デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

乙女老い易く学成り難し


 


乙女老い易く学成り難し



(baker112b.jpg)



(baker114b.jpg)



(baker111b.jpg)




デンマンさん。。。 “乙女老い易く学成り難し”というのは、ちょっと違うのではありませんか?



ほおォ~。。。 真由美ちゃんは、他に思い浮かぶ語句があるのですかァ~。。。


私は次のような諺を聞いたように思いますわァ。



少年老い易く学成り難し



(morita3.jpg)


少年易老學難成


一寸光陰不可輕


未覺池塘春草夢


階前梧葉已秋聲



少年老い易く学成り難し


一寸の光陰軽んずべからず


未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢


階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声


 



少年よ! 若いときはうつろいやすく、


学問を成すことは難しい。


だから、僅かな時間さえも軽んじてはいけない。


池のほとりの春草が萌え出る夢も覚めぬうちに、


もう庭先の青桐の葉が秋の訪れを告げているのだから…




あれっ。。。 真由美ちゃんは意外に古典に詳しいのですねぇ~。。。



別に、古典に詳しいわけではありませんわ。。。 たまたま、バンクーバー市立図書館で『日本人に贈る聖書ものがたり』を借りて読んでいたら次のエピソードに出くわしたのです。




(bible90.jpg)


ヤハウェの使い(天使)二人がソドム(Sodom)にあるロトの家へ訪れ、ロトは使いたちをもてなした。


やがてソドムの男たちがロトの家を囲み、使いたちとセックスをするから使いたちを出すよう騒いだ。


ロトは二人の使いたちを守るべく、かわりに自分の二人の処女の娘達を差し出そうとした。


使いたちは、ヤハウェの使いとして町を滅ぼしに来たことをロトに明かし、狼狽するロトに妻と娘とともに逃げるよう促し、町外れへ連れ出した。


ロトがツォアル(ヘブライ語: צוער‎ 英語: Zoara)という町に避難すると、ヤハウェはソドムとゴモラを滅ぼした。


ロトの妻)は禁を犯して後ろを振り向き、塩の柱に変えられた。


ヤハウェはアブラハムに配慮して、ロトを救い出した。



真由美ちゃんは聖書の物語に関心があるのですか?



特に関心があるわけではないのですけれど、デンマンさんと教会のスープキッチンへ行って何度か無料の食事をいただきながら、キリスト教の善意の精神について考えさせられたのですわ。



(church802.jpg)



(kitchen904.jpg)



(kitchen906.jpg)



それで、『日本人に贈る聖書ものがたり』を読む気になったのですか?



そういうわけですわ。。。


でも、それがどう言う訳で“少年老い易く学成り難し”と関係あるのォ~?


上の話で、ソドムの男たちがロトの家を囲み、使いたちとセックスをするから使いたちを出すように騒いだのですけれど、“使いたち”というのは男性なのですわ。


なるほどォ~。。。 つまり、ソドムの男たちは、その男の使いたちとセックスしたいと言った訳ですねぇ~。。。


そうですわ。。。 当然、私は不思議に思ったのですけれど、英語に“sodomy”という単語がありますよねぇ~。


あります。。。 ありますよ。。。 “不自然な性行為”とか“男色”を意味するのです。


この“sodomy”という単語の意味は、上の聖書の話から“男色”を意味するようになったと。。。


そうらしいのですよ。。。 でも、それが どう言う訳で“少年老い易く学成り難し”と関係あるのですか?


ちょっと興味があったので“男色”を調べていたら、次のような“少年老い易く学成り難し”のエピソードに出くわしたのですわ。




(shonen100.jpg)


しかし、朱熹の詩文集にこの作品(少年易老學難成の漢詩)は見当たらない。


そのことはかなり以前から問題になっていたが、
平成年代に入ってから、近世以前のいくつかの詩文集に、
ほぼ同じ内容の詩が、異なる題と作者名を伴って
収録されていることが指摘されるようになった。


まず、柳瀬喜代志によって、近世初期に禅僧の滑稽詩を集めた『滑稽詩文』(『続群書類従』所収)に、
「寄小人」という題で、この詩が収録されていることが指摘された。
作者名は記されていない。


転句が「未覺池塘芳草夢」となっている点が、「偶成」と異なっている。


柳瀬の説によると、題の「小人」は「年若い僧」を意味し、
起句の「少年」は「寺院にあずけられた俗人の子弟、
あるいは幼少にして出家し僧を目指している男児」であると共に、
僧侶の性愛の対象である稚児の意をも含んでいる。


それ故この詩は、年若い僧に対して
「君の稚児さんは老け易いが、君の学業成就は難しい」、
だから男色と学問とに その若い時を惜しんで過ごしなさいと勧める詩意を成す滑稽詩だという。




出典: 「少年老いやすく学なりがたし」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



あれっ。。。 真由美ちゃんは意外に妙な事に興味があるのですねぇ~。。。 うへへへへへへ。。。



いいえ。。。 私は別に、妙な事に関心があるのではないのですわァ。。。 うふふふふふふ。。。 たまたま聖書の話から気になって調べてみただけのことです。。。 でも、デンマンさんこそ、どう言う訳で“乙女老い易く学成り難し”というように変えてしまったのですか?


真由美ちゃんがバンクーバー・コミュニティ・カレッジ(Vancouver Community College)で本格的にパン職人・お菓子職人の勉強をするために入学したと聞いたからですよ。。。 



(vcc002.jpg)



(baker112b.jpg)



(baker113b.jpg)



(baker111b.jpg)



つまり、真由美ちゃんのための餞(はなむけ)の言葉のつもりです。 うししししし。。。



そうだったのですかァ~。。。


それにしても、どう言う訳で、真由美ちゃんは入学を決心したのですか?


デンマンさんも ご存知のように、わたしはカナダ移住を決心して仕事を探したのですけれど、就労ビザを持ってないと、なかなか雇ってもらえなかったのですわ。。。 それで、仕方なくボランティアでカーネギー・センターのキッチンで仕事をするようになったのです。。。



(carnegie01.jpg)



(carnegie02.jpg)



(carnegie06.jpg)



うん、うん、うん。。。 それは聞いていました。



私は、ほぼ毎日のように仕事に励んでいたのですけれど、ある日、女性マネージャーが私をオフィスに招いて意外な話をしてくれたのです。


その意外な話とは。。。?


私が就労ヴィザを取得してバンクーバーでパン職人・お菓子職人として働けるように、まずバンクーバー・コミュニティ・カレッジで職人になる勉強をしてみたらどうかと言ってくれたのです。


ほおォ~。。。 それはいい話ではありませんかァ!


でも、「私には経済的な余裕がありません」と言ったら、奨学金がもらえるように推薦してあげるから、私さえその気ならば手続きを始めるけれど、どうですか?。。。 と言うのでした。


ほおォ~。。。 それはラッキーな話だねぇ~。。。 それで、現在 奨学金をもらいながら、バンクーバー・コミュニティ・カレッジ(Vancouver Community College)で本格的にパン職人・お菓子職人の勉強をしているわけなんだァ~。。。


そうです。。。


でもねぇ~。。。 僕は、たぶん、そういう事があるのではないかと思っていましたよ。


デンマンさんは、どうしてそう思ったのですか?


以前、真由美ちゃんは僕に次のようなメールを書いたことがあったのです。



差出人:真由美


件名:今日はいつもより


涼しかったですよ~☆



デンマンさん、こんにちはv(^-^)v


I just finished work.


It's cool and comfortable.


今日も仕事が終わり、帰宅してパソコンの前にいます。
今日はデンマンさんに少し嬉しいお知らせがあります。


今日会社に行き、店長に話があるとの事でした。
その内容はほんの少しですが。。。時給を上げさせて頂きました。
との報告でした。


とても嬉しかったです。
店長は本当に少しですが、と言われましたが私は金額よりも
その気持ちと少しでも頑張りを認めてもらえた事がとても嬉しかったです。


そして、時給を聞いた時に思った以上に上げてくれた事にとても感謝しました。


デンマンさんの記事
やっぱり、血のつながりでしょうねぇ。




やっぱり、真由美ちゃんがカナダに住んでいる僕に


関心を持ったということは、


“血のつながり”と共に“生き方”を同じくする者という


共感もあるのでしょうね。


それで、僕も 真由美ちゃんに対して


“身内の話”もしたくなるのですよ。


デンマンさんからのお話を母に少ししました。
母もデンマンさんのお母様が随分昔に、随分な苦労をされた方だ、というのは知っていたようです。


詳しい内容までは母も知らなかったようで、デンマンさんからの話を伝えました。
母も驚いていました。


不思議な血の繋がり。。。
素敵ですね。


私が今回カナダに行きたいという願いは、実は昔まだ私が小学生の頃に
親戚の かよちゃんがとても優しくて、良くしてもらった記憶が強く残っていました。


小学生といっても低学年で、一度ほど?くらいしか会ったことしかないので、
顔も声も全く覚えていないのに、かよちゃんは優しい!!という私の中で記憶として残っていました。


私が かよちゃんの話をすれば母から、かよちゃんはカナダに行っての話や、英語がペラペラという話しをよく聞いていました。
そんなことからわたしもいつしか英語を話してみたい!!という気持ちが
ずっとありました。


しかし、決してわたしの学生時代はまじめなものではありませんでした。
勉強も好きではなく、遊びに夢中になってしまった時期もありました。


父にも母にも沢山沢山、迷惑かけました。
(これはあまり血のつながりはなかったのかな。。。笑)


それでもずっと気持ちの中に、変わらない「夢」として、
ありました。


デンマンさんの存在を知った時には、やっぱり、何かあるんだ!!なんて勝手に
自分の中で、血のつながりを感じていました。


そして、私の夢を、、、長年の夢を一歩一歩かたちに繋いでくれている事に、
デンマンさん、感謝しています。


私がカナダに行く事は昔からの夢だという事は小さいころから知っていますので、
頑張って欲しいという気持ちで応援してくれています。


そしたらたまの休みにはカナダに旅行にいけるかしら。。?
なんて冗談交じりに言っている母を見ていると
やっぱり夢、絶対叶えたいなって、強く思います。




母親は 昔の苦労話や、悲しかった事などは


おくびにも出しませんでした。


初めから、お互いに元気であることを喜び、


声が聞けたことに感謝して、笑い転げながら話しましたよ。


そんな人ほど、本当に強い人間なんだな。。って私は思います。


そんな女性でありたいです。。




真由美ちゃんも、僕のお袋と話せば、


面白い楽しい人だということが すぐに解りますよ。


でも、内面には、ずいぶんと苦労して


耐え抜いてきた悲しみを持っている人です。


お袋が 真由美ちゃんのお母さんに優しい気持ちになれるのも、


いろいろと苦労した過去があればこそです。


いつかいつかそんなお話もデンマンさんに直接、話を聞けたらな p(^-^)q っと思っています。


もっといろんな事が、不思議に繋がる気がして。。


そう。。かよちゃんにも会いたいですね。


向こうで、、


デンマンさんとかよちゃんと3人で会えたらそれも何だか素敵ですね!


デンマンさんも素敵な一日をお過ごしください!!


Have nice day!!


真由美より


2014年06月04日 17:55




『真由美ちゃんの命の力』より
(2014年8月18日)



真由美ちゃんが何も言わなくても、仕事ぶりを見て店長が給料を上げてくれたように、カーネギーセンターでも真由美ちゃんが陰日向(かげひなた)無く 一生懸命に働いている様子を見ていたマネージャーが奨学金の手続きをしてくれたのですよ。



そうでしょうか?


あのねぇ~、昔の人は言いました。 “誰も見ていなくても神様は見ている”と。。。



(laugh16.gif)



【真由美の独り言】



(mayumi40.jpg)


そのような訳で、現在 学生に戻ってバンクーバーの生活をエンジョイしています。


カナダでパン職人・お菓子職人になるために勉強しているので、デンマンさんと食べ歩きをしながら、いろいろと勉強していますわ。


3ヶ月前のことですけれど、回転レストランでいただいたエスカルゴは マッシュルームの上に載って出てきて、美味しかったです。



(top02b.jpg)



(top06.jpg)



ロブスターも 最高の味でした。



(top05.jpg)


デザートにいただいた Poached Pearも繊細で微妙な味が染み込んでいて、なかなかよかったですわァ。



(pear02.jpg)


Orange Anise Poached Pear


with Mascarpone Cream and


Toffee Sauce



alfredo sauce でいただいたパスタは 思い出に残るお味でした。



(salmone.jpg)


Fettucini con Salmone Affumicato


smoked salmon, green peas,


and shaved parmesan cheese


tossed in a creamy alfredo sauce


ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?


とっても素敵な街ですよ。



(stanley50.jpg)



(seawall3.jpg)



(seawall2.jpg)


世界で最も住みやすい街バンクーバー






(wetsuit.jpg)



(wetsuit3.jpg)



(gastown20.jpg)




(canplace22.jpg)



ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?


卑弥子さんも バンクーバーにやって来たことがあります。


2008年の元旦の2週間ほど前に来たということです。
クリスマスをバンクバーで過ごして、


それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのですってぇ~。。。



(polar10.jpg)



上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?


ところが気温は2度ぐらいだったそうです。 


水の中の方が暖かかったとか。。。


とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。


あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。


デンマンさんが、また興味深い、面白い記事を書くと思います。


だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
では。。。



(hand.gif)



If you've got some time,


Please read one of the following artciles:




(juneswim.jpg)


“My Name is Mayumi”


“Mayumi's Bagels”


“Mozzarell & smoked chicken


Bagel Sandwich”


“Bagels@Granville Island”


“Matcha Bagels”


“Scones & Puddings”


“Lox and Bagels”


“Oyster Bagel Sandwich”



(biker302.jpg)


“ついに会えました”


“お天道様が見てます”


『真由美ちゃんのカナダ移住』


『真由美ちゃんのカナダ就活』


『ロマンと夢が広がる』


『カナダ就活と英語』


『カナダへの履歴書』


『真由美ちゃんの夢とベーグル』


『真由美ちゃんの命の力』


『迷い、決断、そして行動』


『夢と希望の光』


『下着女装に負けない真由美ちゃん』


『真由美ちゃんの就活面接』


『真由美ちゃんのリクエスト』


『真由美ちゃん@とんでん』


『バンクーバーで面接』


『海外で面接』


『真由美ちゃん、読まれてるよ』


『真由美ちゃん@面接英会話』


『真由美ちゃん@教会』


『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』


『真由美ちゃん@バンクーバー』


『心温まるスープ』


『大切な第一印象』



(santa85b.jpg)


『サンタ マユミちゃん』


『お汁粉@海外』


『お汁粉@カナダ』


『支払いでトラブル』


『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』


『バレンタインのお菓子』


『結婚、仕事、人生』


『命の力だね』


『英語と真由美ちゃん』


『海外に目を向ける』


『カーネギーホールじゃないよ』


『やる気があれば道は開ける』



(blackcat5.jpg)


『ニャンニャンと人生』


『ピラミス@美術館』


『夢のバンクーバー』


『バンクーバーの屋上で』


『オランダ移住』


『カナダ移住の夢』


『ディープコーヴ』


『浴衣のバンクーバー』


『黒豚テリマヨ』



(surfin2.gif)



(dogs17.gif)



(girlxx.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-21 02:51 | いかに生きるか?人生とは?

行田物語 病院食 (PART 1)


 


行田物語 病院食 (PART 1)


 



(hosfood01.jpg)



(hosfood05.jpg)



(nurse3.jpg)



(mayumi40.jpg)



好きなものを食べさせてください


 



(doctor13.gif)


 


「父が鰻を食べたがるのですが、大丈夫でしょうか」


申し訳ないですが、ご遠慮願います、鰻は危険です。


そういわれると予測していたが、あにはからんや、あっけらかんと、
「大丈夫ですよ」


「でも小骨が喉に引っかかったり肺に入っちゃったりしたら……?」


すると会長先生、ニッコリ笑って、
「好きなものは喉に引っかからないものなんです」


会長がさらに付け加えることには、
「イタリア人は、おいしいものが食べられなくなったら生きている意味がないと考えるそうです。私はその意見に大いに賛成でして、特別な疾患がないかぎり、『身体に悪い』と何もかも規制する前に、できるだけ『おいしい』と思っていただく努力をしたいと思っています


その考えをもってして入院患者と接してくれるこの病院に食い意地の張っている父を入れてよかったと、私はそのとき心の底から安堵した。


これからは、多少カロリーが高そうだとか老齢には脂がきつそうだとか、余計な素人判断は捨てることにしよう。


いざとなったら「我々がちゃんと診ています」とお医者様もおっしゃってくださった。


家族としては、父が「食べたい」と求めるものを食べさせればいい。


 



(banzai03.jpg)


 



(agawa01.jpg)


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




41-42 ページ 『強父論』
著者: 阿川佐和子
2016年9月10日 第5刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋




デンマンさん。。。 また“病院食”を取り上げるのですか?



(kato3.gif)


あのねぇ~、実は、バンクーバー図書館で借りていた本を読んでいたら上の箇所に出くわしたのですよ。。。


それで、また“病院食”を取り上げる気になったのですか?


そうです。。。 やっぱり、多くの高齢者の家族が年寄りが病気になったら、なるべく おいしいものを食べさせてやりたいと思っていのですよ。。。 阿川佐和子さんも、お父さんで作家の阿川弘之さんが入院した時に、鰻を食べたがるので ぜひ食べさせてあげたいと思ったわけですよ。。。


でも、年寄りの病人に鰻というのは、常識的にも、ちょっとダメですよねぇ~。。。


確かに、佐和子さんも、鰻はちょっとダメなんじゃないだろうか?。。。と思ったわけですよ。。。 でも、意外に会長先生はOKだと言ったわけですよねぇ~。。。


私も、上の小文を読んで、意外な感じがしましたわァ~。。。


でしょう?。。。 でもねぇ~、現在、日本の医者や看護師の多くが、医学的な迷信に囚われていると思うのですよ。。。 たとえば、次のように。。。




(sayuri55.gif)


デンマンさん。。。お母さんは退院なさったのですか?



(kato3.gif)


一度退院したけれど、また入院ですよ。


今度もまた行田中央総合病院ですか?


いや。。。今度は行田総合病院です。


あらっ。。。同じ病院ではないのですか?


「中央」がぬけると全く違う病院になるのですよ。


どうして行田中央総合病院ではなく、行田総合病院にしたのですか?


あのねぇ、僕は行田中央総合病院のフィードバック・フォームに医療食について苦情と要望を書いたのですよ。



皆様のご意見をお聞かせください。



(uncle006.gif)


皆様にご満足戴ける病院を目指してスタッフ一同努力しておりますが、様々な観点において皆様からお気付きの点・ご意見等がありましたら、ご遠慮なくお聞かせください。


記入日: 平成24年10月6日


207号室でお世話になっている患者(私の母)の長男、デンマンという者です。
スタッフの皆様の医療には感謝しております。


さて、母の食事表を見ますと、10月1日(月)には主食・副食ともハシをつけているようです。
しかし、日数が重なってゆき10月5日(金)、10月5日(土)を見ますと、主食・副食ともにゼロです。(食べていません。)
病院理念を見ますと「病気を診ずして病人を診よ」となっていますが、理念と現実があまりにもかけ離れているのを感じます。


貴医院のパンフレットを拝見しますと、食欲をそそられる素晴らしい(医療食の)写真が掲載されています。



(hospfood.jpg)


ところが実際の医療食を見ますと、見ただけでもまずそうで、食欲を無くすようなメニューになっています。


貴医院には専属の栄養士・調理師は居ないのでしょうか?
母の生きがいは「食」にあります。


医療食とはいえ、患者の好みに応じたメニューを提供して欲しいと強く感じます。
なぜなら、入院中の患者にとって食事が唯一の楽しみだと思うからです。


医療食が人生の最後の食事になる患者さんも居ることでしょう。
「病気を診ずして病人を診よ」という理念に基づいて病人の気持ちと病状を考慮した医療食を提供していただきたいと切にお願いします。


宜しくお願いします。
乱筆で失礼いたします。



デンマン


行田市行田 TEL: 0485 (54) 9999




『ネットと行田中央総合病院』より
(2012年10月14日)



このフォームが問題になったのですか?



そうなのですよ。 お袋の様態が悪化したので行田中央総合病院に入院させようとしたのだけれど、「医療食にきめの細かい配慮ができませんので、もっと大きな病院に入院させてはいかがですか!?」と丁重に断られてしまったのですよ。


それで、どうなさったのですか?


しかたがないから行田総合病院に連絡をとって引き受けてもらったのですよ。


。。。で、救急車で搬送したのですか?


そうです。 僕が救急車に乗って付き添っていったのです。 救急車に付き添いで乗るのは生まれて2度目の経験ですよ。


最初はどのような事故で救急車に乗ったのですか?


いや。。。事故ではなく最初の時もお袋の様態が急におかしくなったので僕が救急車を呼んで行田中央総合病院へ搬送するように頼んだのですよ。


つまり、行田中央総合病院には昔からお世話になっているのですわね?


その通りです。 でもねぇ、その時にも院長先生に苦情を言ったものだから、よほど口うるさい息子がいるというので敬遠されたのですよ。 たぶん。


。。。で、行田総合病院の対応はどうでしたの?


それがねぇ、意外にも迅速に対応したのですよ。 嬉しい驚きでしたよ。


デンマンさんが嬉しがるほどの迅速な対応だったのですか?


そうなのです。




『病院の悪い評判』より
(2012年11月4日)



つまり、病院食がまずそうなので、やがてお母さんが食べる気が無くなってしまったのですか?



僕が見ても食べたくなるようなものじゃなかった。。。 ある日、梨が食べたいと言ったので、僕は梨を持って行って、皮をむいてお皿の上に出して母親がうまそうに食べるのを眺めていた。。。 そしたら、看護婦さんがやって来て、あとで分かったのだけれど、僕があまりにも堂々と梨を食べさせているので、唖然としてそのまま何も言わずに病室から出て行ってしまったようです。。。 もちろん、その時、僕はたいして看護婦さんの行動に気をとられていなかった。


それで。。。?


翌日、見舞いに行ったら、ベッドの上に、縦横40センチぐらいのカードボードがぶら下がっていて、マジックでなにやら書いてある。。。


 



 


患者様に、病院食以外の
 


食べ物は
 


食べさせないでください。
 


宜しくお願いします。


 


 



デンマンさんに直接注意しないで、わざわざカードボードに書いたのですか?



僕はどうやらクレーマーとして病院のブラックリストに載っているらしい。。。 (苦笑) 僕に注意すると、10倍ぐらいの苦情が返ってくると思うのか、“触らぬ神にたたり無し”と思われていたようですよ。。。


つまり、病院で決められたもの以外は駄目だと言うことですねぇ~。。。


そういうことなのです。。。 お袋が梨が食べたいと言うのだから、梨ぐらいは別に病人に異常を与えるとは思えない。。。 ところが、これまでの病院の古いしきたりに従って、病院食を改善しようとしない。。。


でも、やっぱり、病院で決めたものが病人にはいいのではありませんか?


でもねぇ~、最近の医学では、必ずしも古くからのしきたりが、病人に良いとは考えない医者も出てきたのですよ。。。 たまたま、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのです。。。



病院食



(okayu02.jpg)


 


入院した経験をおもちの方はわかると思いますが、いまの病院食というのは、何かというとすぐに「お粥」を食べさせます。
とくに内臓を手術したあとの患者などには、「胃腸に負担をかけないように三分粥から始めましょう」と、いかにも体を思いやっているような言い方をします。
でも、これは大きな間違いです。


私は、胃の手術をした患者さんにも最初から普通食を提供します。
なぜお粥よりも普通食のほうがいいのか、それはエンザイムの働きを知っていればすぐにわかります。


普通食がよいのは「よくかむ」ことが必要だからです。
よくかむことは唾液の分泌を促します。
唾液の中には消化エンザイムが含まれており、かむことによってエンザイムと食物がよく混ざり合い、食物の分解がスムーズに進むので消化吸収がよくなるのです。


しかし、お粥だと最初からどろどろしているので、ろくにかまずに飲み込んでしまいます。
そのため、やわらかいはずのお粥は、エンザイムが充分に混ざっていないため消化が悪く、よくかんだ普通食のほうが消化がよいという皮肉な結果になるのです。


私は胃の手術をした3日後の昼食に、普通のお寿司を出したこともあります。
ただし、そのときは「ひとくちあたり70回はかんでください」ときちんと指導します。
よくかむということは、病人に限らず消化吸収をスムーズに行うためにとても大切なことです。
とくに胃腸の問題のない人も、普段から30~50回はかむように心がけることをお勧めします。



(shinya01.jpg)


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




68-69ページ 『病気にならない生き方』
著者: 新谷 弘美
2006年5月1日 第25刷発行
発行所: 株式会社 サンマーク出版



真由美ちゃんは、どう思いますか?



確かに“病院食”をイメージすると、“お粥”みたいな食べ物になるでしょうねぇ~。。。


でもねぇ~、真由美ちゃんは無意識のうちに「病院食がお粥だというのは間違いだ」と気づいていたようですよ。。。


あらっ。。。 どうして、デンマンさんはそのようなことを言うのですか?


ちょっと次のメールのやり取りを読んでみてください。




(foolw.gif)


真由美ちゃん、風邪を


移されないように気をつけてね。


今日は、よく僕を見つけることができましたね。
ちょっと驚きましたよ。



(library9.jpg)


バンクーバー中央図書館は 8階建ての建物で、
パソコンが置いてあるのが
2階、3階、4階、そして 6階。
全部で 350台ぐらいあるから。。。
パソコンをやっている人を探すのは大変ですよ。


真由美ちゃんが僕を見つける20分前に、
Atrium のテーブルで お昼を食べ終えたところでした。
僕がお昼を食べている時に、探していたら、もっと時間がかかっていたかもね。



(library4.jpg)


でも、Atrium を先に探したとしたら、もっと早く見つけていたかも。。。、


久しぶりに風邪を引いてしまったのですが、
それでも、熱は出ていないから、たいした風邪ではありません。


月曜日の夜は、鼻が詰まって、寝苦しくて、よく眠れませんでしたよ。
火曜日は図書館へ行くかどうか迷いました。


しかし、生活習慣は変えないのが僕の生活信条なので、
ちょっと しんどかったけれど、中央図書館に歩いてゆきました。


でも、ちょうど月曜日の夜が峠だったのか?
火曜日の夜からは、問題なく、眠れるようになりました。


今日は、鼻声だったけれど、月曜日の夜から比べれば、だいぶ楽になりました。
だいたい、風邪を引くのは、1年に1度あるかないか。。。


今回の風邪では、寝込むことはなかったけれど、ちょっとしつこいですよ。
でも、カナダの風邪で熱を出したことがないから、日本で風邪を引いた時の頭痛がないだけ、まだ楽です。


こうしてメールを書いたのは、真由美ちゃんと3時間近く話し込みましたからね。。。



(inview02.jpg)


真由美ちゃんも絶対に、僕と話している間に唾(ツバ)の飛沫(ひまつ)を吸い込んでいますよ。
。。。ということは風邪のウィルスも吸い込んだということです。


真由美ちゃんは、若いし、健康そうだから、風邪のウィルスに抵抗力があると思うけれど、
今夜は早めに寝てください。
寝不足は禁物です。
抵抗力が落ちるから。。。



(sleepgal.gif)


明日の朝は、元気がでるような朝食を食べて、抵抗力が下がらないように気をつけてね。


僕の風邪は、鼻から来ました。
鼻がグズグズして来て、鼻水が出始め、
それから、喉に来て、セキが出て、


昨日からセキが収まり、鼻水も、それほど出なくなり。
現在では、快方に向かっていますよ。


でも、熱は出ないし、寝込むことはなかったから、
僕の風邪が移ったとしても、それほどひどいことにはならないでしょう!


とにかく、気をつけてね。
じゃあ、ぐっすり眠ってください。
おやすみ。。。



(denman01.gif)


Thu, Jan 29, 2015 at 11:12 PM


 




(katosmil.gif)


真由美ちゃんが、いろいろと考えながら、


一生懸命に就職に向けて


頑張っている様子が


読み取れますよ。


真由美ちゃんも風邪を移されて寝ていると思ったのだけれど、やっぱり若いから、免疫力があるんだね。
安心しました。


今度の風邪は本当にタチが悪くて、今日は9時まで頑張ることができませんでした。
6時に自宅に帰って、寝ました。
10時10分に起きて、脱水症状にならないように、コーヒーをたくさん飲みましたよ。




(mayumi40.png)


デンマンさんの風邪も少し良くなったようなので良かったです。


でもあまり無理せずデンマンさんも栄養のあるもの食べてくださいね!



(kato3.gif)


確かに少しづつ良くはなっているけれど、
6時頃になるとしんどいです。




(mayumi40.png)


おとといは栃木県に住む母親から手紙が届き、
久しぶりに母親と会話をしたような気分になりました。


私も父親とはたまにメールのやり取りをしているのですが
心配をかけたくないので、
あまりこまめには父親にも連絡していませんでした。


母親がメールができないので、この手紙が わたしがバンクーバーにやって来てから初めてのコンタクトみたいな感じでした。
中を開けたら、2回分の手紙が入ってました。
違う日にちに 書かれたのでしょう。


その中には今年明けに埼玉県の実家に里帰りをしていたらしく
ケイジおじさんが私のことを随分の心配をしていて、
たくさん、いろんなことを聞かれたと書かれてありました(笑)


母親の手紙を読んで、
こみ上げる思いでいっぱいになりました。。。



真由美ちゃんは一人暮らしをしたことがないので、関係者は 真由美ちゃんのことを本当に心配していると思いますよ。
しかし、真由美ちゃんは10代ではないのだから、関係者が、それほど心配するのは可笑しなことですよね。


お母さんも久しぶりに 真由美ちゃんに 心の内を語ったのではありませんか?




(mayumi40.png)


昨日は私の好きな静かなカフェで
ひっそりと母親に返事を書いていました。



(tuc02.jpg)



癒しの場所を確保することはいいことですよ。




(mayumi40.png)


今日その手紙を出しに先ほど切手が売っている所まで行って送って来ました。
その足で図書館により今デンマンさんにメールを打っています。


今日手紙を出す場所も本当は切手が売っているお店を知っていたのですが
わざとそこに着くまでに通りすがる人に


"Is there a post office around here?"


"Where can I get stamps?"


"Keep going? all the way?"


"left hand side of the street?"


。。。とカタコトで聞いてみたり^^::



そうです。。。そうです。。。 何事も勉強です。


ボランティアのことは、今度,スープキッチンへ行った時にダイアンにじっくりと話を聞いてみたらいいですよ。
僕の風邪が完全に治ったら、スープキッチンへ行って見ましょう。
ダイアンも風邪を引いてしまったようで、そんなことがメールに書いてありました。




(mayumi40.png)


デンマンさんからのメールを部屋で読んでから、
今はNorth Vancouverの図書館に来ています。


はい、はい、はい。。。 僕も、できるだけ、真由美ちゃんの手助けができれば、幸せな気分になれます。
だから、遠慮せずに、何でも、書いてください。
じゃあね。



(denman01.gif)


Date: 2015/2/4, Wed 11:25PM



 




(foolw.gif)


真由美ちゃんが作ってくれた弁当を食べて


元気が出ました。


真由美ちゃんが帰ってから、すぐにベッドにもぐって寝て、
さっき、午前1時に目が覚めたばかりです。


ジンジャーを千切りにして、ジンジャー・ティーをいれて
弁当を食べました。



(bento102.jpg)


元気が出ました。




(mayumi40.png)


今日は突然押しかけて、すみませんでした。



僕もビックリしましたよ。
まさか風邪見舞いに、真由美ちゃんがやって来るとは思いませんでした。




(mayumi40.png)


ほんと、お弁当だけ渡して帰るつもりだったのに、
後々、デンマンさんの体調を考えたら長居してしまった事を申し訳なく思いました。
今日はゆっくり、休んでください。



でも、別に迷惑ではありませんでしたよ。


“メリハリ”のある生活をする。。。これが僕のモットーですから。。。
つまり、病気になっても、できるだけ日常通りに過ごすと言うのが、これまでの僕のやり方です。


だから、これまで、風邪のために休んだということはありませんでした。
やっぱり、“気が張っている”ということは病気回復効果もあるのだと思います。


真由美ちゃんが“風邪”を移されなかったのも、“風邪にかかっている場合じゃない!”という気持ちが多少は影響していると思いますよ。




(mayumi40.png)


もし、何かわたしにできる事あったら何でも言って下さいね。
わたしもデンマンさんの力になれる事は なりたいと思っています。



でもねぇ~、“あなたまかせ”の生活になってしまったら、マイナスになってしまいます。
真由美ちゃんが 初めて カレンおばさん夫婦に会った日に、カレンおばさんが旦那のことを愚痴っていましたよ。
覚えてますか?




(angry13.gif)


“あんたは、そばに面倒を見てくれる人がいるから


頼ってしまうねん。 それで、風邪がなかなか治らへん”


だから、真由美ちゃんの気持ちは充分にうれしいのですが、
誰にも頼らない生活を確立しないと、いざという時に苦労するのは自分ですからね。
頼れる人が常にそばに居るとは限らないのだから。。。


僕は、そういうつもりで、これまで生きてきましたから。。。
だから、これまでにカナダでは一度も医者にかかったことがなかったのですよ。
すくなくとも、“一匹狼の気持ち”を持っていたからこそ、健康で居られたのだと思います。


でも、今回の風邪だけは、ちょっと油断していました。
簡単な風邪だと思って、往復1時間かかって図書館まで歩いたのが、どうも風邪が長引く原因だったようです。


そう言うわけで、今日は、すぐそこのJoe Fortes Library で記事を投稿するつもりです。
なるべく早めに寝ます。




(mayumi40.png)


帰りに Joe's Market に寄って
ココナッツのパンを買いました。



(cocobun2.jpg)


パンをかじりながら帰りました。
やはり、あのパンは美味しいです!^ ^
それでは おやすみなさい。



キャルガリー(Calgary)で作られた、あのcoconut bun (椰子包)は 僕の大好物ですよ。
真由美ちゃんも気に入ったようですね。 (笑い)



(joe002.jpg)



(joe001.jpg)



(joe003.jpg)


あの、マーケットは、僕の知る限りでは、
バンクーバーのウェストエンドでは一番安い店です。


でも、品物も悪くはないです。 品揃えも、まあまあです。
醤油、味噌、豆腐も売ってます。


バナナの値段を見るのが、よい比較になります。
あのマーケットでは 1パウンドで 69セントです。


もっと安いのは、チャイナタウンだけでしょう!?


では、真由美ちゃんも、風邪を引かないように、くれぐれも気をつけて。。。
弁当、ありがとね。
おかげで、元気がでました。
じゃあね。



(denman01.gif)


Fri., Feb. 6, 2015 at 2:33 AM




『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』より
(2015年2月11日)



こうして久しぶりにメールを読み返すと、しみじみと真由美ちゃんが作ってくれた弁当を食べたときのことが思い出されますよ。。。



お粥ではなく、お弁当を作ったのは間違いではなかったのですねぇ~。。。


そうですよ。。。 やっぱり、“病院食”は真心のこもったお弁当が何よりなのです。。。



(laugh16.gif)


お粥ではなく、お弁当を作ったのは間違いではなかったのですねぇ~。。。

 (すぐ下のページへ続く)
[PR]
# by denman705 | 2017-06-20 02:55 | ふるさと 行田

行田物語 病院食 (PART 2)


 


行田物語 病院食 (PART 2)



【デンマンの独り言】



(kato3.gif)


真由美ちゃんの母親は 僕の従妹です。。。


つまり、僕の母親は真由美ちゃんにとって大伯母にあたります。



(mother002.jpg)


僕の母親が亡くなる2年ほど前に真由美ちゃんと一緒に撮った写真です。


ところで、真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。


去年(2016年)の9月に卒業式を終えて、
現在、バンクーバー市内の旨いベーグルを提供するカフェ・レストランで働いています。


忙しい時間を割いて、真由美ちゃんも僕の母親の葬式には参列してくれました。


学生時代には、先生やクラスメートとの英会話には、まごつくことがあったそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。


あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。


でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。


同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。


太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 6人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。


なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。


もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。


僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。


しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。


いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!



(inflight2.jpg)



(airport1b.jpg)


ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?


とっても素敵な街ですよ。



(stanley50.jpg)



(seawall3.jpg)



(seawall2.jpg)


世界で最も住みやすい街バンクーバー






(wetsuit.jpg)



(wetsuit3.jpg)



(gastown20.jpg)




(canplace22.jpg)



ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?


卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。


クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。



(polar10.jpg)



上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?


ところが気温は確か2度ぐらいでした。 


水の中の方が暖かかったのです。


とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。


あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。


では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。


だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。



(hand.gif)



If you've got some time,


Please read one of the following artciles:




(santa85b.jpg)


『サンタ マユミちゃん』


『お汁粉@海外』


『お汁粉@カナダ』


『支払いでトラブル』


『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』


『バレンタインのお菓子』


『結婚、仕事、人生』


『命の力だね』


『英語と真由美ちゃん』


『海外に目を向ける』


『カーネギーホールじゃないよ』


『やる気があれば道は開ける』


『ニャンニャンと人生』



(juneswim.jpg)


『ピラミス@美術館』


『夢のバンクーバー』


『バンクーバーの屋上で』


『オランダ移住』


『カナダ移住の夢』


『ディープコーヴ』


『浴衣のバンクーバー』


『黒豚テリマヨ』


『イタリアのベーグルとサルサ』


『花火大会』


『乙女老い易く学成り難し』


『真由美ちゃん@英語』


『真由美ちゃんダントツ』


『日本よい国天国だ!』


『やっぱりどこか狂ってる』


『日本で再会』



(utsunomiya10.jpg)


『乙女力@宇都宮』


『いい出会いの連鎖』


『笑顔の乞食おばさん』


『ニュートンの暗い秘密』


『新年@バンクーバー』


『スープキッチン@新年』


『猫と癒し』


『猫と犬と癒し』


『大通りde水の滑り台』


『イルカとワンちゃん』


『カワウソ@スタンレー公園』


『生パンツ系男子とベトナム兵』


『愛と癒しの涙』


『ダンスとノーベル賞』


『おもてなし』


『思い出ポロポロ』


『ロブソンの5月』



(biker302.jpg)


『ネットが不倫を連れて来る』


『ペットと良心』


『夢のデニッシュ』


『パンツァネッラ』


『12歳少女の短命』


『行田の伯母さん』


『パン職人修行』


『タイムマシーン』


『ルンルンdeサルサ』


『天国のワンちゃん』


『万の風になって』


『プロシュット』



(juneswim.jpg)


『なせば鳴る音楽』


『日本人女学生行方不明』


『日本人女学生死亡』


『ガレット』


『那須高原の紅葉』


『希望とロマン』


『錯視 錯覚』


『マンボ@バンクーバー』


『オリーブオイル』


『スコーンとプディング』


『5月のロブソン』


『病院食の間違い』


『プレミアム・ジャパン』


『自然の摂理を無視すると…』


『夢のデニッシュ・悪夢のマーガリン』


『パリ風カフェ』


『どこか狂ってるわ』


『行田遠野物語』


『行田物語 ピアノ』


『行田物語 猫』


『行田物語 母の懐』


『行田物語 ケネディ暗殺』



(surfin2.gif)



(dogs17.gif)



(girlxx.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-20 02:54 | ふるさと 行田

あなたの男性度・女性度


 


あなたの男性度・女性度?


 



(hot002d.gif)



こんにちは。みゆきです。
お元気ですか?
ハワイで泳ぎすぎて日焼けしてしまいました。


ところで、きょうはあなたのために簡単な男性度・女性度をチェックします。
もちろん、半分お遊びですよ。
深刻に考えないでくださいね。


半分冗談ですからね。
男性の中にも女性的な性格を持ち合わせている人も居れば、
女性の中でも男性的な性格を持ち合わせている人も居ます。
100%男性的、100%女性的な人って居ないのでしょうね。


わたし私自身、チェックしてみたら、“完璧を目指す男性タイプ”と言う答えでした。


さて、あなたはどのような結果になるでしょうか?
遊びのつもりで試してくださいね。


では。。。



あなたが家に帰ると、家の周りに警察官がたくさんいました。


さて、何があったのでしょうか。


A: 泥棒


B: 火事


C: 迷子


D: けんか


どうですか?
選んでみましたか?


さっぱりした人、繊細な人、几帳面な人、荒々しい人、。。。
世の中には色々な性格の人がいます。
ときには、見た目からは想像できないような性格の人もいますよね。


今日の性格診断は、「あなたの性格は男性的?女性的?」ということですよ。
でもね、お遊びですから、そのつもりで読んでくださいね。


Aを選んだあなたは 【完璧を目指す男性タイプ】 ですよ。
実は、わたしが選んだのもこれになってしまったんですよ。
うふふふふ。。。


「泥棒」を選んだあなたは、完璧主義者で男性的です。
なんでもそつなくこなすので、女性からも男性からも頼られるのでは?


うん、うん、うん。。。
確かに、わたしは頼られる事ってあるのですわ。


Bを選んだあなたは 【夢見がちな女性タイプ】 ですよ。
「火事」を選んだあなたは、少し現実離れしたロマンチスト。
いつもふわふわと夢のようなことを考えているのでは?


Cを選んだあなたは 【家庭的な女性タイプ】 です。
「迷子」を選んだあなたは、料理や洗濯などを楽しんでこなす家庭的な人ではないでしょうか?
いい奥さん、いい旦那さんタイプかも。


Dを選んだあなたは 【ワイルドな男性タイプ】 です。
「けんか」を選んだあなたは、かなり男性的でワイルドです。
細かいことを気にしない、さっぱりとした性格のようです。


どうですか?
思い当たる事がありますか?


お遊びですからね、深刻に考えすぎて自殺などしないでくださいね。
お願いします。
うふふふ。。。



(house03.gif)


では、あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』


■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』


■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』


■ 『あなたのための愉快で楽しい英語』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『辞書にのってない英語スラング』


■ 『オンライン自動翻訳利用法』



(sayuri80.jpg)


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


■ 『バンクーバーの寒中水泳』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


おほほほほ。。。。


また現れて、


くどいようでござ~♪~ますけれど。。。


あたくし、ダイエットはしていても


食欲は旺盛なのでござ~♪~ますのよ。



(chirashi.jpg)


あたくしはチラシ寿司が


好物なのでござ~♪~ますのよ。


ええっ?


マツタケご飯じゃなかったのかって…?


そうなのよ。よく覚えているわね?


それも好物なのよ。


たくさん好物があるのでござ~♪~ますのよ。


おほほほほ。。。



(matsu5.gif)


でも、平成時代のマツタケって


馬鹿高いのですわよねぇ~。


ビックリしましたわぁ~~


平安時代には、マツタケなんて


もう、ゴロゴロ転がっていたんですのよォ~~。


おほほほほほ。。。。



(matsu2.jpg)


最近はいつでもマツタケが手に入るように


なってしまいましたわねぇ~。


なんとなく季節感が失われてしまったような。。。


でも、いつでも作れるのがいいですわよね。


あなたもマツタケご飯を作ってみてね。


ええっ?


良い材料が手に入らない、


とおっしゃるのでござ~♪~ますか?


心配する事は無いのでござ~♪~ますのよゥ!


貴方もこうしてネットをやって、


あたくしの記事を読んでいるのですから、


クリックするだけで、


すべての材料が手に入るのですわよ!


産地直送の食材が手に入れたかったら、


ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。


『あなたもネットショッピングで


食材をそろえませんか?』


それは、さておき。。。


あたくしが顔を出す次のサイトもよろしくね。


『あなたが笑って


幸せになれるサイト』



(girlwell.jpg)


どう、これ?


この女の子、夢見るようにして


何か考えているでしょう?


面白い事を考えているのよう。


でも、あなたは考える事ないのよう。


上のリンクをクリックして覗いてみてね。


ダメよ!


この場をごまかそうとして


生返事なんかしちゃあ~


見てよね。お願いねぇ。


絶対よ!


うふふふふふ。。。。


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。。。バ~♪~イ。



(cat20.jpg)



(surfing9.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-20 02:50 | コミュニケーション

 


熱狂的なファンのぬくもり (PART 1)


 



(sumire51.jpg)




(valent6.gif)






(renge62c.gif)




(renge807.gif)




(bmania22.jpg)




(bmania03.jpg)




(monalaugh.jpg)


 




(merange12.jpg)


デンマンさん。。。 あんさんは、どないなわけで“熱狂的なファンのぬくもり”を取り上げはったん?



(kato3.gif)


あのなァ~、めれちゃんには熱烈なファンがおるのやでぇ~?


マジかいなァ~。。。?


わての言う事が信用できへんのかァ~。。。


そやかてぇ~、あんさんは、ときたま 常識はずれのことをぬかしますさかいになァ~。。。


めれちゃんが、そないに言うのなら ちょっと次の検索結果を見て欲しい。。。


「きみのぬくもり めれんげ ameblo」と入れて検索した結果
(gog70617c.png)



『拡大する』


『現時点での検索結果』



めれちゃんの熱烈なファンが「きみのぬくもり めれんげ ameblo」と入れて検索したのやがなァ~。。。



ホンマかいなァ~。。。?


赤枠で囲んだトップのタイトルに注目して欲しい。。。


『きみのぬくもり』と書いてありますやん。。。


そうやァ~。。。 めれちゃんの熱烈なファンが次の記事を読みはったわけやァ~。。。


きみのぬくもり キスシーン
(kiss822.jpg)


『きみのぬくもり』



そやけど、上の記事を読んだという証拠を あんさんは持ってはるのォ~。。。?



あたりき前田のクラッカーやんかァ~。。。


カビが生えた古いギャグを飛ばさんで欲しいわあああァ~。。。 とにかく、そないに言うなら その証拠とやらを見せたらええやん。。。


さよかァ~、そんなら 次のリストを見て欲しいねん。。。



(ame70611b.png)


『拡大する』



これはアメブロのわてのブログの6月5日から11日までの1週間の「リンク元URL」のリストやがなァ~。。。 まず、2番の青枠で囲んだところに注目して欲しいねん。。。



日本のGOOGLEで検索して 32人のネット市民の皆さんが、あんさんのブログにやって来たということやねぇ~。。。


そういうことやがなァ~。。。、このうちの半数ほどが めれちゃんの熱烈なファンというわけやァ~。。。 つまり、約15名の人たちがGOOGLEで検索して『きみのぬくもり』を読んだというわけやァ~。。。


ホンマかいなァ~。。。?


めれちゃんは、ごっつう猜疑心が旺盛やなァ~。。。 その証拠に赤枠で囲んだ 17番に注目して欲しい。。。


要するに、『きみのぬくもり』を読んだネット市民が3人おったということやんかァ~。。。


ちゃうねん。。。 約15名のネット市民が『きみのぬくもり』を読んだのやでぇ~。。。 その中に めれちゃんの熱烈なファンが3人おって、その人たちが更に アメブロのわてのブログの 他の記事を読んだということやねん。。。 それで、その3人の熱烈なファンが上の「リンク元URL」のリストに記録されているというわけやァ。。。


ホンマかいなァ~。。。?


めれちゃん! “信じる者は救われる!”と昔の人は言うたのやでぇ~。。。 そやから、めれちゃんも わての言う事を信じて救われたらええやん!


そいで、わたしの熱烈なファンは、それから どないした、とあんさんは言わはるのォ~?


めれちゃんのファンは記事の中に出てきよる【卑弥子の独り言】を読んだのやがなァ~。。。



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


そうですわよねぇ~。。。


めれんげさんのファンは たくさんおるのでござ~ますわァ~。。。


あなただってぇ、めれんげさんの熱烈な愛の詩や、愛の短歌を読みたいと思うでしょう?


ええ。。。、どうでもいいのォ~?


そのような つれないことを言わないでくださいましなァ~。。。


事実、めれんげさんの熱烈なファンは たくさんいたのでした。


でも、うっかり めれんげさんが会費を滞納したために、


サイトを削除されてしまったのです。


けれども、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


 



めれんげさんの『即興の詩』サイト


 




そして上のリンクをクリックして めれちゃんの『即興の詩』サイトへ飛ぶわけやん。。。



そいで、どないしやはりますのォ~。。。?


すると、めれちゃんは『即興の詩』サイト以外にも『極私的詩集』サイトもやっているというわけで、そのサイトも見に行くねん。。。



(mer70617a.png)



『拡大する』


『実際のページ』



すると、熱烈な めれちゃんのファンの人たちがコメントを仰山(ぎょうさん)残してるのを見るわけやァ。。。



ほとんど、あんさんが書きはったコメントですやん。。。


よく見ると 他にもコメントを書いている熱烈なファンがおるねん。。。 そいで、ここまで読みにやって来た熱烈なファンは、まずトップのコメントを見てみるねん。



(mer91124a.png)



『拡大する』


『実際のページ』



それにしても、あんさんは仰山(ぎょうさん)トラックバックを飛ばしてますやん。。。



こないにすれば、めれちゃんの記事も読まれるし、わての記事も読まれるよってになァ~。。。 それで、めれちゃんは100人受験して3人しか受からん国家試験にいどんだのかァ~?


まだ、これからですねん。。。 一生懸命に勉強してますねん。。。


あのなァ~、たまには息抜きしてブログを更新したらええねん。。。


そないなことをしていると、落ちてしまいますやん。。。 他人事だと思って、いい加減な事を言わんで欲しいねん。。。


さよかァ~。。。 とにかく、めれちゃんがブログを更新してない理由を、ファンの皆さんが わてのコメントを読むことによって解るというわけやァ。。。 そいで 上のコメントを読んだファンの皆様は ついでやさかいに、2番目のコメントも見てみるねん。。。



(mer40711a.png)



『拡大する』


『実際のページ』



めれちゃんの熱烈なファンの俊樹さんも、ブログを更新して欲しいと思うとるのやでぇ~。。。



つまり、あんさんは わたしにプレッシャーをかけるために、こうして わたしを呼び出して わざわざコメントを読み聞かせるわけやのォ~?


あのなァ~、めれちゃん。。。 そないにネガティブに受けとめんで欲しいねん。。。 めれちゃんを慕うたくさんのファンがおるのやでぇ~。。。


そやけど、最近 コメントを書いてくれはるネット市民がおりまへん。。。


そやから、めれちゃんがブログ更新すれば、多くのファンの皆さんが、またコメントを書きはるねん。。。 それでなくとも、めれちゃんを慕うファンが今でもおるねんでぇ~。。。 めれちゃんの知的なところと、情熱的なところに魅せられておるねん。。。


ホンマかいなァ~。。。? わたしが知的やと どないして判るのォ~。。。?


次の手記を読めば、めれちゃんが10代のアイドルにキャア~、キャア~言って騒いでるミーちゃん、ハーちゃんとは違って知的やということが判るねん。。。




(renge37b.jpg)


そこまで人を駆り立てる物って


何なんだろう?


2005 01/08 01:28


 


わたしは「家畜人ヤプー」の
沼 正三氏を思い出す。


彼の思い描いた壮大なユートピア。
イマジネーションとリビドーが
彼を書かずにはおかせなかったのだろう。


彼は夜な夜な
そのイメージの世界へと旅立ち、
恍惚の笑みを浮かべ、
自分が創り出した女神たちに奉仕し、
虐げられていたのだろう。


 



(yapuh1.gif)


 


表の顔とのギャップが大きいほど、
秘められた場所での彼の悦びも、強く、
刺激的になり、
仮想ユートピアも、あざやかに、
現実のものとなっただろう。


それは、彼の知性が高かったために、
そのような壮大な世界を
得ることができたのであって、
凡人ならば、実際に血の通った“女神”を必要とするのだ。


ユートピアといえば、トマス・モアを思い出すが、
彼は自分のおかれている現実にたいして多くの不満を持ち、
そのうち想像と妄想を結実させ、あの作品を書いた。


 



(utopia90.jpg)


 


人の欲望、不平、不満は、時に妄言などを生み出し、
何らかの「アンチ」な行動に向かわせる。それが社会を動かす力となるか、
ただの変人呼ばわりで終わるかは、本人の死後、評価が決まるかもしれない。


 


by めれんげ  




『性と愛と負の感情』より
(2006年7月2日)



この上の手記には知能指数140のめれちゃんの知性がにじみ出ておるねん。。。 その辺でキャア~、キャア~言って騒いでるミーちゃん、ハーちゃんには、とても書けへん。。。



そないなことは あらへんと思うわァ~。。。


とにかく、深刻に考えずに たまには気晴らしにブログを更新すればええねん。。。


あんさんが そないに言うやろうと思って、わたしはすでに次のような詩を書きましてん。。。



小さな赤い花


 



(lotus1.gif)


 


わたしをあなたの庭に咲く


小さな赤い花にしてください


そして、お水を注ぎながら


何かお話を聞かせてください


わたしは何も言えないけれど


あなたの言葉を聞きながら


いろんなことを思うのです


あなたに愛されるように


いつまでも綺麗に


咲いています


だからわたしのことを


忘れずにいてください


 



 


by merange (めれんげ)


2010.02.19 Friday 10:24




『即興の詩 小さな赤い花』より


上の旧・「即興の詩」サイトは めれちゃんが
会費を滞納したために削除されました。


『永遠の愛のコラボ』に掲載



この詩は、なんとのう “お別れ”を感じさせるものやんかァ~。。。



それは、あんさんの読み方が皮肉れてますねん。。。 これは“お別れ”の詩やのうてぇ~、わたしが国家試験に合格するまで、ブログを更新できへんよってに、その間、わたしをあなたの庭に咲く小さな赤い花にしてくださいと言うてますねん。。。


ホンマかいなァ~。。。?


あんさん! 昔の人が “信じる者は救われる!”と言うたのですやろう? そやから、あんさんも わたしの言うことを信じて救われたらええねん。。。



(greek12.jpg)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-19 04:12 | 即興の詩・愛のコラボ


 


熱狂的なファンのぬくもり (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


そうですわよねぇ~。。。


めれんげさんは国家試験に合格するために独学で勉強しているのですわ。。。


あなたも、心のどこかで めれんげさんを応援してやってくださいまし。。。


かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。


でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。


そのために、サイトを削除されてしまったのです。


それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


めれんげさんの『即興の詩』サイト


再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。



(gog30703.gif)


『現時点での検索結果』


現在、めれんげさんは お休みしています。


でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。


かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。



(gog30928a.png)


また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。


ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。


その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。


次のリンクをクリックして読んでみてください。



(seo001.png)


『おばさんの下着に見るSEO』


話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。


あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?


ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?


そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。


気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。



(dog202.jpg)


『ワンワンちゃん』


とにかく、次回も興味深い話題が続きます。



あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。


では、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger49.gif)



■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(rengfire.jpg)



(babdol6.jpg)


『かわゆいベビードールワンピ』


『ああ、さびしい』


『恋する女でありたい』


『生きてることが気持ち悪い』


『焼き滅ぼさむ』


『一人で飲みに行く女』


『あなたをさがして』


『早く気づいてほしい』


『気づいたのね』


『あなたに逢いたい』


『やらしい検索』


『わたしを見つけて』


『小笠原玲子』


『ふたりだけの場所』


『命のともし火』



(sayuri201.jpg)


『ふたりの思い出』


『愛は終わることなく』


『凍りついた心の言葉』


『冠詞の悲劇再び』


『焼き滅ぼさむ再び』


『漱石のラブレターを読みたい』


『森田伸二と即興の詩』


『きみの夢』


『指きり』



(renge62e.jpg)


『あしたみる夢』


『ネット殺人事件』


『失楽園のモデル』


『スパムに追われて』


『心にしるす』


『復楽園がいいの?』


『今をだきしめ想いかなえし』


『きみ待ちわびて』


『朝の来ぬ国』


『離れがたき』


『めれちゃんがいいね』



(kimo911.jpg)


『愛はスミレの花のように』


『思い出の夕顔』


『スミレの花咲く頃』


『クリスマスのコメント』


『消え行く愛など無く』


『ひとりかも寝む』


『レモンと性と愛』


『少女と下着の秘密』


『いとしき言葉』


『無我の愛と自我の愛』


『めれちゃんde人間失格』


『愛@文明開化』


『愛と共感とストレス』


『愛欲と空海』


『きみはやさしく』


『愛の擬人法』


『めれちゃんと南方熊楠』



(rengfire.jpg)


『めれちゃんの人気再び』


『愛はスミレの花よ』


『肥後ずいきで検索』


『加賀の千代』


『千代に再会』


『カフカの銀河鉄道』


『12歳少女の死』


『結婚するの?しないの?』


『浜美枝と宮沢りえ』


『きみのぬくもり』


『壁に耳 障子に目』


『もう一つの世界』


『肥後ずいきブーム?』


『阿部定ブーム?』


『ノルウェイの森』


『大奥女中の淫らな恋』


『愛と追憶の謎』


『タンパク質の音楽』


『あげまん女なの』


『SM家畜女』


『めれちゃんと倉持由香』


『肥後ずいきdeビックリ』


『めれちゃん@画像検索』


『めれちゃん@富士山』


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』


『皆さん、ありがとう』


『メリエスの銀河鉄道』


『今年こそ自殺したい』


『その手に抱かれ』


『愛と性の秘められた物語』


『シビル・セリグマンと横尾真美』


『石川の郎女@ドイツ』


『目覚めぬ夢なの』


『目覚めぬ夢@プエルトリコ』


『家畜人ヤプー 性と愛』


『美尻を探して…』


『ズロースと乱歩』


『平成悲話』


『パンツが並んだ』


『禁忌の愛を探して』


『淫らな恋を探して』


『オッパイ@アクセス数』



(june24b.jpg)


こんにちはジューンです。


卑弥子さんが面白いお話を集めて


楽しいサイトを作りました。


次のリンクをクリックして


ぜひ覗いてみてくださいね。


■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-19 04:11 | 即興の詩・愛のコラボ

いいね攻略と良妻賢母


 


いいね攻略と良妻賢母


 



(maria05.jpg)



(iine03.jpg)



(june901.jpg)



(iine01.jpg)


 




(june001.gif)


デンマンさん。。。 どうして“いいね攻略と良妻賢母”にわたしを呼び出したのですか?



(kato3.gif)


だってぇ~、上の良妻賢母の写真にジューンさんが出てるじゃありませんか!


でも、上の写真はデンマンさんが勝手にコラージュして でっち上げたのではありませんかァ~!


ジューンさん。。。 黙っていれば誰も解らないのですよ。。。 せっかくジューンさんを良妻賢母として紹介したのに、楽屋裏の事をここでバラすことはないでしょう!?


だけど、わたしは子供を産んだことがありませんわ。


ジューンさん!。。。 んもおおおォ~。。。 黙っていれば誰も解らないのですよ!


デンマンさん!。。。 そう言うのは、いけない事だと思いますわァ~。。。 デンマンさんだって森田伸二社長が記事を読んでもいないのに“自動いいねツール”を使って“いいね”を飛ばしまくっていると非難しているじゃありませんかァ! 誠実さが森田伸二社長には全く感じられないからデンマンさんは記事で取り上げて何度も非難しているのでしょう?



(uncle006.gif)


森田伸二社長、


オマエは愚劣なスパマーだ!




(judge12.gif)


オイ!森田伸二社長!


何度言ったら解るんだよ!


オマエは馬鹿か!?


いいねスパムを飛ばすのを止めろ!


僕の記事をじっくりと読めよ!アホ!
オマエは自動いいねツールを使って“いいね”を飛ばして、アメブロ会員を集客して、メルマガに登録させようとしているのだよ!


でもなァ~、メルマガで儲けようとするのはすでに時代遅れなんだよ!
愚かなオマエのように自動いいねツールを使って“いいね”を飛ばすことが大間違いなのだよ!


オマエ、いつまでも馬鹿な事やってないで、
まともな仕事について地道に稼げよ!
悪い事は言わないから、真面目にやれ!


そのうち、オマエも晒すからな。。。




(morita4b.jpg)




(morita3.jpg)




『森田伸二社長に注意!』より
(2015年9月13日)



あのねぇ~、この自称・森田伸二社長というのは底抜けの愚か者なのですよ。。。 記事を読んでもいないのに、“自動いいねツール”を使って“いいね”を飛ばしまくっている!。。。 不誠実で、不純で、悪徳な迷惑行為を続けてネット市民の皆様を騙して集客して、メルマガに登録させて儲けようと言うケチな考えで、“いいね”を飛ばしまくっている!



だから、デンマンさんも誠実さを失っては、詐欺師の森田伸二社長と“同じ穴の狢(むじな)”になってしまうではありませんか!


うん、うん、うん。。。 確かに、ジューンさんの言う事はごもっともですよ。。。 誠実さを失ってはいけません。。。


だったら、嘘や偽りを言わないで誠実に本当の事を言うべきですわ。


解りました。。。 ジューンさんの言う事はいつも正しのですよ。。。 それだからこそ、ジューンさんは良妻賢母なのです。


わたしは、まだ結婚したことも子供を産んだこともないのです。。。 だから、そのように言う事は嘘になるのですわ。


あのねぇ~、僕は未来のジューンさんの話をしているのですよ。。。 ジューンさんは絶対に良妻賢母になると僕は確信しているのです。


つまり、わざわざ、その事を言うために わたしを呼び出したのですか?


もちろん、それだけじゃありません。。。 ちょっと次のリストを見てください。



(ame50908n4.png)


『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの記事に 最近付いた“いいね”のリストですよ。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。 このアメブロ会員は、僕の記事に心から感動して“いいね”を付けてくれたのですよ。



デンマンさんは意外にノー天気なところがあるのですわね。


。。。ん?  僕がノー天気だとジューンさんは言うのですか?


だってぇ~、デンマンさんは次のリストを出して“ワイン馬鹿”が“自動いいねツール”を使って“いいね”を飛ばしまくっている!。。。と非難していたではありませんかア!



(ame50912r.png)


『拡大する』



ジューンさんはよく覚えていますねぇ~。。。?



だってぇ、次の記事を読みましたわ。



(lookanim.gif)



(spammer3b.jpg)



(xdress02.jpg)


『世界の不思議バカ』



ジューンさんは上の記事を読んだのですかァ~。。。!?



面白かったですわ。。。 で、“自動いいねツール”を使って信じられないほど多くの“いいね”を飛ばしまくった“ワイン馬鹿”さんは次のようなブログを書いていたのですよね。



(baka50913a.png)


『拡大する』



そうです。。。そうです。。。 この“ワイン馬鹿”は“自動いいねツール”を使って信じられないほど多くの“いいね”を飛ばしまくって集客するのですよ。 そしてアマゾンのワインを売り込んでコミッションで稼ごうとしている拝金主義に毒された愚かなアフィリエーターですよ。。。



だったら、次の“いいね”を飛ばしたアメブロ会員だって、“自動いいねツール”を使って“いいね”を飛ばしたかもしれないではありませんか!



(ame50908n4.png)


『拡大する』



“ワイン馬鹿”が飛ばした たくさんの“いいね”を見れば、確かに、ジューンさんが そう思うのも当然ですよ!。。。 でもねぇ、“自動いいねツール”を使って“いいね”を飛ばしたのではないという証拠があるのですよ。



だったら、さっそく その証拠を見せてくださいな。


ジューンさんが、そう言うなら次のリストを見てください。



(ame50908n.png)


『拡大する』



あのねぇ~、“ワイン馬鹿”はわずか4分の間に“自動いいねツール”を使って30近い“いいね”を飛ばしまくったのですよ。。。 でもねぇ~、上の“いいね”を付けたアメブロ会員は“自動いいねツール”を使ってないのですよ。



どうして“自動いいねツール”を使ってないと判るのですか?


簡単なことですよ。。。 “いいね”と“いいね”の間の時間的間隔が不揃(ふぞろ)いだからですよ。。。 “自動いいねツール”を使っていたら、この間隔が5分とか10分とか開くことはないのです。。。 しかも、この会員は僕が2005年に投稿した記事だけを読んでいる。


なぜ。。。?


ちょっと次のリストを見てください。



(ame50908n3.png)


『拡大する』



『日本から失われつつある良妻賢母』を読んだ“優さん”のブログを見ると次のようなページが出てくる。



(baka50912b.png)


『拡大する』



ページの左下の赤枠で囲んである“月別投稿数”のリストを見てください。



あらっ。。。 上のブログを書き始めて、まだ三ヵ月足らずなのですわねぇ~。。。


そうです。。。 だから、僕のブログを見て、ちょっと驚いたのでしょうね!?



(amelist01.png)


『拡大する』



上のページの 左の再度バーの赤枠で囲んである“アーカイブ”を見てください。



あらっ。。。 2005年7月にアメブロで デンマンさんはブログを書き始めたのですわねぇ~。。。


そうです。。。 10年前ですからねぇ~。。。 10年前に、どんなことを書いているのか?と思いながら“優さん”は『日本から失われつつある良妻賢母』を読んだわけですよ。



(ame50706f.png)


『実際の記事』



こうしてジューンさんの写真が出て来るのですよ。



10年前に、コラージして上の写真をでっち上げていたのですわねぇ~。。。


そういうことになりますよねぇ~。。。 僕も上の記事を読んでみて しみじみと10年の年月が経ったことを実感しましたよ。



(laugh16.gif)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


そうですよねぇ~。。。


ネットで3年は一昔です。


10年と言うと大昔ですわァ。


ところで あなたは“万夜一夜物語”ってぇ、聞いたことがござ~ますかァ~♪~。


“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。



(manya02.jpg)


『万夜一夜物語』


デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。


ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?


とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。


あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。


あたくしも、そのお話にあやかってウェディング ドレスを着てみました。


ええっ。。。 どんなドレスかってぇ~。。。?


あたくしのウェディング ドレスは“プーフィー(poofy)”なのですわよう。


つまり、ふわふわと膨らんでいるようなドレスなのですわ。


極秘の お写真なのですけれど、あなたのために、ここに貼り出しますわねぇ~。。。


じっくりとご覧になってくださいまし。。。



(poofy09.jpg)


ジューンさんの真似をして金髪に染めてみましたわァ。


いかがでござ~ましょうかァ?


このお写真を見れば、きっと あたくしと結婚したい ハンサムな殿方が
プロポーズしてくれると思うのでござ~♪~ますわァ。


おほほほほほ。。。


ところで、ジューンさんが登場する面白いお話はたくさんあります。


興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。



軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)


『ヤノマミの1万年』


『マルタ島のロマン』


『とっちゃん坊やも日本を滅ぼす』


『混浴人気』


『人間としての誇り』


『ヴィーナスのえくぼ』


『動物感動物語』




(roten101.jpg+cleoani.gif)


『最新混浴風景なのね』


『下着にこだわるのね』


『男心をそそる女の秘密』


『デンマンさん、おかえり』


『なぜヴィーナスのえくぼ』


『マドンナと行田の黒い霧』


『お○○こ画像』


『タイトルの魔術』


『なぜ処女とおばさん?』


『やっぱり処女とおばさん』


『ウンコで走るバス』


『レダの卵』


『正月の熟女』


『新春画ネット散歩』


『愛と下着の美学』


『モナリザもビックリ』


『象が泣く』


『国際化に加速』


『美しき未亡人』


『ジューンさん、バイザイして』


『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)


『床上手なのねぇ~』


『外国人SEXデンマン』


『外国人SEXデンマン再び』


『大きいことはいいことじゃない』


『デンバー直行便でジューンさんの下着』


『ジューンさんのヌードを探して』


『半分のお尻で…』


『プーフィードレス』



(manya02.jpg)


『万夜一夜物語』


『ゆかじょうず』


『日本語じょうず』


『モナリザがニーハオ』


『おばさんの下着がいいの?』


『なぜ、ヤノマミ?』


『マタハラ』


『マタハラとrundll32』


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)


『お尻のえくぼ』


『なぜカウチポテト?』


『あなたの混浴』


『夢の出会いを求めて』


『乙女と処女』


『戦場に行くことを教えた女教師』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)


『桜井の別れと母上様』


『ダイアモンドは女の親友』


『愛のコリーダを訳す』


『マルタ島のロマン再び』


『大前研一 奇妙な検索』


『ついに千夜一夜』


とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.jpg)


ィ~ハァ~♪~!


メチャ面白い、


ためになる関連記事




(linger65.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』



(house22.jpg)


『夢とロマンの横浜散歩』


『愛とロマンの小包』


『下つきだねって言われて…』



(chiwawa5.gif)


こんにちは。ジューンです。


スパムメールが相変わらず多いですわよね。


あなたのメールボックスにも、


ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?


スパムメールを飛ばしているのは


いったい、どういう人たちなのでしょうか?


出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。


彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。


そのためにメールアドレスのリストを購入しています。


では、そのようなリストを販売している人は


どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?


ロボット(自動巡回プログラム)によって


自動収集させているのです。


ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは


毎日世界中のサイトを訪問し、


その内容をデータベースに書き込んでいます。


同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、


HTMLソースを分析し、


メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。


でも、使っていないメールアドレスが


たくさんあるのですよね。


あなたの使っているメールアドレスのことを


考えてください。


あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?


一つだけではないでしょう?


10以上持っているのではありませんか?


多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?


そのために、現在実際に使っている


メールアドレスを集めるために、


怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを


集めているのですわよ。


だから、あなたもむやみに信用できない人に対して


返信しないようにしてくださいね。


詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。


『コメント魔』


(2012年4月3日)



(himiko92.jpg)


ところで、卑弥子さんが面白いサイトを


やっています。


興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして


覗いてみてください。



(sylvie122.jpg)


『あなたのための笑って幸せになれるサイト』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。 バーィ



(juneswim.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-19 04:07 | 迷惑スパマー

うるさい夏 (PART 1)


 


うるさい夏 (PART 1)


 



(yamadera97b.jpg)



(yamadera96b.jpg)



(abura90.jpg)




(malata018c.jpg)




(june001.gif)


デンマンさんは、日本の“うるさい夏”が嫌いなのですかァ~?



(kato3.gif)


。。。ん? 僕が日本の“うるさい夏”を嫌っている、とジューンさんは思っているのですかァ?


だってぇ、タイトルにそう書いてあるではありませんかァ!


いや。。。、このタイトルは僕の思いを表現したものではないのですよ。。。


じゃあ、誰の思いなのですかァ~?


やだなあああァ~。。。、ジューンさんは忘れてしまったのですかァ~?


わたしが何を忘れた、とデンマンさんは言うのですか。。。


もうずいぶん前になるけれど、ジューンさんが初めて日本の夏に東北地方を旅行したときのことですよ。。。 その時、ジューンさんは「セミの鳴き声がうるさくて昼寝ができないわァ~! んもおおおォ~!」とボヤいていたではありませんかァ!


あらっ。。。 そういうことがあったかしらァ~?


あったのですよ。。。 


。。。で、どうして、その事を思い出したのですか?


実は、バンクーバー図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのです。。。



立石寺


 



(yamadera93b.jpg)


 


山形領に立石寺と云う寺あり。
慈覚大師の開基にして、殊に清閑の地なり。
一見すべきよし、人々のすすむるに依(よ)りて、尾花沢よりとって返し、その間七里ばかりなり。


日いまだ暮れず。
麓の坊に宿かり置(おき)て、山上の堂にのぼる。


岩に巌(いわお)を重ねて山とし、松柏年旧(としふり)、土石老いて苔滑(なめ)らかに、岩上の院々扉を閉じて、物の音きこえず。
岸をめぐり、岩を這って、仏閣を拝し、佳景(かけい)寂寞(じゃくまく)として心すみ行くのみおぼゆ。




(tukutuku90.jpg)


 


閑(しずか)さや


 


岩にしみ入る


 


蝉の声


 



There is a mountain temple in the domain of Yamagata called the Ryushaku-ji.
It was founded by the Great Teacher Jikaku, and is a place noted for its tranquility.
People had urged us to go there "even for a brief look," and we had turned back at Obanazawa to make the journey, a distance of about fifteen miles.


It was still daylight when we arrived.
After first reserving pilgrim's lodgings at the foot of the mountain, we climed to the temple itself at the summit.


Boulders piled on boulders had created this mountain, and the pines and cedars on its slopes were old.
The earth and stones were worn and slippery with moss.
At the summit the doors of the temple buildings wete all shut, and not a sound could be heard.


Circling around the cliffs and crawling over the rocks, we reached the main temple building.
In the splendor of the scene and the silence I felt a wonderful peace penetrate my heart.




(minmin90.jpg)


 


How still it is here


 


Stinging into the stones,


 


The locusts' trill.


 



 


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




98-99ページ 『おくのほそ道』
著者: ドナルド・キーン 挿絵(切り絵): 宮田雅之
1997年2月1日 第2刷発行
発行所: 講談社インターナショナル株式会社



この本は芭蕉の『奥の細道』の対訳本ですわねぇ~。。。 なるほどォ~、上の本を読んで、わたしが山寺に行った時の写真をアルバムから引っ張り出して 冒頭に貼り出したのですわねぇ~。。。



そうです。。。 いけませんか?


かまいませんけれど、この記事を読み始めた日本語の解るネット市民の皆様には、山寺はとりわけ珍しくないと思いますわァ~。。。


あのねぇ~、東京よりも西に住んでいる日本人は、芭蕉の有名な俳句を耳にしたことはあるけれど、おそらく山に登って立石寺に参拝したことはないと思うのですよ。。。


それで、山寺を取り上げたのですか?


いや、そればかりではないのです。。。


他に何がデンマンさんの興味を引いたのですか?


あのねぇ~、ドナルド・キーンさんが訳した芭蕉の句を見てください。。。 赤字にした箇所ですよ。。。


それが、何か可笑しいのですか?


そうです。。。 ついでだから、ジューンさんも次の「立石寺」の説明を読んでみてください。。。



立石寺


 



(yamadera93.jpg)


 


立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院。
山号は宝珠山。本尊は薬師如来。山寺(やまでら)の通称で知られ、古くは「りゅうしゃくじ」と称した。
寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。


蔵王国定公園(第2種特別地域)に指定されていて、円仁が開山した四寺(中尊寺・毛越寺、瑞巌寺)を巡る、「四寺廻廊」を構成しているほか、若松寺・慈恩寺を巡る出羽名刹三寺まいりを構成する。


立石寺の創建について、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。
当寺の創建が平安時代初期(9世紀)にさかのぼることと、円仁との関係が深い寺院であることは確かであるが、創建の正確な時期や事情については諸説あり、草創の時期は貞観2年よりもさらにさかのぼるものと推定される。


『立石寺記録』(立石寺文書のうち)は、「開山」を円仁、「開祖」を安慧(あんね)と位置づけており、子院の安養院は心能が、千手院と山王院は実玄が開いたとされている。
安慧は円仁の跡を継いで天台座主となった僧であり、心能と実玄は円仁の東国巡錫に同行した弟子である。
安慧は承和11年(844年)から嘉承2年(849年)まで出羽国の講師の任にあり、東国に天台宗を広める役割をしたことから、立石寺の実質的な創立者は安慧であるとする説もある。


また、円仁が実際に東国巡錫したのは天長6年(829年)から9年(832年)のこととされ、この際、弟子の心能と実玄をこの地に留め置いて立石寺の開創にあたらせたとの解釈もある。


立石寺には貞観2年(860年)12月の日付をもつ『円仁置文写』が伝わるが、この文書は必ずしも寺の創建年次を示すものではなく、この文書自体が後世の仮託とする説もある。
貞観2年(860年)には、円仁は当時としては高齢の60歳代で、しかも天台座主の高位にあった。
したがって、この時期に円仁が実際に今の山形県に出向いて立石寺を建立したということは、年齢と地位の両面から、文字通りの史実とは考えがたく、円仁の意を受けた安慧らによって9世紀半ば頃から徐々に寺観が整えられたとみるのが穏当である。


なお、根本中堂に安置されている木造毘沙門天立像は近年の調査によって9世紀頃の作であることが判明しており、円仁とみられる頭部のみの木彫像と同様、立石寺創建期の一例に加えられる。
また、胸甲の上で甲締めの結び目を表していることや細い腰帯の下に幅広の腰帯を着けるなど珍しい甲制となっているが、これらは東北地方の神将形の作例にしか見られないもので、平安時代には同種の作例がある寺院との間に繋がりがあったことを示唆させる特徴を持つ点でも注目に値する。


元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、その時のことが『おくのほそ道』に書かれている。
また、当地で名句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んでおり、参道に句碑がある。


 



(yamadera90.jpg)





出典: 「立石寺」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



上の説明にも、何か可笑しな所があるのですか?



ジューンさんは、上のYouTubeのクリップを観ましたか?


ええ。。。、デンマンさんが せっかく貼り出してくれたので観ましたわァ。。。 カナダ人の女性が案内しているのですわねぇ~。。。


そうです。。。 ジューンさんのお友達でしょう?


違いますわ。。。 一度も会ったことがない女性ですわァ~。。。


ところで、クリップの中で彼女が案内する場面を観て ジューンさんは、何か不自然な事に気づきませんでしたかァ?


別に、可笑しな所はなかったと思いますけれど。。。 


あのねぇ~、ドナルド・キーンさんはセミを “locust” と訳したのですよ。。。 これは間違っているでしょう!?


デンマンさんは、どうして間違っていると思ったのですか?


だってぇ~、YouTubeのクリップには次のような画面が出てきますよ。



(yamadera99.jpg)


    ちょっと可愛い可笑しなカナダ人



(yamadera98.jpg)



「セミの声」を “Voice of Cicada” と訳している! これが正しいのですよ。。。 “locust” というのは「イナゴ」や「バッタ」のことで、「セミ」は“cicada”と訳すべきですよ。。。



あらっ。。。 デンマンさんは知らなかったのですか?


僕が何を知らないと、ジューンさんは言うのですか?


ドナルド・キーンさんは、アメリカ人ですわ。。。


その程度のことは僕も知ってますよう。。。


だったら、アメリカでは「セミ」のことを “locust” と言う人はたくさん居ますわァ。


マジで。。。?


信じられないならば、ネットで調べると次のようなページがすぐに見つかりますわよゥ。。。



locust


音節lo・cust 発音記号/lóʊkəst|lˈəʊ‐/


名詞可算名詞


1) 【昆虫】 バッタ,イナゴ 《時に大群をなして移動し農作物に害を与える》.



(locust01.jpg)


2) 《主に米国で用いられる》 【昆虫】 セミ.



(locust02.jpg)


3) 【植物, 植物学】


a: =locust tree.


b: =locust bean.


【語源】 ラテン語「はねるもの」の意




研究社 新英和中辞典での「locust」の意味



2番の赤字にした所に注目してください。。。



あれっ。。。 “locust” を 主に米国では「セミ」の意味で使っているのですねぇ~。。。


デンマンさんは、知らなかったのですか?


知りませんでした。。。 中学の英語の時間から「セミ」は “locust” だと教(おそ)わったものですよ。。。 アメリカでは、どうして「イナゴ」や「バッタ」が「セミ」になってしまうのですか?


デンマンさんは、バンクーバーでセミの鳴き声を聞いたことがありますか?


あのねぇ~、不思議なことに、僕はこれまで20年以上バンクーバーに住んでいるのだけれど、一度もセミの鳴き声を聞いたことがないのですよ。。。


。。。でしょう? アメリカ人の中にも「セミ」を一度も見たことがないという人も居るのですわよう。。。 そういう人には「セミ」も「バッタ」も似たような昆虫に見えるのですわァ。



(locust02.jpg)



(locust01.jpg)



。。。どうですか? 初めて見る人には上の2枚の写真に写っている昆虫は「セミ」と言われれば、2つともセミのように見えると思いませんか?



う~♪~ん。。。 僕には「セミ」と「バッタ」は同じようには見えませんよ。。。


たとえば日本では、“牡丹雪”とか、“粉雪”とか、“霧雪”…、何々雪というように言いますけれど、カナダの北極地方に住んでいるイヌイット(エスキモー)には、それぞれの種類の雪に、特有の単語が当てられているのですわ。。。



(inuit007.jpg)



(snowflakes.jpg)



つまり、いろいろな雪の種類を区別して、それぞれに特定の単語を割り当てて使っているのです。。。 それだけ雪に接する機会が多いから。。。



なるほどォ~。。。 ところが、アメリカ人は「セミ」を見たことがない人も居るので、「セミ」も「バッタ」も ひとまとめにして“locust” と呼ぶわけですねぇ~。。。


そういうことだと思いますわァ~。。。


ジューンさんは大学で比較言語学でも専攻したのですかァ?


いいえ。。。、わたしはパブリック・リレーションズとヒューマン・リレーションズを専攻したのですわ。。。


それにしては、言語学に詳しいですねぇ~。。。


その程度のことは常識に毛を生やしたぐらいだと思いますけれど。。。



(smirk007.jpg)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-18 02:52 | 日本・日本文化

うるさい夏 (PART 2)



 


うるさい夏 (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


あたくしも英語の授業では「セミ」は“cicada”だと教わりましたわァ。。。


あなたは、どうでしたか?


ところで、バッタやイナゴは大発生することがあるということを知っていますか?


日本では、あまり耳にしませんけれど中国やアフリカでは過去に周期的にイナゴが大発生してきたようですわ。。。


では、あなたのために、驚きのクリップをここに貼り出します。。。


じっくりとご覧になってくださいませぇ。。。



(locust03.jpg)



ところで、話は変わりますけれど、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ フィーバー”が起こっているのですわよう。。。


ええっ。。。 信じられないというのでござ~ますかァ?


じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。



(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』


「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。


つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。


うふふふふふふ。。。


ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。



(buttdimp5.jpg)


どうでござ~ますかァ?


ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?


どうしてよう?


ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?


あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ~。。。


ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?


“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。



(manya02.jpg)


『万夜一夜物語』


デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。


ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?


とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。


あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。


『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。


興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。



軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)


『乙女と処女』


『戦場に行くことを教えた女教師』


『桜井の別れと母上様』


『ダイアモンドは女の親友』


『愛のコリーダを訳す』


『マルタ島のロマン再び』


『大前研一 奇妙な検索』


『ついに千夜一夜』


『いいね攻略と良妻賢母』


『批判が無いとヒトラーがのさばる』


『混浴入浴風景』




(roten101.jpg+cleoani.gif)


『9日間の女王』


『あなたは敬語?』


『原節子とジューンさん』


『モナリザの妹』


『ナイアガラとマリリンモンロー』


『おばさんパンツ@大晦日』


『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』


『乳房振動とブラの研究』


『G線上のアリア』


ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)


『悲愴と白鳥』


『ブッダと千夜一夜物語』


『絹の道と千夜一夜物語』


『ヤノマミの乙女』


『ジャータカと今昔物語』


『白木屋お熊とセックス』


『パンツを売る乙女』


『床上手な女@マルタ島』


『宮沢りえとおばさんパンツ』


『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』


『映画を愛する薄命の女』


『ベニスの騒動』


『アンネとハンナ』


『名器たこつぼ』


『レダの卵を探して…』



(miro0018.jpg)


『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』


『薄命な女のパンツ』


『ロトの娘たち』


『もう一人のモナリザ』


『万夜一夜の謎』


『自由という誘惑』


『驚異の大洪水』


『おつまみミステリー』


『混浴風景を探して』


『ハレルヤ』



(sylvie122.jpg)


『マルタ島のロマンだ』


『宮沢りえ人気@海外』


『癒しを奏でるパンツ』


『マルタ島deロマン』


『生ログdeロマン散歩』


『宮沢りえ@クールジャパン』


『混浴風呂ガー』


『ウェルカムバック』


『コペンハーゲンからやって来た』


『ロシアからやって来た』


『海外美女ランキング』


『ブログを解剖する』


『スイスからトランプ見に来る』



(fan004.jpg)


『海外美女を探して』


『パンツde大晦日』


『Tバック@三賀日』


『とっちゃん坊や』


『また千夜一夜』


『初恋の思い出』


『乳房振動とブラ』


『白木屋お熊』


『肥後ズイキ@セルビア』


『紐パン熟女』


『美尻のビーナス』


『紐パン熟女に惹かれて』


『あの二人が気になって』


『肥後ズイキ@セルビア』


『私は下着女装です』


『ドリアンを探して』


『パリの日本人』


『ペンタゴン式己を疑う』


『薄命な女と映画』


『ラーメン@ベリーズ』


とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。



(hand.gif)



(chiwawa5.gif)


こんにちは。ジューンです。


スパムメールが相変わらず多いですわよね。


あなたのメールボックスにも、


ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?


スパムメールを飛ばしているのは


いったい、どういう人たちなのでしょうか?


出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。


彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。


そのためにメールアドレスのリストを購入しています。


では、そのようなリストを販売している人は


どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?


ロボット(自動巡回プログラム)によって


自動収集させているのです。


ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは


毎日世界中のサイトを訪問し、


その内容をデータベースに書き込んでいます。


同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、


HTMLソースを分析し、


メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。


でも、使っていないメールアドレスが


たくさんあるのですよね。


あなたの使っているメールアドレスのことを


考えてください。


あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?


一つだけではないでしょう?


10以上持っているのではありませんか?


多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?


そのために、現在実際に使っている


メールアドレスを集めるために、


怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを


集めているのですわよ。


だから、あなたもむやみに信用できない人に対して


返信しないようにしてくださいね。


詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。


『コメント魔』


(2012年4月3日)



(himiko92.jpg)


ところで、卑弥子さんが面白いサイトを


やっています。


興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして


覗いてみてください。


『あなたのための笑って幸せになれるサイト』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。 バーィ



(juneswim.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-06-18 02:51 | 日本・日本文化

画面保存


 


ん?画面保存?


 



(yen0201.gif)



こんにちは。ベティーです。
お元気ですか?
季節の変わり目は風邪を引きやすいです。
風邪をひかないようにしてくださいね。


ところで、画面に表示されたパスワードなどを
いちいちメモするのが面倒くさいと思ったことがありませんか?


あるでしょう?


あるいは、オンラインショッピングの申込書をメモするとか。。。


面倒ですよね。


そういう時に、今見ているパソコンの画面を保存することができれば、
便利だと思いませんか?


例えば、デンマンさんがGOOGLEで検索した結果を
記事の中で表示する事がありますよね。


次のようにです。。。



(gog70316.gif)


■ 『ロマンとエッチ』より転載


これをすべてメモして画面に表示しようとしたら大変な手間ですよね。
もし画面を保存して、ちょっと手を加えれば、上のように手軽に画像として表示する事ができます。


ええっ?特別なソフトが必要じゃないのかって。。。?


いいえ、必要じゃないのですよ。
Windowsでは、特別なソフトウェアを使わなくても、
今見ている画面をそのまま保存することができます。


この機能を使って、パスワード設定画面やショッピングの予約内容画面を保存すれば、メモを取る必要はありません。


ええっ?どうすればいいのかって。。。?


次のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。


■ 『今見ているパソコンの画面を保存する方法』


もちろん無料ですよ。
登録する必要もありません。
すぐに使えますよ。
では、あなたはが知らなかった機能を楽しんでくださいね。



(house03.gif)


あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』


Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)


■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"



(compter.gif)


■ 『今すぐに役立つホットな生活情報』



(santa9.gif)


■ 『あなたが思う存分笑って楽しめて


幸せになってしまうサイト』


■ 『あなたのためのサイト 立ち上げ ガイド』



(creditx.gif)


■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



(atmvend.jpg)


■ 『あなたのための ローン ガイド』



(house03.gif)


■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』


■ 『レンゲ物語の最近の記事を特集したサイト』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』


■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』


■ 『辞書にのってない英語スラング』


■ 『オンライン自動翻訳利用法』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)


『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


おほほほほ。。。。


また現れて、


くどいようでござ~♪~ますけれど。。。


あなたは、レンゲさんの記事を読んだことがありますか?


ないのォ~?


ダメよ!そいじゃあああ~~


実に面白いから次のリンクをクリックして


読んで御覧なさいよ!



(maid03.gif)


『面白くって楽しくて、


ヒヤヒヤワクワクして読めるレンゲ物語』


このレンゲさんは、実はデンマンさんが


ネットで出会った女性なのですわよ。


デンマンさんが10年程前にネットで出会って、


それ以来、お二人はラブラブなんですのよ。


あなたがまだ、その記事を読んでいないのだったら、


ぜひ読んでね。


つまりね、ブログをやると、


そのような出会いもあるという事なのよォ~。


だから、あたくしもブログで頑張っているのですわよ。


ええっ?それは不純な動機だとおっしゃるのですか?


何を言ってんのよォ~~。んも~~


不純であろうが、なんであろうが、


あたくしはボーイフレンドが


欲しいのでござ~♪~ますわよゥ。


。。。そいでもって、ネットでデンマンさんのような


すばらしい殿方との出会いがあるのならば、


これ以上の幸せは無いのでござ~♪~ますのよ。


うふふふふふ。。。。



(dinner3.jpg)


お分かりですかぁ~~?


あたくしだって、こうしてラブラブに


萌えたいのでござ~♪~ますわよゥ~~。


うしししし。。。。


ええっ?でも、そうゆうのは


不純だと言うのですかぁ~?


あなたは、まだ、そのような下らないことに、


こだわっているのですかあ~? んも~~


不純だろうが、なんであろうが、


結果としてデンマンさんのような


すばらしい殿方と出会えて、


上の写真のようにラブラブになって


萌えることが出来たなら、


これ以上の幸せは無いので


ござ~♪~ますわよ。でしょう?


どうなのよ。。。?あなた。。。? 


このように萌え萌えになったことがあるのォ~?


ないでしょう?


だから、ブログをするのよおゥ~~


今度は分かったでしょう?


分かって頂戴よ?んも~~!!


うへへへへ。。。。


そう言う訳なのよゥ~。


だから、わりィ~事は言わないから、


あなたも騙されたと思って


次のリンクをクリックして今から始めるのよ!ねっ?


■ 『あなたも幸せな豊かな未来を立ち上げるために


ブログを始めましょうね』


もちろん、どれも無料なのよ。


あなたの好きなものを選べるのでござ~♪~ますわよ。


どう?やる気が出てきたでしょう?


ん?。。。まだ迷ってるのォ~~ んもお~~


お願いよゥ~ うしししし。。。


頼むわよねぇ~。うへへへへ。。。。


あなたはいい子だから絶対に


ブログを始めるわよねぇ~♪~?


ええっ?


そんなことはどうでもいいから、


何か面白い事を話せっつんですかあああァ~♪~


貴方は、あたくしのお願いを


聞いてくれないのですかぁ~?


ええっ?


聞いてあげるから、面白いことを話せと


あなたはあたくしに強要するのですかァ~?


いやなお方ぁあああ~~~


分かりましたわア。


だったらね、メチャ面白いお話を


あなたにおせ~♪~てあげますわよ。


 


たらぁ~♪~


 



(himikox2.gif)


うふふふふ。。。


ええっ?マジかって。。。?


大真面目なのよう。


あなただって、あたくしが


どうしておばさんパンツをはいたのか


興味がおありでしょう?


あなたも、これだったら、絶対に読みたくなるでしょう?


読んでね?


ダメよ!生返事してこの場を誤魔化そうとしちゃああ、


絶対に読んでねぇ~~?


お願い。頼むわよねぇ~。


うふふふふ。。。


次のリンクをクリックして読んでね。


『読まれるおばさんパンツ』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。


ああああ~~~


初恋の人と会いたいわああああ~~!



(himiko5.gif)



(bravo.gif)



[PR]
# by denman705 | 2017-06-18 02:47 | ブログ入門・虎の巻