デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705
カレンダー

食欲の秋です (PART 2)




 


食欲の秋です (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


馬鹿バカしいので あなたも呆れてしまったでしょう!?


では、あなたのために ピリ辛のディル・ピクルス・レリッシュ(Tangy Dill Pickle Relish)の作り方をお見せしますわねぇ~。。。
 

(tangy03.jpg)



どうですか?


あなたにも作れそうでしょう?


ところで、小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれているのですわァ。


なぜ。。。?


ご存知でござ~♪~ますか?


実は簡単な事なのですわよう。


小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。


小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。


分からない事ではござ~ませんわ。


そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。


現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。



(suikyu9.jpg)


それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。


そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。


軽井沢・雲場池の紅葉



軽井沢のイルミネーション



秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩



とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。


だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。


じゃあねぇ~~。



(hand.gif)



(surfin2.gif)


ィ~ハァ~♪~!


メチャ面白い、


ためになる関連記事




(linger65.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



(house22.jpg)


■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に


別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』


■ 『おしまいでございます』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』


■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』


■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』


■ 『丸墓山は誰の墓?』


■ 『外国人SEXデンマン再訪』


■ 『日本最高?』


■ 『短歌に込められた愛の真実』


■ 『3月のバレンタイン』



(fragran11.jpg)


■ 『かぎろいミステリー』


■ 『40代女性の魅惑』


■ 『私のバレンタイン』


■ 『バレンタイン@4月』


■ 『豆まき@バレンタイン』


■ 『夢のココナッツ』


■ 『日本の失敗』


■ 『しじみ@愛のロマン』


■ 『とろけるカレー@バレンタイン』


■ 『バレンタイン夫人』


■ 『昭和の表象空間』


■ 『ズロースなの?』


■ 『焼きそばサンド』


■ 『平成の表象空間』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『手作り弁当@船着き場』


■ 『盛り上がる@馬車道』


■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』


■ 『愛と憎しみの丸墓山』


■ 『忘れられない!』


■ 『大名行列@行田』


■ 『別れの朝も…』


■ 『婚外恋愛』


■ 『婚外恋愛と人間失格』



(noten15.jpg)


■ 『月夜の美人』


■ 『ふるさと 行田』


■ 『愛の偶然と必然』


■ 『田中角栄と軽井沢』


■ 『うさぎ追いしかの山』


■ 『アブラッソ不在の美』


■ 『ロマンの昔話』


■ 『海を渡ったバレンタイン』


■ 『バレンタインが老人を狂わせた』


■ 『マルちゃん海を渡る』


■ 『銀座からバレンタイン』


■ 『仙台からバレンタイン』



(sayuri201.jpg)


■ 『パリからバレンタイン』


■ 『ジャズ@バンクーバー』


■ 『タイからバレンタイン』


■ 『たまご麺@バレンタイン』


■ 『愛犬とゴッド』


■ 『ザ・バレンタイン女』


■ 『週刊誌deヌード』


■ 『愛と天の夕顔』


■ 『ジェミマおばさんのシロップ』


■ 『夏日に、お帰りなさい』


■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』


■ 『スープカレーなのね』


■ 『忍城時代まつり』


■ 『夜道のルート66』


■ 『上を向いて歌おう』


■ 『霧積温泉のロマン』


■ 『元気が一番!』


■ 『行田のスープカレー』


■ 『パンツとブラジャーと餃子』


■ 『軽井沢を文学散歩する』


■ 『ばァ~の面影』


■ 『バレンタイン@行田』


■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』


■ 『桃の節句@天国』


■ 『古代米カレー』


■ 『愛のジェローを探して』



(coffeeluv1.jpg)


■ 『コーヒーと愛の香り』


■ 『愛の馬車道』


■ 『亀姫と香芽子さん』


■ 『愛の夕顔を探して』


■ 『ケネディ暗殺の謎』


■ 『行田物語 ピラミッド』


■ 『由梨さん@コルシカ』


■ 『黒い行田市長』


■ 『ヒシしようよ』


■ 『天の川de思い出』


■ 『天の川の思い出』


■ 『行田物語 古代蓮』


■ 『チーズ@シルクロード』


■ 『ラーメン@バクー』


■ 『行田物語 饅頭』


■ 『ぶんぶく茶釜だよ』


■ 『ぶんぶく阿波踊り』



(bare02b.gif)


こんにちは。ジューンです。


「上を向いて歩こう」がアメリカで人気が出るきっかけは


何だったのでしょうか?


通説によると、1963年の春、


アメリカ西海岸のローカルラジオ局のDJが、


異国情緒を味わってもらおうと、たまたま手元にあった


日本の曲をオンエアーしたところ、


リスナーからリクエストが殺到したために


人気に火がついたと言われています。


果たして、その話はどこまで本当なのでしょうか?


アメリカで「上を向いて歩こう」をシングルとして


最初に発売したレコード会社はキャピトルです。


同じ時期にキャピトルはイギリスの親会社であるEMIが


ビートルズのシングルを出すようにと要請してきたのです。


ところがアメリカでは人気が出ないと断っているのですね。


では、いったい誰が「上を向いて歩こう」をシングルとして


発売したのでしょうか?


その発売を決定した人の名前が


デンマンさんが描いた次のチャートに出ています。



(qchan90.gif)


デイブ・デクスター・ジュニアさんなのです。


「A&Rマン」と言われていた人で、


売れる可能性のあるアーティストを発掘し、契約を結び、


制作を担当する仕事をしていた人です。


ローカルラジオ局のDJからある日電話がかかってきて


「上を向いて歩こう」が人気が出ていると聞いて、


さっそく自分でも聞いてみたそうです。



(qchan03.jpg)


九ちゃんが日本語で歌っているので


詞の内容は理解できなかったけれど、


これならイケそうだと直感して売り出すことに決めたそうです。


つまり、ビートルズの曲はヒットしないと蹴ったけれど、


九ちゃんの「上を向いて歩こう」は直感的に


ヒットすると思ったのだそうです。


ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて


次のサイトを立ち上げました。


時間があったら下のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。


『夢とロマンを持って前向きに生きる


小百合さんの物語』


では、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。



(ebay5.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-03 03:05 | 食べ物・料理・食材

システム復元


 


システム復元


 



(yen0201.gif)



こんにちは。ベティーです。
お元気ですか?
風邪などひかないようにお過ごしくださいね。


ところで、パソコンが突然不調になってしまった事ってありますか?
まだ無いなら、あなたはラッキーですよ。


新しいプリンタをつないでから、パソコンの調子がおかしい!
新しいソフトをインストールしたらパソコンがおかしな事をやり始めた。
ハードディスクを増やしたら、パソコンが急に遅くなってしまった。
ウェブカムを取り付けたらば、プリンターが動かなくなってしまった。


まだまだ、いろいろな事が考えられますよね。


そんな時、あなたはどうしますか?
近くのパソコンショップへ持ってゆきますか?


面倒ですよね。
お金もかかりますよ。


でもね、安心してください。


『システムの復元』で、前の状態に戻すことができます。


ええっ? 今のデータとかが消えちゃうんじゃないかって。。。?


そのように心配する気持ちは分かりますが、
それ程神経質にならなくても大丈夫ですよ。


システムを復元する事によってパソコンを以前の元気な状態に戻す事が可能です。


ええっ? システムの復元って、どういうことかって。。。?


それはね、次のような事を言うのですよ。


新しいソフトや周辺機器を追加するなど、
パソコンのシステムに変更が加わったときに、
自動的に作成されている復元ポイントまで
パソコンのシステムの状態を戻すことです。


あなたのパソコンにもこのような機能が付いているはずです。


でも、必ず治せるという保障はありません。


『システムの復元』で不調が直る可能性が高いのは、


次の2つの条件がそろっている場合です。


1) 新しいソフトを入れたり周辺機器を新しくつないだ、


   などパソコンが不調になった原因に心当たりがある。


2) 不調になってから、あまり日が経っていない。


ところで、『システムの復元』で、元に戻るのはパソコンのいろんな機能を動かすためのファイル情報だけです。


自分でダウンロードしたデータやメールなどは消えずに、そのまま残るので大丈夫です。


『システムの復元』の具体的な方法は次のリンクをクリックして見てくださいね。


■ 『Windows XP システムの復元 操作方法』


■ 『Windows Vistaを使っている場合の復元操作』


もちろん無料ですよ。
登録する必要もありません。
すぐに使えますよ。
では、あなたはが知らなかった機能を楽しんでくださいね。



(house03.gif)


あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』



(compter.gif)


■ 『今すぐに役立つホットな生活情報』



(santa9.gif)


■ 『あなたが思う存分笑って楽しめて幸せになってしまうサイト』


■ 『あなたのためのサイト 立ち上げ ガイド』



(creditx.gif)


■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



(atmvend.jpg)


■ 『あなたのための ローン ガイド』



(/house03.gif)


■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』


■ 『レンゲ物語の最近の記事を特集したサイト』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



(dollar.gif)


■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』


■ 『辞書にのってない英語スラング』


■ 『オンライン自動翻訳利用法』



(cherry21.jpg)


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


おほほほほ。。。。


また現れて、


くどいようでござ~♪~ますけれど。。。


どうしても、あなたに


お会いしたかったのでござ~♪~ますわよ。


ええっ?相手も分からないのに


いい加減な事をぬかすなア!


あなたは、そのような厳しい事を


おっしゃるのですか?


イヤなお方だことォ~♪~


ええっ?余計な事を言わずに、


さっさと言いたい事をぬかせ!


あなたは、さらにそのような


強い口調であたくしに


ご命令なさるのでござ~♪~ますか?


分かりましたわ。


そのつもりで出てきたので


ござ~♪~ますから。。。


おほほほほ。。。


あなたは、小百合さんの記事を


読んだことがござ~♪~ますか?


ないのォ~?


ダメよゥ!そいじゃあああ~~


実に面白いから次のリンクをクリックして


読んで御覧なさいよう!



(sayuri3.gif)


『カナダと日本で別荘を持つ夢を膨らませながら


前向きに楽しく生きている小百合さんの物語』


ところで、あなたはブログをやっていますか?


ええっ?ブログをやると、どんないいことがあるのかって。。。?


じつはね、レンゲさんはデンマンさんが


ブログをやりながらネットで出会った女性なのですわよ。


だから、あたくしもブログで頑張っているのですわよ。


ええっ?それは不純な動機だとおっしゃるのですか?


何を言ってんのよォ~~。んも~~


不純であろうが、なんであろうが、


あたくしはボーイフレンドが


欲しいのでござ~♪~ますわよゥ。


。。。そいでもって、ネットでデンマンさんのような


すばらしい殿方との出会いがあるのならば、


これ以上の幸せは無いのでござ~♪~ますのよ。


うふふふふふ。。。。



(dinner3.jpg)


お分かりですかぁ~~?


あたくしだって、こうしてラブラブに


萌えたいのでござ~♪~ますわよゥ~~。


うしししし。。。。


ええっ?でも、そうゆうのは


不純だと言うのですかぁ~?


あなたは、まだ、そのような下らないことに、


こだわっているのですかあ~? んも~~


不純だろうが、なんであろうが、


結果としてデンマンさんのような


すばらしい殿方と出会えて、


上の写真のようにラブラブになって


萌えることが出来たなら、


これ以上の幸せは無いので


ござ~♪~ますわよ。でしょう?


どうなのよ。。。?あなた。。。? 


このように萌え萌えになったことがあるのォ~?


ないでしょう?


だから、ブログを始めるのよおゥ~~


今度は分かったでしょう?


分かって頂戴よ?んも~~!!


うへへへへ。。。。


そう言う訳なのよゥ~。


だから、わりィ~事は言わないから、


あなたも騙されたと思って


次のリンクをクリックして今から始めるのよ!ねっ?


■ 『あなたも幸せな豊かな未来を立ち上げるために


ブログを始めましょうね』


もちろん、どれも無料なのよ。


あなたの好きなものを選べるのでござ~♪~ますわよ。


どう?やる気が出てきたでしょう?


ん?。。。まだ迷ってるのォ~~ んもお~~


お願いよゥ~ うしししし。。。


頼むわよねぇ~。うへへへへ。。。。


あなたはいい子だから絶対に


ブログを始めるわよねぇ~♪~?


ええっ?


そんなことはどうでもいいから、


何か面白い事を話せっつんですかあああァ~♪~


貴方は、あたくしのお願いを


聞いてくれないのですかぁ~?


ええっ?


聞いてあげるから、面白いことを話せと


あなたはあたくしに強要するのですかァ~?


いやなお方ぁあああ~~~


分かりましたわア。


だったらね、メチャ面白いお話を


あなたにおせ~♪~てあげますわよ。


 


たらぁ~♪~


 



(himikox2.gif)


うふふふふ。。。


ええっ?マジかって。。。?


大真面目なのよう。


あなただって、あたくしが


どうしておばさんパンツをはいたのか


興味がおありでしょう?


あなたも、これだったら、絶対に読みたくなるでしょう?


読んでね?


ダメよ!生返事してこの場を誤魔化そうとしちゃあア~


絶対に読んでねぇ~~?


お願い。頼むわよねぇ~。


うふふふふ。。。


次のリンクをクリックして読んでね。


■ 『読まれるおばさんパンツ (2007年10月9日)』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。


ああああ~~~


初恋の人と会いたいわああああ~~!



(himiko5.gif)



(kissx.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-03 03:01 | パソコン・コンピューター


 


日本初のヌードショー (PART 1)


 



(iwato02b.jpg)



(iwato07.jpg)



(junko05.gif)




(junko11.jpg)


デンマンさん。。。 つい先日、9月27日に“Playboy”の創刊者のヒュー・ヘフナー(Hugh Hefner)さんが91歳で亡くなりましたわねぇ~。。。



(kato3.gif)


あれっ。。。 ジュンコさんはよく知ってますねぇ~。。。


だってぇ、ニュースが世界を駆け巡りましたわァ~。。。



(playboy3.jpg)




そうなのですよ。。。 僕もちょっと驚きました。。。 しぶとく100歳を超えるまで生き抜くのじゃないかと思ってましたからねぇ~。。。



。。。で、ヒュー・ヘフナーさんを追悼するために“日本初のヌードショー”というタイトルにしたのですかァ~?


それも理由の一つだけれど、実は、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのですよ。。。



日本初のヌードショー



(teitoza04.jpg)


 


昭和22年になりますと、1月15日に日本初のヌードショーが行われました。 (略)


新宿の今の伊勢丹の前にあった映画館「帝都座」の5階に小さな劇場がありまして、そこでいわゆるストリップがはじまったのです。


そうは言ってもタイトルは「名画アルバム」。


 


“ヴィーナス誕生”と銘打って、カーテンが上がると女の人が額縁を背景に大きな帽子を持って舞台に立ったまま動かないのです。


下半身は帽子で隠されているけれど、たしかにハダカなんです。


まあそれでも男どもは押し寄せまして、固唾(かたず)をのんで舞台の上にはじめての女性のヌードを見たんですね。


 


この時のヌード第一号が甲斐美春(かい みはる)さんという若い女性だそうですが、彼女は間もなく親父さんに怒られてやめてしまい、その後に出てきたのがヒロセ元美さんという非常に有名なストリッパーです。



(teitoza05b.jpg)



(teitoza03b.jpg)


彼女は「立っているだけじゃつまらない」と自ら動き出し、見事な裸踊りを披露して場内は大変沸きました。


これを警察が取り締まることもなく、ストリップは一気に盛んになったんですね。


 


ちなみに、この年の夏くらいから、浅草の大都(だいと)劇場やロック座でも華々しいストリップがはじまりまして、昭和23年に長岡から東京に出てきた私もよく通わせていただきました。


 


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




207-208ページ 『昭和史 戦後篇 1945-1989』
著者: 半藤一利
2009年7月27日 第4刷発行
発行所: 株式会社 平凡社



確かに、昭和22年を契機にヌードショー、つまり ストリップが日本全国に広まったらしいですよ。。。



デンマンさんも、ストリップを見に日本全国を駆け回ったのですか?


僕は、まだヨチヨチ歩きだったので、母親の乳房につかまりっきりでしたよ。。。 (モナリザの微笑)


それほど、ストリップがはやったのですか?


あのねぇ~、中学生になってから黒澤監督が作った映画『生きる』を観たのだけれど、市役所の万年課長で退職する主人公を演じる志村喬が、“生きがい”を見出すために参考のためにストリップを見に行くのですよ。。。



(ikiru100.jpg)




上の写真の中央に写っているのが退職してから“生きがい”を探している主人公ですよ。。。



つまり、ストリップに“生きがい”を見いだしたのですか?


やだなあああァ~。。。 いくら何でも“ストリップ”に“生きがい”を見いだして、主人公が 毎晩、毎晩ストリップを見に行ったら、黒澤監督の映画にならないでしょう!


つまり、ヌードショーもストリップも“生きがい”にはならない事を言うために、この記事を書く気になったのですか?


いや。。。 そればかりではありません。。。 半藤一利さんは、上の本で昭和22年に“日本初のヌードショー”が出現したと書いているけれど、もっと大昔に“ヌードショー”があったのですよ。。。


マジで。。。?


僕は、このような真面目な話をしている時にウソとジュンコさんの尻は突きません。。。


。。。で、大昔っていつ頃の事ですか?


ちょっと次の記事を読んでみてください。。。



アメノウズメ



(iwato07.jpg)


 


アメノウズメは、日本神話に登場する神。
「岩戸隠れ」の伝説などに登場する芸能の女神であり、日本最古の踊り子と言える。


一説に別名「宮比神」(ミヤビノカミ)。
大宮売神(オオミヤノメノカミ)と同一視されることもある


『古事記』では天宇受賣命、『日本書紀』では天鈿女命と表記する。
神名の「ウズメ」の解釈には諸説あり、「強女(オズメ)」の意とする『古語拾遺』説や、「髻華(ウズ)」を結った女性(巫女の装束)の意とする『稜威道別』(イツノチワキ)説、折口信夫が『若水の話』で出した、「マナを指すヲチの音便で、魂をヲチふらせる意」説などがある。


 


神話での記述


岩戸隠れで天照大神が天岩戸に隠れて世界が暗闇になったとき、神々は大いに困り、天の安河に集まって会議をした。
思兼神の発案により、岩戸の前で様々な儀式を行った。


『古事記』では次のように記述されている。


「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと=女陰)に押し垂れき。」
つまり、 アメノウズメがうつぶせにした槽(うけ 特殊な桶)の上に乗り、背をそり胸乳をあらわにし、裳の紐を股に押したれて、女陰をあらわにして、低く腰を落して足を踏みとどろかし(『日本書紀』では千草を巻いた矛、『古事記』では笹葉を振り)、力強くエロティックな動作で踊って、八百万の神々を大笑いさせた。



(iwato02b.jpg)


その「笑ひえらぐ」様を不審に思い、戸を少し開けた天照大神に「あなたより尊い神が生まれた」とウズメは言って、天手力雄神に引き出して貰って、再び世界に光が戻った。


天孫降臨の際、瓊瓊杵尊(ににぎ)が天降ろうとすると、高天原から葦原中国までを照らす神がいた。
アメノウズメはアマテラスと高木神に、「手弱女だが顔を合わせても気後れしない(面勝つ)からあなたが問いなさい」と言われた。


この時のアメノウズメは『日本書紀』では次のように記述されている。


「その胸乳をあらわにかきいでて、裳帯(もひも)を臍(ほそ=ヘソ)の下におしたれて、あざわらひて向きて立つ。」


つまり、乳房をあらわにし、裳の紐を臍の下まで押したれて、あざわらいながら向かって言ったとある。
その後、名を問い質すと、その神は国津神の猿田彦と名乗り、道案内をするために迎えに来たと言った。


アメノウズメは天児屋命(あめのこやね)、太玉命(ふとだま)、玉祖命(たまのおや)、石凝姥命(いしこりどめ)と共に五伴緒の一人としてニニギに随伴して天降りした。
アメノウズメはサルタヒコの名を明かしたことからその名を負って仕えることになり、猿女君の祖神となった。
一説にはサルタヒコの妻となったとされる。


アメノウズメは大小の魚を集めて天孫(ニニギ)に仕えるかどうか尋ねた。
みな「仕える」と答えた中でナマコだけが何も答えなかったので、アメノウズメはその口を小刀で裂いてしまった。
それでナマコの口は裂けているのである。




出典: 「アメノウズメ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



これは、もう古代のストリップショーなのですよ。。。



でも。。。、でも。。。、これは神話ではありませんかァ~!


あのねぇ~、確かに、神話には違いないのだけれど、このような事がなかったと言い切ることはできない!


デンマンさんは、実際に、このような珍事があったと断言するのですか?


そうです。。。 でも、この事は僕だけが言っているわではないのですよ。。。 実は、この神話の起源には“日食”が関係していると言われている。。。


“日食”ってぇ、月が太陽の前を通り過ぎるときに、地球から見て太陽をすっかり隠してしまうので、一時的に夜のように暗くなるという、あのことですか?


その通りです。。。


それが古代のストリップショート関係あるのですか?


ちょっと考えてみてください。。。 天照大神が岩戸の中に隠れてしまったというのは、ちょうど月が太陽を隠してしまったので、夜のように暗くなったということなのですよ。。。 その時、当時の縄文人はビックリしてしまった。。。 それで、この世はもう終わりだという人たちが、酒を飲んで歌えや踊れやの乱痴気騒ぎをしたわけです。。。 中には酒を飲みすぎて酔っ払った女が、裸になって踊りだす。。。


つまり、それが古代のストリップショーとなって神話になったとデンマンさんは言うのですか?


だから、僕だけが、そう言っているわけじゃないのですよ。。。


他にどなたが、そう言ってるのですか?


あの映画俳優で、監督のメル・ギブソンが、すごい映画を作ったのですよ。。。 その映画の中に“日食”が出てくる。。。



(lib70930a.png)


『実際のカタログページ』




あらっ。。。 デンマンさんはバンクーバー市立図書館でDVDを借りて上の映画を観たのですか?



そうです。。。 歴史に興味がある人にとっては見逃せない映画ですよ。。。


。。。で、どのような内容なのですか?


日本語版の『ウィキペディア(Wikipedia)』には次のように書いてあります。



アポカリプト



(apocal01.jpg)


 


『アポカリプト』(原題: Apocalypto)は、2006年のアメリカ映画。


監督はメル・ギブソン。


 


概要


スペイン人侵略直前のユカタン半島を舞台に、生贄にされそうになった捕虜の脱走と生き残りを掛けた逃走を描く。全編通じて、マヤ語を使った映画となっている。


宣伝の際には「マヤ文明の衰退を描く作品」として宣伝されていたが、マヤ文明自体の衰退は描かれておらず、作品は終始逃走活劇である。


米国では、激しい暴力シーンが続くことからR指定作品となった。


 


評価


非英語作品、出演俳優は無名揃い、レイティングがR指定、そして公開前に監督のメル・ギブソンの逮捕とユダヤ人蔑視発言などの騒動も起こったが、それにも関わらず全米で、公開初週の週末(2006年12月8日 - 10日)の興行収入は初登場1位を記録した。


前述した監督の不祥事事件がプラスになったのではとも言われている(事件についてはメディアによって連日報道されていた)。


しかし、スタートの週末に稼ぎ出した興行収入(約1500万ドル)は監督の前作『パッション』と比べると、低調である。


実在したマヤ文明との相違を議論される作品である。


第一に、マヤ人に劇中にあるような虐殺行為があったかどうかであるが、マヤ文明はトルテカ文明と交流を深めた結果、末期になり盛んに生け贄を捧げる行為を行っていたとされる。


これは入植者であるスペイン人の記録(マヤ人による書物の大半はスペイン人により焼却された)によるものである為、自らを正当化する詭弁という意見もあるが、それらを差し引いても、当事のヨーロッパは未開地への侵略を容認していたことから、生け贄を捧げていたこと自体は事実であるようだ。


映画評論家の町山智浩は「この作品のストーリー構成や演出は、コーネル・ワイルド監督が66年に発表した映画『裸のジャングル』(原題: The naked prey)の影響が顕著であり、重要なシーンは完全に盗作と言ってよいほど似通っている」と評論している。




出典: 「アポカリプト」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



。。。で、この映画にもストリップが出てくるのですか?



この当時の人たちは、ほぼ裸に近い生活をしているから、特に“ストリップ”が強調されてるわけじゃないけれど、僕が注目したのは“日食”の部分が出てくるのですよ。。。 要するに、科学的なマインド持っていない人々にとっては、“日食”はかなりショッキングな現象ですよ。。。 だから、縄文人にとっても、この衝撃的な現象が神話の『天岩戸』伝説を生むことになった。


それで、上の映画では、どのような伝説を生むのですか?


上の話は西暦1511年当時のユカタン半島を舞台にくりひろげられるのです。。。 生贄にされそうになった捕虜が、ちょうど“日食”が出現して、その超自然現象に“神秘性”を感じて、“王”がその捕虜を殺さずに生かすことにするのです。。。 つまり、そのときのエピソードが伝説化され、現代になって映画化されたというわけです。。。


。。。で、ストリップは。。。?


だから、日本の縄文人にとっては“日食”とストリップが結びついたのだけれど、ユカタン半島は熱い国だから、日常の生活の中で“ストリップ”は珍しいことではなかった。。。 それで、伝説は“日食”と“サバイバル”が結びついたわけです。。。


つまり、縄文人は寒い国に住んでいたので、ショッキングな現象が“ストリップ”と結びついたけれど、熱い国では“日食”は“サバイバル”と結びついたということを言うために、わざわざ“日本初のヌードショー”を持ち出してきたのですか?


そうです。。。 いけませんか?



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-02 04:05 | エロいけれどためになる話



 


日本初のヌードショー (PART 2)



【ジューンの独り言】



(bare02b.gif)


ですってぇ~。。。


あなたも、もしお暇だったら、近くの図書館でDVDを借りて『アポカリプト』を観てください。


日本語版があるはずですわ。。。。


日本語吹き替えでは次のようになってますわァ。


•ジャガー - ルディ・ヤングブラッド(高橋広樹)


•セブン - ダリア・エルナンデス(甲斐田裕子)


•ミドル・アイ - ヘラルド・タラセーナ(東地宏樹)


•ゼロ・ウルフ - ラオウル・トルヒーヨ(飯塚昭三)


図書館でDVDを借りることができない人は


わたしがハマッている“愛と性の美学のロック”のクリップでも観てください。。。


では、じっくりと味わってくださいねぇ~。。。



(bigaku01.jpg)



ところで“アメノウズメ”のお話も面白いですけれど、


日本の古代史には、他にも興味深い不思議なお話がたくさんあります。


たまには、日本の古代の話も読んでください。。。


では次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ~。。。



天武天皇と天智天皇は


同腹の兄弟ではなかった。
 


天智天皇は暗殺された 


定慧出生の秘密 


藤原鎌足と長男・定慧 


渡来人とアイヌ人の連合王国


なぜ、蝦夷という名前なの?


平和を愛したアイヌ人


藤原鎌足と六韜


古事記より古い書物が


どうして残っていないの?


今、日本に住んでいる人は


日本人でないの?


マキアベリもビックリ、


藤原氏のバイブルとは?


ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。


興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。


 



(sunwind2.gif)



『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


『チョコレートと軍産複合体』


『チョコレートと甘い権力』


『CIAの黒い糸』


『美しい日本語再び』


『宮沢りえブーム?』


『また、宮沢りえ?』


『浅間山噴火とフランス革命』


『なぜアクセスが急増したの?』


『気になる検索ワード』


『なぜ塩野七生批判』


『その検査、ムカつく!』



(miya08.jpg)


『宮沢りえと床上手な女』


『MH370ミステリー』


『なぜ死刑廃止?』


『真犯人はそこにいる』


『MH370ミステリー裏話』


『お裁きを信じますから』


『ジャルパックと国際化』


『古代ローマのセックス』



(nopan05.png)


『CIAとノーパン』


『エロいローマ再び』


『エロいけれどためになる話』


『えろあくにめ温泉』


『エロいけれどためになる』


『地球上のネット普及率』


『原発はダメだったのに』



(sylvie500.jpg)


『スカートをはいた兵隊』


『行田シンドローム』


『幻の暴走機関車』


『CIA@NOパンツ』


『エリュトゥラー海案内記』


『伊藤若冲 ランブータン』


『知的快楽』



(teacher9.jpg)


『シャフリ・ソフタ』


『閨房でのあしらい』


『漱石とグレン・グールド』


『女性の性欲@ラオス』


『美学de愛と性』


『女の本音』


『にほん村からの常連さん』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。



(hand.gif)




(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』


 



(surfin2.gif)


ィ~ハァ~♪~!


メチャ面白い、


ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』


Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)


■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"



(linger65.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



(beach02.jpg)


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-02 04:04 | エロいけれどためになる話

データ消した


 


データ消した?


 



(yen0201.gif)



こんにちは。ベティーです。
お元気ですか?


ところで、先日、わたしのお友達がパソコンを
新モデルに買い替えようとしてたのです。
今まで使っていたパソコンは知り合いに譲ることにしたのですって。
。。。で、ハードディスクのデータってを消すのに
ファイルを削除して『ゴミ箱』に入れたのですって。


あなたはどう思いますか?
これでデータは消えたと思いますか?


もちろん消えていません。


では、『ゴミ箱』をすべて空にしたらどうでしょうか?


これでデータが消えたと思いますか?


実は、『ゴミ箱』をすべて空にしても、データは消えていないのです!


なぜ?


ハードディスクは、データの管理情報とデータそのものを別に記録する仕組みになっています。


本に例えると、「目次」にあたるのがデータの管理情報。
「本文」にあたるのが、データそのものです。


ゴミ箱での削除や初期化では、「目次」にあたる管理情報が変更または消去されて、データを読み出せなくなるだけ。
データそのものはハードディスクに残っているんです。


このような不完全なデータ消去のまま、他人にパソコンを譲ったりすると、思わぬところから個人情報が流出してしまうこともあります。


。。。で、より完全にデータを消去するには。。。?


専用のデータ消去ソフトを使用するのです。


あなたのパソコンには、あなたが作った書類や保存した画像などの他にも、大切なパスワードやいろんな履歴、設定情報などが残っています。
パソコンを手放すときには、きちんとデータを消去しましょうね。


もしデータを完全に消去したかったら、ぜひ次のリンクをクリックしてやり方をしっかり覚えてくださいね。


『個人情報の流出を防ごう!


完全なデータ消去の仕方』


もちろん、無料ですよ。
登録する必要もありません。


これで、あなたの個人情報の流出を防いでくださいね。



(house03.gif)


Good luck!


バ~♪~イ


あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』



(compter.gif)


■ 『今すぐに役立つホットな生活情報』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』


■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



(linger47.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』


■ 『辞書にのってない英語スラング』


■ 『オンライン自動翻訳利用法』



(linger57.jpg)


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko22.gif)


おほほほほ。。。


卑弥子でござ~♪~ますわよ。


くどいようですけれど、


また現れましたわ。


やっぱり、ベティーさん


ぱっかりに任せていると


退屈するのよねぇ~。


それで。。。つい、つい、


出て来てしまうので


ござ~♪~ますわよ。


ええっ、余計な事は言わなくてもいいから、


さっさと言いたいことを言って消えろ!


あららあああぁ~


あなたはそのような厳しいことをあたくしに


言うのでござ~♪~ますか?


いけすかないことォ~♪~


分かりましたわ。


では、今日の一言を。。。


うふふふふ。。。


Not everything that is faced


can be changed,


but nothing can be changed


until it is faced.


--- James Baldwin



(hunter03.gif)


立ち向かって行っても


変わらない事ってあるのよね。


でも、立ち向かわなかったら


何事も変わらないのよ。


(だから、立ち向かわねばならないのよ。)


あたくしは、このように訳しました。


あなたなら、どう訳しますか?


素晴しい訳があったら教えてくださいませ。


ところで、このジェイムズ・ボールドウィンさんは、


アメリカの黒人作家です。


1924年生まれで、1987年に食道癌で亡くなっています。


公民権運動家としても活躍しました。


では、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあ、バ~♪~イ。



(himiko5.gif)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-02 04:00 | パソコン・コンピューター


 


ネットのバカ女を捜して(PART 1)


 




(lookanim.gif)




(picasso3c.png)




(pinup93.png)




(masuo01e.png)


(net201.jpg+spacer.png)


 




(himiko22b.gif)


デンマンさん。。。 どういうわけで“ネットのバカ女を捜して”いるのでござ~♪~ますか?



(kato3.gif)


ん。。。? 卑弥子さんは、僕が“ネットのバカ女を捜して”いると思ったのですかァ~?


だってぇ~、これまでにデンマンさんは多くの“ネットのバカ女”を晒したではござ~ませんかァ!


マジで。。。?


やだわァあああァ~。。。 お忘れになったのでござ~♪~ますかァ? 思い出してくださいましなァ~♪~!



(hawaii98.jpg)



(atsuko8.jpg)


マヒナ奈々 ハワイに恋した愚かな敦子 いいねスパマー ネットの嫌われ者
(jun03b.jpg)



(nana03.jpg)



『マヒナ奈々 悪徳業者』


『噂の女@香港』


『柏原知美 再起?』


『デリヘル嬢かずえを探して』


『はるかのランジェリー』


『悪名高い横尾真美』


『スパマー平田由里子』


『ハワイに恋したダメな敦子』


『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』


『レイカの挫折』


『えり@17歳に注意!』


『愚かな洋子の貧乏物語』


『優香は何者だ?』


『もこ姫バンザイ!』


『平田由里子@いいねスパマー』


『メチャ有名なモコ姫』


『スパマーえり&友成隼』


『ハワイのなみ&友成隼』



デンマンさんは、こうして多くの“ネットのバカ女”を晒したのですわァ~。。。 でも、デンマンさんが晒した この自称 女たちは、ごく一部ですわァ~。。。 すべてを書き出したら、キリがありませんわァ~。。。



言われてみれば、確かに多くの“ネットのバカ女”を晒してきました。。。 でもねぇ~、今日は僕以外のネット市民が“ネットのバカ女”に注目したのですよ。。。


それは、いったいどなたでござ~ますかァ~?


ちょっと次のリストを見てください。



(liv70927a.png)



『拡大する』


『ネットのバカ女』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の9月26日の午前8時から午後9時12分までの約13時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。



あらっ。。。 9月26日の午前8時3分に「にほんブログ村」からやって来て『ネットのバカ女』を読んだネット市民がいたのですわねぇ~。。。


そうです。。。 新宿に住んでいる室鯉 和夫(しつこい かずお)君が読んだのですよ。。。



(ip3833b.png)


『拡大する』



あらっ。。。 珍しいお名前ですわねぇ~。。。



あのねぇ~、実名を出すわけにはゆかないので。。。 プライバシーを保護するために仮名にしたのですよ。。。


。。。で、「にほんブログ村」のどのページからやって来たのですか?


次のページです。。。



(mur70927a.png)



『拡大する』


『実際のページ』


『ネットのバカ女』



あらっ。。。 「海外美女・海外美少女人気ランキング」のページからやって来たのですわねぇ~。。。



そういうことです。。。 


「海外美女・海外美少女 注目記事」の1位に『ネットのバカ女』が出ているのですわねぇ~。。。



(mur70927a2.png)



『拡大する』


『実際のページ』


『ネットのバカ女』



そうなのですよ。。。 それで室鯉 和夫(しつこい かずお)君も、ついつい好奇心に駆られて、どんなバカ女なのか? それを確かめるためにクリックして僕の“徒然ブログ”にやって来て『ネットのバカ女』を読んだわけです。。。



。。。で、どんなおバカな女なのでござ~ますかァ?


次のような見え見えのスパムメールをバラ撒いていた女ですよ。。。





(picasso3.gif)


Subj: おぼえていてくれたら


  分かると思うんですが…


  Eriさんです。


Date: 08/01/2008 5:29:46 PM
Pacific Standard Time
日本時間: 1月8日 午前10時29分
From: pulchellusfemina@yahoo.co.jp
To: barclay1720@aol.com


いいんです。忘れちゃってても大丈夫ですょ!


あん時はちょっとしかメールしなかったし、てか
メールはそんなに得意じゃないんですよ。
年も越しちゃったし、やっぱり、
おぼえてないだろうなぁ~と思って出してるんで
Eriさん傷ついたりしてません。


なのでメールの続きっていうよりか、一度会ってくれませんか?
1月はそんなに忙しくないので仕事終わりでもOKです。
わたくし定時退社のお気楽OLデスから( ̄∇ ̄*)>テヘヘ♪


私の連絡先とか写メはサイトのプロフで見れるからチェックしてください。
名前は「恵理」か「Eri」で検索したら出てくるんで。
サイト経由しても連絡してくる人だったら安心なんでお願いします。


私の方はそちらのプロフって何で検索したらいいですか?
私達の住所から、お互いに都合のいい時間と場所を決めましょう。
お酒を飲まないなら、
私はナビ付の自分の車があるんで割と遠くでも行けます。


返事はできるだけ早くお願いします。Eri



もちろん、これを書いたのは愚かな男のメール・スパマーですよ。。。



どのようなことをしているのですか?


デリヘル嬢を派遣する悪徳業者ですよ。。。


こういうスパムメールに引っかかってしまうネット市民が居るのでしょうか?


メールの文章を読めば解るけれど、この男は高校を中退して遊び回っていたので金がなくなり、こういう愚かな事を始めて金を稼ごうとしたのですよ。。。


。。。で、デンマンさんも引っかかってしまったのでござ~ますかァ?


あのねぇ~、僕はこのバカ男よりもオツムの具合は上なのですよ。。。 それに僕はバンクーバーに居ますからね。。。 愚かなデリヘルの姉ちゃんと遊ぶにはバンクーバーから成田に行って、それから福島県の田舎の町へ行かねばならい。。。 そういう愚かな事はしません。。。


。。。で、その後どうなったのでござ~ますかァ?


2008年当時は、まだ愚かな“ネギカモ”がいたようだけれど、この種の悪業はネットで知れ渡ってしまったので、この愚か者は金を儲ける事ができなくなって、路上生活者になってしまったのですよ。


それで、餓死してしまったのですかァ~?


いや。。。 餓死はしなかったけれど、何とかして金儲けをしようとして、愚かなオツムを駆使して またスパムを飛ばし始めた。。。


今度はどういうスパムですか?


リファラスパムですよ。。。



HTTPリファラ



(http001.jpg)


 


HTTPリファラ あるいは単にリファラは、HTTPヘッダの1つで、インターネット上の1つのウェブページまたはリソースから見て、それにリンクしているウェブページやリソースのアドレスを指す。
リファラを参照することで、どこからそのページに要求が来たのかを知ることができる。
リファラをログすることでウェブサイトやウェブサーバで訪問者がどこから来ているかを把握でき、プロモーションやセキュリティの目的に使うことができる。


リファラの活用はクロスサイトリクエストフォージェリ対策としても一般的だが、リファラが無効化されているとそのようなセキュリティ機構は働かない。
リファラは一般に統計的用途に使われている。


デリファラとは、要求を起こすべくクリックされたページを目標ウェブサイトが識別できなくするため、要求から元のページ(サイト)の詳細を除去する手段である。


 


詳細


あるページにあるリンクをクリックして別のウェブページを訪れるとき、リファラはそのリンクが置かれているウェブページのURLである。


より一般化すると、リファラはその要求を発生させる原因となったアイテムのURLである。
例えば、或るウェブページ内に画像を表示するとき、リファラはそのHTMLページのURLとなる。
ウェブブラウザからウェブサーバへのHTTP要求の仕様上、リファラフィールドはオプションである。


ほとんどのウェブサーバには全トラフィックのログがあり、ブラウザが要求毎に送信したHTTPリファラを記録している。
ウェブログ解析ソフトの多くはこの情報を処理できる。


リファラ情報はユーザーのプライバシーに関わる場合があるため、リファラ情報を送信しないよう設定できるブラウザもある。
プロキシやファイアウォールソフトウェアにもリファラ情報をフィルタで除去できるものもあり、外部に公開していないロケーション情報を漏らさないようにできる。
このことは問題を発生する要因ともなる。


Webサーバはサイトの一部について、正しいリファラを送ってこないブラウザに対してアクセスをブロックしていることがある。
これはディープリンクを防いだり、画像の不正使用(直リンク)を防ぐためである。
プロキシソフトウェアの中にはそのサイトのトップレベルのアドレスをリファラとして与えるものがあり、ユーザーが最後に訪問したサイトを暴露することなく問題を回避できる。


最近では多くのブログはリファラ情報を公表し、あるブログにリンクしているサイトにブログ側からもリンクすることで会話を広げようとしている。


これを悪用し、スパマーのサイトへのリンクを大量に貼らせるリファラスパムが登場している。


アダルトサイトなどの有料サイトの多くはコンテンツを守る目的でリファラ情報を利用している。
すなわち、ログインしないと参照できないなどの極少数のページからのアクセスのみを許可するのである。


これにより、協力関係にあるアダルトサイト間での素材の共有が容易になる。
このようなサイトへのフリーなアクセスを実現する手段としてリファラスプーフィングがある。




出典: 「HTTPリファラ」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



つまり、スパムを飛ばす以外に考えが浮かばないのですわねぇ~。。。



そういうことです。。。 悪徳で不正な行為を続けるので、ブログを立ち上げてもすぐに削除されてしまうのですよ!



(baka70807a4.png)


『悪徳業者 ネット犯罪者』



ネットコインで儲けようとしたのだけれど、結局 これもうまくゆかずに路上生活者にまた逆戻りです。。。



(homeless.jpg)



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-01 03:03 | ネット犯罪・ネット社会


 


ネットのバカ女を捜して(PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif) 


ですってぇ~。。。


“バカの一つ覚え”とは昔の人がよく言ったものですわァ~。。。


スパムを飛ばし始めると、スパムを飛ばすこと以外には考えが及ばなくなるようでござ~ますう。。。


どうか、あなたは、スパマーに騙されないようにしてくださいませ。。。


とにかく、最近のネットを見ていると いろいろと形を変えたスパムだらけでござ~ますわァ。


どうか、くれぐれも騙されないようにしてくださいませぇ~。。。


ところで、愚かなスパマーのお話も面白いのですけれど、


日本の平安時代、あるいは古代にも あなたの知らないミステリアスな面白いお話があるのですわよう。。。


あなたのために平安史、古代史の興味深い記事を用意しましたわァ。


ぜひ お読みくださいねぇ~。。。


天武天皇と天智天皇は


同腹の兄弟ではなかった。
 


天智天皇は暗殺された 


定慧出生の秘密 


藤原鎌足と長男・定慧 


渡来人とアイヌ人の連合王国


なぜ、蝦夷という名前なの?


平和を愛したアイヌ人


藤原鎌足と六韜


古事記より古い書物が


どうして残っていないの?


今、日本に住んでいる人は


日本人でないの?


マキアベリもビックリ、


藤原氏のバイブルとは?


とにかく、次回も興味深い記事が続きます。


だから、あなたも、また読みに戻ってきてください。


じゃあ、またねぇ~。。。



(hand.gif)




(spacer.png+betty5de.gif)
(hiroy2.png+betty5d.gif)
『スパマー HIRO 中野 悪徳業者』


 


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)



(surfing9.gif)




(sayuri5.gif)


ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。


卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。




(miya08.jpg)


『下衆のかんぐり』


『桓武天皇のママがネットで』


『ござが天皇とGOOGLE』


『一敗が三人に!』


『行田の黒い霧をはらう』


『ペルシャ人が飛鳥に』


『小柴垣草子』


『後白河上皇ダントツ』


『ブスと美人』


『死んでも生きてる』


『失意の太田将宏』



(annasalleh.jpg)


『オルフェと聖徳太子』


『源氏物語とおばさんパンツ』


『霊仙はなぜ毒殺されたの?』


『紫式部が地獄へ』


『破戒僧円載』


『アショーカ王の愛と苦悩』


『どら平太の世界』


『三四郎とデンマンさん』


『ヒトラーの姪』


『ゴヤと三島由紀夫』


『仏陀とキリストと娼婦』



(zurose2.jpg)


『ズロースと戦争』


『伊藤若冲ブーム?』


『ブッダと物理学』


『加藤清正ブーム?』


『愛憎と三輪山』


『松原智恵子 お尻ペンペン』


『坂本龍馬は流れ者か?』


『野ざらし』


『紫式部堕獄説』


『日本最古のポルノ?』


『源氏物語の性描写』


『寅さんの本棚と急行まつしま』


『ヒトラーは草食系?』


『ブッダとキリストと娼婦』


『顔文字とオナラ』



(hama10.jpg)


『宝暦の恨みを明治維新で』


『デウキと紅葉@行田』


『薄い陰毛と紅のボートピープル』


『江戸の閨房術』


『ずるがしこい現代人』


『春画@源氏物語』


『千早振る』


『あれっ、松本清張』


『キスと源信』


『伎楽は呉から…?』


『紺瑠璃杯に魅せられて』


『神聖娼婦 マリア』


『安徳帝は生きていた』


『白石川の桜』



(maria05.jpg)


『ブログ村のマリア様』


『萌える済子女王』


『ピンク桃色@徒然』


『富沢金山の桜』


『ピンク桃色村』


『紫式部@徒然』


『絵里香@ペルー』


『ペルシャ人の楊貴妃』


『ん?佐伯今毛人』


『文学と歴史とウソ』


『百人一首ミステリー』


『芭蕉と遊女再び』


『映画とロマン@仙台』


『源氏物语中的性描写』


『忘れられた歴史ロマン』



(costa04b.jpg)


『おばさんパンツ@サンホセ』


『聖徳太子のチューター』


『オナラの曲芸』


『死海』


『漱石とオナラ』


『絵里香さん』


『美女とオナラ』


『アンバパーリー』


『ゆっくりと愛し合う』


『見ちゃだめ!』


『二重マチ付きズロース』


『麻生元総理』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-10-01 03:02 | ネット犯罪・ネット社会

野次馬根性


 


野次馬根性


 



(junko27.jpg)



こんにちは。ジュンコです。
お元気ですか?


ところで、あなたの家の近所で、パトカーがサイレンを鳴らしながら、数時間もウロウロしていました。
何があったのだろうか?
あなたは気になりませんか?


もしかして知り合いの家で何か事件でもあったのではないかしら?
どうすれば、調べる事ができるのでしょうか?



(ambula.gif)


あるいは、救急車がサイレンを鳴らしてやって来て
近所の家でとまりました。
誰が急病になったのかしら?
誰が倒れたのかしら?


あなたは気になったことがありませんか?


そういう時に、何か調べる方法があるのでしょうか?
どうですか?
調べる方法があると思いますか?


もし、気になったら、次のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。


『近所で起きた事件や出来事をすぐに調べる方法』


あなたの住まいに最も近い警察のホームページにアクセスしてください。


“他人の不幸は蜜の味”


あなたも聞いたことがあるでしょう?
あまり響きのよい諺ではないけれど、そう言う事ってありますよね。


他人の不幸を見るとき、うれしくならないまでも、自分が不幸でなくて良かった、と安心するような事ってよくありますよね。
たとえば、大きな地震が起きるとします。


あなたが住んでいるところから500キロも離れていれば、
ほっと胸をなでおろして自分が住んでいるところで地震が起きなかった事を幸運だと感じるものです。


なぜそうなのでしょうか?
気になりませんか?


もし答えを見つけたかったら、次のリンクをクリックしてみてくださいね。


『なぜ、他人の不幸を蜜の味に感じるのでしょうか?』


“なぜ、他人の好きな人を知りたがるの?”


中学校や高校に通っている時に、そのように感じたことがありませんか?   
あるいは、あなたは友達から尋ねられたことがありませんか?


ねえ、ねえ、あなた誰が好きなの?
誰にも言わないから、あたしだけに言ってよ。


何で周りの人間は他人の好きな人を知りたがるの?


どうですか?
考えてみた事がありますか?


気になったら、次のリンクをクリックしてみてくださいね。


『人は、なぜ他人の好きな人の事が気になるのでしょうか?』   


どうですか?
面白いでしょう?


もっと笑いたい気分になったら、次のリンクをクリックしてくださいね。


『今日、1日を笑って楽しく過ごすためのサイト』



(house03.gif)


あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



(dance.gif)



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


『平成の紫式部』


■ めれんげさんの『即興の詩』


■ めれんげさんの『極私的詩集』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



(compter.gif)


■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』



(linger47.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』


■ 『辞書にのってない英語スラング』


■ 『オンライン自動翻訳利用法』



(bnose2.jpg)


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)


おほほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわ。


あたくしも、そろそろ結婚しようかなあああぁ~


そう思っているのでござ~♪~ますわよ。


あなたはいかがですか?


でもね、考えてしまうのよう。


ええっ?どうしてかって。。。?


だってねぇ、このようなダサい


十二単(じゅうにひとえ)なんか


着せられて、こうしてブログに


顔を出しているでしょう。。。


あたくしのような女をもらって下さる方が


いるのでござ~♪~ますでしょうか?


あたくしも、できればレンゲさんのように


水着を身に着けて、ボイーんで


かっこよく登場したいのでござ~♪~ますのよ。



(renge35y.jpg)


でも、あまりグチを言うと


デンマンさんに叱られてしまうので、


これぐらいにしますわぁ~。


とにかく、本当に結婚したいのでござ~♪~ますのよ。


あなたも、まじめに結婚の事を考えていますか?


あたくし、良いサイトを発見しましたわ。


もし、あなたも本気で結婚を考えているのならば、


次のサイトを覗いてみるといいわよ。


あたくしが太鼓判を押しますわ。


■ 『結婚を真面目に考えているあなたのためのガイド』


ところで、レンゲさんのワクワクするような


愛と性のお話を読みたくなったら


次のリンクをクリックしてくださいね。


レンゲさんの愉快で面白い物語が読めますことよ。


■ 『レンゲ物語 愛と性の美学』



(dinner3.jpg)


あなたも、このように萌え萌えな気分になれますわ。


でも、燃え燃えになり過ぎないようにね。


おほほほほ。。。


あなたが、ここまで読んでくれたので、


あなただけに、良いことを


おせ~♪~てあげますわぁ。


ぜひ次のリンクをクリックしてくださいましねぇ。


■ 『あなたがいつでも愛を感じて、


きれいになれる女性専科 コスメティック』


これで、あなたもさらにオシャレして、


きれいになって、


それで、自分に自信を持って、


きっと素晴しい殿方を射止めることができますわよ。


もちろん、あたあくしだって頑張りますわよォ~。


うひひひひ。。。。


ところで、あたくしがマスコットギャルをやっている


次のサイトも覗いてみてね。


■ 『新しい面白い古代日本史』


興味深い記事がたくさんありますわよ。


中毒にならないようにねぇ~


では、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。バ~♪~イ



(date100.jpg)



(valent7.gif)



[PR]
# by denman705 | 2017-10-01 02:57 | 役立つ生活情報

老人極楽クラブ (PART 1)



 


老人極楽クラブ (PART 1)


 



(gokuraku02.jpg)



(ireba03.jpg)



(laugh16.gif)




(ohta03.png)


デンマンさん。。。、どういうわけで“老人極楽クラブ”というタイトルでオイラを呼び出したのですかァ~?



(kato3.gif)


あのさァ~、たまにはオマエが幸せな気分になるような話をしようと思ったわけぇ~。。。


いつもオイラを馬鹿にしているデンマンさんらしくない奇特な企画ですねぇ~。。。 うへへへへへへ。。。


オマエもうれしいだろう?


デンマンさん!。。。 そのような高い目線でオイラを見下さないでくださいよう。。。 これでもオイラは早稲田の理工学部の数学科を優秀な成績で卒業したのです。。。 もし、ノーベル賞に数学部門があったら、オイラはとっくの昔にノーベル賞を受賞していたのですよ。。。


あのさァ~、この記事を読んでいるネット市民の皆様が呆れるような事を言うなよ! んもおおおォ~。。。! だから、オマエはネット市民の皆様にも馬鹿にされ、可哀相な孤独な男だと思われて見下されているのだよ!


マジで。。。?


当たり前だろう! オマエはとにかく自尊心と自惚れ(ウヌボレ)だけは、誰よりも肥大しているのだよ!


その証拠でもあるのですか?


あるのだよ。。。 よせばいいのに、オマエは馬鹿だから、ネットで次のように公開しているのだよ!



言葉 - この世話がやける手段


F. M. 様



ご無沙汰をしております。お元気でご活躍かと思われますが、その後、F. M. さんは如何お過ごしですか。
引退は、まだ遠いことなのでしょうか。F. M. さんの近況を知らせて頂けませんか。


…(中略)…


以前に、F. M. さんから、私は読者に親切でないから、と書かれてきたのですが、他の人からも指摘されたことに外来語をカタカナで書かないこともあったのでしょう
(私も一方では、ドストエフスキーについて書くときに限って、ロシア文字を書けないので、カタカナを使わざるを得ない、という不徹底さがあり、残念に思っていますが、しかし、日本で働いていたときでも、外来語がラテン文字である限りは、alphabetを混えて技術書を書いておりました。別に誰からもひんしゅくをかいませんでしたが、皆が呆れて諦めていたのでしょう)。


日本では、何故か、英語では、二重母音を長母音(例を挙げればきりがないのですが、informationをインフォメーション)などの理解できない慣例が多く、ドイツ語では母音が続かないときの子音は無声音であるはずなのに(例として、Burgmuelerをブルグミューラア、また、この例では最後のアは不要でしょう)、などの妙な慣習(更なる例として、Schweizerをシュワイツァー、ドイツ語でのwは英語やフランス語のvの発音)が観られますね。
漢字、平仮名、カタカナ、アラビア数字混じりの現代の日本文で、何ゆえalphabetだけが忌避されるのか疑問に思いませんか。
また、Los Angelesをロスなどといって粋がっている輩もおりますが、Losというスペイン語起源の単語は、英語で言うならばtheにすぎなく(但し、男性複数名詞用の定冠詞)、Los Angelesとは、もともとがThe Angelsの意味であるぐらいのことは、alphabetを使っていたならば、そして、最低限の想像力があるならば、推測できてしかるべきことではないでしょうか。
また、ロスアン…ではなく、ロサン…であるべきということにも敏感にならざるをえないですね。
当方での日本人を見ていても、そうした疑問を抱いております。日頃、言葉そのものについて無神経であるから外国語の習得にも苦労するのですね。
そういえば、F. M. さんのsiteを読んでいたとき、W.A. Mozartの<<Requiem>>を「モツレク」などと言語不明瞭意味不明瞭に略すのを批判しておられましたが、日本では、それに限らず、品の無い造語が氾濫しているではないですか。
こうした若輩に迎合するから、新仮名使い当用漢字の夏目漱石や谷崎源氏などの、低きに合わせた日本文化に堕落しつつある、と思われませんか。
私は、親切ではありたいのですが、迎合はしたくないので私の著作を出版できなかったということで、それでは出版を諦めよう、という心境でした。


此処で、今、また、F. M. さんが、私たちの学生時代に、太田君の妥協は妥協のうちに入らないよ、と言っていたことを思い出しております。
もっと重要なことは、これは日本人には限らないのですが、しかし、とりわけ日本人は、自分が曖昧に考えていたことを誰かが適切に表現し、書いてくれたことに同感、共感、評価するに留まることが多いですね。
彼我の違いを悦ばない、余所者を受け付けない、誰々の論理は理解できる、ではなくて、誰々の気持ちは分るわぁ、といった類です。
それが故に、言葉に於いても彼我の差には敏感になれなく、それどころか自分の母国語ででさえ曖昧になり、更に、思考能力の低下をもたらしているのではないでしょうか。
また、そこでは、自分が賛成するかしないかはさておいての他者の論理の自立、論理の終始一貫性なんぞは等閑に附される傾向が無いでしょうか。
それは理屈だよ、理屈に過ぎない、などと言う人は、生涯なんらの自らの論理体系も形成せずに終るのではないでしょうか。
それでは、ドストエフスキーの小説の登場人物(例えば、<<カラマーゾフの兄弟>>のイワンなど)の思い、自分は、ぎりぎりのところ、こうとしか考えられないけれど、それでは自他が辛すぎる。


むしろ自分が間違っていたらならばよいのだが、のような煩悶、苦悩、願望の弁証法の片鱗も理解できないでしょう。
私は、傲慢な私に戻ったようです。しかし、日本人の謙遜、謙譲のgestureというものは、多くの場合、何のこと無い、自己保身にすぎないのではないでしょうか
(それは、当方の世間、世界では通じない甘えですので、二、三を除いては、こちらの日本人との付き合いは無くなってきました)。
私は、何もかも此方の方がよいとしているわけではありませんが、傲慢になったついでに書きますと、私は、私が書き続けた著作には、高い水準で、日本では、いや世界では始めての見解が此処彼処に読みとれられる、と自負しているのですが、反面、読み手から反応が少ないのは私が浅学で夜郎自大だからかなのだろうか、と小心な私は一方で首を傾げておりますが、如何でしょうか。




赤字はデンマンが強調)
108-109ページ
『書簡集』より


『増長慢』にも掲載
(2017年7月10日)




オマエは、こうして「私(太田将宏)が書き続けた著作には、高い水準で、日本では、いや世界では始めての見解が此処彼処に読みとれられる」と言うような、オマエを哀れむのを通り越して、読む人が恥ずかしくなるような事を ぬけぬけと主張しているのだよ!



分かりました。。。 それで、どういうわけで急に“老人極楽クラブ”を持ち出したのですか?


あのさァ~、バンクーバー市立図書館で借りていた本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのだよ。。。




(shizuko02.jpg)


 


70歳になる私は、毎日が恐怖である。
物忘れの加速が尋常ではない。
何かをするために、立ち上がり、立ち上がった時に、何をするのか忘れている。
そして、ただ呆然と立っている。


呆け始めの母と同じになってしまった。
母は非常に度々、呆然と立っていた。
母が呆然と立っている姿は、周りに5センチぐらいのもやがとりまいている様だった。


私も同じもやにつつまれているにちがいない。
今、私は年相応の物忘れか、母と同じ痴呆症なのか、区別がつかない。
区別がついてどうだと云うのか。 (略)


私も死ぬ。
生まれて来ない子供は居るが、死なない人は居ない。
夜寝るとき、電気を消すと毎晩母さんが小さな子供を3人ぐらい連れて、私の足元に現れる。


夏大島をすかして見る様に茶色いすける様なもやの中に母さんと小さな子供が立っている。
静かで懐かしい思いがする。


静かで、懐かしいそちら側に、私も行く。
ありがとう。
すぐに行くからね。


 


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




237-238ページ 『シズコさん』
著者: 佐野洋子
2008年7月20日 第8刷発行
発行所: 株式会社 新潮社



つまり、デンマンさんも静かで、懐かしいそちら側に、私も行く。 ありがとう。 すぐに行くからねと言う所に共感したのですか? デンマンさんも、ついに死期が近づいてきたのですねぇ~。。。 うへへへへへへ。。。



あのさァ~、僕はオマエが共感するのじゃないか!?。。。 そう思ったから上の小文を引用したのだよ! オマエは自分が書いたことを忘れてしまったのォ~?


ん。。。? オイラが何を忘れているとデンマンさんは言うのですか?


今朝、ロブソンストリートをバンクーバー図書館に向かって歩いていたら、カード屋さんのショーウィンドウに次のカードが飾ってあった。



(drinking9.jpg)



オマエのことを考えたら、むしろ Drinking よりも Aging にした方が笑えると思ったのだよ。。。



 



(ireba03.jpg)


 


Aging can cause


memory loss...


 


or even worse ...


er... er ...


memory loss.


 




英語が苦手なオマエでも、この程度のジョークはわかるよねぇ~。。。?! (モナリザの微笑)



。。。で、オイラが何を忘れている、とデンマンさんは言うのですか?


オマエは次のように書いていたじゃないかァ!




私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。


長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。


私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。


その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。


Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。


私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。


ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。


しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。


S.D.G


コーダ(蛇足):


私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。




【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。


S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者


S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。


F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家




56-57ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月


『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)



デンマンさん! いったい何度この手記を引用すれば気が済むのですかァ~?



あれっ。。。 オマエは覚えてるのォ~?


覚えてますよう! これまでに上の手記をデンマンさんは何度も何度も記事の中で引用したのですよ!


でも。。。、でも。。。、オマエは思い出さなかったじゃないかァ!


まさかァ。。。、まさかァ~。。。、上の手記のことをデンマンさんが考えているとは想像がつかなかっただけです。。。 決して忘れていたわけではありません!


とにかく、オマエの長女は、私(太田将宏)から去った。 次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。 家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなるわけで、結局 オマエは孤独の中で感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこうというわけだよ。。。 そうだろう!?


それで、デンマンさんが“老人極楽クラブ”の会長になって、オイラを温かく迎えてくれるというわけですかァ~?


何で僕が“老人極楽クラブ”の会長にならなければならないのォ~?


だってぇ~、デンマンさんは もうすぐに70歳になるじゃありませんかァ!


あのさァ~、オマエは80歳になるので、他の誰もが70歳になるように見えるのだろうけれど、それはオマエの脳力と視力が老化したためだよ。。。 僕は まだ壮年期の真っ最中なんだよゥ!


ウソだァ~♪~い~。。。!


そのように疑り深くなるのもオマエの脳力と視力が老化したためだよ。。。


。。。で、だれが“老人極楽クラブ”の会長になるのですか?


あのオノ・ヨーコさんに会長になってもらおうと考えているのだよ!




(onoyoko.jpg)


70歳になったときは、とても嬉しかった。
よくぞ70歳まで生きながらえたと思いました。


 (中略)


不運か幸運か私の人生には、激しい出来事ばかりが起こったので年齢のことを考えている余裕がありませんでした。
ですから、60歳になったときも、
「あなたも60歳ですね」
などと人から言われても、
「あれ、そお?」
なんて、ぐあいでした。


ところが、70歳を迎えたときはまったく違う感触でした。
ここまで生きながらえたことに対して誇りみたいなものを感じたのです。


 (中略)


自分がやりたい仕事がまだたくさんあります。
「あと50年ちょ~だい」
と言いたい。


自分というものをもっと生きてみたい。
今は私の人生のプロセスだと思っています。
私にとって人生はまだまだ未知数なのです。


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




51-54ページ 『今あなたに知ってもらいたいこと』
著者: オノ・ヨーコ
2010年1月15日 第2刷発行
発行所: 株式会社幻冬舎



この文章を読んだときに僕はオノ・ヨーコさんが哀れで愚かで孤独で可哀想な とっくに70歳を過ぎた太田将宏老人のような人物を励ますために書いたのではないかと思ったわけだよ。



デンマンさんは、マジでそう思ってくれたのですか?


そうだよ! だから、少しは反省して、これからは まともなコメントを書いて欲しい。



(foolw.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
# by denman705 | 2017-09-30 03:08 | 太田将宏批判

老人極楽クラブ (PART 2)



 


老人極楽クラブ (PART 2)



【レンゲの独り言】



(manila07.gif)


ですってぇ~。。。


これまでに、デンマンさんは太田さんのことで いろいろと記事を書いていますから、


太田さんとしても次のサイトだけは残しておきたいのかもしれませんわァ。。。



(kogiroku9.png)


『実際の抗議録』


 


すると、デンマンさんも上の抗議録を読んで ムキになって反論しています。


『嘘を書く日記』


 


太田さんはこれに対しては反論ができないのか、それ以降 無言で通しています。


でも、そのうち忘れた頃にまたコメントを書き込むかもしれません。。。


あなたは、どう思いますか?


とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。


太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。


中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。


また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。


スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、


相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って


読者に登録してしまったりするものですわァ。


どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。


悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと


てぐすね引いて待っているのですから。。。


悪徳サイトを利用して、


メールアドレスで登録したりすると、


あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。


あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには


騙されないと思い込んでいるでしょう?


でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。


とにかく気をつけてくださいね。


次回も、さらに面白い話題が続きます。


あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。


では。。。



(hand.gif)


あなたが絶対、


見たいと思っていた


面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』


■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』


軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』



(yuri02.jpg)


■ 『相変わらず馬鹿か?』


■ 『馬鹿やめたのね?』


■ 『馬鹿やめて久しぶり』


■ 『馬鹿やって人気?』


■ 『悪事千里を走る』


■ 『悪縁を断つ』


■ 『失意の太田将宏』



(hooker08.gif)


■ 『悪縁を切れ!』


■ 『心の平穏』


■ 『レモンと孤独な老人』


■ 『乙女の祈りと老人』


■ 『ピアノとお座敷老人』


■ 『孤独で寂しい太田将宏』



(yuri03.jpg)


■ 『クラシックを愛すれど』


■ 『女性を愛せない老人ボケ』


■ 『ボダとキレた老人』


■ 『母という病』


■ 『日本人は嘘つき』



(satomi02.jpg)


■ 『マジでピッタリ!』


■ 『成りすまし老人』


■ 『バカな大人にならない』


■ 『成りすまし老人の告白』


■ 『だまそうとする老人』


■ 『バカの壁の増設』


■ 『ウソの雪ダルマ』


■ 『知らずの自分史』


■ 『新渡戸稲造と太田将宏』


■ 『ショーペンハウエルと太田将宏』


■ 『ホーキング博士と太田将宏』


■ 『加藤清正と太田将宏』


■ 『老人の性と太田将宏』


■ 『ノブレス・オブリージュと太田将宏』


■ 『世渡りの道と太田将宏』


■ 『フェアプレーと太田将宏』


■ 『ネット恋愛と太田将宏』


■ 『日本語と太田将宏』


■ 『坊主の袈裟と太田将宏』



(hokusai08.jpg)


■ 『葛飾北斎と太田将宏』


■ 『女の性的飢餓感』


■ 『敵に塩を送る』


■ 『虚構とウソ』


■ 『手紙と絶交』


■ 『短気は損気』


■ 『不思議な日本語』


■ 『乙女の祈りだわ』


■ 『自作自演じゃないよ』


■ 『マリリンdeアイドル』


■ 『マリリンに誘われて』


■ 『かい人21面相事件』


■ 『悪名と名声』


■ 『嘘を書く日記』


■ 『増長慢』


■ 『自然に耳を傾ける』



(juneswim.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
# by denman705 | 2017-09-30 03:07 | 太田将宏批判