デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705


もちろん、書いてからまだそれ程時間が経っていません。
でも次の表を見ると分かるとおり、上の表を記録した時までに181のアクセスがあったんです。



ところが、上の2つの記事を目当てに僕のブログを訪れた人はたったの二人ということです。
もしかすると同一人物が2つの記事を読んだのかもしれません。

つまり、上の2つの記事はインパクトが足りないという事です。

それではインパクトとは何か?

“火事と喧嘩は江戸の華(はな)”

ブログの中で“火事”を起こし“喧嘩”を見せる必要があるんですよ!
簡単に言ってしまえば、それがインパクトです。

そういうわけで、喧嘩腰のコメントがある記事は良く読まれているんです。
上の表は、このことを実に良く物語っていますよ。

つまり、喧嘩腰であっても真面目に議論するのであれば、
読者を惹き付けるものなのです。
決して悪い事ばかりとは言えないのです。

どうですか?ネコスケさん。
具体的に分かりやすく反論するという事はこういうことだと思います。
つまり、観念論で説得しようとしても説得できないんですよね。
具体的に根拠を持ち出さないと水掛け論に終わってしまう。

あなたはどう思いますか?
 
とにかく、最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
あなたのご意見、ご感想、ご批判をお待ちしています。
よろしく。

最後になりましたが、ネコスケさん、ありがとう。
あなたが書いてくれたコメントのおかげで、この記事を書くことが出来ました。
そういうわけで、僕はどのようなコメントも大歓迎です。

ただし、DEMPA55が書くようなコメントはダメですよ!
あれは、公衆便所の落書きですからね。へへへ。。。
臭くってええぇ~。。。。

実は、ここまでは2005年12月21日に書いたんですよ。なぜこの記事をまたここに書いたのか?
Realogに書いた同名の記事(『日本人は愚民か?がなぜ読まれるのか?(その1)』)に対して桜さんから、つい最近(2006年3月19日)に次のようなコメントをもらったんです。


オナニーのようなblogですねぇ
いい意味でも悪い意味でも。

by 桜

2006/03/19 0:18 AM


愚民の一人であることを自分で晒しているようなコメントですよ!
批判することを知らない!
批判の仕方を知りません!
まず、文章の書き方を知りません!
なぜなら、確固とした社会的自我を持っていない!
しっかりした“自分”を持っていない!
だから、URLが書けない。

“社会的自我”を持っていない人には、URLをしっかりと書いて批判ができないものです。
つまり、日本に生息している愚民の一人だというわけです。
僕は、さっそく次のような返信を書きました。


愚かな桜よ!
オマエがURLも書かずに、こうしてコメントを書くことは
悪い意味でオナニーをしているようだよ!

なぜだか分かるか?

なぜなら、後ろめたさを感じているのに、どうしてもかかずには居られない

うへへへへ。。。。

愚かな桜よ!
2つの意味をかけているんだけれど、オマエのようにオツムの悪いネチケットの全く分からない馬鹿者に分かるかな?

うへへへへ。。。。

1)後ろめたさを感じているのにマスかいてしまう。

2)後ろめたさを感じているのにURLを書かずにコメントを書いてします。

愚かな桜よ!
オマエは身元が分からずに書いているつもりだろうが、分かってしまうんだよ!
僕の記事をしっかりと読んで、これからは、真人間になってURLを書くんだよ!いいね。

分かったね。

マスをかいてもいいけれど、程ほどにするんだよ!

分かったね。へへへ。。。。

そうかい、そうかい、
馬鹿なオマエにも僕の言うことが少しは分かるのかい?

これからは、毎日僕のブログを読んでね。

熱心な読者になってよね。
お願いしま~♪~♪~す。

うへへへへ。。。。

by デンマン

03/19 10:54

『日本人は愚民か?がなぜ読まれるのか?(その1)』のコメント欄より


去年の12月21日の記事を再びここに書いたのは、もちろん、この上の愚かな桜がコメントを書いてくれたからなのですが、
それだけの理由ではありません。
最近、僕が相手にしている、もう一つのタイプの“日本の愚民”の見本であるマクベス君のためにも、こうして書いたのです。

彼はコメントの中で次のように書きました。



失礼。下世話ながら批判させて頂きます。
ネチケットマナーに対する価値観、日本国民のイメージ、どのように思い描こうが貴方の自由です。
どこに記載しようが自由です。

”言論の自由”は民主制云々以前に、人間の尊厳であって然るべきものですから。
そこは否定しません。

が、貴方はあえてマジョリティを否定し、アイデンティティを形成する為にブログを製作している。

自己の為に侃侃諤諤する事を私は否定しませんが、文章を咀嚼して察するに、寂しいんですね。貴方は。

個人叩きと、自己発信は必ずしも矛盾しません。
どちらも個が形成する思想ですし、他者を屈服させる事に愉悦を感じるのもまた、ごく平凡な事です。

それ故、酷く滑稽に映ってしまいます。
他者を幼稚と哄笑する貴方の幼稚さが。
いや、幼稚さとは少し違うか。どちらかといえば、
懐古主義に囚われた哀れな所が と言った方が正しいのかもしれないですね。

残念な事に、貴方の様な方が、今この日本に溢れ却っています。
貴方の言う狂った日本は、貴方自身です。

そして貴方が書いた文章の数々は、何一つ発信されていません。 自虐行為そのものです。

前を見ましょう。
今のこのブログからは何も生まれません。

by MaCBeth

(2006/03/16 06:15)

『ネチケットを知らない愚か者たち』のコメント欄より


愚民という者は、マクベス君のように、何の根拠もなく観念論で話を進めてしまう。
独りよがりの、きめ付けで話を進めてゆく。
そして結論は“オマエの母さんデベソ~!”と言って締めくくるんですよ。へへへへ。。。。

そういうわけで、次のような何の根拠もない“でまかせ”を、真面目な顔して書いているんですよね。
だから、僕はマクベス君のことを“愚か者”と呼ぶわけですよ!
愚弄しているわけではありませんよ。
真実を述べているのです!
つまり、マジです!(うへへへへ。。。。)


貴方が書いた文章の数々は、何一つ発信されていません。 自虐行為そのものです。
前を見ましょう。
今のこのブログからは何も生まれません。


これは、“オマエの母さんデベソ~!”と、言っている事と全く変わりがないんですよ!
しかし、愚か者のマクベス君には全く分かっていません!気づいていません!

去年の12月から僕のブログを読めば、僕のブログの記事が発信されているのが実に良く分かりますよ。

嘘だと思ったら次のスレッドを読んでみて下さい。

■ 『バークレー(デンマン)さんを励ますコメントの数々』

■ 『バークレー(デンマン)さんが噛み付いたコメントの数々!』

これだけの反応が返ってきているんですよ。
僕のブログから、はっきりと何かが生まれている!
意味のある反応が良くも悪くも確実に返ってきているんです!

僕はライフワークとしてブログを書いているんですよ!
日本に住む愚民の中にキチガイが居て、僕を殺そうとするかもしれない。
僕は覚悟を決めて書いているんですよ!
だから、今では僕の掲示板を含めると1日20、000人の人が僕の書いた記事を読んでいるんですよ!

愚かなマクベス君!分かりますね?
僕は覚悟を決めて書いているんですよ!
日本を救う特攻隊に参加したつもりで書いているんですよ!うへへへへ。。。。
(でも60%から80%マジですよ!)

あなたからのコメントを期待しています。
できたら、できるだけ僕の書いた他の記事も読んでから書いてくださいね。
お願いします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。




読み応えのある関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『Woman of Feces (クソ女) という愚かなでしゃばり女の行状記』

■ 『キチガイ<の>ウォッチャー君の登場』

■ 『☆ COMMIT4U 同窓会 ☆』

■ 『Identity Theft 身元詐称{みもと さしょう} なりすまし犯罪』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本って世界的に見て本当に住み良い国なんでしょうか?』

それでは、今日も楽しく元気良く

ネットサーフィンしましょうね。




イ~ハァ~♪~


[PR]
# by denman705 | 2006-03-21 10:49 | インターネット・ネチケット




国際化になっている

あなたならできる外国為替取引




ジューンです。こんにちわ。
あなたは自分のことを国際化ができていると思っていますか?

わたしはデンマンさんほどではないにしても海外をかなり見ています。
オタワで生まれました。
父が大使館付きの軍人だったので、海外で暮らすことが多かったのです。

日本では長期間暮らしたことがありませんが3度ほどお邪魔したことがありますよ。
京都で見た嵐山の紅葉は忘れることができません。



カナダの自然は雄大です。
もしかすると、あなたはロッキー山脈をご覧になったかもしれません。
でも、上の紅葉のような繊細な自然の美しさは、カナダではなかなか見つけることができません。
カナダの紅葉は大味なんですよ。
わたしは、繊細で優美な日本の紅葉が好きです。

ところで、国際化に話を戻しますが、
あなたは海外のことをかなり知っていると思っているのではないでしょうか?

テレビや映画や雑誌などで、海外のことがあふれるほどに紹介されていますよね。
でも、あなたは本当に海外のことを理解していますか?
理解しているつもりになっているのではないですか?



私はゴルフをやります。
自慢するほど上手ではありませんが、それでも10年の経験があります。
だから、ゴルフを始めて間もない人は、クラブの振り方を見ただけでも分かります。

それと同様に、国際化ができているか?いないか? その人と話をしているだけでも分かります。

わたしは7ヶ国語を話すことができます。
日本語も日本語学校で勉強したので話すこともできます。
海外でも10カ国以上の土地で暮らしたことがあります。

わたしは、文字通り“国際化”のなかで生活してきたようなものです。

あなたはどうですか?
きっと、ご自分が国際的にかなり外国事情に明るいと思っていませんか?
海外旅行に出かけたことが1度か2度あるかもしれません?

では、本当に国際化になっているでしょうか?
たとえば、“外国為替取引”という事が理解できますか?

あなたは米ドルを使ったことがあるかもしれません。
あるいは中国元で上海で買い物をしたかもしれません。
パリでフランを使って、シャネルの香水を買ったことがあるかもしれません。

でも、実際にお金のことを国際的に理解していますか?
あなたは、どうでしょうか?

“外国為替取引”をすることが国際化の条件とは言いませんわ。
でも、国際化という事は、良くデンマンさんが言われているように
畳の上で手足をばたつかせてできるものではありません。

たとえ何度畳の上で手足をばたつかせて泳ぐことを学んだつもりでも、
水の中に入って、そのまま泳げるものではありませんよね。

国際化も同様だとわたしは思っています。

“外国為替取引”は、畳の上だけで国際化になっている人にはできません。

実際に水の中に入って足をばたつかせて、泳ぎを習わないと泳げません。
“外国為替取引”と聞いて、とっつきにくいものを感じているなら、あなたはまだ国際化から程遠いはずです。

なぜなら、外国為替というものは国際化にとってきわめて身近な話題だからです。
あなたもそう思いませんか?
海外に出る時、あなたは間違いなく“外国為替取引”を知らずにしているのです。
そうでないと、米ドルも中国元もフランも使えなかったことになりますよね。

わたしの言おうとしていることが、理解してもらえたでしょうか?

国際化になっているあなたならできる外国為替取引!

そうなんですよ。

“外国為替取引”は、あなたが国際化になるための条件ではありません。
でも、あなたが国際化になっていないと、できないものです。
国際的な考え方、国際的な情報が身についていないと怖くてできません。

あなたも、国際化になるための参考に、ちょっと“外国為替取引”を覗いてみませんか?

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。
参考になる資料を無料でゲットすることができますよ。

『国際化になっているあなたならできる外国為替取引!ちょっと覗いてみませんか?』



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『笑いが止まらない、お笑い掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




では、今日も元気に楽しく

ネットサーフィンしましょうね。

[PR]
# by denman705 | 2006-03-21 10:47 | 個人投資



いつでも愛し合いたい。

いつまでも一緒に居たい。



『比翼連理(ひよくれんり)』



男女の相思相愛の仲をいう。
思い寄せる二人のきずなが永遠であること。

中国の西の果てに想像上の鳥が居ると伝えられています。
その鳥はオスとメスがそれぞれ一足、一翼、一目で常に雌雄一体で翼を比(なら)べて飛んでいる。
これが比翼の鳥です。

連理とは、根元は別々の二本の木がくっついて幹や枝が重なり、木目(理)が連なったものを、そう呼びます。
そのような枝のことを“連理の枝”と言います。
だから「比翼連理(ひよくれんり)」と言えば、いつでもくっついて離れられない男女(夫婦や恋人や愛人同士)の仲睦まじいさまを言います。

白楽天の「長恨歌」では、死んだ楊貴妃の魂は、天にあっていかにも寂しげに、梨花一枝(りかいっし)春雨を帯びる風情だった、と詠まれています。
玄宗との仲睦まじかった日々をしのんで楊貴妃は次のように語ります。


七月七日長生殿
夜半人無く私語せし時
天に在りては願わくば比翼の鳥と作(な)り
地に在りては願わくは連理の枝と為らん


もっと分かり易く言い直すと次のようになります。

七夕の夜、二人きり。
陛下はわたしにささやかれた。
天にあっては比翼の鳥、
地にあっては連理の枝。
二人はいつでもいっしょだよと。
その誓いも今は空しく、
私は天にあり、陛下は地にとどまって、
別れ別れです。


あたしはデンマンさんと比翼連理だと思っていました。

僕だって、そう思っていますよ。

いいえ、絶対にそう思っていませんわ。なぜなら、本当に心からそう思っていたのなら、あの夏の夜、デンマンさんはあたしと身も心も一つになってくれたはずですわ。

またあの真夏の夜の出来事ですか。。。?レンゲさんはずいぶんとこだわりますね?

あたしにとって、初めてのバンクーバーだったんです。

レンゲさんにとって“初めて”と言うのは特別な意味を持つようですね?

なぜ、そのようなことをおっしゃるのですか?

だってそうでしょう。レンゲさんが16歳の夢見る可憐な乙女だった頃、レンゲさんは心密(ひそ)かに愛と性の世界で救いを求めていたんですよ。その当時レンゲさんが思いを寄せていたのが坂田さんだった。家庭的に恵まれなかったレンゲさんは、お母さんからの愛を感じることができなかった。しかも、その当時、レンゲさんは教育と言う名の虐待を受けていた。もう息が詰まりそうな嫌な毎日だった。救いといえば、レンゲさんのことを可愛がってくれていた坂田さんに会うことが唯一の慰め。

デンマンさんは絶対にロリコンですわ。あたしが16才の時の写真をまた持ち出して、ハラハラ。。。ワクワク。。。どきどき。。。坂田さんに抱かれて桜の花びらを散らした、と言うんでしょう?

先に言ってもらっちゃ困りますよ。それは僕の台詞なんだから。。。んも~~

どうして、あたしが16才の時に処女を失ったことにそれ程こだわるのですか?

僕はこだわっているわけじゃないですよ。レンゲさんが“初めて”という事にこだわっている事を説明するために、レンゲさんの16才の頃の写真を持ち出したまでですよ。バンクーバーにこだわるのも“初めて”だからですよ。去年の6月、椎名さんと別れたあと、レンゲさんは落ち込んでいたんですよ。抑鬱状態になって死にたい、死にたい、ともらしていた。レンゲさんは救いを求めていたんですよ。ちょうど16才の時のようにね。

あたしは、デンマンさんの中に坂田さんの面影を見ていたとおっしゃるのですか?

坂田さんの面影を見ていなかったとしても、レンゲさんは、バンクーバーにやって来ることで、抑鬱(よくうつ)状態から抜け出そうとしていたんですよ。

つまり、あの真夏の夜の出来事も、あたしが抑鬱状態から抜け出すためだと。。。?

違いますか?

あたしは怖い夢を見たんです。

分かりますよ。レンゲさんは、あの時8才の女の子のようになっていたんですよ。

あたしの気持ちは、デンマンさんと比翼連理になっていたんです。デンマンさんだって、“僕もそうなんだよ”と、言ってくれたじゃありませんか?

だから、8才の女の子になりきっていたレンゲさんとの会話で、そう言ったまでですよ。

つまり、口先だけで調子を合わせていたのですね。

そういう雰囲気だったですからね。

だったら、そういう雰囲気の中で、あたしと身も心も一つになれたはずではありませんか?

8才の女の子になりきっているレンゲさんと、そうなるわけにはゆきませんよ。

だったら、デンマンさんは、あたしの中の熟女と身も心も一つになれたはずです。

でも、その熟女は居ませんでしたよ。

どうして、そのようなことを。。。。

あなたは、まだ失敗から充分に学習していないんですよ。だから、いまだに同じような“恋愛”を繰り返しているんですよ。

だから、失敗を繰り返さないようにするために、あたしはバンクーバーに行ったんですわ。それで、デンマンさんにお会いしたんです。

でもね、あの時あなたが“失敗を繰り返していたら”、つまり、レンゲさんの言うように身も心も一つになっていたら、あなたは今以上に苦しむことになったんですよ。

どうして、そのように断言なさるのですか?

なぜなら、あなたは次の失敗から全く学んでいないからですよ。


長い不倫生活の果てに、

得られたものは、負の遺産ばかりでした。


2004-07-21 10:11:08


一度の関係で
終わろうと思っていました。

してはならないことをしてしまった、という思いと、これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、セックスして、「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。

結局わたしたちは、不倫関係に陥ってしまったのです。そして次第にわたしは苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”という図式ができあがってしまい、嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」と言われました。
その時点ではその言葉は、彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。でも、
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。
そして、それと同時に彼の奥さんに対する嫉妬は、ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、これからの生活などにも嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、相手から勝手な妄想をぶつけられたら、何を言えばいいのか、どうすればいいのかわからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

by レンゲ

『不倫の悦びと苦悩』より


レンゲさん、あの時あなたが身も心も一つになった気になっていても、あなたはまたこの苦しみを味わうことになったんですよ。分かりますか?

いいえ、あたしはそのようにはなりません。

一度の関係で満ちたりるというのですか?

そうです。

レンゲさんが、それだけ成長していたら、野々宮さんとの破綻は無かっただろうし、そのあとで清水君と新しい関係を結ぶことも無かったでしょうね。

デンマンさんは、。。。何もかも、。。。何もかも、自分勝手に結論を出してしまうんです。あたしのことなど本当に心から愛してなんて居ませんわ。

レンゲさんこそ、そうやって飛躍して勝手に結論を出してしまうんですよ。レンゲさんのことを心から愛して心配していないのなら、このようにブログでとりあげていませんよ。

でも、。。。でも、。。。デンマンさんは、あたしのことを本当に愛していないから、無理やりあたしを日本に連れ戻してしまったんですわ。だから、あたしが、こうなってしまったんです。

今度は、すべての責任を僕に擦(なす)り付けるんですかァ?

だって、そうじゃありませんか?あたしをデンマンさんは精神的にもてあそんでいるだけですわ。あたしは、デンマンさんのモルモットです。あたしは、こうしてブログの材料にされているだけですわああああ。。。。

レンゲさん、落ち着いてくださいよ。

落ち着いていますってばあああああァ~。。。。

レンゲさん、どうしてまた去年の夏のことなど持ち出して話し始めるのですか?

あたしはバンクーバーにずうっと居たかったんです。

今更、そのようなことを言ってもどうにもならないでしょう?。。。レンゲさんは埼玉県の熊谷に居るんですよ。バンクーバーに居たかったからと言っても、僕が、それじゃあ、またやって来てください、とは言えませんよ。

どうしてですか?

レンゲさんは、またこの話を蒸し返すのですか?。。。それは全く意味がありませんよ。

どうしてですの?

レンゲさん、。。。もしかして。。。清水君と何かあったんでしょう。。。どうなんですか?

いいえ、。。。何も。。。何もありませんわ。

“下つき”と言われた事に、まだこだわっているのですか?そのことで清水君と喧嘩でもしたのですか?

しません。。。洋ちゃんとあたしの間に、デンマンさんが心配するようなことは、本当に何もないんです。

だって、おかしいじゃないですか、急にまた去年の夏の話を持ち出してきて、バンクーバーにずうっと居たかった、なんて言い始めて。。。“あたしはデンマンさんと比翼連理だと思っていました” 急にこんな事を言い出したんですよ。。。今のレンゲさんは、清水君と比翼連理のはずでしょう?

そうです。

だったら、今のレンゲさんは充分に幸せでしょう?

ええ、。。。まあ、そうですわ。

なんだか、実感がなさそうな言い方ですね。。。。ちょっと、今日のレンゲさんは、何か変ですよ。。。僕に何か隠していることがあるんでしょう?

やっぱり分かりますか?

何を隠していたんですか?

隠していたわけじゃありません。。。ただ、。。。ちょっと、。。。。

ちょっと、何ですか?

気になることがあって。。。

最近、レンゲさんには気になることが多いんですね。。。また、レンゲさんの体のことですか?

違いますよ。ちょっとこれを見てくださいな。



あららァ~。。。これファンディ-(fundies)じゃないのォ~

デンマンさん、良くご存知ですね。

アメリカとカナダではノベルティーとして隠れたブームですよ。

デンマンさんも試してみたのですか?

まさかァ~。。。そこまではしませんでしたよ。

なぜご存知なんですの?

ジューンさんの誕生パーティーに招かれた時に女の子たちが面白がってこれを試していたんですよ。



これがその時の写真ですか?

そうですよ。。。でまた、どうしてレンゲさんは、ファンディ-を持ち出したんですか?

洋ちゃんが、これはイケルんじゃないかと言ってサンプルを持ってきたんですよ。

。。。で、どうだったんですか?

確かに、面白いというので売れたんです。でも、奥様に見つかってしかられてしまいました。

どうして。。。?

大人のおもちゃのようなものは“ブティック・フェニックス”では売らないことにしていますから、って言われてしまいました。



へへへ。。。直美の言いそうなことですよね。とにかく、京都のしきたりの厳しい旧家で育ちましたからね、直美はファンディ-のようなモノは感覚的に受け付けないんですよ。

デンマンさんは、どうなのですか?

僕は、“ブティック・フェニックス”で売ってもかまわないと思っていますよ。でもね、あの店は直美がやっていますからね、僕は尋ねられれば意見を言いますが、直美の方針にはとやかく言わないようにしているんですよ。

でもデンマンさんだって出資なさっているんでしょう?
[PR]
# by denman705 | 2006-03-20 14:16 | 性の悩み・セクハラ・愛と性


20%ぐらいね。だから、あまり権限がないですよ。あの店はほとんど直美が一人でやってきたから、彼女のやり方に僕は反対できませんよ。

そうなんですの?。。。ところで、なんでファンディ-(fundies)って呼ばれるんですか?

Undiesというのはunderwearのことですよね。レンゲさんも知っているでしょう。そのunides と fun を一緒に結びつけたわけです。 fun + undies = fundies というわけですよ。つまり、“面白い楽しい下着”という意味なんでしょう。 まだ、一般には知られていないようで僕が良く使う “英辞郎 on the web” には出ていません。もちろん僕が持っているすべての辞書に出ていませんでした。

あたしはGOOGLEで調べたんですよ。そしたら、なんと、732,000件も引っかかったんですよ。このカップル専用のパンツって、すっご~く出回っているということですよね。それだけ売れているんですね。ジューンさんの誕生パーティーで女の子たちが面白そうに試していたというのも分かるような気がしますわ。

でもね、GOOGLEの検索結果のすべてが “ファンディ-(fundies)”のことじゃないんですよ。例えばね、fundieには次のような意味がありますよ。


fundie (fundy)

fundamentalist (ドイツの緑の党の)過激派の人


それに、fundie を religious fundamentalist とか Christian fundamentalist として使う人も居る。 fundemental food (natural and organic health food) として使う人も居ますよ。 Fundies Store と書いてあったから、カップル専用パンツ専門店かと思ったら、“自然食品の店”だったですよ。

あらっ、デンマンさんも、このパンツを買いに行ったのですか?

違いますよ。レンゲさんのようにGOOGLEで調べただけですよ。それに “基礎データ” という意味で fundies という人も居る。 だから、fundies という文字を見たからって、すべてがカップル専用のパンツを意味しているわけじゃない。。。それで、レンゲさん、このファンディ-(fundies)がどうしたと言うのですか?

それがね、洋ちゃんたら、このカップル専用のパンツをはいて、丸一日過ごしてみよう、と言ったんですよ。うふふふふ。。。

ほお~~、なんだかうれしそうですねぇ~。それで、。。。そうしたんですか?

そうなんですよ。

つまり。。。なんですかァ~。。。このパンツをはいたままで丸一日一緒に過ごしたと言うことですか?。。。でも、このパンツをはいていたら、移動するのが厄介でしょう。なんだか、運動会で“2人3脚”をやるようなものでしょう?

だから、あまり移動しないんです。

要するに、パンツの中でつながったままで1日過ごしたわけですかああああ。。。。

(レンゲさん、ニッコリとうなづきました)

しかし、。。。しかし、食事をするとかァ。。。トイレに行くとかァ。。。どうするんですか?

だから、すべて行動を共にするんです。

行動を共にすると言ったって、トイレでは。。。

だから、その時だけは用を足している間、離れますわ。

それ以外の時は、本当にパンツの中でつながったままですか?

(レンゲさん、また、うれしそうにうなづきました)

つまり、寝ても覚めてもつながっていたと言うわけですね。。。文字通り、比翼連理(ひよくれんり)、一心同体を目指したと。。。

そうですねん。うふふふ。。。

だったら、清水君とパンツの中で身も心もつながって居たんだから、何も問題がないでしょう。

でんまんさん、“パンツの中”を付け加えるのが余計ですわ。

ちょっと、こだわりすぎていますか?。。。それで、一体何が問題だと言うんですか?

それが、洋ちゃんは一日中家の中にいるのでは退屈だから、外に出ようと言ったんです。

つまり、ファンディ-(fundies)をはいたままで外に出ると言うことですか?

そうです。

いくらなんでも、それは無理でしょう。だいいち、つながったままで向かい合っているんですよ。カニのように横ばいで歩かなければならないでしょう。第一、そんな格好で歩き回ったら、野次馬が寄ってきて大変なことになるでしょう。

だから、人目を避けて車に乗って出かけたんです。

しかし、まず、着るものが問題でしょう。ファンディ-(fundies)をはいていたら、ズボンがはけないでしょう。どうしたのですか?

洋ちゃんがポンチョ・レインコートを用意したんです。

この中に二人ですっぽりと入って首だけ出すわけですか?

そうです。

しかし、黄色では、車の中でも目立ちすぎますよ。

だから、濃いグレーのものを使いました。

つまり、清水君とレンゲさんは、本当にファンディ-をはいてパンツの中でつながったまま、車に乗って出かけたと言うわけですか?

(レンゲさんは申し訳なさそうな笑いを浮かべてうなづきました)

しかし、レンゲさんを抱いたままじゃ、清水君が運転できないでしょう。



ポンチョの中で、あたしがこうしてしっかりと抱き合うようにすれば、それ程あたしの体が邪魔にならずに洋ちゃんは運転できました。

つまり、そうしながらもパンツの中ではつながっているわけですか?

(レンゲさん、はにかみながらも、うれしそうにうなづきました。デンマンは半ば呆れています。。。いや、90%呆れていますよ)

しかし、。。。しかし、。。。清水君は運転に集中しているわけですよね。。。

そうです。

つうことわあああ。。。清水君の気持ちも神経も、対向車とか信号機とか、横断歩道を渡る歩行者とか、。。。そういうことに気持ちが奪われてしまって。。。レンゲさんとつながっている事が、肉体的にも、精神的にも困難になるのではないのか。。。僕の言おうとしていることが分かりますか。。。つまり、外(はず)れてしまうのではないか。。。

デンマンさんは、ケーゲル練習法(Kegel exercises)と言うのを聞いたことがあるでしょう?

産後の緩(ゆる)んだ女性のモノを締(しま)りが良くするためにする筋肉トレーニングでしょう?

産後だけじゃないんですよ。愛し合う時の女性の快感を増すためにも、男性器の締め付けを増すためにもすっご~くいい練習法なんですよ。

それがどうしたのですか?

だからあたし、ケーゲル練習法で鍛えているんです。それで、洋ちゃんが運転している間も、お尻の穴を閉めるような気持ちでキュッと締め付けては緩めることを繰り返しながら、洋ちゃんのお○ン○ンを元気よくしてあげているんです。

そうやって、外れないようにしているわけですか?

そうです。他にすることがないものですから。。。うふふふふ。。。。

レンゲさん、笑い事じゃないですよ。。。それって絶対にヤバイよ。

どしてですの?

おまわりさんに見つかったらどうすんの?

車の中で愛し合うって交通違反になるのですか?

止まっている車の中なら問題ないだろうけれど、走っている車の運転手と愛し合う事は違反になりますよ。不注意運転になるでしょう? 交通事故につながりますからね。

そういう法律でもありますの?

ありますよ。道路交通法 第68条 (共同危険行為等の禁止) これですよ。

でも、それって、暴走族を取り締まるための法律でしょう?

レンゲさんは、知らないような顔をして知っているではないですか? 暴走族がジグザグ運転などすると、この法律が適用されるのだけれど、運転をしている清水君とレンゲさんが走行中の車の中で愛し合うことは、事故につながるかもしれない“共同危険行為”になると思いませんか?

洋ちゃんは注意して運転していました。

しかし、レンゲさんはケーゲル練習法で清水君の一物をビンビンに元気にさせていた、と言ったではないですか!事故を起こす可能性が充分にあるんですよ。現に、ドイツでそういう事故が起こったことがあるんですよ。


走行中、愛し合う事は危険です

【ベルリン 2003日7月5日 AP通信】

ドイツの高速道路で時速100キロで走行中に金髪女性とセックスした男(23)が道路標識に突っ込んだ揚げ句、現場から逃げたため、裁判所に当て逃げの罪で、罰金刑を言い渡された。
コトに没頭した前方不注意が原因とみられるが、「高速道路のセックスを取り締まる法律はない」との理由で、行為そのものの罪は問われなかった。

ドイツ西部の都市ケルンの裁判所は、この「交通事故」に対する判決を下した。
事故現場から逃亡した事実を認めた男(23)に対し、600ユーロ(約8万4000円)の罰金刑を言い渡したのだが、事故の“原因”は「高速道路を走行中に運転席でHしたため」だった。

地元警察などによると男は事故前、ヒッチハイクの金髪女性を乗せた。
2人はすぐに意気投合したため、時速100キロで高速道路を走行していたにもかかわらず、助手席にいた女性が男の上にまたがる形でコトを始めてしまったというのだ。

だが、男は行為に没頭したせいか、車が道路標識に衝突。
幸い大事には至らなかったが、標識などが大破したため、男は「警察に捕まる」と考え、現場から逃走した。
全裸だった女性も衣服を車内に残したまま、男と別れて現場から姿をくらました。


レンゲさん、車の中で清水君が運転している最中に愛し合うことだけは絶対にやめた方がいいですよ。事故を起こしたらどうするんですか? その時の状況を思い浮かべると目も当てられませんよ。レンゲさんだって、想像が付くでしょう? 『カップル専用パンツをはいた男女が走行中にHに夢中になってガードレールに激突。つながったまま昇天!』 こういう見出しが新聞に出ますよ。

でも、。。。

でも、。。。なんですか?

高速道路には出ませんでした。なるべく車の通りが少ない県道を行ったのです。

。。。で、どこまで行ったんですか?

長瀞まで行ってきたんです。

でも、わざわざ、走っている車の中で愛し合うことはないでしょう?アパートでゆっくりと愛し合えばいいじゃないですか?

だって、家の中にずっと居るのって退屈です。

それで、車の中で愛し合うのですか?だったら、人目のないところで車を止めてから愛し合えばいいじゃないですか?

それではスリルがありません。

つまり、なんですか?スリルとスピードとセックスを求めてドライブに出たわけですか?

だって、洋ちゃんがそうしたいって言うから。。。。

だから、そういう時にはレンゲさんが引き止めるんですよ。レンゲさんにとって、愛し合うことは遊びですか?お互いに家庭を持とうと考えて付き合っているなら、そのような危険な愛し方はしないはずですよ。まるで退屈を紛らわせるために愛し合っているように見えますよ。


<< 境界性人格障害の判断基準 >>

■ 対人関係が不安定だ。
  理想化とこき下ろしの
  両極端を揺れ動く。

■ 衝動性が強い。
  浪費、薬物乱用、過食、無謀運転、
  見境なしのセックスなどに陥る。
  衝動的に不倫に走ったりする。

■ 感情が不安定だ。
  強い不快、イライラ、
  不安などに悩まされる。

■ 自分ではコントロールできない
  不適切なほどの強い怒りが起こる。

■ 自殺の振る舞いや
  自傷行為などを繰り返す。

■ 自分自身に対するイメージが不安定。
  自己同一性の顕著な混乱が見られる。

■ 慢性的な空虚感、退屈さがある。

■ 見捨てられる不安とそれを
  避けようとする行為を繰り返す。

■ 妄想観念や解離性障害
  (記憶喪失や現実感の喪失など)がある。

上の9つの項目のうち、5つ以上当てはまると境界性人格障害と診断される可能性が高い。

僕は、清水君もレンゲさんと同じような不幸な家庭に育ったので、境界性人格障害を患っていると思いますよ。だから、レンゲさんも清水君も退屈さと空虚感が死ぬほど嫌なんですよね。それで、健常者には考え付かないような危険なことまでして愛し合う。

そうではありませんてばああああ。。。あたしは洋ちゃんと、いつでも愛し合いたいんです。いつまでも一緒に居たいんです。

だから、カップル専用パンツなどはかなくても、いつでも愛し合えるし、一緒に居られるでしょう?

だって、洋ちゃんがファンディーをはいて、つながったままでドライブに行きたいと言うから。。。

だから、なぜ、そのような危ない事は止めようと言わないのですか? もっと普通に愛し合おうと言わないのですか?

あたしは洋ちゃんに嫌われたくないんです。“下つき”だと言われたばっかりだし、洋ちゃんの言うことをイヤだと言って断ったら、あたし、ますます洋ちゃんに嫌われてしまうようで。。。そうなったら、またデンマンさんに、それ見ろ、と言われるし。。。

でも、今のような愛し方をしていたら、絶対にいつか事故を起こしますよ。

だから、あたし、デンマンさんに、どうしたらよいかと相談したんですわ。
 
【ここだけの話しですけれどね、僕は本当にレンゲさんと清水君が末永く愛し合う関係が続けばよいと思っているんですよ。でもね、分かるでしょう?なんとなく危険な方向に関係が進んでいるんですよ。カップル専用パンツをはいてドライブに出かけることは、やっぱり問題ですよね。悪い予感がしますよね。でも、このことは言えませんよ。また、レンゲさんが落ち込んでしまいますから。。。とにかくね、この話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』



バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
 
レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『レンゲの悩みの数々。。。本当にわたしは悩みの宝庫です。。。』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさんのスナップ写真集』

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』
[PR]
# by denman705 | 2006-03-20 14:14 | 性の悩み・セクハラ・愛と性




Webエンジニアの仕事を

見つけませんか?




こんな問題を抱えていませんか?

○ 自分の意思で仕事を選べない。

○ 楽しく活き活きと働きながら
  キャリアアップが出来ない。

○ Webエンジニアとしての経験を活かして
  新しいチャンスをなかなか掴めない。

もしあなたが、このような悩みを持っていたら、この記事をじっくりと読んでみるだけの価値がありますよ!

『ウェブキャリアの特徴』

お客様が、エンドユーザーか一次請けだから、やり取りがスムーズ。

Webに特化しているのでWebの仕事が沢山!

同一人物が主治医のように担当するので、
あなたのキャリアアップを一貫して支援できる。

★未経験ながら、Webエンジニアになりたい方★



独自のマッチング・フォロー体制で、
初回の面談から仕事の紹介・フォロー・
カウンセリングまですべて
同一人物が担当するので安心して働けます。

《Webエンジニア研修》

【Webエンジニアキャリアステップサポートプログラム】があるので、
未経験なあなただでも
Webエンジニアの道が開かれていますよ。

詳しくは『ウェブキャリア』のHPをご覧下さい。

★Webエンジニアとしての経験を活かした仕事をしたい方★

Webに特化しているので、Webの仕事がいっぱい!
Web以外の開発のお仕事は原則として紹介していません。

★プロワーカーとして仕事をしたい方★

お客様はエンドユーザーと一次請けのみですので、
下記の3つのメリットがあります。

・複数の企業と同時に契約できる。

・成果に連動して報酬をあげやすい。

・顧客や仕事を自ら選択できる。

仕事の紹介だけでなく、研修やカウンセリングも充実しています。

『ウェブキャリア』は活き活きと働きながらキャリアアップしてゆく環境を創り、応援しています。

一言で言うなら、『ウェブキャリア』はWebエンジニアに特化し、

紹介、アウトソーシング、派遣、教育研修、カウンセリングを実施する

人材エージェントです。

JAVA・PHP・RUBYなどをメインにしています。

エンドユーザー及び1次請に特化しており、給与水準が高く、就業環境が整っています。

あなたの第一歩はマウスでクリックするだけです。

登録は無料です。

次のリンクがあなたのためにWebエンジニアの扉を開いてくれますよ。

『Webエンジニアの仕事を探すならウェブキャリアで無料登録してみたら?未経験でも大丈夫ですよ!』

では、頑張ってくださいね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『笑いが止まらない、お笑い掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』



[PR]
# by denman705 | 2006-03-20 14:12 | 就職・転職



ネチケットを知らない愚か者たち

畳の水練で世界を見た気に

なっているマクベス君のたわごと

 


あなたも畳の上の水練で

世界を見たつもりになっていませんか?


僕はこれまで20年に及ぶネット経験から、
次のように提言したんですよ。


1. 関係のない記事にトラックバックを飛ばさない。

2. コメント欄に全く関係のない宣伝をしない。

3. コメントを書く時にはハンドル名とURLを書く。
   書きたくないのなら、コメントをつけずに
   2ちゃんねるで匿名で好きなだけ遊ぶ。


この3つをぜひ守ってくださいね。

なぜ?

そうすれば世界のネットの発展と幸福と福祉が促進されるのですよ。

ん? どうしてコメントを書く時にハンドル名とURLを書かなければならないのか分からないの?

もし、マジでそう思っているなら、あなたは知能程度が幼稚園児と同じだね。

どうしてか?

ブログを読みに行く事を誰かの家に遊びに行く事だと思ってくださいね。

見たことも聞いた事もない人を家にあげる人が居ますか?

やっぱりね、名前とどこからやって来たのかを知らせるのはエチケットですよ。
あなただって、そう思うでしょう?

逆に、あなたが訪問者を受け入れる時のことを考えてください。
名前もどこからやってきたのかも告げずに、土足で上がり込んで来た人が居るとします。

まず、けんかになるでしょう?
喧嘩したくないのなら、あなたはこっそりと警察に電話をかけるでしょうね。

こういう人間のことを昔は“狼藉者(ろうぜきもの)”と言ったんですよね。

現在では“無法者”と呼ばれるでしょうね。
もう少し言葉を和らげるなら、“招かれざる客”となるでしょう。

何も用がないのに他人の家を訪ねる人は居ませんよね。
ジャンクメールだけを投げ込んでゆく人は嫌われるか、迷惑だと思われてしまいますよ。

その同じ事をブログでやっている人が実に多いんですよね。
そう思いませんか?

うそだと思ったら、あなたのブログのコメントを見てください!
宣伝だけをしてゆく愚か者がなんと多いことか!

あなたのブログのトラックバックを見てください!
記事の内容に関係なく宣伝だけのためにトラバクを飛ばしている愚か者が、なんと多いことか!

僕が冒頭に出したマクベス君と言う人物は、これほどの人間のクズではないんですね。
でも、これまでの20年に及ぶ僕のネット経験で言えば、
このマクベス君というのはネット経験が極めて少ない!
おそらく半年から1年ぐらいの経験しかもって居ないようです!

僕にコメントを書いてくれる人は2つに大別できます。

1つのグループは、ハンドル名とURLをしっかりと書いて、意味のあるコメントを書いてくれる人たちです。
ネットでの経験がかなりある人たちです。

もうひとつのグループは、上で説明したような宣伝馬鹿と2ちゃんねるで“生まれ育った”匿名馬鹿です。
僕の定義に従えば、このような人間のクズたちは、まったくネチケットを心得ていません。

なぜか?

僕の提言した上の3ヶ条を全く守っていないからです。
僕が20年ほど前に、ネットとBBS(Bulletin Board System)をやっていた頃は
身元を隠して投稿の交換をする人はまずいなかった。
必ずメールアドレスを書いたものです。
なぜなら、メールの交換がネットのメイン機能だったからです。

BBSでは、必ずハンドル名を書きました。
匿名で投稿する人は極めてまれだった。
日本だけにとどまらず、どこにでも馬鹿が居ますから、たまには嫌がらせをする人を見かけましたが、きわめて少なかった。

なぜか?



20年前には、馬鹿はネットをやらなかった。
ネットは現在のように一般の人たちに開かれてはいなかったんですよね。
20年前にネットをやっていた人は、ほとんどが、政府関係者、米軍関係者、研究所の研究者、
大学教授や、大学生、企業の研究所の職員や研究者たちだった。

つまり、一般の人たち、特にミーちゃんハーちゃんにはネットは開かれていなかったんですよ!

しかも商業用にネットを使うことも許されてなかった。
ネットで商売ができるようになったのは、1991年からです。
ネットを使っているメンバーはネットワークを研究以外に用いたり、この上で商売を行う事はAUP(Acceptable Use Policy)というルールにより禁じられていた。

これが1991年になるとNSF(米国 National Science Foundation)がこのAUPを撤廃し、これに基づいてインターネットの将来性を見越した業者により、ビジネスにも利用可能なインターネット接続環境を提供する商用プロバイダーが次々と開設された。
このプロバイダーができたことによって、法人や個人への接続サービスの提供が活発になった。
これが世界的な傾向になってゆき、日本にも広まった。

そういうわけで、コンピューター経験も海外生活経験もほとんどないマクベス君のようなミーちゃんハーちゃんまでがネットを使うようになった。
僕が20年前にやっていた頃はAUPは常識として守られていた!
だから、“宣伝”なんてものはありえなかった。
商用利用ができなかったのだから。。。。

もちろん、20年前にはブログなんてなかった。
でも、僕が上で提言した3か条は、20年前のユーザーには常識的なことですよ!
“空気は只で吸えますよ”という事と変わりがなかったんですよ!

もし、20年前にブログがあったとして、上のような当たり前のことを書いたら、
僕は物笑いになってしまいますよ!

“空気は只で吸えますよ”と書くようなものだからです!

ところが、日本には欧米のネットでは見られない“2ちゃんねる”という日本の縦型社会、匿名社会を象徴するような前近代的な“匿名掲示板”が生まれてしまった!
国際人であることを自負している僕は、日本人として恥ずかしい限りですよ!
つまり、“匿名掲示板”というのは、“日本社会、日本文化の恥部”ですよ!

ハンドル名、URLを書かずに、いい加減で無責任な落書きを書く!
2ちゃんねるに参加しているほとんどの人がそうしていますよ!

しかも、2ちゃんねるが“ネットだと思っている人”が、ブログを読みにやって来る!
たぶん、マクベス君も、こうして僕のブログを読みにやって来たわけですよ!

僕が日本のサイトでネットをやるようになったのは2002年からです。
僕とインターネットの付き合いは古いんですよ。
インターネットの直系の最も古い先祖に当たるのはアメリカ国防省高等研究計画局(ARPA又はDARPA)が研究して開発したネットワークです。
この計画局が作り上げたのがARPANETです。
これはカルフォルニア大学のサンタバーバラ、ロサンゼルス両校とスタンフォード研究所、ユタ大学との四つの場所を接続したんです。
1969年に運用が開始されました。

翌年の1970年にはハワイ大学でAloha-netというARPANETと似た、電波を使ったネットワークの実験が開始されました。
僕が居た研究室でハワイ大学のNorman Abramson教授と共同でこのAloha-netが構築されてゆきました。
日本側からの支援はごくわずかだったけれども、ネットの初期に日本人でこのプロジェクトに関わった人たちも居たのです。

僕は、直接にはプロジェクトに関わることはなかった。
でも、プロジェクトのリーダーのNorman Abramson教授と会って言葉を交わしたことがありますよ。
もちろん、挨拶程度です。
この人は面白い人です。波乗り(サーフィン)が好きで、そのためにハワイ大学を選んだそうですよ。
だから、ネットサーフィンも好きだったんでしょうね。へへへへ。。。。

研究室でお茶を飲みながらの無駄話をしましたが、僕の英語は当時は使い物にならなかったから、話の内容は、ほとんど分かりませんでした。
もっと英語を勉強しておくものだったと後悔したものです。

僕がやっていたことはハツカネズミのコンピューターシュミレーションによる研究などという漫画的なことだったんですよね。
大型コンピューターを使って遊んでいるようなものでした。うへへへへ。。。。
でもね、ネットは僕の身近にありました。

僕は一体何が言いたいのか?

僕とネットの付き合いが古いんですよと強調したいんですよ!
つまりね、マクベス君のようなミーちゃんハーちゃんが、URLも書かずに僕のブログにコメントを書く。。。
そのようなことは20年前には考えられなかったと言うことですよ!

僕が上で書いた3つの提言は、あまりにも常識的なことなんですよ。
そのことが、日本には全く理解できない人たちが居る!
マクベス君もそのうちの一人ですよ!

日本では

“馬鹿を相手にするな!”

と考えている人が多いですよね。
そういう馬鹿は無視しなさい、と考えている。
だから、日本がなかなか住み良くならないんですよね。
欧米では馬鹿に対して、はっきりと注意する事が実に多いですよ!

バスや電車の中で迷惑行為をしている人を見ると、
日本では、圧倒的に見て見ぬフリをしますね。
アメリカやカナダやフランスやイギリスやドイツでは考えられない事です。

必ず誰かが注意しますよ。

僕はそのつもりでマクベス君に注意しているんですよ!
うへへへへ。。。。

ところで3月15日に“はてなダイアリー”で僕が書いた記事(『ネチケットを知らない愚か者たち』)にコメントを書いてくれたのがマクベス君です。
では、マクベス君の間違いだらけのコメントをここで公開します。



失礼。下世話ながら批判させて頂きます。
ネチケットマナーに対する価値観、日本国民のイメージ、どのように思い描こうが貴方の自由です。
どこに記載しようが自由です。

”言論の自由”は民主制云々以前に、人間の尊厳であって然るべきものですから。
そこは否定しません。

が、貴方はあえてマジョリティを否定し、アイデンティティを形成する為にブログを製作している。

自己の為に侃侃諤諤する事を私は否定しませんが、文章を咀嚼して察するに、寂しいんですね。貴方は。

個人叩きと、自己発信は必ずしも矛盾しません。
どちらも個が形成する思想ですし、他者を屈服させる事に愉悦を感じるのもまた、ごく平凡な事です。

それ故、酷く滑稽に映ってしまいます。
他者を幼稚と哄笑する貴方の幼稚さが。
いや、幼稚さとは少し違うか。どちらかといえば、
懐古主義に囚われた哀れな所が と言った方が正しいのかもしれないですね。

残念な事に、貴方の様な方が、今この日本に溢れ却っています。
貴方の言う狂った日本は、貴方自身です。

そして貴方が書いた文章の数々は、何一つ発信されていません。 自虐行為そのものです。

前を見ましょう。
今のこのブログからは何も生まれません。

by MaCBeth

(2006/03/16 06:15)


URLを書いてね、とお願いしたのにも関わらず、
書かずに上のようなコメントを書いているんですよね。

ちょうど、ドロボーが『オマエ、ドロボーするなよ!』と
喚(わめ)いているように聞こえたんですよ。

僕は次のような返信を書きました。



マクベス君、元気そうでないねぇ~~。

>失礼。下世話ながら批判させて頂きます。

海外生活経験があって国際的な教養を身につけているなら、出だしから“失礼”なんて書かないものだよ!
君が“日本しか知らない井の中の蛙”であることが、出だしの文句から分かってしまうというお粗末ぶり!
マクベス君、キミは国際化・グローバル化にすっかり取り残されてしまっているね。
もっと、もっと世界のネットに飛び出して勉強する必要があるようだね。

どうやら、キミは2ちゃんねるしか知らないようだね。

>貴方はあえてマジョリティを否定し、
>アイデンティティを形成する為にブログを製作している。
>自己の為に侃侃諤諤する事を私は否定しませんが、
>文章を咀嚼して察するに、寂しいんですね。貴方は。

マクベス君、キミは海外を見たことがまったくないね。
つまり、“社会自我”という概念をまったく持っていない!

“アイデンティティを形成する”こと!
それが近代市民じゃないか!
それが社会自我じゃないか!
フランス革命によって“市民”が誕生した!
確固とした自我を持つこと!
それこそが近代市民の条件じゃないか!

僕は世界のマジョリティを見据えて僕のブログを書いているんだよ!
マクベス君、勘違いしてもらっては困るよ!

マクベス君と2ちゃんねるに通っている愚か者が世界のネットから見れば完全なマイノリティーなんですよ。
つまりね、マクベス君、出だしから“失礼”と書いてしまったキミの失態ぶり!
これこそが、井の中の蛙の見本ですよ!

国際化からすっかり取り残されてしまったマクベス君の書いた文章が、
“社会自我”がまだ確立されていない、“日本しか知らない井の中の蛙”のマクベス君自身を、はっきりと世界のネットの市民の皆様に晒してしまっていますよ!

“失礼と出だしから言う

 マクベス君”


どうやら、これが君のトレードマークになりそうだね?

[PR]
# by denman705 | 2006-03-19 11:32 | インターネット・ネチケット



マクベス君のように、まともに僕を批判することができない人間を前近代的人間と言うんだよ!
つまり、社会自我が確立していないので、自信を持って僕を批判することができない!
だから、“日本しか知らない井の中の蛙”が丸出しになっている!
そういうわけで、愚かにも出だしに“失礼”と書いてしまった!

国際人なら、出だしから“失礼”と書くような愚かなことはしませんよ!
つまり、何も失礼なことをしていないにもかかわらず、
マクベス君は無意識のうちに、自分が“日本しか知らない井の中の蛙”であることを僕に謝っているんですよ!
“田舎者ですいません”と無意識のうちに、僕に謝っている!!!

マクベス君、どうですか?
自分の愚かさが分かったでしょう?

海外生活経験がないとね、このような愚かなことを無意識のうちに書いてしまうんですよ!
マクベス君のような愚か者は、それをそのまま英文に訳して書いてしまいかねない。
そんな事を英文で書こうものなら、お笑い者になってしまいますよ!
ところが、可哀想にも、国際化にすっかり取り残されてしまったマクベス君にはまったく分からない!

>失礼。下世話ながら批判させて頂きます。

これが前近代的人間の文章の書き方ですよ!
マクベス君、僕も君も世界のネットをやっているんだよ!
僕はね、今これをカナダのバンクーバーで書いているの。
分かる?

マクベス君、キミが好きであろうが、嫌いであろうが、そんなことには関係なく、
愚かなオマエも国際化の波の中に飲み込まれているんだよ!
そのことに、オマエは今だに気づいていない!
だから、僕はオマエのことを愚か者と呼ぶわけですよ!

しかし、僕は口は悪いけれど、心は寅さんのように優しいからね。
悪く思うなよなぁ~。へへへへ。。。。

僕は個人的には、オマエのことに対して悪感情はこれっぽっちも持っていませんよ!

“罪を憎んで

 人を憎まず”


“マクベス君の愚かさを哀れんで、愚かなマクベス君を憎まず” へへへへ。。。。。

つまりね、マクベス君は国際化とグローバル化を畳の上でしか知らない!
畳の上で一生懸命手足をばたつかせながら僕を批判しているつもりになっている!
そういうところが愚かだと言うんだよ!
分かるかね、マクベス君?

“日本しか知らない井の中の蛙”じゃ、ダメじゃないか!!

マクベス君、君は国際人のデンマンにコメントを書いているんだよ!
出だしから、“失礼。”なんて、これからは書いちゃダメだよ!
江戸時代、明治時代、大正時代。許されるのはここまでですよ!

国際化の波にすっかり飲み込まれている現在の日本で
出だしから、“失礼”なんて書いてしまったら、“小額2年生”のえっけん君と同じ知能レベルになってしまうよ!

“日本しか知らない井の中の蛙”ブリを丸出しして見せちゃダメだよ!

マクベス君、キミはまだ社会人として目覚めていないようだね。
精神年齢がえっけん君とあまり変わりがないよ!

だから次のような滑稽なことを書いている!

>文章を咀嚼して察するに、寂しいんですね。貴方は。

マクベス君、キミは相当オツムが弱いね。
。。。というかオツムガ足りないよ。

ちっとも僕の文章を租借していないじゃないか!

まったく批判の仕方を知らないじゃないか!!

>寂しいんですね。貴方は。

どこがどのように寂しいのか?まったく書いてないじゃないか?
根拠がどこにも書いてないじゃないか?

それでは、“小額2年生”のえっけん君とまったく変わりがないじゃないか!
つまり、“オマエの母さんデーべソぉ~”と言っているのとまったく変わらないということですよ!

だから僕は思ったわけですよ。
マクベス君は、2ちゃんねるしか知らないんじゃないだろうかとね。。。。へへへへ。。。。

>個人叩きと、自己発信は必ずしも矛盾しません。
>どちらも個が形成する思想ですし、
>他者を屈服させる事に愉悦を感じるのもまた、
>ごく平凡な事です。
>それ故、酷く滑稽に映ってしまいます。

世界のネット市民の皆様に滑稽に映っているのは、
これまでマクベス君も読んできて充分に分かっているだろうけれど、

“失礼と出だしから書くマクベス君”

君自身なんだよ!

>他者を幼稚と哄笑する貴方の幼稚さが。
>いや、幼稚さとは少し違うか。どちらかといえば、

幼稚なのはマクベス君!君自身ですよ!

>懐古主義に囚われた哀れな所が と言った方が正しいのかもしれないですね。

その哀れなのが、畳の上で手足をばたつかせて僕を批判していると思い込んでいる、
幼稚で愚かなマクベス君なんですよ!
キミこそが懐古主義にとらわれた、前近代的な人間なんですよ!

“失礼と出だしから書くマクベス君”

これがその証拠ですよ!

出だしから“失礼”と書く馬鹿はいませんよ!

>残念な事に、貴方の様な方が、今この日本に溢れ却っています。
>貴方の言う狂った日本は、貴方自身です。

まったく根拠を示していない!!!

マクベス君、分かるでしょう?

このように言う事は

“オマエの母さんデーべソぉ~”と言うのと全く変わりがないんですよ!
根拠がない! 根拠を示していないんですよ!

その根拠とは。。。。?

“失礼と出だしから書くマクベス君”

このようなことを“愚かなマクベス君”の愚かな事の根拠と言うんですよ!

>そして貴方が書いた文章の数々は、何一つ発信されていません。 自虐行為そのものです。

マクベス君よ! 自分で自分の愚かさを晒しているのは君自身なんだよ!

>前を見ましょう。
>今のこのブログからは何も生まれません。

生まれていますよ!

キミがまた僕のブログに飛び込んできて、
反面教師としてこのように活躍しているんですよ!

えっけん君の次がキミだというわけですよ!

“失礼と出だしから言うマクベス君”

この愚かなマクベス君のスローガンが検索エンジンに登録されて、
国際人になるには出だしから“失礼”と書かないこと!
この事が国際人のABCとして、これからますます広まるだろうと思いますよ。うへへへへ。。。。

このような形で、愚かなマクベス君を取り込みながら、
僕のブログが日本に住む“井の中の蛙”を国際化することに貢献するわけですよ。
うひひひひ。。。。。

長いこと書いてしまいました。

ここで、初めて“失礼”と言う言葉を使うんですよ!もし使いたければね。へへへへ。。。。
出だしで使っちゃダメだよ!

そういうわけです。
長々と失礼いたしましたああああああ。。。。うひゃひゃひゃひゃ。。。。。。

by barclay (a.k.a. デンマン)

(2006/03/16 19:31)

『ネチケットを知らない愚か者たち』のコメント欄より


コメントを書く時には、その場限りのコメントを書くような安易でいい加減な気持ちで書くのは、
2ちゃんねるで遊ぶ事とまったく変わりがないんですよ。
あそこでは、無責任でいい加減なことを書くことが許されています。

なぜ?

“旅の恥は掻き捨て!”

このような日本人特有な心理が働くんですよね。
だから匿名で書くんですよ!
要するに、都合が悪くなったり、形勢が悪くなると、
悪たれを言ったり、捨て台詞を吐いて逃げることができる。

つまり、言いたいことを言って、後腐れがなくストレスを解消することができる。
あそこで遊んでいる匿名の愚か者たちは、退屈紛れと、ストレス解消のために、くだらないことを書きまくっているんですよ。

オツムの足りない人間的にも未熟なマクベス君が、
すぐ上で書いたコメントにも、まさにそのような心理が実に良く表れているよ!
つまり、“逃げの態度”が良く表れていますよね。
だから、“下世話ながら批判させて頂きます”と書いている!

しかし、批判になっていませんよ!
批判と言うのは根拠を明確にして反論しなければならない!
ところが、マクベス君は根拠を明確に書いていない!

オツムの足りない人間的に未熟なマクベス君!
僕の記事にコメントがつかないのはなぜだと思う?

考えてみたことがある?

“デンマンには話をしても無駄だから、コメント書くのをやめておこう”

僕の他の記事をじっくり読んで、そう思うから頭のいい人たちは、
僕の記事にコメントを書かないんですよ!うへへへへ。。。。

つまり、コメントに対して僕は必ず反論を書きますからね。。。。。
コメントが正しいか間違っているかに関わらず、僕は必ず反論を書くんですよ!
噛み付きます!

なぜか?

この世にはすっかり同じ考えを持っている人間は居ないからですよ!
つまり、デンマンはどこを探しても僕だけなんですよ!
それと同じように、オツムの足りない人間的に未熟なマクベス君も、
この世ではユニークな存在なんですよ!

お互いに批判しあいながら人間的にも社会的にも1歩でも2歩でも前進してゆく。
ところが、マクベス君は批判しているつもりになっているけれど、
批判の仕方を知りません!

根拠を書くんですよ!
マクベス君のように根拠を書かずに、いい加減で無責任なことを書くのは
“オマエの母さんデベソ~”と言うのと変わりがないんですよ!

だからね、コメントを書く時には、オツムの足りない人間的に未熟なマクベス君のように、
いい加減な気持ちで書いては火傷をしてしまうんですよ。

お風呂に入る時には湯加減を見てから入るでしょう?
そういう基本的なことがオツムの足りない人間的に未熟なマクベス君にはできなかったんですよ。

“敵を知り己を知れば百戦危うからず!”

この古言をじっくりとかみ締めてくださいね。
これから、コメントを書く時には、相手の記事をできるだけたくさん読んでからコメントを書いてくださいね。

なぜなら、オツムの弱いマクベス君が書いたコメントに対する解答は、
僕がすでに記事の中で何度も書いていることなんですよ!

つまりね、愚かなマクベス君は“湯加減を見ずに”お風呂に足を突っ込むから、火傷してしまうんですよ!
僕の言うことが分かりますよね。
これからはね、もう少し相手のことをじっくりと理解してからコメントを書いた方がおりこうですよ。

“己を知り敵を知る者は百戦危うからず”

オツムの足りない人間的に未熟なマクベス君!
オマエは僕の他の記事を読まずに、うっかりコメントを書いてしまったんだよ。
それはいけないことですよ!

“批判をすることはどういうことなのか?”

オツムの弱い人間的に未熟なマクベス君は、ほとんど理解できていない!
君がこれまでに書いてくれたコメントからそのことが実に良く分かりますよ!

URLを持っていない人が僕にコメントを書いてくれたこともありました。
その返信の中で僕は書いていますよ。
URLがないならメールアドレスがあるじゃないか?

でもね、どうして僕がURLとメールアドレスを書くことにこだわるのか?
それわね、愚かなマクベス君のように“下世話ながら批判させて頂きます”と、
いい加減なことを書くからですよ!

下世話でコメントを書くものじゃない!
下世話でコメントを書きたいのなら、2ちゃんねるで書いてよね。

そんなことは僕の記事を読めば初めから分かる事でしょう?

つまりね、“旅の恥は書き捨て!”と言う、いい加減な気持ちでコメントを書くものじゃないんですよ!

ブロガーの中には、僕のようにライフワークだと思ってブログを書いている人もけっこう居ると思いますよ!
ブログの記事に書かれたことを逆恨みして、キチガイがその記事を書いたブロガーを殺した、というニュースは今のところないけれど、
僕はそういうことがあることを覚悟して書いていますよ。うへへへへ。。。。

分かるでしょう?

“キチガイデンマン”と書いた人も居るけれど、実際、日本にはキチガイじみた人が居ますからね、
ブログを書いたことで殺される人がそのうちきっと出てきますよ!
僕がその第一号にならないように気をつけます。

うへへへへ。。。。

でもね、だからと言って、怖くなって書かなくなる、という事もありません。
なぜなら、僕は覚悟を決めて書いていますからね。へへへへ。。。。
オツムの足りない人間的に未熟なりマクベス君、だからオマエも覚悟してコメントを書くようにね。
コメントを書いたことにより、命を捨てなければならないことだってある!
うへへへへ。。。。。

ちょっと、キチガイじみちゃったかな?うひひひひ。。。。
でもね、実はボクちゃんの心は寅さんのように優しいんですよ。
だから、口は悪いけれど、僕の言ったことを根に持って、
あとでボクちゃんのドテッパラに風穴を開けないようにしてよね。うへへへへ。。。

じゃあね。
バイバ~♪~イ。。。。



あなたはどう思いますか?

なぜURLを持っているのに

URLを書かないのか?

書けないのか?

あなたのコメントをお待ちしています。

じゃあ、今日も楽しく

ネットサーフィンしましょうね。




ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『Woman of Feces (クソ女) という愚かなでしゃばり女の行状記』

■ 『キチガイ<の>ウォッチャー君の登場』

■ 『☆ COMMIT4U 同窓会 ☆』

■ 『Identity Theft 身元詐称{みもと さしょう} なりすまし犯罪』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本って世界的に見て本当に住み良い国なんでしょうか?』



じゃあ、今日も元気良く

がんばってね。

[PR]
# by denman705 | 2006-03-19 11:31 | インターネット・ネチケット



桜の見ごろはいつでしょうか?



桜は、夏に翌春咲く花のもととなる花芽(かが)を形成し、休眠します。
花芽は冬の低温に一定期間さらされると休眠から覚めます。
花芽は休眠打破のあと温度の上昇とともに生長し開花するわけです。

開花とは花が5~6輪開いた状態のことを言うのだそうです。
桜前線は、沖縄や北海道(南部を除く)以外では、
各気象台や測候所の定めた染井吉野の標本木を基準にしています。
染井吉野の開花から満開までの期間には地域差がありますが、約1週間です。



一般的に標高が100m高くなるごとに約2~3日開花時期が遅くなるそうです。
満開とは、花芽の約80%以上が開花した状態を言います。

あなたも、寒さにさらされて休眠状態になっていたけれど、
だんだん暖かくなってきた昨今、
じっとしてはいられないのではないでしょうか?

いよいよ花見シーズンになりますね。
あなたも、桜前線を追いかけて旅に出てみませんか?



沖縄県では寒緋桜(かんひざくら)が咲き誇り、もう散り始めています。
寒緋桜の花びらはヒラヒラ散らずにボトッと落ちます。
桜吹雪とはいかないようです。
綺麗なピンク色でうつむき加減の桜の花は、ソメイヨシノとは感じが違ってよいものですよね。
好きな人も多いのではないでしょうか?

静岡県では河津桜が散り始め、いよいよ九州・四国・本州へと桜前線が上陸目前です。
すでに、早咲きの河津桜以外の桜が咲き始める地域も出てきたようです。

ところで、『日本さくら名所100選』を知っていますか?
財団法人日本さくらの会が全国のさくらを選定し決めたそうです。

東京都内では、新宿御苑・隅田公園・小金井公園・井の頭恩賜公園

京都府内では、嵐山・御室桜・醍醐寺・笠置山自然公園が選ばれています。

あなたも桜を眺めに旅に出てみませんか?
あなたのために旅行ガイドのリンクを貼っておきますね。

気が向いたら次のリンクをクリックしてお得なホテルや航空券を探してみてくださいね。

『あなたが絶対に得をするトラベルガイド』



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『笑いが止まらない、お笑い掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




またお会いしましたわね。

卑弥子でござ~♪~ます。

桜の中に迷い出てきてしまいました。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。


[PR]
# by denman705 | 2006-03-19 11:28 | 国内旅行・名所・旧跡



下つきだねって言われて。。。



女性の大切なものが上についているか下についているか?
そのことは昔から男性にとっては楽しい話題だったようです。

でも、実際には女性の大切なものと言っても、外陰部のことではなく膣の開口部の位置を問題にしています。
開口部が肛門から遠い場合を「上つき」、肛門に近い場合を「下つき」と呼ぶようです。

上つきは名器、下つきは淫乱などという俗説があります。

そういうわけで、女性がこの事を耳にすると、自分のものが上つきなのか下つきなのか、気になる人も居ると思います。
でも、これは医学的にはまったく根拠のないことだそうです。

ちなみに肛門から膣までの距離は、4cm程度であるのが一般的とされています。これが5cmだったり3cmだったりしても、ほんの微妙な差です。極端な違いはありません。

つまり、10cm離れているとか、1cmしか離れていないというようなことはないはずです。
だから、それほど気にすることではないと思います。

上つき、下つきが問題になるとすれば、セックスする時の体位やペ○スの挿入角度を工夫することで問題が解決するはずです。
膣の位置だけで快感が左右されるわけではありませんよね。
体の構造よりも、もっとも感じやすい体位をボーイフレンドと工夫することが大切だと思いますよ。

『医学的には根拠がないそうですよ』より


レンゲさん、どうしたんですか?浮かない顔をしていますね。

洋ちゃんが気になる事を言ったんですよ。

どのような事を言われたんですか?

あたしのものは下つきだって。。。

それほど気にすることでもないでしょう。

でも、気になりますわ。

気にするから気になるんですよ。忘れてしまうことですよ。

忘れることができないから、気になるんですわ。

だから、他の事を考えるんですよ。

他の事を考えても、またすぐに気になって考え込んでしまうんですわ。

どうしてそれ程、気になるのですか?

だって、下つきの女は淫乱だと言われているんですよ。性的に無軌道で手に負えない女だと言うことですわ。

レンゲさんは自分でもそう思っているんですか?

んも~~。。。デンマンさんは、あたしが気にしている事をそうやってグサリと言ってのけるんですわ。

僕は尋ねているだけですよ。断定しているわけじゃありませんよ。

でも、デンマンさんだってそう思っているのでしょう?

僕は、レンゲさんが下つきだとは思っていませんよ。

。。。つうことわあああ。。。デンマンさんはあたしの知らないうちに、あたしの大切なものを調べたのですか?

いや、そういう。。。そういうわけでは。。。ないですよ。。。調べただなんて。。。なんと言うか。。。

なんですの?

レンゲさんは、また忘れてしまったのですかぁ~?




変わっていると言えば、あなたは長風呂ですねェ~。一時間ぐらい風呂に入っている人は居ないわけじゃないですよ。でも、あなたの場合は2時間ですよ。

2時間も、お風呂に入っているわけではありませんわァ。

だから、僕は心配になったんですよ。

なぜですの?

なぜって、決まっているじゃないですか!1時間たっても出てこない。僕はあなたがのぼせて、ひっくり返っているんじゃないかと思ったんですよ。

ひっくりかえったのなら声を出しますわァ。

だから、どうしているのかなと思うじゃないですか。それで、僕は気になって見に行ったんですよ。そしたら。。。。

あらっ、見たんですの?

見たんですのって、あなたはバスルームのドアを開けっぱなしでしたよ。

湯気が立ちのぼってバスルームに一杯になると私はのぼせてしまうんですよ。だから少し開けておくんです。

だったら、換気扇を使えばいいじゃないですか?

あのブーンという音がイヤなんですのよ。

とにかくあなたは変わっていますよ。風呂に入ったあとで変わった美容体操をするのですね?

あら、見ましたの?

見ましたのって、見えますよ。ドアが開けっ放しなんですからね。

ノックすればいいじゃありませんか?

だって、半分以上開いていたんですよ。だから僕は、てっきりあなたがもう出て、買い物にでも行ったのかと思いましたよ。そしたら、あなたは鏡の前で裸のまま逆立ちしているんですよ。

どうして声をかけてくださらなかったのですかァ~?

かけられませんよ。僕は、もうびっくりしましたよ。見てはならないものを見たと思いましたからね。声をかけると、お互いに気まずい思いをするのではないかと思ってね。

それで、ずっと見ていたのですか?

いや、別に見る気はなかったのですよ。。。

でも、見ていたのですね。。。?

み、。。見る、。。。見る気は、。。。なんと言うかあァ、。。。。でも、そういうことになりますよね。へへへへ。。。。ああいうものはいつでも見られるというものではないですからねェ。

どうして声をかけてくださらなかったのですか?

だから、言ったでしょう。声をかけられませんよ。僕は度肝を抜かれてしまったんですから。。。びっくりして、金縛りにあってしまいましたよ。あなたのようなきれいな人が素っ裸で逆立ちしているのですからね。

イヤですわァ~。。。見せたくないものを見られてしまって。。。んっも~~。

だから、そういうところが、ちぐはぐだと言うんですよ。見られるのがイヤなら、ドアを閉めておけばいいじゃないですか?あなたほどの知性のある人が、あのようなうかつな真似をするのですからねぇ~、僕は半ば呆れてしまいましたよ。

デンマンさんが見るとは思いませんでしたもの。。。。

僕だって、見たくて見たわけじゃないんですから。。。。

それで、どの辺までご覧になったのですか?

どこまでって。。。そうですねェ。へへへ。。。逆立ちして両脚を左右に目一杯に広げるところも見ました。 あなたは良く、あんなことができますねェ~~。体がものすごく柔らかいんですねェ~。僕は驚きましたよ。。。って言うかああああ、感心させられましたよ。

いやですわあああ、ふんとにモォ~~。

それで、どうしてああいう変わった美容体操をするのですか?

最近運動不足ですから。

しかし、何も風呂場で逆立ちすることはないじゃないですか?あぶないですよ。ところで、日本ではああいう体操が、最近はやっているのですか?

別に、はやっているわけではありません。私は高校の時に体操部に居たんですよ。それで、あんな風に。。。。

たれているお尻を引き上げるために逆立ちしていたわけですか?しかし、あんなことをしたって、あまり効果があるとは思いませんけれどね。

。。。(中略)。。。

デンマンさんは、そう言いながら内心ではあたしのことを馬鹿にしているんやわァ。菊ちゃんのエピソードを話したあとで、このようなあたしの恥ずかしい事をわざわざ書いている事が何よりの証拠ですわ。

違いますよ。僕は別にあなたをケナしているのでも、馬鹿にしているのでもありませんよ。実際、僕は、風呂場のドアを開けっ放しにしたまま、あなたが素っ裸で逆立ちしているのを見て、ものすごく感動したんですよ。

どうしてですか?

どうしてって、あんなことをする女性は僕の思い出す限りこれまでに誰も居ませんでしたよ。

つまり、風変わりな女だと言いたいのでしょう?あたしはサーカスの見世物のような女だと言いたいのでしょう?

ほら、そうやって必要以上に、自分が馬鹿にされていると思い込もうとする。あなたの良くない所ですよ。

だってぇ~、そうじゃありませんかァ~、デンマンさんはそう思っているのでしょう?

違いますよ。バスルームのドアを開けたまま、あのようにして逆立ちするということは、僕を信頼しているから出来るのだと僕は感じたんですよ。その信頼を裏切ってはいけない、と僕は何度も自分を戒めたものですよ。僕が言おうとしていることが分かりますか?

いいえ、そのような回りくどい言い方ではあたしには分かりませんわ。

つまりね、あなたはとてもきれいで魅力的な人なんですよ。それに若いし、ピチピチ、ムチムチしているし。。。ジューンさんが豊胸の持ち主だとあなたは言ったけれど、レンゲさんだって、結構大きな形のいいオッパイしているんですよ。しかも、着やせするタイプのあなたは、腰のあたりがむっちりして、あなたが逆立ちして両脚を広げたときなど、僕はもう目が離せませんでしたよ。心臓が張り裂けてしまうかと思うくらいドキドキしてしまって、。。。僕の言いたいことが分かりますかァ~?

いいえ、分かりません、はっきりとおっしゃってください。

僕はあなたが思うほど聖人君子ではないんですよ。だから、きれいな女性の裸を見れば、当たり前に欲情もするのです。しかも、菊ちゃんは絶対に見せようとしなかった桜の花びらを、レンゲさんは両脚を広げた時に惜しげもなく開いたチューリップのようにして見せてくれたんですからね。



あたしはデンマンさんに見せようとして、ああしたわけではありませんてばあああ~~。

とにかく、僕が10歳若ければ、あなたに飛びついて行ったかも知れませんよ。

どうして飛びついてこなかったのですかァ?

そ、。。それは。。。それは。。。あなたが僕を信頼しているからじゃないですかァ~。。。でもねぇ~、問題はここなんですよ。。。。レンゲさんのことを良く知らない男は、レンゲさんが誘っていると鼻の下を伸ばしてしまうんですよ。

つまり、あたしが男の人に抱かれたいので、無意識のうちに誘っていると。。。?

そのように思われても仕方が無いでしょう?直美ならバスルームのドアをロックして入りますよ。でも、あなたにはそのような警戒心が全く無いんですよ。つまり、性的に自分を守ろうとする気持ちが全くないんですよ。もちろん、僕が信頼できる男だと思ってくれていたんだろうけれど、それにしてもあまりにも無雑作と言うか無警戒ですよ。けれど、レンゲさんの頭の中では、そのことが当たりまえになってしまっている。

当たり前になっているわけではありません。デンマンさんと二人だけだから、あのようにしたんです。

だから、そこが普通ではありませんよ。バスルームのドアを半分以上開けたままで風呂に入った女性はこれまで一人も居ませんでしたよ。

『愛することに目覚めて。。。』より


デンマンさん、ずいぶん長い文章を引用しましたねぇ~~。。。あたしが“はしたない女”だということを、この記事を読む人に印象付けたいのでしょう? そういう魂胆(こんたん)で長々と引用したんでしょう? いけ好かんわああああ。。。

僕をにらみ殺すような目つきで見ないでくださいよ。。。実を言うとね、あまり面白い話題がなかったものだから、このエピソードを持ち出したわけなんですよ。へへへへ。。。。

つまり、あたしをサーカスの見世物にしたわけなのですね?

そういうわけじゃないですよ。本当わね、下つきではないと僕が否定したのは根拠があることだと言いたかったのですよ。でもね、その部分だけを短く引用すると誤解を招きますからね。それで長々と引用したわけですよ。わかるでしょう? 僕はいい加減な事を言ってませんよ。これだけ長々と詳しく引用すれば、僕がレンゲさんの大切なものをしっかりと記憶に残したと言うことが分かると思うのですよ。。。へへへ。。。レンゲさんは、どう思いますか?

どう思いますかって、。。。これだけでは証明したことにはなりませんわ。

でも、僕はレンゲさんの大切なものを見たんですよ。その僕が下つきではないと言っているんですよ。。。それだけで充分じゃないですか?

だけれど、あたしは逆立ちしていたんですよ。あの状態では、デンマンさんでも良く分からないと思いますわ。

レンゲさんは、このようなことになると、ものすごく慎重になりますね。どうして、男と付き合い始める時に、それだけの慎重さを示して男を選ばないのですか?

それって、絶対にあたしに対する嫌味ですよね?あたしと関係した男たちは、すべてロクデモない男たちだと言っているようなものじゃないですか?

ロクデモない男たちだとは言ってませんよ。僕はレンゲさんがもっと慎重に男を見極めてから付き合ったらどうですか?。。。と言っているだけですよ。

でも、デンマンさんは一昨日あたしを“女業平”だと決め付けましたわ。

決め付けたんじゃなくて、在原業平の恋愛遍歴がレンゲさんの恋愛遍歴と似ていると言ったまでです。

あたしがたくさんの男性と関係したと言うことをデンマンさんは強調したのですわ。だから、あたしは洋ちゃんに下つきだと言われて、なおさら気になってしまったんです。

なんですかあああ。。。一昨日の記事を僕が書かなかったら、レンゲさんはそれ程、気にすることもなかったと言うのですか?

そうですわ。

要するに、僕があの記事を書いた事を責めているのですね?

はっきり言えばそうですわ。

はっきり言わなくても、そうなりますよ。。。でもね、僕はレンゲさんが、たくさんの男と関係を結んだからといって、レンゲさんが性的に無軌道だとは思っていませんよ。

でも、そのように誤解されてしまいますわ。

では、誤解されないように言いますが、レンゲさんは愛のない家庭に育ったから、“幼児的なふれあい”がレンゲさんにとって憧れになっている。その憧れが思春期を迎えるにつれて、レンゲさんを愛と性の世界に導いてゆく。レンゲさんはこのようにして16歳のときに坂田さんの腕に抱かれてハラハラ。。。ワクワク。。。どきどき。。。しながら桜の花びらを散らしたんですよ。この坂田さんがレンゲさんの恋愛遍歴の原型になっているんですよ。一見、レンゲさんの恋愛遍歴は無軌道のように見えて、実はそうではない。僕は次のように書いていますよ。
[PR]
# by denman705 | 2006-03-18 12:04 | 性の悩み・セクハラ・愛と性



レンゲさんがホステス時代に“お客リスト”を作っていた。レンゲさんはクラブ・オアシスで働いていた30人の女性のうちでナンバーワンになったんですからね。レンゲさんがマジメに一生懸命ホステス業に励んでいたことが僕は理解できましたよ。どんな職業でもそうですが、トップになるためには、それなりの努力が必要ですよ。実際、“ちゃらちゃらして”いたら、ナンバーワンにはなれなかったと思いますよ。

。。。

“セックスから愛が生まれることもあります”と言ったんですよ。覚えているでしょう?

セックスから愛が生まれる事は、極めてまれにはあるかもしれません。でも、普通は逆ですよ。愛し合っている男と女がやがて結ばれる。そう思いませんか?ただし、レンゲさんが“セックスから愛が生まれる”事を体験したと言う事は僕には理解できますよ。でも、その愛はレンゲさんが求めていた愛ではなかったようですよね。

本当の愛を見つけていたなら、レンゲさんはベターハーフを見つけていたでしょう。でも、人生の伴侶をいまだに見つけていないですからね。しかも、レンゲさんは求めている愛を見つけることが出来そうにないと思ったから、ホステスの世界からきれいに足を洗ったんですよ。2度と戻らなかった。これからもレンゲさんは戻らないと思いますよ。

本当の愛があることをレンゲさんは信じている。信じきれないまでも信じようとしているレンゲさんが居る。しかし信じたいにもかかわらず、レンゲさんの目の前に現れる愛は、理想とする「愛の形」からはあまりにもかけ離れている。それでレンゲさんは絶望を感じないわけには行かない。これ以上どうにも出来ない愛に無力感を覚える。レンゲさんがホステスを辞めたのは、この事が真の理由だと僕は思っていますよ。
 
『とこしえの愛って。。。 』より


つまり、無軌道のように恋愛遍歴を重ねているようだけれども、レンゲさんは“本当の愛”を捜し求めているんですよ。“失われた幻の愛”を追い求めているんですよ。在原業平もレンゲさんと同様、愛のない、しかも呪われた家庭に育ったわけですよ。そういうわけで、レンゲさんと同様に“失われた幻の愛”を求める強い願望がある。それで、俗説によれば3373人の女性と媾合(まぐあ)ったわけですよ。でも、記録を作るために、ただ単に女あさりをしていたわけではないんですよ。

デンマンさんは、あたしも淫乱な女ではないと信じてくれますよね?

もちろんですよ。たとえ、レンゲさんが下つきだとしても、淫乱である根拠とはならないんですよ。トップに引用された文章の中にも書いてあるでしょう。医学的な根拠はないんだと。。。

でも、洋ちゃんに、そう思われていると思うと。。。

だから清水君が間違っているんですよ。彼にとって、レンガさんは初めての女性なんですよ。でしょう? 

そうです。

だから、比較のしようがないじゃないですか?

でも、写真でたくさんの女性のものを見ていると。。。

写真と実物では比較になりませんよ。それに、性経験では清水君などとは比べ物にならない程、レンゲさんは経験を積んでいるんですよ。清水君に言われたからと言って、それ程気にするレンゲさんではないでしょう?レンゲさんは、坂田さんに抱かれた頃の16歳の乙女ではないんですよ。しっかりしてくださいよ。

でも、あたし、他の女性のものなんて、じっくり見たことなんてありませんもの、比較のしようがありませんわ。

だから、僕が言っているではありませんか。。。レンゲさんは下つきではありません。

デンマンさん一人だけですわ。

他の人も言ってますよ。

他の人って誰ですの?

“お客リスト”を見た時に書いてありましたよ。

どのように。。。


夕べ篠田さんと愛し合ったとき、レンゲちゃんは小股の切れ上がったいい女だねと言われました。
なんだか空に舞い上がるようないい気持ちでした。


このようなことが書いてありましたよ。

篠田さんなんて覚えていませんわ。

名前は僕もうろ覚えだから、適当に書いたまでですよ。でも、誰だか知らないけれど、レンゲさんと愛し合った時に“レンゲちゃんは小股の切れ上がったいい女だね”と言った。レンゲさんもそれを聞いて“空に舞い上がるようないい気持ちでした”と書いていた。 だから、レンゲさんだって分かっているんですよ。

でも、あたし、小股って良く分かっていないんですよ。とにかく、“いい女だね”と言われたし、響きが良かったので、満ち足りたセックスのあとの快感と重なって、いい気持ちだったんです。。。それで、小股ってなんですの?

意味も良く分からずに、空に舞い上がってしまったんですかあああ。。。うへへへ。。。

じらさないで教えてくださいな。

また、引用になるけれど、僕がすでに書いたので読んでみてよ。


小股の切れ上がったいい女

「小股」とは何か?

○ 「小首を傾げる」: ちょっと首をかしげる。
○ 「小耳にはさむ」: ちょっと聞いたことがある。
○ 「小股で歩く」: 歩幅をちょっと狭くして歩く。

最後の「小股で歩く」の「小股」と関係がありそうなのですが、「小股の切れ上がった」という場合の「小股」は歩き方とは関係がなさそうです。
切れ上がったというのですから、どこか場所と関係がありそうです。

相撲に「小股すくい」というのがあります。
この技は相手のすねから膝頭にかけての部分に手をかけて払うようにして倒すのですが、しかし、この部分と女性の美しさがどうかかわりがあるのか判然としません。

足袋をはいた足の親指と人差し指の間の部分という説もありますが、この部分が切れ上がるとどうしていい女になるのかが分かりません。

民俗学者であり、また古代史の研究でも知られている折口信夫さんは「女陰の陰裂の長さ」という説を立てました。
意味するところが分からないわけではないのですが、「長さ」が切れ上がる、という表現が適切とは思えません。

作家の井上ひさしさんは長編小説『江戸紫絵巻源氏』(文春文庫)の上巻で「小股が切れ上がる」について触れています。
井上さんがその道の古老に尋ねたところによると、小股とは股の付け根の切れ目のことを言うのだそうです。あそこのところの略図を「Y」とすれば、
「V」の部分が深く切れていて、しかも、斜め上方に長く切れ込んでいる女性のことを「小股の切れ上がった女」と称するのだそうです。
さらに井上さんは、次のように説明しています。


『Y』の『V』の部分が、深く長い切れ込みを有しているとは、具体的にはどういうことか。
簡単に言えば土手が高いのであります。

あの丘がこんもりと盛り上がっているわけであります。
したがって、万事に具合がよろしいのであります。


女性の性器と結びつけるのは、おそらく誰もが一度は考えてみるのではないでしょうか?
しかし、ちょっと考えてみてください。
もし女性の性器と関係があるなら、ある女性を見たとして、その女性が「小股の切れ上がった女だ」と判断する時に、その女性の性器を調べなければなりません。
しかし、そんなことはないわけです。
そうだとしたら、うかうかと「小股の切れ上がったいい女」だと口に出来ません。

日本語の良いところは、この辺をぼやかして「感じ」「情緒」「雰囲気」として受け止めることです。
上のべティーさんを見てください。
私にとって、「小股の切れ上がったいい女」というのは、イメージとしてはこのべティーさんのような体形が想い浮かびます。
これを英語にすると、きわめて直接的な言い方になってしまいます。
つまり、

“A nice gal with a shapely ass” 

とか 

“A pretty broad with a cute butt”

もし、知り合いに日本語の分かるアメリカ人がいたら、このべティーさんを見せて、ぜひ訳してもらってください。
先ずこのように訳すはずです。

カナダで20年以上暮らしていますが、私の今までの経験では、日本語にマッチしたうまい訳が思い浮かびません。
「小股の切れ上がったいい女」という表現には非常に日本的なものを感じます。

「水もひたたるいい男」という表現がありますが、これなども実に日本的な表現です。
英語に訳せと言われても、これには困り果ててしまいます。
このような日本語は言語学的に理解するというより感覚的にイメージするより仕方がないものだと思います。

『私版・対訳ことわざ辞典 (小股の切れ上がったいい女)』より


でも、この文章では、「小股」が何か?という事をデンマンさんは、はっきりと書いていませんわ。

はっきりと断定していません。でも、充分に示唆していますよ。

どういうことですの?

井上ひさしさんの書いたものを上で引用しているでしょう?これで充分に理解できるでしょう?

でも、デンマンさんは書いていますわ。女性のあそことは関係がないって。。。

確かにそう書きました。でもね、“日本語の良いところは、この辺をぼやかして「感じ」「情緒」「雰囲気」として受け止めることです”と、書いているでしょう? つまり、レンゲさんのチューリップを見なくても、この水着姿を見ただけでも、レンゲさんが小股の切れ上がったいい女だと言うことが“感じ”で分かるんですよ。

つまり、「小股」と言うのは調べてみるものではなくて、感じでつかむものだと言うことですか?

そうですよ。やっと分かってもらえましたね。

でも、洋ちゃんは。。。

清水君は、レンゲさんの大切なものをこと細かに調べつくして断定したわけじゃないでしょう?。。。感じで言っただけなんですよ。だから、気にすることはないんですよ。

だって。。。

篠田さんは、はっきりとレンゲさんのことを小股の切れ上がったいい女だと言ったじゃありませんか。僕だって、レンゲさんが小股の切れ上がったいい女だと思っていますよ。

あらっ。。。そうなんですのォ~?デンマンさんも、そう思いますゥ~?

もちろんですよ。

デンマンさんが、あたしのことを褒めるなんて珍しいですわね?また、何かあたしの気に障(さわ)ることを言うのでしょう?

言いませんよ。たまにはレンゲさんの笑顔を見ながらこの記事を終わりにしたいんですよ。へへへへ。。。。

【ここだけの話しですけれどね、僕は本当にレンゲさんと清水君が末永く愛し合う関係が続けばよいと思っているんですよ。でもね、毎朝、毎晩求め合う事がいつまでも続くわけがないんですよ。清水君がレンゲさんのことを下つきだ言ったことが、何よりもそのことを物語っているんですよ。悪い予感がしますよね。でも、このことは言えませんよ。。。また、レンゲさんが落ち込んでしまいますからね。とにかくね、この話の続きは、ますます面白くなりますよ。どうか期待して待っていてくださいね。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲのバンクーバー紀行』



バンクーバーから戻ってきたレンゲさんの新しい悩みは次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『夢のバンクーバー“後記”』
 
レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『レンゲの悩みの数々。。。本当にわたしは悩みの宝庫です。。。』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさんのスナップ写真集』

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』
[PR]
# by denman705 | 2006-03-18 12:03 | 性の悩み・セクハラ・愛と性