



ここまでは、実は、7月4日の記事に書いたことなんですよ。
面白いのはこれからなんですよ。

ん? SEO馬鹿対策?

そうなんですよ。この馬鹿について書きたかったんですよ!

7月4日にGOOで書いた記事(『ん? SEO対策?』)に宣伝馬鹿がコメントを書いてくれたんですよ。
まず次のコメントを読んでくださいね。


こんにちは^^

そうですね。
確かにネット上で何かをする以上、多くの方に見ていただきたいですよね。
その際にSEO対策は必須でしょう♪

面白い画像が多いですね^^
また遊びにきます☆
では♪

by Unknown (ブログアフィリエイト2.0)

2006-07-05 19:02:38


例によって、僕が次のような辛らつな返信を書いたんですよ。


2ちゃんねる出身のようだなあああ~~
うへへへへ。。。



Unknownと書くやり方からして
2ちゃんねる出身のようだなあああ~~
うへへへへ。。。

ダメだよ!それじゃあああああ~~
アフィリエイトをやる前に
まず人間的に成長することだよ!

分かるかああああ?
コメントを書く時には、もっと読み応えのあるコメントを書くものだよ!
オマエのような内容のないコメントを書く時には書かないほうがいいんだよ!

オマエはコメントを書くことを装いながら、迷惑宣伝スパムをヤっている!

分かるかああああ?
オマエの稚拙なコメントの書き方から、そういうことまでがはっきりと読み取れる!
オマエは、もしかすると、そのことに気付いてないかもしれない。。。
うへへへへ。。。。
図星だろう?

分かるかあああ~~?
まず、オマエは人間的に成長することだね。
そうでない限り、現在オマエがやっている事は人生を無駄にしていることだよ!
ネットで時間を無駄にしている事なんだよ!

分かったかああああ?
どうせオマエのサイトは内容のない下らないサイトだという事が実に良く分かる。
だから、見に行く気が起こらない!

分かる?
だからこそ、しっかりとしたコメントを書く必要がある!!!
僕の言う事が分かるゥ~~?
そうかい、そうかい。。。
少しは分かってくれるかい。。。

僕は寅さんのように心の優しい
おにいちゃんなんですからね。
だから、こうして人間的に
未熟なオマエのために
心のこもったアドバイスをしています。

これを、誹謗だとか
中傷だとかと受け止めたら、
オマエの心はますます
人間的に未熟だ
という事なんだからね。
決して、そのようには
受け止めないようにね。
うへへへへ。。。。

とにかく、下らないコメントでも、
コメントを書いてくれたことを感謝しますよ。
僕の記事にはめったに
コメントが付かないんだよ。
だから、時々退屈してしまうわけなんだよね。
うへへへへ。。。。

そういう時にオマエが下らないコメントを書いたもんだから、
こうして長~♪~い返信を退屈紛れに書いているわけなんだよ。
うへへへへ。。。。

今度書く時には、少なくとも、僕のような読み応えのあるコメントを書いてね。
うひひひひ。。。。
じゃあね。
バ~♪~イ。

by デンマン

2006-07-06 10:52:54

[PR]
by denman705 | 2006-07-25 08:07 | ブログ入門・虎の巻


これを読んで“SEO馬鹿”が次のようなコメントを書いてくれたんですよ!


ばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかばか

by Unknown (Unknown)

2006-07-23 12:26:17


このSEO馬鹿は、間違いなくこの記事を読みます。
そういうわけで僕は次のような返信を書いたんですよ。
うへへへへ。。。。


おばかさん、待ってたよ!

うへへへへ。。。。




オマエは、ホントに楽しい馬鹿だねえええええええ~~
全く、退屈紛れにはもってこいだよ!
笑っちゃうよおおおおおお~~
うひひひひひ。。。。
きっと、卑弥子さんだって笑っちゃうぜええええ~~

オマエを馬鹿にするつもりは無いんだけれどさあああ。。。
“馬鹿”と言う以外に適切な言葉が思い浮かばないぜええええ~~
とにかく、オマエは馬鹿だよなああああああ~~
こんな馬鹿ばかしい、下らないコメントをよく書く気になれるよなあああああああ~~~
うへへへへ。。。。。

でもねぇ~、僕は、ただ単に退屈紛れにはしないんだよ!
そういう馬鹿なことはしないんだよ!
オマエのように下らない事はやらない、と言う意味なんだよ!
うへへへへへ。。。。

つまり、オマエのような馬鹿なコメントは書かないんだよ!
それに、“馬鹿とハサミの使いよう”と言う格言があるんだからねぇ~~。

明日の記事に、オマエの馬鹿馬鹿しいコメントが使えそうだよ!うひひひひひ。。。。。

明日、何を書こうかと思っていた矢先に、オマエのような馬鹿が現れたと言うわけなんだよ!
“飛んで火に入る夏の虫”
。。。とは、昔の人はうまいことを言ったもんだねええええ~~

オマエの場合には、
“飛んで来た来た、ネットの馬鹿ぁ~”


うひひひひ。。。。
そういうわけで、明日の題材が決まったよ!
Unknown馬鹿よ!
とにかくありがとね。

でもよォ~
この次に書くときには、もう少し読み応えのある落書きを書いてくれよなぁ~。

オマエぇよォ~、2ちゃんねるの公衆便所の落書きだって、
オマエのコメントよりもましだぞおおおお~~

草葉の陰で、きっと寅さんだって笑っていると思うよ。
じゃあ、Unknown馬鹿よ!
あんまり、馬鹿も度がすぎると、キの字になってしまうからねぇ。
ホドホドにするんだよ。
いいね?

そうかいそうかい、
少しは分かってくれたかい。

じゃあ、元気でね、
また会おうね。
バ~♪~イ!

by デンマン

2006-07-24 14:10:46

『ん? SEO対策?』のコメント欄より


これを読んで、必ずまた“SEO馬鹿”がコメントを書いてくれるはずです。
そうすると、また僕が別の記事を書けるというわけですよね。。。
うひひひひひひ。。。。



ネットというところは、このように面白いところでもあるんですよね。
退屈しませんよね。

“馬鹿とハサミの使いよう!”

でも、たとえ、どんな馬鹿であろうが、使い道はあるものですよ。
うへへへへ。。。
じゃあね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて

実にためになるリンク



■ 『あなたのために! アクセスアップのための掲示板』



■ 『クレジットカードを上手に使うためのあなたのガイド』



■ 『安心してお得なローンガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



■ 『あなたがお得な旅をするためのトラベル ガイド』



■ 『あなたが楽しむための 娯楽 スポーツ レンタルDVD ガイド』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

例によって、また出てまいりましたわ。

デンマンさんがSEO馬鹿を見たい?

そう、おっしゃったのですよ。

ん? SEO馬鹿????

平安時代にも愚か者は居ましたわ。

でも、SEO馬鹿って、

なんだか、呆れてしまうような

オバカさんですわよね。

うししししし 。。。。

。。。っつうかあああ、とっても、

おもしろ~♪~ござ~♪~ましたわよね。

とにかく、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもお忘れなくね。

あなた、まだ訪ねたことがないんでしょう?

それじゃあ、ダメよ。。。っめぇ!

きっと見てね?

おもしろい記事がたくさん読めますことよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ~♪~イ

[PR]
by denman705 | 2006-07-25 08:06 | ブログ入門・虎の巻

就職がこわいの?


就職がこわいの?



こんにちは。
お元気でやっているでしょうか?

あなたは相変わらず往復に2時間かけて通勤していますか?
わたしは、こうしてパソコンを使って起業したんですよ。



だから、もう無駄な通勤に2時間かけることがなくなりました。
通勤に毎日2時間かけると、
あなたの人生のうち8年から10年は通勤しているだけになるのですってぇ~

馬鹿馬鹿しいでしょう?
あなたも起業してみては?

ところでね、
就職するのが怖いと言う人が居るのですってええええ。。。

驚いてしまいますわねぇ~。
どういう精神状態なんだろうかって。。。?

でも、考えてみたら、水が怖いとか。。。
高い所が怖いとか。。。
蛇を見るのが何よりも怖いとか。。。
ニラを食べるのが死ぬほどイヤだとか。。。

だから、就職するのが怖いと言う気持ちも分からない事は無いですよね。。。

就職が怖い。
就職したくないとはどう言う事なのか?

“自分のやりたいことがかわらないから、就職しない。。。”

そういうことなんですってえええええ。。。
なんだかねえええ。。。?

分かるようで。。。呆れてしまうような理由ですわよねぇ~~。

最近、若い人たちの就職率が低下しているんですってぇ~。。。
やはり、就職が怖い、と言う人がたくさん居るんでしょうね。

景気が上向きになりはじめたことで企業も採用活動に手が回るようになってきたらしいのですよ。
でも、世間にはフリーターやニートが増加しているのですってええええ~~
ふんとに、んも~~
この奇妙な状況の裏側は一体どうなってんの?

誰だって、そう思いますわよねぇ。

不況の時に“就職口がないから活動しても、どうせダメだ!”

“今は不況なんだからムリに就職しなくても。。。”

こういう精神状態が、いまだに続いているのかもね。。。

でも、現在では、景気が上向きになってきたんですよね。
求人だってけっこうあるんですわよ。
それは、ネットの求人サイトを見てみれば明らかな事なんですよね。

もし、あなたに信じる事ができないのなら、次のサイトを覗いてみればすぐに分かりますわよ。

■ 『あなたのための 就職・転職 ガイド』

運がよければ、求人に今日応募して、明日にはもう仕事が決まることだってあるのですからね。。。

でもね、“思い込み”があなたにも、わたしにもあるのよねぇ~。
その思い込みのために、なかなか就職しない人とか、転職できない人も居るのよねぇ~~。

あなただって、そう思う事があるでしょう?

つまり、そういう“思い込み”から、なかなか抜け出すことができず、
就職に後ろ向きになっているのよね。

でも、それだけでも、無いみたいなのよゥ~。

単に景気が上向けば問題は解決するというわけではないようなのよ。

なぜ?

就職や就職活動を好き・嫌いをベースにした人間関係の問題。
そして自分自身や周囲への恐怖が強いために自分への評価をネガティブに解釈してしまう傾向。

結局、就職活動とは自分の心の問題なのよねぇ。

例えば自分にとっての理想の仕事を求めて就職しても、
理想にたどり着くまでのステップが見えていないため、
この仕事は自分のしたい仕事ではないと結論を出してしまうとか。。。
それで、仕事についても、すぐにやめてしまうとか。。。

会社側から見れば“いまどきの若者は。。。!”と思われてしまうのよね。
でも、若者の間では納得できる事実なのよねぇ~。

やっぱり、就職活動とはあなたの心の問題なのよねぇ。

じゃあ、どうすれば良いのか?

だから、わたしのように起業するのが手っ取り早いのよ!
あなただって、そう思うでしょう?

ええっ?
そう言われたからって、すぐに起業できないの?

確かに、すぐには無理なのよね!
でも、一歩を踏み出さなかったら、何もできないわよねぇ~。

しかし、いつまでも、ウジウジ心配していたって、どうしようもないのよ。
だから、心配することは程ほどにして、見切り発車するのよ。
いつまでも心配してもきりがありませんわ。でしょう?
起業もやってみなければ分からない事だってあるのよ。

「でも、始めるのに何かイイ方法ってありませんか?」

あるわよ。

「じゃあ、教えてください。」
 
じゃあね、あなたのために起業家のために役に立つサイトを紹介しますわね。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

『自宅で起業するための在宅ワーク・SOHO ガイド』

もちろん無料で見ることができるわよ。
登録する必要も無いわよ。
じっくり読んで、あなたが起業するための参考にしてね。
何をしたら良いか?

きっとあなたのアイデアが浮かぶわ。
あるいは、上のサイトで紹介しているビジネスに参加する事もできるわよ。

あなたが独立して、すばらしい人生を切り開いてゆけることを祈っていますね。
じゃあ、がんばってね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『アクセスアップのための掲示板』



■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

例によって、

また出てまいりましたわ。

ええっ?

起業家の記事に

なぜ、顔を出すのかって?

だって、あたくしも

起業家になりたいので

ござ~♪~ますのよ。

十二単(じゅうにひとえ)を着ているでしょう

だからね、通勤に不便なんで

ござ~♪~ますのよ。

平成時代はずいぶんと

便利になったもので

ござ~♪~ますわね。

パソコンっつうものがありますでしょう?

あたくしも使い始めたのでござ~♪~ますのよ。

これを使えば、絶対に起業家になれますものね。

“猫に小判”なんて言われないためにも、

あたくし、起業家になってがんばって見せますわね。

おほほほほ。。。。

それから、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

興味深い記事がたくさん読めますことよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

 
[PR]
by denman705 | 2006-07-25 08:04 | 在宅ワーク・SOHO




お願い、いつまでも愛して
 





わたしの胸には、愛情はない。

だって教わってないから。


2005-08-13

わたしは生まれた時から、
必要な愛情をあたえられなかった。
両親ともに、
こんなめんどくさい生き物の
ニーズなんて考えもしない。

わたしはいつも見捨てられてきた。
わたしの胸には、愛情はない。
だって教わってないから。

わたしは、親を憎んでいました。
今は“血のつながった
やっかいな他人”だと思っています。

これからどうなるか分かりませんが、
今の私には親との和解は無理です。

ウチの親を客観的に見れば、
社会性が欠如していたんです。
ふたりともボンボンとお嬢だから世間知らずだし。

で、わたし親から最後の一撃食らわされて、
自分は将来利用するために育てられてきたことがわかっちゃって。
親はわたしに向かって確かにそう言ったのです。
それで、わたしは親から離れたのです。

by レンゲ

『デンマンさんが私のことをグロリア・スタイナムに似ていると』より


レンゲさんは、こうして自分が育った家庭が崩壊していたことを書いていたけれど、レンゲさん以外にもね、現在の日本には家庭崩壊の中で育った人がたくさん居るんですよ。

デンマンさんは、どうしてそのような事をおっしゃるのですか?

最近の日本で起こった悲惨な事件を調べてみると実に良く分かりますよ。その犯人の家庭がほとんど家庭崩壊しているからですよ。

デンマンさんは実際に調べてみたのですか?

調べてみたと言う程、時間をかけたわけではないけれど、ちょっとネットでチェックして見るだけでも、犯人の家庭の実態が分かりますよ。母子家庭だとか、両親が離婚しているとか、別居しているとか。。。

でも、それだけでは家庭崩壊と言えないでしょう?

確かに、それだけで家庭崩壊と決め付けるには問題があるけれども、少なくとも次のような事はすぐに読み取れますよ。つまりね、犯人が育った家庭に笑いがあふれてはいなかった。両親の愛情に包まれて育ったわけでもなかった。むしろ、孤独で寂しい子供時代をすごしていた。要するに愛の欠如した家庭で育ってきた。そういう事がはっきりと読み取れますよ。レンゲさんが書いていたように、“ウチの親を客観的に見れば、社会性が欠如していたんです”。。。子供にこう言わせるような親が増えているということですよ。社会性のない親。人間性が理解できない親が増えているんでしょうね。

。。。で、今日は家庭崩壊のことについて話すのですか?

たまたま、鐵さんのコメントを読みながら、いろいろと考えることがあってね。。。それでレンゲさんの上の手記が思い浮かんだと言うわけですよ。

鐵さんも、あたしと似た家庭環境で育ったのでしょうか?

残念ながら、鐵さんは自分が生まれ育った家庭環境の事までは書いていませんが、僕がこれまで鐵さんが書いてくれたコメントを読んだり、彼女のブログを読んだり、プロフを見て思うことは、たとえレンゲさんと同じように崩壊家庭に育ったとしても、彼女自身の問題を克服できた人だという印象を強く持ちましたよ。

つまり、あたしのように、心の問題を抱えていないと言う事ですか?

そうです。少なくとも、鐵さん自身の小さな家庭を持って、しっかりと生きてゆこうとしていることが読み取れますよ。この記事を初めて読む人もいるだろうから、最近、鐵さんが書いてくれたコメントを次に書きますね。



デンマンさん
こんばんは
お久しぶりです。

この記事を読んで思った事を。。。

レンゲさんの話とそれてしまうと思いますが、
私、【野心】て人が成長するのに
必要な事だと思っています

成功も失敗も全て自分に返ってくる。
成功はまた上を目指す踏み台として。
失敗は自分を学ぶ要素として。
野心なくして成長なしだと私は思っています

なんだかえらそうに書いてしまいました。
私は今、世に言うシングルマザーです。
今の所、野心はまだ息吹そうにありません

乱文で申し訳ありませんがここで終わります。

by 鐵 2006/07/20 01:05

『お願い、もう一度愛して PART 1』


Realogでは語数制限があるために、4ページに分けて書きましたが1画面で全ページを読みたい場合は次のリンクをクリックして読んでください。
『お願い、もう一度愛して (きれいな拡大写真つき)』

デンマンさんは、この記事にあたしの手記を載せたんですよね。

そうですよ。その手記の中でレンゲさんが【野心】について書いているんですよ。鐵さんは、レンゲさんに野心家の面があることを読んで、そのことについて彼女の意見を書いてくれたわけですよね。僕の返信を次に書きます。


鐵さん、久しぶりですね。
コメントありがとう。
実は鐵さんのことを男かと思っていたんですよ。

男、女にとりわけこだわって返信を書いているわけではありません。
性別をわざわざ反転してコメントを書く人も実はかなり居ますよ。

だから、僕は、プロフィールをほとんど見ないんですよ。
まず、文章からだけで判断するようにしています。

僕は今、鐵さんのプロフィールを覗いてきたのですが、
まだ24歳のシングルマザー。
頑張ってくださいね。

僕が鐵さんの書いたコメントから“男”を感じ取ったのは
鐵さんが“たくましく人生を歩んでゆく”その姿勢が
コメントの中に現れていたのではないだろうか?
そのたくましさを“男”と感じたようです。

そう思っていますよ。
こじ付けではありませんよ。
うへへへへ。。。。



現実のレンゲさんはまだ未婚ですが鐵さんよりも年上ですよ。
正に僕が書いているレンゲさんとほぼ同じような性格と経歴を持っています。

もし、現実のレンゲさんに2歳の娘が居たとしたら、
レンゲさんはもっと力強く生きてゆく事ができるだろうと僕は信じることができます。

野心家のレンゲさんでも、まだ家庭を持つことに自信がありません。
不安なんですよね。崩壊した家庭に育ちましたから。。。。

鐵さんのプロフィールを読むと、
そのような家庭崩壊の暗さは感じられませんよね。
あるいは、克服したのかもしれません。

娘さんと共に成長してくださいね。
デンマンも毎日毎日成長していますよ。
うへへへへ。。。。

コメントありがとう。
また気が向いたら書いてくださいね。
では。。。

by デンマン  2006/07/20 10:16



デンマンさん
こんにちは

あながち間違いではないです。
男らしいです私。
そして馬鹿騒ぎの毎日です。

片親は良い選択だとも思っています。
これは個人意見ですが…
両親揃うにこした事はないですが必要ない父親もいます。
それが私のシングルの理由です。

結婚生活はありません。
私にとっても娘にとっても最善だと思っています。

野心が強く社会でキャリアを積んだ人が家庭に入ると
今までの生活とのギャップに参る人が多いと私は思います。

現在、少子化と言われていますが出産希望ない人が子供を産んでも
それこそ虐待などにつながるとも思います。



若いから親には無理目だったなんてのは理由にはなりませんよ。
老若男女問わず姿勢なんだと思います。

話がだいぶそれてしまいました。

まとまらない文章でしたがここで終わります。

by 鐵   2006/07/22 14:10





> 両親揃うにこした事はないですが
> 必要ない父親もいます。
> それが私のシングルの理由です。


分かりますよ。
そういう必要のない父親が日本には増えているようですよね。

これは極めて僕の個人的な見解ですが、
男は生まれてくる子供のことを考えて女性と愛を交わす人は
極めて少ないと思いますよ。

つまり、女性と比べると、男は無責任に愛する人が多いのではないか?
このことは僕自身にも思い当たることがあります。

だから、離婚した場合、女性が子供を引き取る場合が
日本では圧倒的に多いのではないでしょうか?



カナダでは未婚の母も含めて社会がそのような母子を受け入れるシステムができています。
すぐ近くに高校があるのですが、もう10年ぐらい前の話です。
19才の未婚の母が子ずれで高校に通っていましたよ。
日本では考えられないでしょうね。

当時、地元新聞の“Vancouver Sun”に顔写真入りで報道されましたが、
日本なら、そのような記事は書かないでしょうね。
(と言うより書けないでしょうね。)
書くとかえって偏見を持たれて、
その女学生のためにならないと言う考え方が日本にはあると思いますね。

こちらにはそういう考え方は、きわめて少ないです。
むしろ、みんなでサポートしてあげると言う考え方が強いです。

この辺に欧米と日本の大きな違いがあるように僕には思えますね。
要するに、社会がシングルマザーを母子共に受け入れる体制が、
日本にはできていないように思いますよ。
だから、悲惨な事件が多いのでは?

カナダやアメリカにも幼児虐待や幼児殺しがないわけではないですが、
日本と比べたらきわめて少ないですよ。

それは、シングルマザーであっても、母子共に社会が受け入れ、
サポートすると言うシステムが出来上がっているからだと僕には思えますね。

はっきり言って、最近の悲惨なニュース(児童虐待、幼児殺し)などを見ると、
日本の社会が欧米と比べて病んでいるのが実に良く分かりますよ。

最近、特に肉親の間での殺し合いが日本で目立っていますよね。
その数をネットで欧米と比較すると、
たちどころに日本が社会的に病んでいる事が分かります。

そういう中で鐵さんがシングルマザーとして頑張っているのを見ることは、
日本人として心強いものを感じますよ。
これからも、娘さんを大切に頑張ってくださいね。

じゃあね。
また気が向いたらカキコしてくださいね。

by デンマン  2006/07/22 20:26

[PR]
by denman705 | 2006-07-24 07:20 | 病める日本