デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

批判と誹謗は違うんだよ。知ってる?



日本では批判すると、悪口を言っていると受け取られる事が多いんですよね。
悪口でないなら、誹謗・中傷と受け取られかねない。

「批判」という言葉を辞書で引くと物事のいい悪いなどについて、論理的・科学的に検討し、評価・判定することというように書いてあります。

「誹謗」は「他人の悪口を言うこと」
「中傷」は「根拠のない悪口などを言って相手の名誉を傷つけること」
と出ています。

僕はあるプロバイダーのブログで批判的なことを書いたんですね。
プロバイダーを批判したわけではないのです。
「病んでいる日本」ということについて書いたんですよ。

僕としては日本の現状を見て、「悪化している事を論理的・科学的に検討し、評価・判定」しているつもりだったんです。
つまり批判したつもりだったんですね。
決して根拠もなく日本の悪口を言ったつもりではありません。

例えば、年金の掛け金をごまかして納めなかった悪徳政治家について書いたんです。長くなるのでブログに書いた記事をここに載せることは出来ません。
興味のある方は次のリンクをクリックして読んでください。

『退会処分を喰らった第1ページです。』
http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=955#956

そしたら何と、初日に書いたら、その日に退会処分にされていたんです。
登録した翌日に自分のブログを見たら、「退会処分になっています」というメッセージが表示されたんですね。
驚きました。

言論の自由は無いのか!と、叫びたくなりました。
あなたは、上の文章を読んでどう思いますか?

ノーベル賞をもらった田中さんは、
国際学会の発表会でMITの教授が発表した研究内容に間違いがあることに気付いたんですね。
田中さんは、その教授に面と向かって言ったのです。
“You are wrong!”
つまり、「あなたの研究内容には私の実験で確認したこととは違うことが含まれている。
私が科学的に検討した結果、それは間違いだと思います。」
そういう意味で、You are wrong! と言ったわけです。

しがない会社員であった田中さんが、MITの教授相手にこれだけの事を言ったわけですから、自分の実験結果にかなりの自信があったのでしょうね。
これが元で、田中さんの研究が見直されるようになった。
そしてノーベル賞に結びついたわけです。

日本の学界でなら、ボス教授によって握りつぶされていたでしょうね。
全く相手にされなかったかも知れません。

僕のブログと田中さんの研究を同等に比較するわけではないのですが、田中さんが日本の学界でボス教授に向かって“あなたは間違っている!”
なんて言ったら、僕のブログのように退会処分を喰らうだろうと思います。

日本のプロバイダーから退会処分を受けて、僕はそんな事を感じました。
田中さんと「健全な批判精神」についてもっと知りたい人は次のリンクをクリックして
興味深いブログを読んでください。

「あなたは間違っている」、と言える田中さん。
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/2005-04.html#20050423
[PR]
# by denman705 | 2005-07-10 04:24 | 健全な批判

女性の心とカラダのケアのための

情報満載のサイトを知っていますか?




男性の方も読んでくださいね。そしてあなたのガールフレンドや恋人に教えてあげてくださいね。

あなたはあまり意識をしていないかもしれません。
でも、女性の人生のリズムは子どもを産む機能をもつ性として、生殖器とそれをコントロールするホルモンのバランス変化を基本としています。
それはこころにも深く関わっていて、あなたが今どのステージにいても、自分の状態をちゃんと知って「自分の性と健康をコントロールする」ことが、人生の正しい選択に結びつきます。
ここではそのために必要な情報を、その客観的で的確な内容が欧米で高い評価をうけているインターナショナル版の、日本語訳でお届けします。

私たちの元気はホルモンバランスのコントロールから。女性ホルモンの作用が人生のサイクルとカラダの変化の源です。
だからホルモンのバランスを上手にコントロールできれば、私たちの人生のコントロール、半分は成功したみたいなもの。
そのためには、まず自分のカラダのことを知らなくては。そう思いませんか?

ホルモンバランスを上手にコントロールするには、専門家のサポートがとても大切ですよね。
私たちの一生をトータルにケアしてくれる婦人科とお医者さん(パートナードクター)を早く見つけた人は、人生の重荷を半分は下ろしたみたいなものです。

このサイトはドイツの製薬会社日本シエーリングが運営するサイトです。
女性が人生を謳歌するために女性の各ライフステージにおいて直面する性や健康の疑問・問題について情報を提供しています。

今回はそのサイトの会員サービス「Female Life CLUB」を紹介します。
会員登録していただいた方には、定期的なメールマガジンの送信や、その他さまざまなサービスがうけられるようになりますよ。
もちろん無料です。

女性のこころと体の悩み解決します。

「どうすれば会員になれるの?」

次のリンクをクリックしてくださいね。
http://barclay.e-city.tv/health/index.html#femaleclub

お得な情報や特典のあるfemale life CLUBの会員にあなたもどうぞ!
あなたもぜひ人生を謳歌してくださいね。
Good luck!
[PR]
# by denman705 | 2005-07-09 05:24 | 女性の健康管理・悩み

差別語検閲は日本の将来を暗くする



私が初めて日本語の掲示板に参加したのは2003年の12月です。『タンタン広場』というところで初体験したのですね。そこで私は差別語検閲に懲り懲りしたのです。

それまでの5年間に欧米のサイトではたた一度だけ検閲に引っかかりました。ところが、『タンタン広場』の掲示板に参加したら、なんと初めの8日間に次のような差別語に引っかかったのです。

baka
kichigai
teino-ji
buraku
shasei
korose
ura-nihon
omote-nihon
おchin-chin
seishin-ijou

上の差別語を漢字で書くにはアスタリスクを使って、このように書いたのです。

馬*鹿
気*違い
低*脳児
部*落
射*精
暗殺せよ
裏*日本
表*日本
おチン*チン
精神*異常

しかし、これも見つかりまして「今後このようにめったやたらに差別語を使うと、出て行ってもらいます」という警告をもらったのです。

裏日本、表日本がどうして差別語になるのか、初め理解に苦しみました。 小学校の頃には教科書にも載っていたように記憶しています。

今でも『タンタン広場』のメンバーですが、書きたいことを書くとすぐに差別語検閲に引っかかるので最近ではほとんど顔を出していません。そこで投稿を書く気がしなくなってしまったんですよ。

私は現在カナダのバンクーバーに滞在していますが、もし日本全土でそういう差別語検閲をやり始めたら、私は日本に住むことを拒絶してカナダに永住します。現在は日本も鎖国をしていませんからね、好きな土地で好きなことをして暮らすことが可能です。

そういうわけで、そのような差別語検閲が日本全土で行われたら、私は躊躇なくそのような日本を捨てる覚悟が出来ています。

かつて太平洋戦争中、日本帝国政府は英語を使うことを禁止すると言う愚行をしたんですね。全く愚かとしか言いようがありません。「ストライク」と言わずに「良し」とか言ったらしい。「ボール」と言わずに「はずれ」とか。。。 とにかく敵性語として英語を禁止してしまったわけです。

今から考えれば、馬鹿馬鹿しいにもほどがあります!
日本帝国政府をそういう愚かな日本人が牛耳(ぎゅうじ)っていたんですね。
戦争に負けるのは当たり前です!

アメリカはそういう愚行をやらなかったんですね。中国の古典に『孫子の兵法』がありますが、この中に次のような格言があります。

「己を知り敵を知れが百戦危うからず」

アメリカは日本語学校を急増して、そこで日本専門家を養成しようとしたわけです。つまり上の格言を実行したわけなんですね。太平洋戦争を勝ち抜くには、日本と日本人を知らなければならないんです。あれだけ中国の古典を勉強したはずの優秀な日本人が、何と、あの戦争中にはばか者の日本人に押しのけられてしまったわけです。

その一環としてアメリカ政府は、ルース・べネディクト女史(Ruth Benedict)に日本と日本人についての研究を依頼したんです。報告書が出来上がった時には戦争が終ってしまった後でしたが、彼女の研究に基づいて出版された本があの有名な『菊と刀』です。実にすばらしい本ですね。私は幾度か読みましたが、そのつど新しい感動を受けましたね。

海外生活が長いから感慨がひとしおです。私自身、古き良き時代の日本人の心を忘れがちになるので、戒めのつもりで読んでいます。

このことからも判るように一つの言語の使用を禁止することはもちろん、差別語としてある言葉の使用を禁止することは、歴史的に見て実に愚かな『愚行』なんですね。そういうことに何の疑いをさしはさまずに、いまだに差別語検閲をやっているところがあるのですから呆れてしまいます。

言葉と言うのは水や空気のように我われ人間が生活してゆくためにはなくてはならないものなんですね。それを、一つの権力が、あるいは愚かな政府が言葉の使用を禁止する。これは基本的人権に反することです。

どんな権力者も上のリストにあるような言葉を禁止する権利はないんですね。これまでの歴史を調べてみて、私はまさにそれを痛感しました。
あなたはどう思うでしょうか?

もう少し日本を住み良くしたいと考えていたら、ぜひ次のスレッドを読んでみてくださいね。
思っても見なかったことに気付くはずですよ。

『日本って世界的に見て本当に住み良い国なんでしょうか?』
http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=1922
[PR]
# by denman705 | 2005-07-09 05:23 | 差別語検閲

あなたも一石三鳥のトクをつかみませんか?



『家に居て翻訳の勉強をしながらお金がもらえる!』
『英語は国際語だから勉強しておいたほうがトク!』
『もう、無駄な通勤する必要がない!』

信じられますか?
一石三鳥の得です!
興味がわきませんか?

そうなんですよ。
報酬を受け取りながら、翻訳者になるための勉強ができます。

翻訳学校でも、通信教育でも、費用がかかることはあっても、報酬を受け取ることのできる勉強方法はありません。
この翻訳の在宅インターンなら、全ての仕事には文字通り「仕事」として対価が支払われます。

あなたもプロ翻訳者になることができるんですよ。

どんなスクールで勉強しても、その結果は翻訳者として活躍できるようになるか、そうではないかの二つに一つしかありませんでした。
この翻訳の在宅インターン制度を利用すると、翻訳者になる為の道のりが、ステップバイステップで明確になります。

欲しくても得ることのかなわなかった「翻訳の実務経験」が、経験ゼロから得られるようになります。

どの翻訳者の求人を見ても「実務経験X年以上」という記載があります。
では、実務経験のない人はどうやってその実務経験を身に付ければよいのでしょうか。
たまたま仕事をしている会社で翻訳の仕事を割り振られた、
たまたまいつもの翻訳者がつかまらなかった翻訳会社のトライアルを受けたら通ってたまたま仕事がまわってきた
・・・といったように、今までは偶然に頼るほか方法がありませんでした。

この翻訳の在宅インターン制度は、実力と熱意があるけれども、
実務経験がないためだけに翻訳者として活躍することのできなかった人も応援します。

応募したいと思いませんか?
ええっ?
資格は必要ですか?とお尋ねですか。。。

翻訳の在宅インターンの仕事に必要な資格等はございません。
翻訳能力は、語学力(外国語だけでなく日本語も)や専門分野の知識、
リサーチ力など非常に様々な要素が関係しているため語学の資格などが、
能力査定にあたってあまり参考にならないためです。
資格を取得するよりもむしろ、翻訳の在宅インターンの仕事を通じて、
実務経験を積んでいただき、専門分野の文章に接する頻度を高めていただくことが、
将来にわたって資格よりも重要な経験となってくるのではないかと思います。

兼業でも大丈夫でしょうか?

現在兼業で活躍されている方も、年齢層を問わずたくさんいらっしゃいます。
本業の関係で、在宅インターンの仕事に取り掛かれない時期は、無理に仕事を引
き受けて頂かなくとも、登録は継続して頂けますのでご安心下さい。

仕事の頻度や量について、時間の融通はききますか?

発注案件のご案内に際しましては、作業の概要と、おおよその作業量もしくは作業
に要する推定時間、納期等をお知らせ致します。
ご自身の作業に当てられる時間や作業のペース等をご考慮の上、
それに見合うような案件をお引受け頂ければ結構です。
副業として取り組まれている方、育児や家事と両立されている方も数多くいらっしゃいますので、
その点はご心配におよびません。

他に登録料などかかりますか?

翻訳の在宅インターンご登録に付随する費用は一切ございません。

どうしたら登録できるのですか?

次のリンクをクリックしてください。

http://barclay.e-city.tv/soho/index2.html#glova
[PR]
# by denman705 | 2005-07-08 03:09 | 就職・転職

日本を少しでも良くしたいと思いませんか?



バブルが崩壊してから、テレビを見ていると嫌な事件が多いですよね。ちょっと常識では考えられないような事件まで報道されています。
誰もが、日本が良くなる事を望んでいると思います。あなたはどうですか?もちろん、日本がもっと暮らしやすくなれば良いと思っているでしょう?

ところで、ネットでも、日本を少しでも良くしたいという人たちが居るのですよ。ちょっと、この事をお話してみたいと思います。
『レンゲのフォーラム』に集まっている人たちのことです。

レンゲさんというのは実在の人物ではありません。では、なぜ実在の人物ではないレンゲさんが、そのフォーラムに登場するのか?これを説明するとちょっとばかり長くなります。でも、ユニークなレンゲさんを知るためにぜひ読んでくださいね。

そもそも、レンゲさんを創造する必要があると言い出したのはデンマンさんです。もちろんデンマンさんに責任のすべてをなすりつけるつもりではありません。これまでのデンマンさんの経験と、フォーラムの参加者であるふじこさん、みゆきさん、ケンさん、みすずさんたちが日本の掲示板にカキコして批判したときに予期せぬ非難を浴びたことがありました。デンマンさんをはじめ、参加者の方は日本のサイトを覗くよりも欧米のサイトを覗くことの方が多かったのです。

なぜなら、どの方も海外生活経験があって、子供の頃から英語に親しんだ人も多いのです。そのようなわけで、日本のサイトを覗くことが少なかったわけです。欧米では「健全な批判精神」が根付いているんですね。

良く分かる例が「ウォーターゲート事件」と「カリフォルニア州知事のリコール」です。このようなことは日本では起こりようがありません。なぜなら「健全な批判精神」が日本には根付いて居ないからです。
例えば、日本ではダメな政治家が実に多いのですね。時代遅れになりつつある年金制度を抜本的に見直さなければならない政治家が、いろいろな口実を設けて自らが掛け金を払わない、つまりごまかしているわけです。
日本でも一時問題になりましたが、悪い政治家は今だに議員を辞職しないでノウノウとしています。

アメリカで同様なことが発覚すれば、その政治家の政治生命は絶たれてしまうのですね。「ウォーターゲート事件」と「カリフォルニア州知事のリコール」を見れば明らかなことです。

つまり、欧米では政治が庶民の間に根付いている。だから、政治家が悪い事をすれば、庶民は黙ってはいないんですね。大統領であれ、州知事であれ、引き摺り下ろしてしまいます。ところが日本ではこのようなことが起こりません。
なぜか?
「健全な批判精神」が根付いていないんですね。年金をごまかした政治家が、今でも国会議事堂の中をうろちょろしています。

デンマンさんたちが日本のサイトの掲示板で「健全な批判精神」にのっとって批判したにもかかわらず、多くの人が「誹謗中傷」あるいは根拠のない非難をしていると受け取ってしまったのもそのためです。

日本では、ご存知のように「聖徳太子の和の精神」が昔から根付いていたんですね。つまり、「揉め事を出来るだけ避けて仲良くやりましょう」と言う精神です。だから、ある人を名指しで批判することは、日本ではなかなか受け容れられないんですね。「波風を立てるな!」というわけです。このような日本の社会風土が年金をごまかした政治家を大目に見てしまうんですね。
「政治家も出来心で悪い事をすることもあるだろうさ、だから、あまり厳しいことを言わずに仲良くやろうじゃないか。。。」
これが日本的な発想です。

ところが最近の日本を見てください。どこか狂っていると思いませんか?とにかく今夜のテレビニュースを見てくださいね。いやな事件ばかりでしょう?いやな事件と言うより、常識では考えられないような悲惨な事件が実に多くなりました。
何の罪もない小学校1年生の女児を誘拐して殺す。短絡的に両親を殺してしまう少年や青年が増えている。脱法ドラッグにすっかりはまっている少年が増加している。引き篭もりが依然として増えている。働きもしなければ、学校にも行かずにブラブラしている青少年が50万人近くもいる。

デンマンさんは海外生活がかれこれ30年近くになるそうです。20カ国以上を見て歩いているそうです。これまでの経験から先進国のうちでは日本が一番社会的に病んでいるそうです。
20年前には日本の警察は世界でも優秀だったのですが、最近では検挙率がずっと低くなっています。警察官僚は県警本部で裏金作りを当たり前だと考えてやっています。

医者の質も低下しています。以前、池田小学校事件がありました。犯人はすでに死刑になったようですが、彼は精神を病んでいたんですね。
しかし、担当の精神科医の診断が甘かったために、その犯人が野放しになっていました。そういうわけで、あの事件が起きたわけです。もう少し適切な診断が出来ていたら、犯人は野放しにはならなかったわけです。
でも、このことはうやむやにされてしまいました。精神医療制度にも問題があるわけです。

ところで、レンゲさんも「境界性人格障害」と言う精神障害をわずらっています。詳しいことは次のリンクをクリックして読んでください。

『レンゲを理解するためのバイブル』
http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=210&log=1

最近、精神を病んでいる若者が増えています。鬱病、Panic Disorder、人格障害などが主な病名です。
20年前には、精神病は人には言えない隠すような病気でしたが、最近そのような劣等意識を持つ人は極めて稀になりました。
むしろ「精神障害」と言う病名をもらったことで、ほっとしたような人が見受けられます。病気を持つことによって「免罪符」を得たような気持ちになって、治療と言う名の下に働きもせず妄想部屋に引き篭もり無為に過ごす人が多くなったようです。

海外で暮らした経験を持つ人たちが集まって話をすると、決まって話題になるのが「病んでいる日本」「どこか狂っている日本」なんだそうです。デンマンさんたちがこのような人たちと接してたどり着いた結論が、たいていの人たちが「崩壊した家庭」に育っていたと言う事実です。

レンゲさんはそのような若者を象徴している人物です。愛のない「崩壊した家庭」に育ったことが「境界性人格障害」と言う病気になった大きな原因です。デンマンさんも、その他の方も「崩壊した家庭」が増えていることが「病める日本」の病根だと見ています。
レンゲさんが創造されたということには、そのような背景があります。

つまり、「病める日本」を少しでも良くするためにはレンゲさんを理解することが必要です。ただ漠然と「病める日本を良くしよう」と言ったところで、何から始めてよいか分からないのが実情でしょう。
そのために、レンゲさんが登場したわけです。レンゲさんと似たような人がいるかも知れませんが、この『レンゲのフォーラム』はレンゲさんを誹謗中傷したり非難するために立ち上げられたものではありません。
「病んでいる日本」を少しでも住み良くしたいため、「考える場」を与えるために設けられたものです。

レンゲさんは病んでいる日本の悩める若者を象徴している人物です。この『レンゲのフォーラム』の参加者がネットで出会った病める若者の群像をそれぞれの個人的体験も交えながら創造した女性です。
そういうわけで、特定の個人を扱っているわけではありません。レンゲさんに似た人物が居るかもしれません。なぜなら、このレンゲさんで象徴されるような悩める若者が現在日本にはたくさん存在するからです。

「このレンゲ、もしかしてあたしじゃないの?」と思い当たるかもしれませんが、決してあなたではありません。だから、決して被害妄想を起こして「このレンゲ、あたしだわ!」なんて、勝手に思い込まないでくださいね。
お願いします。

関心があったらぜひこのフォーラムを覗いてくださいね。では、そちらでまたお会いしましょうね。

http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=1922
[PR]
# by denman705 | 2005-07-08 03:08 | 病める日本

あなたはコンピューターのことに詳しい?



多分、あなたもコンピューターのことをある程度知っているでしょう?
とにかくネットをやっているのですからね。
でも、せっかくネットをやっているんだから、ネットを利用しないという手はないですよね。

僕はコンピュータのことはもともと専門だったから、うまい仕事にありつきたいと言うより、
IT関連の仕事について調べているんですよ。
うまい仕事には現在就いていますからね。
だから、今のところ探す必要はないんです。

とにかく、1週間ほど前に僕が手にしたメールを見ていたら次のようなものに出くわしました。
僕はうまい仕事にすでに就いているから、きっとこの情報はあなたに参考になると思いますよ。
それで、ここに書いたわけです。




Subj: わくわく派遣 今すぐチェック!最新お仕事情報
Date: 30/06/2005 2:45:18 AM Pacific Daylight Time
From: info@wokwok.co.jp (架空)
To: barclay1720@aol.com
Sent from the Internet (Details)


Akira Kato様の希望条件に合う新着お仕事情報が91件ございました。
このお仕事情報は、あなたが希望するエリア、職種、時給で検索し、
さらに、期間、地域・駅、こだわりポイントについて、あなたの希望
によりマッチしたものから優先して表示しています。


◆◆ 購買管理システム開発業務 ◆◆

【 給与 】 時給2100円
【 勤務地 】 横浜市・川崎市以外大和駅
【 勤務時間 】 9:00 - 18:00
【 契約期間 】 長期
【 仕事内容 】 大手メーカーで、自動車メーカーの購買管理システム開発をお任せいたします。資材費用の低減を目的としたシステム対応となります。
【 応募資格 】 PL/SQLの使用経験がある方。
【 一言コメント 】 自動車メーカーの購買管理システム開発をお任せいたします。資材費用の低減を目的としたシステム対応となります。基本設計からプログラミングまでをお任せします。PL/SQL、Oracleによる業務経験がある方
【 派遣会社名 】 株式会社スタッフサービス・******


◆◆ セットトップボックス開発管理業務 ◆◆

【 給与 】 時給2100円
【 勤務地 】 港区新橋駅
【 勤務時間 】 10:00 - 19:00
【 契約期間 】 長期
【 仕事内容 】 大手通信会社で、セットトップボックスの仕様書作成を担当していただきます。ベンダーへの仕様書提示や設計情報の審査、品質設計の確認作業を行います。
【 応募資格 】 Excel/Wordの使用経験がある方。
【 一言コメント 】 セットトップボックスの仕様書作成を担当していただきます。ベンダーへの仕様書提示や設計情報の審査、品質設計の確認作業を行います。装置設計経験がある方は歓迎します!英語読解力が必要です!オフィスは禁煙で就
【 派遣会社名 】 株式会社******・ソリューション


◆◆ コールセンターシステム開発業務 ◆◆

【 給与 】 時給2300円
【 勤務地 】 江東区豊洲駅
【 勤務時間 】 9:00 - 17:30
【 契約期間 】 長期
【 仕事内容 】 大手ソフトウェア会社で、新規システム開発でレポート機能の画面開発をお任せします。レポートAPモジュール構成の検討を行います。
【 応募資格 】 Webの使用経験がある方。
【 一言コメント 】 新規システム開発でレポート機能の画面開発をお任せします。レポートAPモジュール構成の検討を行います。データベース設計(ER図作成)を主にお任せします。要件定義から詳細設計までをお任せします。SQLSe
【 派遣会社名 】 株式会社サービス・******


どうですか?
もしコンピューターの事を知っていて、手っ取り早く仕事に就きたかったら、
こういう派遣の仕事に就くのも一つのアイデアかもしれませんよ。
考えてみたらどうですか?
せっかくコンピューターをやっているんだから、自分でスキルアップする事も可能ですよね。
ネットで学ぶことが出来ますよ!

ええっ? どうしたら、上のような仕事にありつけるのか?

次のリンクをクリックして会員に登録すると派遣会社があなたを見つけてアプローチするんですよ。
しかも、上のようなメールが送られてきますから、
あなたはじっとしていても、向こうのほうから仕事がやって来るというわけです。

http://barclay.e-city.tv/jobs/index.html#wakuwaku

会員登録はもちろん無料です。
じゃあ、頑張ってね。
Good luck!
[PR]
# by denman705 | 2005-07-07 05:18 | 就職・転職

批判と誹謗・中傷は全く違いますよ!



あんたの情報提供によって僕は実に面白いものを見せてもらいましたよ。あれほど僕の事が話題になっているとは実にうれしい限りです!あの中でも指摘していた人がけっこういましたよ。
「ここでガタガタ奴の事を書くと、かえって奴を喜ばせるんじゃないかな。。。」
まさしくその通りなんですよ!まったく僕は喜んでしまいました!
そのために僕はここでガタガタ書いていたんですから。

ぼくの「自己実現」の一手段としてね。あの「ウサ晴らしの集団」が、言ってみれば、3月29日から僕がせっせと日記を書いてきた「成果」ですよ。実にうれしいですよ!僕の日記から、かなりのインパクトを受けていますよ。書いた甲斐がありましたよ。しみじみと実感しています。

ただ、残念なのは僕に正々堂々と批判を挑む者が誰一人としていない事ですよ!これはとても残念です。自分に自信を持てないから、正々堂々と僕に向かって批判することが出来ない!コテンパにやっつけられてしまうと思っている!「悪口」を言っている連中は、僕に押しかけられると思っている。そのような「後ろめたさ」があるんで、僕に批判を書く前に、僕を「拒絶リスト」に入れたんでしょうね?そういう卑怯者は僕は初めから相手にしませんよ。

だから、例え、そのような愚かで卑怯者がわんさと居ようとも、健全な対話の持てない人間は「アクセスを拒否」している内には入らないんですよ。僕にとっては、虫けらよりも価値のない人間たちです。虫けらには悪意はありませんからね。あの連中には悪意があり、僕に対して後ろめたさを感じていますよ。だから、僕に一度も批判を試みていないにもかかわらず、僕を「拒絶リスト」にいれてしまうんでしょう?僕は、ああいう種類の人間が居ることを全く知りませんでした。想像もつかないことでした。

これは実に良い勉強になりましたよ!欧米のサイトでは経験できないことでしたよ!

あんたの情報提供のおかげで充分に喜ばせてもらいました。あんたには感謝します。だから、対話は意味のあることですよね。こうしてあなたは僕に情報の提供をしてくれる。しかも、まともに僕に対して批判をしてくれる。あんたは、少なくともあの「ウサ晴らしの集団」の虫けらにも劣るような人間とは違います。正々堂々と僕に批判を試みたわけですからね。

あなたは、抗議と言っているけれど批判の無い抗議と言うものはないんだよ。アメリカに3年住んでてそのぐらいの事が分からなかったの?日本にいたって分かりそうなもんじゃないか?もっと批判について勉強して欲しいですよ。

>> その拒否した一人が、現在僕に批判を試みていますよ!

>あなたこそ根拠のないことを書くべきではありません。
>あなたの名前は既に2ちゃんねるで話題になっており、
>批判を試みているのはそのうちの一人であって、
>あなたを拒否した女性ではありません。
>根拠が知りたいのなら2ちゃんねるを探してみるといいでしょう。

だから、その根拠を示して欲しいと言っているんですよ!上のURLのようにね。あなたが示すべきですよ!
あなたも分からない人だなあ!
僕は2ちゃんねるには行きたくないんですよ。どうしてイヤかと言うと、あそこでは「匿名」をいい事に無責任きわまり無いことを言い合うからですよ。僕には全く意味のない会話をするところですよ。Feces of gold が2ちゃんえるから来たというのをあなたから聞いて、すべてが納得行くような気がしましたよ。あそこから来た人間なら、「なりすまし犯罪」を犯罪意識を持たずにやりそうな気がするからですよ。とにかく無責任な人間の集まりですからね。

>あなたの名前は既に2ちゃんねるで話題になっており、

そうですか。それはうれしいような、迷惑なような。
でも、そういう人たちが僕のフォーラムにやってきてくれて僕に対して正々堂々と批判してくれるなら、うれしい事ですよ。それなら、僕が、2ちゃんねるで話題になっている事も意味のあることですからね。

>> 僕の投稿はたくさんの人が読んでいるんですよ。
>> コメントを書かないのは、
>> コメントを書くと、僕に噛み付かれると思っているからですよ。
>> そう思っている人がFC2には圧倒的に多いんですよ。
>> なぜなら、気楽に楽しくやろうと思ってやって来る人が圧倒的に多いからです。
>> 決して、無視しているわけではないんですね。
>> あんただって、この事を良く理解しているはずですよね。

>確かに、あなたの日記は不快な日記として各所で話題になり、
>多数の人が訪れているだろうと思いますので、
>「無視」という表現は誤りであったかもしれません。

全くその通りですよ!誤りだったんです。僕自身、僕の投稿が実に多くの人に読まれていることを把握していますからね。あなたが何と言おうと、事実は事実なんですよ。このことを根拠に基づくと言っているわけです。

>しかし、FC2はコメントを付け合って楽しむコミュニティです。
>根拠はここのログインページの説明です。
>従って、コメントがつかないということは、「相手にされていない」ということです。

ログインページには「コメントを付け合って楽しむコミュニティです」なんてどこにも書いてないですよ!あんたはね、いいかげんな事を自分の身勝手に書きすぎるんですよ!あなたが「根拠もなく批判する」と僕が言うのはそのような理由ですよ!もう一度ログイン画面を見てじっくりと探してくださいよ!どこにありますか?いい加減なことを言うんじゃないの!

>従って、コメントがつかないということは、「相手にされていない」ということです。

従ってじゃないんですよ!あんたは、ちっとも根拠に従っていませんよ!僕は彼らを相手にしませんが、僕の書いた日記が「ウサ晴らしの集団」の中で話題になっているじゃないですか!つまり、彼らの間で、僕は充分に話題性を持って相手にされていると言うことなんですよ!僕は、正々堂々と批判する人以外は、こちらからは出向いて行きません。忙しいですからね。そのゆとりがありませんよ。とにかく、あの集団の中では、僕が話題の中心になっていますよ!僕を取り除くと、あの「ウサ晴らしの集団」の存在価値がなくなります。貴方は、そう言うことも理解できないんですか?

あなたは、一体、3年間のアメリカ生活で何を身につけてきたんですか?
「健全な批判精神」はあなたには無い。
「個人主義」もあなたは理解していない!
僕との対話を通して、やっと「子供だとか大人だとか決め付けずに、個別に考えるべきなんですよ」と言うことが理解できた。

>> その証拠に、僕のサイトを見てくださいね。
http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php
>> このサイトには「病んでいる日本を良くしたい」と
>> 思っている人がたくさん集まって、活発に議論していますよ。

>あなたのおっしゃる「たくさんの人」は、ほとんどあなた自身であり、
>自作自演であると私は判断しています。
>その判断の根拠は、あなたが使われているハンドルネーム、文体、等々です。

これは水掛け論に終りますからね。ガタガタ批判し合っても仕方ないでしょう。でも、ここにあなたが読むだけの値打ちのある投稿をお目にかけます。きっと、読むと目からうろこが落ちますよ。この女性は、海外生活経験がありません。でも、あなた以上に国際感覚を身につけています。その根拠として、この2つの投稿をあなたに読んで欲しいと思いますね。あなたの、「甘やかされた家庭」にとっても、非常に参考になる投稿ですよ。

http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=117&log=1#175
http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=226&log=1

>>> 私は自分の経験から、「健全な批判」とは、「相手の気持ちを踏まえた上で行う批判」だと信じていますし、

>> それは間違いです!
>> 「健全な批判」と言うのは「相手の気持ち」が最優先じゃない!それは一番最後ですよ!
>> 最も重要なことは「根拠に基づいて」ということですよ!

>この点に関してあなたと私の見解はまったく異なっているようです。
>あなたが「健全な批判」において「相手の気持ち」が最優先ではない
>根拠を示していただきたいものです。

僕はもう何度となくこの事を書いているんですよ。おそらくあなたも読んでいるはずです。ところがあなたには理解力が乏しいんですよ。精神的成長がアメリカへ行く前に止まってしまったんですね。だから、アメリカで生活しても、日本人仲間とばかり付き合っていたので、結局アメリカ人と批判した事がなく、
「健全な批判精神」の基礎が良く理解できないうちに、次の任地へ飛ばされたわけです。

いまから根拠を示しますからね。あんたの国語辞典を持ってきてね。
まず、「批判」と「誹謗」を引いてみてくださいね。
その違いは何か? じっくり読んでくださいね。
「健全な批判」とは「誹謗・中傷」ではないと言うことなんですよ!
その違いは何か? 分かるでしょう?
根拠があるかないか?と言うことなんです。「相手の気持ち」は行間の中に隠れています。
僕は相手の気持ちを無視しようとしているわけじゃない。
一番重要なものは何か?
それを見失わないためには、あなたのようにセンチメンタリズムにとらわれては本末転倒になると言っているだけですよ。

>> この女性は僕を拒否したにもかかわらず、
>> 僕のサイトにやって来て、掲示板で僕が言わないのに他の投稿まで読んでいますよ。
>> 疑うなら、次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。
http://barclay.c-f-h.com/renge/tree.php?all=1439#1449

>あなたがサイトで書かれていることは間違っています。
>なぜなら、あそこに示されているアクセスログは私のものであるからです。
>従って、あなたが言う「女性」のアクセス履歴ではありません。

確認してくれてありがとう。感謝します。
だから、対話は大切だと、僕は改めて実感していますよ。
こういうことでもないと分からないですからね。あなたとの対話を通して、また真相に一歩近づいたわけです。この点に関しては、あなたがウソをついているとは思いませんからね。

>> 根拠に基づいて批判すると言うのはこういうことです。

>上に示した通り、あなたが主張する「根拠」の多くは誤っており、
>あなたこそ不確実な根拠に基づく憶測でものを言っているのです。

僕は次の投稿でもはっきりと言っているんですよ。
http://barclay.e-city.tv/oldhist/shinri.html

絶対の真理と言うものはないとね。
その理由の一つには、人間には完璧な人はいないということですよ。
僕も未熟な人間です。
あなたはもっと未熟な人間です。
つまり、完璧な人間などどこを探しても居ないと言う事ですよね。
僕はこの事をいやと言うほど経験しています。
僕に向かって「オマエは独善だ!」とう人が、日本に住んでいる日本人には圧倒的に多い。
こちらに住んでいる人は「オマエは頼もしい奴だ」と言う人が多い。
同じ「自信」が見る人によってこれだけ違ってくる。

「不確実な根拠に基づく憶測」とあんたは言う。
しかし、これまでのあんたの投稿は、「道徳」を持ち出したり、「社会的制裁」を持ち出したり、全く観念論ばかりで話しをすすめてきた。僕に根拠に基づいて話せ!と言われて、「道徳」を完全に引っ込めた。

僕は「誹謗・中傷」にならないように、常に根拠に基づいて語るという姿勢を欧米の生活で身につけてきました。だからね、例えあんたが「不確実な根拠に基づく憶測」と言おうとも、あんたのように、観念論だけで意味のない「抗議」をするようなことはしない!「不確実な根拠に基づく憶測」でも充分に意味のあることなんですよ。なぜなら、あんたが訂正してくれたように、対話を通してより真相に近づく事が出来るからですよ。

あんたの観念論で話しを進めてゆくと、水掛け論になって批判はデッドエンドに突き当たってしまうだけなんですよ。だから僕は、根拠、根拠と口をいすっぱくして言うわけです。こういう対話を通して、より完全な真理に近づこうと僕は常に努力しています。ところが、あんたにはこのような努力が全く見えない。今度のあんたの返信も、全く無意味な観念論的な結論を出して終わりにしている。

だから、僕は言うんです。あんたは僕よりももっと未熟な人間だとね。しかも、海外生活が6年以上あると言うのに、具体的な海外生活のエピソードさえあんたの投稿の中には、唯の一つとして現れていない!日本で一生涯生活していた人と全く変わりのない文章を書いている。あんたの、海外生活経験は、あんたの人生にとって一体何だったのか?プラスになったものが何一つ文章からにじみ出ていない!だから、「不確実な根拠に基づく憶測」と言うようなトンチンカンなことを言う!問題は、根拠に基づいて批判すると言う、その姿勢ですよ!対話を通してお互いにより完璧に近い真理に近づこうとする事が重要なんでしょう?
そう思いませんか?
でも、あんたの返信は、また観念論的な意味のない結論で終っていますよ!

>> 「対話」も批判と基本的には同じですよ。
>> 根拠に基づいてなされるべきです。

>あなたがこのように言い切ってしまう以上、
>私とあなたの間には歩み寄りの余地がなく、
>この点に関して議論しても無意味であると私は考えるのです。

だから、ここであんたは自分の信条と経験に基づいて反論すべきなんですよ。

>> すみれちゃんは「傷ついた」とはどこにも書いてない!
>> 「下ネタっぽいのが嫌」と言っているだけですよ!

>「傷ついた」と文字にして書かれなければ相手が傷ついたことに
>気がつかないという点を私は強く非難しているのです。

これは非難するとか、非難しないとかの問題じゃないんですよ。あんたの文章の読解力がないと言うことにつきるんです。証拠はすべて残っているんです。もう一度、僕とすみれちゃんの投稿をじっくり読んでくださいね。

すみれちゃんは「自分が傷ついた」とはどこにも書いてない。
「傷つく人が居るから」と書いている。
あんたも、すみれちゃんも、日本人独特の「建前」で話をしている。

海外生活経験をしていれば、このことははっきり分かりますけれどね、
東洋でも西洋でも、本音で生活している人のほうが圧倒的に多いものです。僕は日本のネットをやっているわけではないんですよ。世界のネットをやっているんです。欧米のネット歴18年、日本サイトのネット歴2年。日本が世界の中にあると言う事を僕は肌身で感じている。

だから、日本のネットと言う「井の中の蛙」にはなりたくないんです。ネットでも、現実の世界でも、日本はグローバル化の波にすでに飲み込まれているんですよ!ホリエモンを見てくださいよ!ああいう人間が、これからますます日本にも増えてゆくんです。

ところが、あんたのように海外生活経験が6年以上もある人間が、相変わらず建前で話をしている。本音で話してこなかったから、「本音」の部分が見えない!見失ったままです。あんた、早くこのことに気付くべきだったんだよ。気付いていたなら、もっと具体的な話や、海外生活のエピソードなどを織り交ぜて僕に返信が書けたんですよ。でも、そのような説得力のある話しをこれまでに、一度として書いた事が無い!非常に残念な事ですよ。

この続きは次のリンクをクリックして読んでください。

http://barclay.c-f-h.com/june/tree.php?all=87#102
[PR]
# by denman705 | 2005-07-07 05:17 | 健全な批判
ダイエットを真剣に考えたことあります?



女性なら誰しもスマートにやせたいと考えますよね。
でも、なかなかそうできないんですよね。

ところが、ダイエット成功者続出しているところもあるんですよ。
知っていますか?

驚異の成功率97.5%!
ちょっと信じられませんよね。
こういう数字に惑わされて高いお金を払って結局失敗したという話を良く聴きます。

では、一体ダイエットに成功の秘訣とは?
それは、自分の体質・生活にあったダイエットをすること!だそうです。

あなたも試してみてはいかがですか?
今ならあなたの体質にあった10日間ダイエットサプリを無料体験することができますよ。
高い受講料を払って失敗する心配がありません。

ダイエットの基本は、痩せながら、太りにくい体質を作っていくことです。
まずはあなたの太る原因を調べて、太らない体質にしていくダイエットが必要です。
自分にあったダイエットを見つけることから初めてみませんか?

専任カウンセラーが親身になってアドバイスしてくれるから、意志が弱くて続かなかった人に、特にオススメです!体質にあったサプリを教えます!
今度は、あなたが本物のダイエットに挑戦しませんか?

「試してみたいのですが、どうすればよいの?」

それなら、次のリンクをクリックしてくださいね。
ダイエットサプリ10日間無料体験者募集中です!

http://barclay.e-city.tv/health/index.html#10days

あなたの体質・生活にあったダイエットを発見してくださいね。
Good luck!
[PR]
# by denman705 | 2005-07-06 04:25 | 美容・健康
日本から失われつつある良妻・賢母



ニュージーランドのクライストチャーチに住むコーさんから次のようなコメントをもらいました。


デンマンさんの体質は、私の母親並みの強さですね。今日は70才の誕生日ですが、地元の3町合併で閉鎖する町の功労者に食生活改善と環境衛生部門で唯一の女性として表彰されたということで、電話でも元気一杯でした。

代書人で町の名士だった父を小学校のときに戦争で亡くし、それまでの父からの教育だけの力でここまで粘ってきての受賞ですから、立派なものです。日本の田舎もようやく学歴や男女の壁がくずれたような気がします。


僕の父親はまさに僕と同様な「海外放浪型体質」なんですね。医者にはかからないし、薬嫌いな人でした。寝込んだのを見たことがありませんでした。満州・沖縄と激戦地を渡り歩いて幸運もあったのでしょうね。しぶとく生きぬいてきました。

僕の両親はどちらも小学校しか出ていないんですよ。父親は頑張り屋でしてね。独学で教員資格を取って18才の時に助教諭として教壇に立ったというのですからね。頭が下がります。

しかしこの人も癌にはかなわなかったですね。健康には自信があって、あまりにも自信過剰であったために、早期発見にならなかったんですよ。母親は医者に行くように勧めたのですが、医者嫌いの薬嫌いですから手遅れでした。食道癌が転移して手術の施しようがなくて79歳で亡くなりました。でも、長寿の方でした。

僕の母親も苦労した人です。大正11年生まれです。僕の母親ばかりでなく、同じ世代の女性はほとんどが親のため、家のためにこき使われましたからね。実家が農家なんですね。貧乏農家です。13人の子供の一番上ですからね。貧乏子沢山の家に生まれて苦労のしっぱなしです。

米作りだけでは食べて行けずに、遠い親戚筋に当たる東京の寿司屋に女中奉公です。随分と苦労話を聞かされました。でも、僕の知人、友人の母親にもこういう人が結構居るんですね。戦前のことです。日本は貧しかったですからね。特に僕の母親だけが苦労したわけじゃない。

母親は子供の頃は健康だったらしいんです。でも、そういう苦労のために、体をすっかり壊してしまったということです。だから、僕の知っている母親は体の弱い人なんですよ。ところが、神様は見捨てなかったんですね(僕は無神論者ですが)。僕はまさか、病気知らずの父親が先に逝くとは思っても居ませんでしたね。

体の弱い人は普段から自分をいたわる習慣が出来ているようです。それで、あまり無理をしなくなるんでしょう。悪くなったらお医者さんに診てもらうし、そういうことで長生きしているんだと思います。もう80を越しましたが一応元気を保っています。

仕事の関係もありますが、海外放浪であまり母親にあっていないので、15年ほど前から、必ず1年に1度は日本へ戻って親孝行の真似事をしています。

父親が亡くなった時に当時の小渕首相から叙勲の立派な免状が届きました。勲4等とか言うその免状を見て僕は思ったものです。「死んでっから、こんなものよこしても何にもならないじゃないか!死ぬ前なら、本人は随喜の涙を流して喜ぶのに!」

そう思ったものです。しかし、良く考えてみれば、あれは死んだ本人にあげたんじゃなくて、その人を守り立てた連れ合いに当てたものなんですよね。つまり父親でなく、僕の母親に上げたようなものです。「良くぞご主人をここまで守り立てて支えてあげました。亡くなられた方のお名前になっていますが、これは、ご遺族のためのものです」

僕は、そう思いましたね。母親の苦労は、何も報われませんでしたが、亡くなった父親に贈られた叙勲は、つまり僕の母親のものなんです。「アア、これだけ立派なものをいただいたのだから、私もこれまでの苦労が報われた」
口には出さないまでも、僕の母親はそう思ったでしょうね。

ところが、最近の日本の若い母親はどうですか!
全くあきれ果てた女が居ますね。
子供をつれて離婚して、新しい男が出来ると子供が邪魔になるので、殺してしまった。つまり、愛人の男が殺すのに止めさせないで見殺しにしたというんです。

これなど犬畜生にも劣ることですよ!
犬でも、猫でも、こういうことは絶対にしませんよ!

つまり日本の教育はどうなってしまったんだ!

戦前には「軍国の母」を育てる教育というものがあった。僕はそれが必ずしも良いものとは思いません。しかし、ko-intlさんのお母さんも、僕の母親もそういう教育を受けてきたんです。そして、立派に良妻賢母になっている。

「軍国」は認めたくないのですが、その教育のもとで「女の教育」がなされていたことは事実です。これからの日本の教育の在り方を真剣に考えないと日本は技術立国が出来ても、精神立国が出来ずに心の貧しい不幸な国になって行きますね。

そう思いませんか?

ここで僕が憤慨して、力(りき)んでみてもどうしようもないのですが、この投稿を読んでくれる人が、ちょっと考えてみてくれると、ありがたいですね。
もし時間があったら次の掲示板を覗いて見てください。

『少しでも日本を良くしたいと思う人の掲示板』
http://barclay.c-f-h.com/treejp/tree.php
[PR]
# by denman705 | 2005-07-06 04:24 | 病める日本

あなたは乾燥肌に悩んでいませんか?



知っていますか?
しみ・しわをつくり、あなたから美白を奪うのは乾燥肌なんですよ!

「今よりキレイな肌になりたい」
女性なら誰しもが思うことですよね。あなたはどうですか?

でも・・・
◇敏感肌(乾燥肌)がいつまでたっても改善できない。
◇自分に合ったスキンケアが見つからない。
◇今まで満足できるスキンケアに出会ったことがない。

スキンケアに対する不安や不満を抱えている方が多くいますよね。
いろいろなスキンケアの方法や化粧品、敏感肌(乾燥肌)対策を試しても、
思ったような効果が現れない。

その結果、「私は生まれつき敏感肌(乾燥肌)だから・・・」と言って、
諦めていませんか?

今回、そんなあなたのために、敏感肌(乾燥肌)改善に役立つ
『化粧品業界の7つの本音』をまとめました。

ここにかかれている内容は、すべて私自身が化粧品製造にあたり、
実際に体験したことばかりです。

『化粧品業界の7つの本音』を読むと、、、
★あなたにとって必要な化粧品(スキンケア)が分かる。
★安全な化粧品(スキンケア)を見分けることができる。
★敏感肌(乾燥肌)の改善方法が分かる。
★ウソの広告に惑わされなくなる。

そして、読み終わったあとには、
『なるほど、だから敏感肌(乾燥肌)が改善できなかったのか!』
とスッキリとした気分になれます。

もし、あなたがスキンケアについて迷っていたり、敏感肌(乾燥肌)の改善が
できないと諦めているのなら、5分だけ時間を取って読んでみてください。
きっと、あなたの『敏感肌(乾燥肌)改善』に役立つと思います。

「読みたいと思います。どうしたらよいのですか?」

次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

http://barclay.e-city.tv/health/index.html#dryskin

あなたもぜひ自分にあったスキンケアを見つけてくださいね。
Good luck!
[PR]
# by denman705 | 2005-07-05 16:13 | 美容・健康