デンマンが日々思ったこと考えたこと感じた事を書きます。


by denman705

カテゴリ:即興の詩・愛のコラボ( 55 )

萌える愛長歌 (PART 1)


 


萌える愛長歌 (PART 1)


 





(lilies9.jpg+bond010.gif)



永久 (とわ)


 



(ajiro5.jpg)


 


去り際に


言葉なければ


その香り


わが身に残し


永久と願わん


 


by めれんげ内親王 (merange)


2008.04.02 Wednesday 18:12





めれんげ内親王の歌を受けて


伝万大納言が答えて詠める短歌一首。


 


妹の香


 



(seisho05.gif)


 


去りがたく


言葉なけれど


妹(いも)の香(か)を


心のうちに


永久(とわ)にとどめむ


 


by 伝万大納言 (デンマン)


2008/04/04 1:37 PM




萌える長歌


 



(beauty5.gif)


 


めれちゃんが


不正にめげず


頑張って


いつものように


歌を詠み


いつに変わらず


学習し


さらに良い歌


つくりつつ


コメント受けて


反省し


チャイナドレスで


写真撮り


伝万の心


喜ばせ


ネット市民も


喜ばす


嗚呼、かわゆいな


めれちゃんは


いついつまでも


このままに


歌を詠みつつ


写真撮り


更なる努力


続けてる


いついつまでも


いつまでも


麻呂はいつでも


妹(いも)のこと


じっと見ている


カナダから


浪速の空の


春めいて


妹(いも)はますます


美しく


心静かに


身は清く


内親王の


めれちゃんは


更なる努力


続けます


 



(wildrose.jpg)


 


嗚呼、めれちゃんや


めれちゃんや


麻呂の心は


萌えている


この萌え萌えの


恋心


熱き血潮も


くみとって


妹(いも)はゆくゆく


とこしえに


めちゃ、うるわしく


ちょう、愛らしく




【デンマン注】



(foolw.gif)


うしししし。。。


現代版長歌(ちょうか)を


作ってみましたよゥ。


長歌とは、


めれちゃんは知っている


と思うけれど、


ミーハーのために、


うへへへへ。。。


「五・七」の音を


交互にくり返したあと、


最後を「五・七・七」の音で


終わらせるという、


和歌の一種で~♪~す。


ふつうは、そのあとに


反歌と呼ばれる短い歌が


つけられることが多いのですが、


ボクちゃんは


省きましたよう!


\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。




『即興の詩 永久』のコメント欄より
  (2008年4月2日)




デンマン注:


めれちゃんが会費を滞納したために
『即興の詩』サイトは閉鎖されました!


(cdress23.gif)




(manila05b.jpg)


デンマンさん。。。今日もふざけていますわねぇ~?



(kato3.gif)


やだなあああぁ~。。。ふざけていませんよう。 かなりマジですよう。 僕の短歌を読んでくださいよう。ふざけていたら、このような短歌は詠めるもんじゃないですよう。


短歌はいいとしても、長歌はかな~りふざけてますわァ。


それは、たまにはちょっぴりユーモアを込めて書かないと、こういう昔の歌は面白くないのですよ。


でも、どうして急に長歌を書く気になったのですか?


うん、うん、うん。。。良い事を聞いてくれましたよ。 実は“短歌”は誰もが知っていると思うのですよ。 でもねぇ“短い歌”があると言うことは、当然“長い歌”もあると言うことですよねぇ。 つまり、「長歌」ですよう。


。。。ええ。。。言われてみれば確かに、そう言う事になるでしょうね。


“ながうた”と言うのは、結構耳にするのですよ。 でも、これは「長唄」と書くのですよ。 レンゲさんも知っているでしょう?


ええ、三味線音楽の唄い物の代表的なものですよね。


そうですよ。 実は、「長歌」と書いて“ちょうか”と読むのが“短歌”の、いわば反対語で「長い歌」なのですよ。


デンマンさんは知っていました?


もちろん、知っていましたよ。 なぜなら、僕は以前、山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ長歌を記事の中で書いたことがあるのですよ。 模範的な長歌なので、ここに書き出しますよ。





(sunwind2.gif)


&nbs;


山上憶良の「貧窮問答歌」


 


風まじり 雨降る夜の 雨まじり 雪降る夜は 術もなく 
寒くしあれば 堅塩を 
取りつづしろひ 糟湯酒 
うちすすろひて しはぶかひ 鼻びしびしに しかとあらぬ 
ひげかきなでて 吾をおきて 人は在らじと 誇ろへど 
寒くしあれば 麻ぶすま 引き被り 
布肩衣(ぬのかたぎぬ) 有りのことごと 着そへども 
寒き夜すらを 吾よりも 
貧しき人の 父母は 餓え寒からむ 
妻子(めご)どもは 乞ひて泣くらむ この時は 
いかにしつつか 汝が世は渡る


天地(あめつち)は 広しといへど 
吾がためは 狭くやなりぬる 
日月(にちげつ)は 明しといへど 吾がためは 
照りや給はぬ 人皆か 
吾のみや然る わくらばに 人とはあるを 
人並みに 吾も作れるを 
綿も無き 布肩衣の 海松(みる)のごと 
わわけさがれる かかふのみ 肩に打ち懸け 伏いほの 
曲いほの内に 直土に 藁解き敷きて 
父母は 枕の方に 妻子どもは 足の方に 囲み居て 
憂へさまよひ かまどには 火気ふき立てず 
こしきには 蜘蛛の巣かきて 飯炊く事も忘れて 
鵺鳥の のどよひをるに 
いとのきて 短きものを 端きるといへるがごとく 楚取る 
里長が声は 寝屋處(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ 
かくばかり 術無きものか 世の中の道


(反歌) 


世の中を憂しとやさしと思へども 
飛び立ちかねつ鳥にしあらねば


風交じりで雨が降っていると思えば、雨がだんだん雪になってしまったなあぁ~
寒くてどうにもならんよ。塩でもなめながら、糟湯酒をすすることにするかな。
ああもう、くしゃみは出るわ鼻水は出るわ。
それでも、ヒゲをなぜながら、「この世にはワシはワシ一人しかおらん!」と誇らしく思うけれど
寒さに変わりはありゃせんわ。頭から麻布団かぶって、
ありったけの着物かきあつめて着ても、
それでも寒いなぁ~ ワシより貧しい人の、とおちゃんやかあちゃんは、腹空かして寒がっているだろうなあ。
女房子供は、ハラ減って泣いているだろうなぁ~
そういう時、あなたなら、どうします?この厳しい世間で生活するって、大変ですよね。


世間は広いと言うけれど、
ワシには狭いんだよねぇ~。どこにも逃げ場がないんだよ。
お天道さんもお月さんも明るいと言うけれど、ワシは、
いっこうに陽の目を見てないよ。
皆、一緒かなぁ。ワシだけかなぁ~。 人並みに生まれてきたはずなのに。
綿も入ってない着物、ワカメみたいに
びらびらになってるのを、カッコだけ肩にひっかけて、着てはみるのだけれど。
ボロ屋の土の上に直(じか)に藁(わら)をばらまいて、
オヤジとお袋は枕の方に、女房子供は足の方で、ワシを囲んで
泣き暮らすみたいに寝ているのですよ。かまどに火の気もないし、
お釜には蜘蛛の巣張って、それというのも、米炊くのも忘れるほど何もないんですよ。
鵺という鳥が、獲物をさらう時には、
弱いヤツを選んでさっとはさんでくっちゅうけれど、
ワシらもおなじ弱い者や。おおおお~、またかぁ~、里長が怒鳴りこんで来たよ。
まだ税金を取り立てるつもりなのか?ひどすぎる!厳しい世の中だなあ~。


(反歌) 


世渡りはいつの時代でも大変なんだよね。
でも、鳥ではないんだから、飛び立って蒸発するわけにもゆかないし、
現実逃避は、やっぱ、ダメだよねぇ~。




『万葉集の謎と山上憶良 (2006年7月1日)』より



この長歌は、有名も有名!。。。、知る人ぞ知る超有名な長歌ですよう。



つまり、知らない人は知らないのですわね。 うふふふふ。。。


うへへへへ。。。当然の事を言ったまでですよう。


それで、デンマンさんは、なぜ「長歌」を持ち出したのですか?


和歌と言えば、たいていの人が平安時代の短歌を思い浮かべると思うのですよ。レンゲさんはどうですか?


そうですわね。小野小町が詠んだ短歌などを思い浮かべますわ。


そうでしょう?どうして、長歌でなくて短歌なのですか?


圧倒的に短歌が多いからですわ。


その通りですよ。だから、和歌と言えば短歌だと思っている人もかなり居ると思うのですよ。でも、長歌も和歌の一種なのですよ。


。。。で、どうして短歌は現在でも詠む人が居るのに、長歌はどうして廃(すた)れてしまったのですか?


実は、その事が書きたかったのですよ。


デンマンさんは廃れた理由をご存知なのですか?


いや、はっきりとした理由は分かりません。ただ、ネットで調べていたら次のような説明に出くわしたのですよ。



「長歌」が衰えてしまった理由



(chouka01.jpg)


 


「長歌」は、もともと、古代の「氏族」という共同体が、昔から引き継いできた「伝承」という意味がありました。
つまり、その「氏族」が代々もっていた、「伝説」という意味がありました。
ですが、日本が大和朝廷によって統一されると、次のようなことがおこりました。
それは、「氏族」を共同体とした考えかたから、大和朝廷を共同体とする考えかたに移りかわる、ということです。


そのため、もともとあった「氏族」という共同体が消えてなくなっていくという歴史をたどっていきます。
そしてそれは同時に、「長歌」という形式の歌謡が必要なくなったことになります。




『長歌』より



上の説明にデンマンさんは納得がゆかないのですか?



この説明には僕は全く同意できなかったのですよ。


どうしてですか?


柿本人麻呂という、これも知る人ぞ知る超有名な万葉歌人が居ますよね。レンゲさんだって知っているでしょう?


ええ、名前はよく耳にしますわ。


この柿本人麻呂が万葉集の中にたくさんの長歌を残しているのですよ。でも、僕が読む限り人麻呂が詠んだ長歌は、どれも氏族の伝承とは全く関係ないのですよ。


つまり、氏族の伝承とは関係ない長歌が万葉集の中にはたくさん収められている、とデンマンさんはおっしゃるのですか?


その通りですよ。だから、上の説明では、人麻呂よりも後に生まれた歌人がどうして長歌を詠まなくなったのかの説明になっていないのですよ。


それで、デンマンさんはその理由を突き止めたのですか?


上の説明を詠んで納得できなかったので僕は考えてみたのですよ。


それで。。。?


「長歌」の歴史を調べてみたのですよ。


分かりましたか?


いつものように、まずウィキペディアで調べてみましたよ。次のような事が書いてありました。



長歌の歴史



(chouka02.jpg)


 


長歌の始まりは古代の歌謡にある。
歌謡(かよう)とは、音楽性を伴う韻文形式の作品のことをいう。
歌詞をその音楽と分けずに言及する言葉であり、朗読する詩歌に対して歌う詩歌を指す言葉である。
民間で歌謡は多く文字として記録されない口頭文学として常に存在した。


長歌は「日本書紀」や「古事記」の中にに多くみられ、五音と七音の句を3回以上繰り返した形式のものが多かった。
それが次第に五・七音の最後に七音を加えて結ぶ形式に定型化していった。


「万葉集」の時代になると、長歌の後にそれを要約する形で、短歌形式(五七五七七)の反歌を付け加えることが多くなった。


平安時代に入り、古今和歌集が編纂される頃になると、和歌といえば短歌のことをさすようになり、長歌は衰退した。


ところが江戸時代になると、国学において万葉集研究が重きをなしたことにともない、再び詠まれるようになった。


太平洋戦争の終戦後に、窪田空穂がシベリアに抑留された次男の死を悼んで詠んだ、長歌史上最長の長歌「捕虜の死」は名高い。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



それで、この長歌の歴史を読んで、デンマンさんは長歌が廃れた理由が分かったのですか?



長歌が廃れた原因を断定できないけれど推定する事は簡単ですよ。


その廃れた原因とは。。。?


つまり、人間は、ものぐさだと言うことですよ。うへへへへ。。。


そう言う事は上の説明の中に書いてありませんけれど。。。


あのねぇ、手紙で「前略」と書くことがありますよね。最近では、前略と書く人は少なくなったかもしれないけれど。。。


それが、長歌と関係あるのですか?


そうですよ。いわば前略によって省かれた挨拶だとか、前書きが「長歌」に当たる訳ですよ。上の説明の中で次のように書いてありますよ。



「万葉集」の時代になると、長歌の後にそれを要約する形で、


短歌形式(五七五七七)の反歌を付け加えることが多くなった。


つまり、長歌を書くのは時間もかかるし、手間もかかるのですよ。読む人だって長い長歌を読まされると、一体何が言いたいのか読み終わってから分からなくなる。それで、要約するために反歌として短歌を書くようになった。


それで。。。?


それならば、長歌など書かずに、初めから要点だけを書いた短歌を書けばいいじゃないか?!そう思う人が出てきたのですよ。それは、当然でしょうね!?長い長歌を書いた後で、要約した短歌を書くということは、同じ事を2度書くようなものですよ。


つまり、万葉集の初期の時代は暇人が多かったのですわね。うふふふ。。。


いつの時代にも、「前の時代はのんびりとして、時間をもてあましていた人が多かったのだろうなあああぁ~。今の時代は、全く忙しくなたものだよ」と考える人が居るのですよ。


そうでしょうか?


万葉集の後期になると、時代が忙しくなったと感じる人が出てくる。それで、長たらしい長歌を書くのを止めて、要点だけを書く短歌が重宝されるようになったのですよ。つまり、人間は本来ものぐさな動物なのですよ。それで電気洗濯機や、電気掃除機を考えるようになったのですよ。なるべく便利に時間がかからないようにとね。。。


短歌もそのようにして発明されたのですか?


僕はこれまでの人類の歴史を考えれば、それが当然の事だと思いますよ。うへへへへ。。。


それなのに、どうしてデンマンさんは「長歌」などと言う歴史の遺物みたいなものを真似て書いたのですか?


その理由も、上の“長歌の歴史”を読むと推測する事ができますよ。次のように書いてあります。



ところが江戸時代になると、国学において


万葉集研究が重きをなしたことにともない、


再び詠まれるようになった。


 


“歴史は繰り返す”


 


レンゲさんも、この名言を聞いたことがあるでしょう?


ありますわ。


つまりね、短歌だけを読むと、詠み人が何を言いたいのか分からない歌もたくさんあるのですよ。


そうでしょうか?


そうなのですよ。分かり易いように、僕が具体例を示しますよ。次の持統天皇の歌を読んでみてくださいよ。




(kaguyama2.jpg)


 


春すぎて 夏来たるらし 白妙(しろたえ)の


 衣(ころも)ほしたり 天(あめ)の香具山



これを文字通りに解釈したら全く平凡で、つまらない歌ですよ。“もうすぐ夏になるのだなあああぁ~、香具山のふもとで農民が白妙を干しているから。。。” 初めてこの歌を読んだ時、僕はこの歌の素晴しさが全く分かりませんでしたよ。一体、何のために大伴家持(おおともやかもち)は、この歌を『万葉集』に載せたのか?



つまらない短歌なのに、編者の大伴家持は、なぜ持統天皇の歌を『万葉集』に載せたのですか?


だから、僕も不思議に思ったのですよ。つまらない歌をわざわざ『万葉集』に載せる訳がないだろう!僕だって、そう思いましたよ。


それで、大伴家持が持統天皇の上の歌を選んだ理由がデンマンさんには分かったのですか?


だから、僕はずいぶんと調べまくったのですよ。


でも、デンマンさんはブログの記事を書くので忙しいのでしょう?


そうですよ。でもねぇ、これは人類の謎だと思って僕は7世紀の謎々を解くようなつもりで、マジで熱中して調べたのですよ。


それで、分かりました?


分かりましたよ。僕は上の短歌を次のように解釈したのですよ。



春が過ぎて夏が来たようだ。


天の香具山に美しく真っ白な衣が干してあるなあぁ~


でも、私の心はあの山の裏にある


磐余(いわれ)の池を見ているのです。


 



(iware01.jpg)


 


大津皇子が自害する前に池の端で


辞世の歌を読んだという。


自害の後で、皇子の妻であり、


私の腹違いの妹でもある山辺皇女が


髪を振り乱し、裸足で駆けて行き、共に殉死したという。


痛ましいには違いない。


しかし私は、ああせねばならなかったのです。


怨霊になって私を憎んでいるのかもしれないけれど、


私には他にとるべき道はなかったのです。


どうか、心安らかに眠っていて欲しい。



この説明を僕は「長歌」で書いてないけれど、この説明を五・七調で書けば「長歌」になるのですよ。



つまり、長歌の部分を省いて持統天皇は短歌の部分だけを書いたと。。。?デンマンさんは、そう思うのですか?


そうですよ。上の歌を持統天皇は藤原京の宮殿から香具山を見て詠んだのです。


 



(fujiwara3.gif)


 



この地図で見れば分かるように、香具山の裏に磐余(いわれ)の池があるんですよね。この池の端で大津皇子は辞世の句を詠んだのです。現在では、ほとんどの歴史家が大津皇子は持統天皇の陰謀によって死なされたと見ています。



デンマンさんもそう考えているのですか?


そうですよ。つまり、持統天皇は結果として自分と血のつながりがある甥の大津皇子と腹違いの妹を死に追いやったわけですよ。この当時は怨霊ということがマジで信じられていた。


それほど怨霊は恐れられていたのですか?


そうですよ。“怨霊の崇り”ということが現在で言えば“テポドンで攻撃を受ける”程度に怖いこととして考えられていたのですよ。持統天皇だって、テポドンを宮殿に打ち込まれたくないので怨霊を鎮魂するために上の歌を詠んだ。それが僕の解釈ですよ。


なるほど。。。


僕の知る限り、このような解釈をする人をこれまでに見た事がありません。とにかく、証拠がないんですよ!


全く証拠が無いのですか?


しかし、状況証拠を寄せ集めれば、このような解釈しか僕にはできないのですよ。関心のある人は、なぜ僕がこのように解釈したのか?を理解するために、ぜひ次の2つの記事を読んでくださいね。


 



(genjiero5.jpg)


■ 【いにしえの愛を求めて。。。】


『万葉集の中の持統天皇のあの有名な天香具山の歌は、
大津皇子の怨霊を鎮魂するために詠われたのでしょうか?』


 


■ 【いにしえの愛を見つめて。。。】


不破内親王(安倍内親王とは異母姉妹)は悪霊扱いされています。
果たして悪霊にあたいするのでしょうか?』


 



つまり、短歌だけでは詠み人が何を言おうとしているのか分からない、と江戸時代の国学者たちが考えて、改めて長歌が見直された、とデンマンさんはおっしゃるのですか?



そうですよ。このような事がしばしば起こるので次のような名言が生まれたのですよ。


 


“歴史は繰り返す”


 


そうでしょうか?


つまり、人間と言うのはものぐさで気まぐれな動物なのですよ。うへへへへ。。。


それで、デンマンさんは、ものぐさして、気まぐれで上の長歌を書いたのですか?


僕はものぐさしたわけじゃないけれど、いつもいつも同じような記事を書くのは退屈するのですよね。それで、たまには長歌でも書いたら面白いだろうなあああぁ~、そう思って書き始めたのですよ。うししし。。。


(初出: 『萌える長歌』 2008年4月5日)



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2018-04-22 03:29 | 即興の詩・愛のコラボ

萌える愛長歌 (PART 2)


 


萌える愛長歌 (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


あなたは、どう思いますか?


古いお話なので面白くないのですかァ~。。。


分かりましたわァ。


じゃあ、気分直しに、あなたに面白いお話をお届けします。


ええっ。。。 どんな面白い話かってぇ~?


実は、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ているのでござ~ますわよう。


ええっ。。。 信じられないと言うのでござ~ますかァ?


じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。



(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』


「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。


つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。


うふふふふふふ。。。


あなたも、ビックリするでしょう?


ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。



(buttdimp5.jpg)


どうでござ~ますかァ?


ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?


どうしてよう?


ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?


あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、


最後には上のようなおヌードになるのですわよう。


信じてくださいましなァ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、


かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。


でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。


そのために、サイトを削除されてしまったのです。


それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


めれんげさんの『即興の詩』サイト


再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。



(gog30703.gif)


『現時点での検索結果』


現在、めれんげさんは お休みしています。


でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。


かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。



(gog30928a.png)


また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。


ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。


その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。


次のリンクをクリックして読んでみてください。



(seo001.png)


『おばさんの下着に見るSEO』


話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。


あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?


ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?


そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。


気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。



(dog202.jpg)


『ワンワンちゃん』


とにかく、次回も興味深い話題が続きます。


あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。


では、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger49.gif)



■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(rengfire.jpg)


『SM家畜女』


『めれちゃんと倉持由香』


『肥後ずいきdeビックリ』


『めれちゃん@画像検索』


『めれちゃん@富士山』


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』



(sayuri201.jpg)


『皆さん、ありがとう』


『メリエスの銀河鉄道』


『今年こそ自殺したい』


『その手に抱かれ』


『愛と性の秘められた物語』


『シビル・セリグマンと横尾真美』


『石川の郎女@ドイツ』


『目覚めぬ夢なの』


『目覚めぬ夢@プエルトリコ』


『家畜人ヤプー 性と愛』


『美尻を探して…』


『ズロースと乱歩』


『平成悲話』



(rengfire.jpg)


『パンツが並んだ』


『禁忌の愛を探して』


『淫らな恋を探して』


『オッパイ@アクセス数』


『熱狂的なファンのぬくもり』


『愛と心の構造探して』


『初めての接吻』


『夫婦de風呂』


『私を見つけたのね』


『や~らしか方言@坊さん』


『エロ文学』


『五重塔で心中』


『綺麗な写真に魅せられて』



(renge62e.jpg)


『双头爱染明王』


『性具@バンコク』


『愛de擬人法』


『ネットde世界』


『細川ガラシャと病める日本』


『愛と性の悦び』



(babdol6.jpg)


『ハレンチ@日本』


『ハレンチde日本』


『永遠の愛を探して』


『永遠の愛よね』


『yapoo家畜便器污』


『電脳海豚』


『死に誘われて』


『愛と心の構造なのね』


『愛の心が広まる』


『いとしき言霊』



(kimo911.jpg)


『カミュを読みたい』


『日本の神話』


『素敵な人』


『吉祥天に恋をして』


『ウィルスアタックだ!』


『めれちゃん、ありがとう!』



(june06.jpg)


こんにちはジューンです。


バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。


1960年7月30日に記録した33.3度を破って


今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。


でも、日本の暑さと比べれば


たいしたことはありませんよね。



Hottest Day Ever Recorded


in Vancouver


Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.



(june08c.jpg)


The city of Vancouver has registered its hottest day on record.


Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.


"A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.," said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.


"The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures."


ところで、今日は8月7日ですけれど、


最高気温は18度でした。


夏というよりも、もう秋という感じです。


わずか1週間しか経っていないのですが


変われば変わるものです。


あなたの地方では、いかがですか?


まだまだ暑さが続いているのでしょう?



(valent1.gif)


話は変わりますが、


デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて


一つにまとめました。


もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、


次のリンクをクリックしてくださいね。


■ 『最近のレンゲ物語 特集』



(wildrose.jpg)


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。



(bikini84b.jpg)



(kissx.gif)



[PR]
by denman705 | 2018-04-22 03:28 | 即興の詩・愛のコラボ

 


めれちゃん、ありがとう! (PART 1)


 



(lily2.jpg)

(stars.gif)


(renge506.gif)


(valent6.gif)






(renge62c.gif)


(renge807.gif)




(merange12.jpg)


デンマンさん。。。 あんさんは、わたしを呼び出しはってぇ 改めて “めれちゃん、ありがとう!” と感謝しやはるのォ~?



(kato3.gif)


めれちゃんとも、長い付き合いやからなァ~。。。 たまには感謝の気持ちを伝えんと あかんと思うたわけやァ~。。。 うへへへへへへ。。。


あんさんにしては、殊勝な心がけですやん。。。 そやけど、その下卑(げび)た笑いを見ると、なんとのう 素直には受け取れしまへんでぇ~。。。 何か魂胆(こんたん)があるのですやろう?


別に、めれちゃんの足をすくおうとする悪巧(わるだく)みがあるのとちゃうねん。。。 ちょっと次のリストを見て欲しい。。。



(liv80409a.png)



『拡大する』


『皆さん、ありがとう』



これはライブドアの わての『徒然ブログ』の4月8日の午前4時16分から9日の午前3時15分までの「生ログ」の一部やねん。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。



あらっ。。。 4月8日の午前7時16分に GOOGLE で検索して『皆さん、ありがとう』を読みはったネット市民がおったのやねぇ~。。。


そういうことやんかァ~。。。 次のめれちゃんの短歌を読んだのやがなァ~。。。



(rengebk2.gif)



(mertitle.png)




 


メロディ


2006.11.23 Thursday 22:15



(melody01.jpg)


 


メロディに


きみと風きり


坂下る


自転車の音


重なりて聴く


 



(bike90.jpg)


 


めれんげ | 短歌 | comments(3) | trackbacks(0) |




思い激しく


2006.11.21 Tuesday 14:42



(renge513.jpg)


 


今よりも


明日の思いの


とめどなく


激しかれとも


憂いて迷う


 


めれんげ | 短歌 | comments(9) | trackbacks(6)




恋待つわが身


2006.11.20 Monday 13:21



(renge514.jpg)


 


月照らす


わが身あるうち


訪ね来て


思い届かば


相恋しかれ


 


めれんげ | 短歌 | comments(970) | trackbacks(3)




きみに恋するは


2006.11.17 Friday 10:33



(yang103.jpg)


 


わが髪は


きみの手を恋い


薫りたつ


心やどりて


時に焦がれし


 


めれんげ | 短歌 | comments(4) | trackbacks(0)




血染めの涙


2006.11.16 Thursday 10:27



(crying2.jpg)


 


赤よりも


なお赤き部屋


風もなく


冷えるを知るは


血染めの涙


 


めれんげ | 短歌 | comments(3) | trackbacks(0)




薄れゆく影


2006.11.15 Wednesday 08:39



(renge515.jpg)


 


薄れゆく


影は日暮れの


風に冷え


思い出せずに


いずこへ帰る


 


めれんげ | 短歌 | comments(9) | trackbacks(0)




恋に染められ


2006.11.14 Tuesday 21:27



(kimo811.jpg)


 


日記書けば


想いは文字に


現るる


ものみな全て


恋に染められ


 



(luvdiary.png)


 


めれんげ | 短歌 | comments(5) | trackbacks(1)




水草


2006.11.06 Monday 16:57



(mizukusa02.jpg)


 


水底に


沈みて見えぬ


わが心


淡き影さえ


水草葬り


 


めれんげ | 短歌 | comments(183) | trackbacks(0)




徒恋と知り


2006.11.06 Monday 11:15



(renge342.jpg)


 


わずらいの


身を嘆けども


憂き人を


謗りて恨み


徒恋失せよ


 


めれんげ | 短歌 | comments(510) | trackbacks(0)




こころは空へ


2006.11.05 Sunday 16:03



(doveluv2.jpg)


 


水色の


こころは空へ


とぶ鳥の


想いとどけよ


明るきうちに


 


めれんげ | 短歌 | comments(3) | trackbacks(5)




旧『即興の詩』より


NOTE:


めれんげさんが会費を滞納したために
削除されてしまいました。




『皆さん、ありがとう』より
(2016年12月30日)



上の短歌を読みはったネット市民を あんさんが突き止めたと 言わはるのねぇ~。。。?



めれちゃん。。。 よう分かるなァ~。。。?


あんさんの考えてることぐらい すぐに分かりますやん。。。


さよかァ~。。。 ちょっと次のリストを見て欲しい。。。



(ip238151b.png)



あらっ。。。 大阪市に住んでおる 浜田奈津香(はまだなつか)さんが読みはったん。。。



そういうことやがなァ~。。。


そやけど、IPアドレスを調べやはっても、プライバシーを保護するために、アクセス者の名前まではゲットできへんようになってるのやでぇ~。。。


そないなことぐらい、わてにも よう分かっておるがなァ~。。。 実は、奈津香さんが わてにメールをよこしてん。。。


なして あんさんにメールをだしはったん?


奈津香さんの本名をここで明かすことはできへんけど、彼女は中学時代のバスケ部の めれちゃんの後輩だと言うねん。。。


マジで。。。?


めれちゃんはバスケで部活をしてたのかァ~?


そうですねん。。。 次の記事の中で あんさんは わたしの日記から 部活のことを引用してましてんでぇ~。。。


 


エロマンガ島


 



(islebook.jpg)



(ken205.jpg) 



(ken204.jpg) 



(rengebk2.gif)





(balloons2.gif)



日記とか



(angrygal.gif)


だれかつっこみいれてー!


新規投稿   過去記事




エロマンガ島


at 2006 05/13 13:51 編集



(ken001.jpg)


みなさん、ご存知ですか?
エロマンガ島を。


オーストラリアの近くだったと思うのですが、
社会の授業中、地図帳で誰かが発見して、
「エロマンガ」
「どこどこ!」
「うわあ!ほんまや!」
・・・と教室じゅうが大騒ぎになりました。


エロマンガって・・・



(playcomic2.jpg)




見果てぬ夢・・・


at 2006 05/13 07:36 編集


イースター島でモアイ像を見たい!
ああ・・・


ダチョウにまたがって走りたい!
ああ・・・


アマゾンの森林を探検したい!
ああ・・・


リオのカーニバルを見に行きたい!
ああ・・・


見果てぬ夢におわるのかしら・・・




夢見るわたし(-_-)zzz


at 2006 05/13 07:22 編集


夢をおぼえている朝って、トクした気分になります。
「ありえねえ!」世界へ行けるからです。


わたしの夢は奇想天外。
リアルな五感があるのです。
手ざわり、におい、音・・・
もちろんオールカラー。


夢の世界でわたしは、インスピレーションをもらってきます。
寝るの大好き!



(galinluv.jpg)




めれんげより緊急告知!感謝です!


at 2006 05/12 22:23 編集


詩のランキングに投票していただいて、
本当にありがとうございます!


順位があがってるから、もうビックリして、
うれしくって感謝いっぱいです!



(stars.gif)


これからも、よろしくお願いいたします!


めれんげ




地獄体育館


at 2006 05/12 21:30 編集


地獄甲子園という映画を見ました。
ああ・・・そのタイトルが思い出させるのは、
部活だあああ!!!


バスケットボール部に入っていたのですが、
地獄。
まさに地獄。
血の汗流しました。
涙はふきませんでした。


子供のころ、病弱だったのですが、
今のわたしを作ってくれたのは、
中学時代の部活。
朝練。終練。練習試合。合宿。夏休みなし。
鬼顧問。鬼先輩。


部活仲間は、まるで迫害されたかのように、
結束が固かった・・・!


体育館が空いていない時は、
廊下で筋トレ。
帰宅部の人たちに、ヘンな目で見られる・・・


高校生と練習試合をさせられる。
むちゃくちゃや。


ああ・・・
根性ついたわあ・・・!



(bukatsu20.gif)




『GOO めれんげの日記』より


NOTE:


GOOの簡単ホームページ・サービスは残念ながら
2007年9月30日で終了しました。




『エロマンガ島』より
 (2015年3月1日)



浜田奈津香(はまだなつか)さんも、このめれちゃんの日記を読んだのやがなァ~。。。



ホンマかいなァ~。。。?


なんでぇ~、わてがウソをつかねばあかんねん? 奈津香さんは、上の日記を読んで、これは間違いなく中学時代の部活の先輩のめれちゃんやと確信したのやがなァ~。。。


そいで、奈津香さんは、あんさんにメールを出しはったん?


そうやァ~! 最近、めれちゃんはブログを更新してへんさかいに、わてにメールアドレスを訊こうと思いはってメールを出したのやがなァ~。。。 明日か、明後日にも 奈津香さんが書きはるメールが めれちゃんに届くはずやでぇ~。。。 それにしても、めれちゃんの後輩は、めれちゃんと同じように猫にハマっておるのやなァ~。。。



(netluv81.jpg)



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2018-04-13 03:11 | 即興の詩・愛のコラボ



 


めれちゃん、ありがとう! (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


あなたは、どう思いますか?


ちょっと話ができすぎてると思いませんかァ~。。。


あたくしは、デンマンさんのお話が信じられませんわァ~。


あなただってぇ~、たぶん白けているでしょう?


。。。で、気分直しに、あなたに面白いお話をお届けします。


ええっ。。。 どんな面白い話かってぇ~?


実は、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ているのでござ~ますわよう。


ええっ。。。 信じられないと言うのでござ~ますかァ?


じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。



(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』


「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。


つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。


うふふふふふふ。。。


あなたも、ビックリするでしょう?


ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。



(buttdimp5.jpg)


どうでござ~ますかァ?


ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?


どうしてよう?


ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?


あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、


最後には上のようなおヌードになるのですわよう。


信じてくださいましなァ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、


かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。


でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。


そのために、サイトを削除されてしまったのです。


それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


めれんげさんの『即興の詩』サイト


再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。



(gog30703.gif)


『現時点での検索結果』


現在、めれんげさんは お休みしています。


でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。


かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。



(gog30928a.png)


また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。


ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。


その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。


次のリンクをクリックして読んでみてください。



(seo001.png)


『おばさんの下着に見るSEO』


話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。


あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?


ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?


そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。


気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。



(dog202.jpg)


『ワンワンちゃん』


とにかく、次回も興味深い話題が続きます。


あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。


では、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger49.gif)



■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(rengfire.jpg)


『SM家畜女』


『めれちゃんと倉持由香』


『肥後ずいきdeビックリ』


『めれちゃん@画像検索』


『めれちゃん@富士山』


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』



(sayuri201.jpg)


『皆さん、ありがとう』


『メリエスの銀河鉄道』


『今年こそ自殺したい』


『その手に抱かれ』


『愛と性の秘められた物語』


『シビル・セリグマンと横尾真美』


『石川の郎女@ドイツ』


『目覚めぬ夢なの』


『目覚めぬ夢@プエルトリコ』


『家畜人ヤプー 性と愛』


『美尻を探して…』


『ズロースと乱歩』


『平成悲話』



(rengfire.jpg)


『パンツが並んだ』


『禁忌の愛を探して』


『淫らな恋を探して』


『オッパイ@アクセス数』


『熱狂的なファンのぬくもり』


『愛と心の構造探して』


『初めての接吻』


『夫婦de風呂』


『私を見つけたのね』


『や~らしか方言@坊さん』


『エロ文学』


『五重塔で心中』


『綺麗な写真に魅せられて』



(renge62e.jpg)


『双头爱染明王』


『性具@バンコク』


『愛de擬人法』


『ネットde世界』


『細川ガラシャと病める日本』


『愛と性の悦び』



(babdol6.jpg)


『ハレンチ@日本』


『ハレンチde日本』


『永遠の愛を探して』


『永遠の愛よね』


『yapoo家畜便器污』


『電脳海豚』


『死に誘われて』


『愛と心の構造なのね』


『愛の心が広まる』


『いとしき言霊』



(kimo911.jpg)


『カミュを読みたい』


『日本の神話』


『素敵な人』


『吉祥天に恋をして』


『ウィルスアタックだ!』



(june06.jpg)


こんにちはジューンです。


バンクーバーでは例年に無い暑さを記録しました。


1960年7月30日に記録した33.3度を破って


今年の7月30日に 33.8度を記録したのです。


でも、日本の暑さと比べれば


たいしたことはありませんよね。



Hottest Day Ever Recorded


in Vancouver


Source: The Canadian Press
Posted: 07/30/09 8:09AM
VANCOUVER, B.C.



(june08c.jpg)


The city of Vancouver has registered its hottest day on record.


Environment Canada says a temperature of 33.8 C was recorded at Vancouver airport on Wednesday, shattering the previous high of 33.3 C that was set in 1960.


"A very strong ridge of high pressure is currently dominating all of B.C.," said Gary Dickinson, a meteorologist with Environment Canada.


"The ridge of high pressure also brought up from the south very warm air, which was responsible for the record-breaking temperatures."


ところで、今日は8月7日ですけれど、


最高気温は18度でした。


夏というよりも、もう秋という感じです。


わずか1週間しか経っていないのですが


変われば変わるものです。


あなたの地方では、いかがですか?


まだまだ暑さが続いているのでしょう?



(valent1.gif)


話は変わりますが、


デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて


一つにまとめました。


もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、


次のリンクをクリックしてくださいね。


■ 『最近のレンゲ物語 特集』



(wildrose.jpg)


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょうね。


じゃあね。



(bikini84b.jpg)



(kissx.gif)



[PR]
by denman705 | 2018-04-13 03:10 | 即興の詩・愛のコラボ

永遠の愛を探して (PART 1)


 


永遠の愛を探して (PART 1)


 





(girl302b.png)




(renge62c.gif)




(renge35.gif)




(renge003.gif)



(luvever03b.jpg+heartx.gif+spacer.png)




(merange12.jpg)


デンマンさん。。。、あんさんは永遠の愛を探してはるのォ~!



(kato3.gif)


ん?。。。 めれちゃんは どないなわけで わてが永遠の愛を探してると 思うのやァ~。。。


そやかて タイトルに そないに書いてますやん。。。


タイトルは わてが書いたのやけど、永遠の愛を探してるのは わてではあらへんでぇ~。。。


それやったら、いったい どなたはんが探してますのォ~?


それを知りたいのやったら、ちょっと次のリストを見て欲しいねん。。。



(liv71209a.png)



『拡大する』


『即興の詩と永遠の愛』



これはライブドアの わての『徒然ブログ』の12月8日の午後9時30分から9日の午前3時34分までの 6時間の「生ログ」のリストやねん。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。。。



あらっ。。。 ライブドアの わたしのブログから あんさんが投稿した『即興の詩と永遠の愛』を読みはったのやねぇ~!


そういうこっちゃがなァ~。。。


。。。で、わたしのブログのどの記事を読みはったん?


次の記事やんかァ~。。。



(mer30701e.png)



『拡大する』


『実際の記事』



あらっ。。。 『極私的詩集の過去と現在』という記事ですやん。。。



そういうこっちゃ。。。 横浜に住んでいる小森田 弥生(こもりだ やよい)さんが読みはってん。。。


また あんさんはIPアドレスを調べやはったん?


そうやァ~。。。



(ip237180b.png)


『拡大する』



。。。で、上の写真の女性が 小森田 弥生(こもりだ やよい)さんやのォ~?



そうやァ~。。。


そやけど、IPアドレスを調べやはっても 個人情報を保護するためにアクセス者の名前まではゲットできへんようになってるねんでぇ~。。。


めれちゃんは、よう知ってるなァ~。。。


そないなことぐらい 常識やん!


さよかァ~。。。 あのなァ~、実は 弥生さんは めれちゃんの『即興の詩』サイトの常連さんなのやでぇ~。。。


どないなわけで あんさんは そないなことまで判りはるのォ~。。。?


あのなァ~、もしも弥生さんが通りがかりの一見(いちげん)さんやったら、本文を読んでそのまま次のブログへ飛んでしまうねん。。。 そやけど、弥生さんは めれちゃんの『即興の詩』サイトの常連さんやさかいに コメントとトラックバックにも目を通したわけやァ~。。。



(girl300c.jpg)



(mer30701e2.png)



『拡大する』


『実際の記事』



。。。で、小森田 弥生(こもりだ やよい)さんは 永遠の愛を見つけやはったん?



そうやァ~。。。 めれちゃんの次の詩を読んで、なるほどォ~、と感銘を受けたのやがなァ~。。。



 


あなたの夢の中の


 


わたしの決意


 




(shizuku02.jpg+rafu011b.jpg)


 


あなたがいなければ、


わたしは存在できないの


わたしは、あなたの夢の住人だから


 


あなたの夢


目が醒めていても続いてる


わたしはあなたとキスをして


ほほ笑み合いながら


おたがいを抱きしめあう


とてもやわらかな安心できる場所


 


あなたは夢を見ているから


本当の世界から逃げている


わたしなんて本当は存在しないのに


 


あなたがこの身体を抱く


わたしがあなたの夢でみだれる


快楽の瞬間が生々しく


この身体をはじけさせて、よじれさせる


それすらもあなたの夢の中のセックス


 


わたしね・・・


 


もう夢の中から出て行くことにしたよ


そして本当の世界にいるはずの


わたし自身を探すことにした


 


だから


あなたも目を覚ましてね


わたしはわたしの世界を生きるから


 


by めれんげ


 


2013年07月11日13:47
【カテゴリ: 詩 別れの詩】




『即興の詩』
『あなたの夢の中のわたしの決意』



これが あんさんの思うている永遠の愛やと言わはるのォ~?



そうやァ~。。。 めれちゃんかてぇ、そう思うやろう。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-12-10 03:51 | 即興の詩・愛のコラボ

永遠の愛を探して (PART 2)




 


永遠の愛を探して (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


あなたにとって 永遠の愛とは どのようなものでござ~ますかァ?



(luvever03b.jpg)



永遠の愛に比べると人生は短いのですわァ~。


昔の人は次のように言ったのでござ~ますゥ。


Art is long, life is short.


ラテン語ですと、 Ars longa, vita brevis. となります。


古代ギリシアのヒポクラテスの格言の英語訳、ラテン語訳ですわ。


日本語では「学芸は長し、生涯は短し」という意味でござ~ます。


ラテン語に訳した文章全文は"Ars longa, vita brevis, occasio praeceps, experimentum periculosum, judicium difficile." と言うのだそうですわ。


“学芸は長し、生涯は短し、時機は速し、経験は危うし、判断は難し”となり、この先頭部分が成句となったのだそうです。


あたくしは、未だに独身でござ~ますけれど、一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。


これでも、学芸に このささやかな一生を捧げようとしているのでござ~ますゥ。


腐女子の間では、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますわァ。


あなたは信じられないのでござ~ますかァ~。。。?


じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ~。。。



(genjiero4.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?


ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?


そうでしょうねぇ~。。。 


でも、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ている、ということは信じられるでしょう?


うふふふふふふ。。。


ええっ。。。 それも信じられないというのでござ~ますかァ?


じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。



(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』


「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。


つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。


うふふふふふふ。。。


あなたも、ビックリするでしょう?


ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。



(buttdimp5.jpg)


どうでござ~ますかァ?


ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?


どうしてよう?


ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?


あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、


最後には上のようなおヌードになるのですわよう。


信じてくださいましなァ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、


かつて、レンゲさんの親友の めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。


でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。


そのために、サイトを削除されてしまったのです。


それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


めれんげさんの『即興の詩』サイト


再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。



(gog30703.gif)


『現時点での検索結果』


現在、めれんげさんは お休みしています。


でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。


かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。



(gog30928a.png)


また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。


ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。


その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。


次のリンクをクリックして読んでみてください。



(seo001.png)


『おばさんの下着に見るSEO』


話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。


あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?


ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?


そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。


気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。



(dog202.jpg)


『ワンワンちゃん』


とにかく、次回も興味深い話題が続きます。


あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。


では、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger49.gif)



■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


『センスあるランジェリー』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(kimo911.jpg)


『愛はスミレの花のように』


『思い出の夕顔』


『スミレの花咲く頃』


『クリスマスのコメント』


『消え行く愛など無く』


『ひとりかも寝む』


『レモンと性と愛』


『少女と下着の秘密』


『いとしき言葉』


『無我の愛と自我の愛』


『めれちゃんde人間失格』


『愛@文明開化』


『愛と共感とストレス』


『愛欲と空海』


『きみはやさしく』


『愛の擬人法』


『めれちゃんと南方熊楠』



(rengfire.jpg)


『めれちゃんの人気再び』


『愛はスミレの花よ』


『肥後ずいきで検索』


『加賀の千代』


『千代に再会』


『カフカの銀河鉄道』


『12歳少女の死』


『結婚するの?しないの?』


『浜美枝と宮沢りえ』


『きみのぬくもり』



(babdol6.jpg)


『壁に耳 障子に目』


『もう一つの世界』


『肥後ずいきブーム?』


『阿部定ブーム?』


『ノルウェイの森』


『大奥女中の淫らな恋』


『愛と追憶の謎』


『タンパク質の音楽』


『あげまん女なの』


『SM家畜女』


『めれちゃんと倉持由香』


『肥後ずいきdeビックリ』


『めれちゃん@画像検索』


『めれちゃん@富士山』


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』



(sayuri201.jpg)


『皆さん、ありがとう』


『メリエスの銀河鉄道』


『今年こそ自殺したい』


『その手に抱かれ』


『愛と性の秘められた物語』


『シビル・セリグマンと横尾真美』


『石川の郎女@ドイツ』


『目覚めぬ夢なの』


『目覚めぬ夢@プエルトリコ』


『家畜人ヤプー 性と愛』


『美尻を探して…』


『ズロースと乱歩』


『平成悲話』



(rengfire.jpg)


『パンツが並んだ』


『禁忌の愛を探して』


『淫らな恋を探して』


『オッパイ@アクセス数』


『熱狂的なファンのぬくもり』


『愛と心の構造探して』


『初めての接吻』


『夫婦de風呂』


『私を見つけたのね』


『や~らしか方言@坊さん』


『エロ文学』


『五重塔で心中』


『綺麗な写真に魅せられて』



(renge62e.jpg)


『双头爱染明王』


『性具@バンコク』


『愛de擬人法』


『ネットde世界』


『細川ガラシャと病める日本』


『愛と性の悦び』


『ハレンチ@日本』


『ハレンチde日本』



(june24b.jpg)


こんにちはジューンです。


卑弥子さんが面白いお話を集めて


楽しいサイトを作りました。


次のリンクをクリックして


ぜひ覗いてみてくださいね。


■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-12-10 03:50 | 即興の詩・愛のコラボ

五重塔で心中 (PART 1)


 


五重塔で心中 (PART 1)


 



(shinju99.jpg)



(kyouto01b.jpg)




(merange12.jpg)


デンマンさん。。。 あんさんは誰と五重塔で心中しやはるのォ~?



(kato3.gif)


。。。ん? わてが五重塔で心中するゥ~。。。?


そやかてタイトルにそう書いてますやん。。。


あのなァ~、わてが五重塔で心中するはずないやろう!。。。 カナダには五重塔はあらへん。。。


ちっちゃなオモチャの五重塔くらい ありますやろう!


あのなァ~、そんなちっちゃなオモチャの五重塔のそばで心中したら、ネット市民の皆様に馬鹿にされて笑われますやん。。。 あまりアホらしいことを言わんで欲しいねん。。。


。。。で、いったいどなたはんが五重塔で心中しやはるのォ~?


誰も五重塔で心中せぇ~へんがなァ~。。。


そやけで、五重塔で誰かが心中すると思うて この記事を読みに来たネット市民が仰山(ぎょうさん)おりますのやでぇ~。。。 誰も心中せぇ~へんかったら、せっかく あんさんのブログにやって来たネット市民の皆様は、2度とあんさんのブログには近寄らんと思うわァ~。。。


それやったら、かつて めれちゃんが自分の命を何度も絶とうとした頃に書いた手記を貼り出すさかいに、読んでみたらええやん。。。



存在を否定してくれ



(lonely30.gif)


みんなわたしを否定してくれ
わたしの存在を否定してくれ


自分ひとりじゃ間に合わないんだ
みんなでわたしを否定してくれ


石ころのように扱ってくれ
虫けらのように踏みつけてくれ


やりきれない喪失感に
苛まれて生きるのはもうたくさんだ
自分のすべてを否定したいんだ
自分が存在することに吐き気がするんだ


命を断とうとしたさ
何度も何度も自分を破壊しようとしたさ

マヌケな命はそれでもこの世に
未練がましくのさばってるのさ


存在を消してしまいたい
誰からも見られたくない


 


めれんげ


August 28, 2009 15:19




『極私的詩集 存在を否定してくれ』より


『愛のコラボ (2009年9月29日)』に掲載



あんさん!。。。 こないな手記を持ち出さんで欲しいねん。。。 恥ずかしいやおまへんかァ~。。。



上のめれちゃんの手記を読めば、五重塔で心中のタイトルに釣られて読みにやって来たネット市民の皆さんも、少しは好奇心が満たされたと思うねん。。。


わたしは自殺願望を克服しましたのやでぇ~。。。 忘れようとしていた、このような手記を見せ付けられると、また死にとうなりますやん。。。


さよかァ~、じゃあ、めれちゃんが自殺願望を克服した後に書いた次の詩を読んでみたらええやん。。。



小さな赤い花


 



(lotus1.gif)


 


わたしをあなたの庭に咲く


小さな赤い花にしてください


そして、お水を注ぎながら


何かお話を聞かせてください


わたしは何も言えないけれど


あなたの言葉を聞きながら


いろんなことを思うのです


あなたに愛されるように


いつまでも綺麗に


咲いています


だからわたしのことを


忘れずにいてください


 



(renge37.gif)


 


by merange (めれんげ)


2010.02.19 Friday 10:24




『即興の詩 小さな赤い花』より


デンマン注: めれちゃんが会費を滞納したので
旧・『即興の詩』サイトは閉鎖されました。


『永遠の愛のコラボ』に掲載



どうやァ~、めれちゃん。。。 また、大和撫子(やまとなでしこ)らしく生きようとする意欲が出てきたやろう?



そないなことより 五重塔で誰が心中するのか? 早(はよ)うバラしたらええやん!


そやから誰も心中せぇ~へんと言うてるやないかいなァ~。。。 それほど待ちくたびれて痺(しび)れをきらしたのなら ちょっと次のリストを見てみィ~なァ~。。。



(liv70706a4.png)



『拡大する』


『五重塔心中事件』



あらっ。。。 可愛い乙女がVサインを出してますやん。。。



これは ライブドアの わての『徒然ブログ』の7月5日の午前10時32分から午後5時までの6時間半の「生ログ」の一部やねん。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。


あらっ。。。 7月5日の午前11時48分にGOOGLEで検索して『五重塔心中事件』を読みはったのやねぇ~。。。


そういうことやがなァ~。。。 次のようにして検索して わてのブログにやって来たというわけやァ~。。。



(gog70522b.png)



『拡大する』


『五重塔心中事件』


『現時点での検索結果』



あらっ。。。 Vサインを出してる可愛い女の子がまた出てきてますやん。。。 もしかして、この女性が検索した、とあんさんは言うつもりやのォ~。。。?



めれちゃんは、察しがええのやなァ~。。。


こないに見せ付けるように写真を貼り出したら、そうとしか思えまへん。。。


さよかァ~。。。、実は、この女性は熊本市に住んでおる後藤 春香(ごとう はるか)さんやがなァ~。。。 次のようにIPアドレスを調べて突き止めたのやァ~。。。



(ip25134b.png)


『拡大する』



IPアドレスを調べはっても、プライバシーの保護のためにアクセス者の名前まではゲットできないようになってますねん。。。



めれちゃん! あまり きつ~いツッコミは いれんで欲しいねん。。。 後藤 春香(ごとう はるか)さんという名前は、もちろん仮名やがなァ~。。。 わての記事を読みはってぇ、大変興味深いと思うてメールを書いてよこしたのやがなァ~。。。


ホンマかいなァ~。。。? そやけど、どないなわけで急に『五重塔心中事件』を取り上げる気になりはったん?


あのなァ~、7月1日から22日までの3週間の「人気記事リスト」を見たら 次のように『五重塔心中事件』が 10位を占めていたのやがなァ~。。。



(liv70722d.png)


『五重塔心中事件』



どないなわけで 『五重塔心中事件』に人気があるのォ~?



あのなァ~、昔の人は“他人の不幸は蜜の味”と言うたのやでぇ~。。。 そやから、他人が不幸に落ちて心中しやはった事件を見れば、まだ自分は幸せな方やと思えるねん。。。


つまり、自分よりも不幸せな人の事件を見て、自己満足するというわけやのォ~?


あるいは、昔の人は“怖いもの見たさ”とも言うたのやでぇ~。。。 つまり、気が小(ちい)そうてぇ、とても心中など怖くてできへん、と思うてる人は、怖いもの見たさに記事を読むわけやがなァ~。。。


。。。で、後藤 春香(ごとう はるか)さんは どないなわけで『五重塔心中事件』を読みはったん?


めれちゃんの心中の話がおもろかった、と言うてたでぇ~。。。


わたしが心中などしますかいなァ~。。。


めれちゃんも心中しようとして手記を書いたのやけれど、相手の男が逃げてしもうたので、馬鹿バカしくなって心中するのを止めたと、後藤 春香(ごとう はるか)さんは思うたのやがなァ~。。。


わたしは そないな手記を書きましたやろかァ~?


書いてたのやァ。。。 次のような辞世の句を詠んでいたのやでぇ~。。。



手を離さないで


 



(yubikiri.jpg)


 


果つる世に


ともにありたし


息絶えて


つなぐ手と手の


離れぬままに


 


by merange (めれんげ)


2006.10.19 Thursday 00:42


comments(674) | trackbacks(1)


(2008年10月12日午前7現在)




『即興の詩 手を離さないで』より


デンマン注: めれちゃんが会費を滞納したので
旧・『即興の詩』サイトは閉鎖されました。


『愛と無常』に掲載
(2008年10月18日)



めれちゃんがこないに書いたもんやからコメントが 674件もついたのやでぇ~。。。 



ホンマかいなァ~。。。?


ホンマかいなってぇ~、上の短歌は記録しとかなあかんと思うて、わては 2008年10月18日に、『愛と無常』という記事に書いたのやでぇ~。。。 ごっつう反響があってぇ、報道陣がたくさん駆けつけたので、それでめれちゃんは『即興の詩』サイトを閉鎖してしもうたのやろう!?


あんさん! 。。。いい加減なことを言わんでおいて欲しいねん。


めれちゃんは、自分の『即興の詩』サイトで公開したものやから、しめしがつかのうなってしもうて、それでわてに相談してきたのやがなァ~。 わては、めれちゃんに言うたものやァ。。。なんでわてがバンクーバーから東大阪のめれちゃんのアパートに行って、それから京都の東寺の五重塔で心中せなあかんねん?!


あんさん!。。。 わたしは、そないな事を言うた覚えはありしまへん。


めれちゃんが惚ける気持ちはようわかるでぇ~。。。 わては、東寺の五重塔を道ずれにしてはアカンと言うたのやァ。 東寺の五重塔は京都のシンボルとなっておるねん。



(kyouto01b.jpg)



しかも、過去に雷火や不審火で4回焼失しておるねんでぇ~。。。 木造塔としては日本一のこの五重塔を燃やしてはアカン! わては、そないに思うて、めれちゃんを説得したのやがなァ。。。



あんさん! 夢の話をしてもろうては困るねん。


夢やったかなァ~。。。? もしかすると悪夢やったかもしれへん。。。


それで、どないなわけで心中した二人は五重塔を道連れにしやはったん?


あのなァ~、21歳の女性はちょうどめれちゃんのような文学少女やったのやがなァ。 消失した五重塔は、幸田露伴の小説『五重塔』のモデルになったのやでぇ~。。。 そやさかいに、その女性は、せめて冥土(めいど)への土産(みやげ)にと思うて五重塔と自分を灰にしてしもうたのやがなァ。


ホンマかいなァ~。。。?


ホンマかいなァってぇ、文学少女のめれちゃんかてぇ、かつて東寺の五重塔と運命を共にしようとしたのやでぇ~。。。


それは、あんさんが悪夢にうなされて見た話ですやん!


さよかァ~。。。?



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-07-24 03:54 | 即興の詩・愛のコラボ

五重塔で心中 (PART 2)



 


五重塔で心中 (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


話は変わりますけれど、こう見えても あたくしは一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。


腐女子の間では、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますゥ。


あなたは信じられないのでござ~ますかァ~。。。?


じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ。。。



(genjiero4.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?


ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?


そうでしょうねぇ~。。。 


でも、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ている、ということは信じられるでしょう?


うふふふふふふ。。。


ええっ。。。 それも信じられないというのでござ~ますかァ?


じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。



(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』


「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。


つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。


うふふふふふふ。。。


あなたも、ビックリするでしょう?


ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。



(buttdimp5.jpg)


どうでござ~ますかァ?


ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?


どうしてよう?


ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?


あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、


最後には上のようなおヌードになるのですわよう。


信じてくださいましなァ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、


かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。


でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。


そのために、サイトを削除されてしまったのです。


それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


めれんげさんの『即興の詩』サイト


再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。



(gog30703.gif)


『現時点での検索結果』


現在、めれんげさんは お休みしています。


でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。


かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。



(gog30928a.png)


また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。


ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。


その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。


次のリンクをクリックして読んでみてください。



(seo001.png)


『おばさんの下着に見るSEO』


話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。


あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?


ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?


そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。


気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。



(dog202.jpg)


『ワンワンちゃん』


とにかく、次回も興味深い話題が続きます。


あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。


では、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger49.gif)



■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(rengfire.jpg)


『ふたりの思い出』


『愛は終わることなく』


『凍りついた心の言葉』


『冠詞の悲劇再び』


『焼き滅ぼさむ再び』


『漱石のラブレターを読みたい』


『森田伸二と即興の詩』


『きみの夢』


『指きり』



(renge62e.jpg)


『あしたみる夢』


『ネット殺人事件』


『失楽園のモデル』


『スパムに追われて』


『心にしるす』


『復楽園がいいの?』


『今をだきしめ想いかなえし』


『きみ待ちわびて』


『朝の来ぬ国』


『離れがたき』


『めれちゃんがいいね』



(kimo911.jpg)


『愛はスミレの花のように』


『思い出の夕顔』


『スミレの花咲く頃』


『クリスマスのコメント』


『消え行く愛など無く』


『ひとりかも寝む』


『レモンと性と愛』


『少女と下着の秘密』


『いとしき言葉』


『無我の愛と自我の愛』


『めれちゃんde人間失格』


『愛@文明開化』


『愛と共感とストレス』


『愛欲と空海』


『きみはやさしく』


『愛の擬人法』


『めれちゃんと南方熊楠』



(rengfire.jpg)


『めれちゃんの人気再び』


『愛はスミレの花よ』


『肥後ずいきで検索』


『加賀の千代』


『千代に再会』


『カフカの銀河鉄道』


『12歳少女の死』


『結婚するの?しないの?』


『浜美枝と宮沢りえ』


『きみのぬくもり』



(babdol6.jpg)


『壁に耳 障子に目』


『もう一つの世界』


『肥後ずいきブーム?』


『阿部定ブーム?』


『ノルウェイの森』


『大奥女中の淫らな恋』


『愛と追憶の謎』


『タンパク質の音楽』


『あげまん女なの』


『SM家畜女』


『めれちゃんと倉持由香』


『肥後ずいきdeビックリ』


『めれちゃん@画像検索』


『めれちゃん@富士山』


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』



(sayuri201.jpg)


『皆さん、ありがとう』


『メリエスの銀河鉄道』


『今年こそ自殺したい』


『その手に抱かれ』


『愛と性の秘められた物語』


『シビル・セリグマンと横尾真美』


『石川の郎女@ドイツ』


『目覚めぬ夢なの』


『目覚めぬ夢@プエルトリコ』


『家畜人ヤプー 性と愛』


『美尻を探して…』


『ズロースと乱歩』


『平成悲話』


『パンツが並んだ』


『禁忌の愛を探して』


『淫らな恋を探して』


『オッパイ@アクセス数』


『熱狂的なファンのぬくもり』


『愛と心の構造探して』


『初めての接吻』


『夫婦de風呂』


『私を見つけたのね』


『や~らしか方言@坊さん』


『エロ文学』



(june24b.jpg)


こんにちはジューンです。


卑弥子さんが面白いお話を集めて


楽しいサイトを作りました。


次のリンクをクリックして


ぜひ覗いてみてくださいね。


■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-07-24 03:52 | 即興の詩・愛のコラボ

エロ文学 (PART 1)


 


エロ文学 (PART 1)


 



(girl300b.jpg)



(ero900.jpg)



(rengex5.jpg)



(ame009.jpg)




(merange12.jpg)


デンマンさん。。。 あんさんはエロ文学にハマってますのォ~?



(kato3.gif)


なんでぇ~、わてがエロ文学にハマっとらんとあかんねん。。。


そやかてぇ~、タイトルに あんさんがハマってしもうた文学のジャンルが書かれてますやん。。。


エロ文学にハマっとるのは わてとちゃうねん。。。


どなたはんがエロ文学にハマってしもうたん?


ちょっと次のリストを見て欲しいねん。



(wp70719a.png)


『拡大する』



あらっ。。。 可愛い乙女がVサインを出してますやん。。。



これは わての Denman Blog の7月19日の「リファラ(リンク元URL)」のリストやねん。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。


赤枠でかこんであるリンクをクリックすると どないなページが出てきよるのォ~?


次の検索結果が出てくるねん。。。



(so70720a.png)



『拡大する』


『エロい文学少女』


『現時点での検索結果』



あらっ。。。 これは中国の検索エンジンやんかァ~。。。



あのなァ~、北京市に住んでおる 周杰伦(ジョウ・ジエルン)君が「エロ文学」を入れて検索して わての Denman Blog にやって来て、そいで『エロい文学少女』を読みはってん。。。



(ip216116b.png)


『拡大する』



IPアドレスを見せられても、それは証拠にはなりませんわァ~。。。



それやったら、Denman Blog の7月19日の記録を見てみィ~なァ~。。。



(wp70719d.png)



『エロい文学少女』


『床上手な女の7つの見分け方』



周杰伦(ジョウ・ジエルン)君が読んだ『エロい文学少女』が7月19日の「人気記事リスト」にちゃんと出ておるねん。。。 赤枠で囲んだところが それやんかァ~。。。 



なんで中国の検索エンジンを使いはるのォ~?


周杰伦(ジョウ・ジエルン)君は北京にある日本語学校を卒業して、目下、日本語のエロ文学に関心を持っておるねん。。。 日本語の検索エンジンは使い慣れておらんさかいに、ついつい慣れている中国の検索エンジンを使っているというわけやァ~。。。


それにしても、どないなわけで しょうもない「エロ文学」にハマってしもうたのォ~?


ただ日本語を勉強しても、イマイチ張り合いがあらへん。。。 そやけど、エロ文学ならば 普通の日本のつまらなん文学よりは ワクワク、ムンムン、ムレムレしながら 一生懸命に刺激を受けて学習がはかどると思うて 目の色を変えてネットで「エロ文学」を探し始めたというわけやァ~。。。


それってぇ~、不謹慎な勉強の仕方と違いますのォ~?


めれちゃん。。。 あまり堅い事を言いないなァ~。。。 めれちゃんかてぇ、かつて 次のように書いてたのやでぇ~。。。




読書して怒られる


 




(tanabata3.jpg)


2006/05/11 14:16


 


子供のころから、
家にはたくさんの本がありました。


わたしは江戸川乱歩の少年探偵団を、
よく読んでいたのですが、
そのうち、飽き足らなくなったのか、
親が持っていた「江戸川乱歩全集」を、
愛読するようになりました。


しかし。
その全集には、
横尾忠則氏の挿絵がついていて、
えっちなんです。


なので、親には読んじゃダメと
言われていました。


(だったら、かくしといてくれ)



(yoko004.jpg)



(yoko02.jpg)


わたしはこっそりかくれて、
そのえっちな江戸川乱歩の本を、
読んでいたのでした。
しょっちゅう見つかって、怒られました。


さらに。
印象的なのが
「チャタレイ夫人の恋人」です。
もちろん禁止本です。
禁止されたら、読むに決まってます。


・・・ませガキ。
・・・エロガキ。


 


by めれんげ




「めれんげの日記」
『だれかつっこみいれて!』より


デンマン注:
このGOOの日記のサービスは
2009年に終了しました。



(orange.jpg+sadgirl32.gif)



なんで10年以上も前のわたしの日記から 引用しやはったん?



そやから、めれちゃんかてぇ、かつてエロい文学に メチャ興味を持っていたということを示したまでやんかァ~。。。


ネット市民の皆様の前で、こないな手記を公開せんで欲しいねん。。。


あのなァ~、めれちゃんは かつてGOOの日記サービスを利用して 「めれんげの日記」を公開したのやでぇ~。。。


そやけど、GOOの日記サービスは 2009年に終了しましてん。


そやけど、わては めれちゃんの日記をちゃんと保存しておいたのやがなァ~。。。


あんさんが引用しなければ、わたしは恥をかかずに済んだのですやん。


あのなァ~、上の手記は『エロい文学少女』の中でも引用されてるねん。


つまり、周杰伦(ジョウ・ジエルン)君も上の手記を見つけやはったん?


そういうことやがなァ~。。。 それで、周杰伦(ジョウ・ジエルン)君は日本語で「チャタレイ夫人の恋人」を読むことに決めたのやでぇ~。。。


そやけど、「チャタレイ夫人の恋人」はエロ文学というには、現代の感覚からすると物足りへんと思うわァ~。。。


そうかもしれへん。。。 わては日本では読んだ事が無いんやァ。。。 カナダで初めて読んだのやけど、あまりにも日本で取りざたされたさかいに、また、期待が大きすぎたよってに、読んでみたら つまらんかったァ。。。


そうですやろう?


もっともっと刺激的なことが書いてあるのかと思うていたのやがなァ~。。。


わたしも 初めはワクワクしながら読みましたわァ~。


うん、うん、うん。。。 分かるでぇ~。。。 めれちゃん自身が“ませガキ”、“エロガキ”だったと認めてるさかいになァ~。。。 めれちゃんは早熟やったろうと思うでぇ~。。。 そやから、初体験も比較的早かったァ。 レンゲさんと同じ16才の時やったァ。



禁断の園でレンゲさんが


坂田さんと秘め事をして知った悦び



(renge15.jpg)


 


レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。


まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。


愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心のよりどころがなくて、当時近所に住んでいた坂田さん夫婦の家に時々遊びに行っていた。


坂田さんも、レンゲさんの家庭の事情を良く知っていて、何かとレンゲさんのことを思いやり可愛がっていた。


レンゲさんは、いつしか坂田さんに淡い恋を感じるようになっていた。


坂田さんは良い人だけれど、競馬競輪にハマッていて、そのことで妻の幸子さんと別居するようになった。


レンゲさんは、そんなある晩、幼な妻のように坂田さんのために夕ご飯を作ってあげた。


坂田さんにも何か感じるものがあったのかも知れませんよね。


その晩、レンゲさんは坂田さんの腕に抱かれてハラハラ。。。、ワクワク。。。ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。




『性と愛の渇き』より
(2006年6月2日)



レンゲさんの初体験はかなり詳しく聞かされたのやけど、めれちゃんの相手はどないな人やったァ~?



既婚者の方ではありまへん。


。。。と言うと。。。?


ここでお話しすると差し障りがありますさかいに、あんさんと個人的に ひそひそ話しをしますわァ~。。。


さよかァ~。。。 これを読んでいる人には残念ながら めれちゃんの興味深い体験談を聞くことはできへん。。。 そのかわり、めれちゃんから古典のエロ話が聞けると思うのやァ~。。。


どないなわけで、あんさんはそう思いはるのォ~?


かつて めれちゃんから次のようなメッセージを受け取ったからなァ~。。。



恋愛詩を書くきっかけは…


2007-04-06 22:53



(renge94.gif)


 


わたしとて、れっきとした健康な女子
恋愛もするし、愛する人とは肌も合わせます♪
なのにそれを詩にすることは、なぜかタブーでした。
(体育会系硬派!ですから)


「即興の詩」を始めるきっかけは、
実を言うと、短歌…というか和歌の勉強のためでした。
お手本は百人一首であります!
(全然勉強不足ですが…はは。)


「平安時代を舞台とした小説を書く!」
これがわたしの、目標なんです。


登場人物たちに、恋文を詠ませたくって、
練習のために、思いきって恋愛ものを書く決心をしました。


そしたら意外に、応援してくださる方が増えて、
どんどんラブラブな詩や短歌を書くようになりました。


あらゆる状況を踏まえたコンテクストの中で、
デンマンさんが、チョイスしてくださる作品は、
ズバリ正解なんですよ!
「うう。鋭いっ!!」って思っちゃいます


つまり、わたしのメッセージをキャッチしてくださっている、というワケなんですよー(テレッ!)


 


by めれんげ



古典に詳しいなんてぇ~。。。 それ程 日本の古典を読んでいるわけではありしまへん。



そないに謙遜しなくてもええねんでぇ~。。。


謙遜しているわけではありしまへん。


とにかく、めれちゃんは平安時代を舞台にした小説を書きたい、と書いていたさかいに、かなり古典を読んでいるやろうと思うたわけやァ~。。。 そしたら、めれちゃんから数日後に次のメッセージを受け取ったのやがなァ~。。。



エロ文学ならば、何時間でも


2007-04-09 11:29



(bond010.gif)


 


平安文学の華と言えば、
後朝(きぬぎぬ)の文を含めた「ラブレター」に尽きる!
と思いますねー!


子供のころにはわからなかった、
逢ひみての のちの心にくらぶれば…
の本当の意味がわかった時に、
まず思ったことは…
「平安時代!エロいぞ!おもろいぞ!」でした。
ははっ!


それからのわたしの頭の中は、妄想だらけ…
学校の勉強はしませんでしたが、
エロ文学ならば、何時間でも熱中できましたね


 


by めれんげ



これを読んで、めれちゃんは やっぱりかなり古典を読んでいると思うたでぇ~。。。



一応は読んでますけれど。。。


分かるでぇ~。。。 分かるでぇ~。。。 「逢ひみての のちの心にくらぶれば…」やがなァ~。。。




(seisho05.gif)


 


逢ひみてののちの心にくらぶれば


昔は物も思はざりけり



【通釈】


逢瀬を遂げた後の、この切ない気持に比べれば、


まだ逢うことのなかった昔は、


物思いなど無きに等しかったのだなあ。




実は、わても めれちゃんのように、この歌には、かなりの刺激、インスピレーションを受けたのやでぇ~。。。 通説では上のように解釈されているのやで、わては もっと“前向きに”深い思いが込められていると思うのやァ~。。。



どういうことォ~?


つまり、前向きとは、逢って後、つのる恋心を詠んだ歌として解釈出来ると思うのやァ~。。。 例えば、こんな風に。。。




(kiss007.gif)


ああァ~、思いがかなって、


僕はあなたとやっと肌を合わせる事が出来ました。


しかし、あなたを知れば知るほど


更に、新たな深み、高みが見えてくる、


登りつめたようでいて、更に登りつめることが出来る。


先が見えないなァ~!


あなたの官能の深さ、精神の深さは計り知れない!


嗚呼、あなたを知れば知るほど、僕はあなたの“深さ”を知る。。。


そして、僕は、あなたの“深み”にハマってゆくのです。


三十させごろ、四十しごろ、五十ござむしり。。。


男と女の営みの奥は深いですよねぇ~



(laugh16.gif)



わては、上の歌をこのように解釈したのやがなァ~。。。



なんだか、わたし、圧倒されてしまいますわァ~。。。


うへへへへ。。。 めれちゃんが そないに言うとは思わんかったでぇ~。。。


とても面白い解釈だと思いますわァ~。。。


さよかァ~。。。 めれちゃんに、そう言ってもらうと、飛び上がりたくなるほど うれしいでぇ~。。。 それで平安時代を舞台にした小説はいつ頃出来上がるねん?


まだまだ先のことですわァ~。 書きあがったら是非デンマンさんのご意見をお伺いしたいですわァ~。。。


さよかァ~。。。 北京に住んでいる周杰伦(ジョウ・ジエルン)君も きっと楽しみにしていると思うでぇ~。。。



(laugh16.gif)


 (すぐ下のページへ続く)


[PR]
by denman705 | 2017-07-21 03:18 | 即興の詩・愛のコラボ

エロ文学 (PART 2)




 


エロ文学 (PART 2)



【卑弥子の独り言】



(himiko22.gif)


ですってぇ~。。。


あなたも めれんげさんが書く平安時代の小説を読みたいとは思いませんかァ~?


めれんげさんのことですから、かなりエロ~い小説を書くと思うのでござ~ますわァ。


あたくしも楽しみにして待ちますわァ~。。。


話は変わりますけれど、こう見えても あたくしは一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。


腐女子の間では、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますゥ。


信じられないってぇ~。。。?


じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ。。。



(genjiero4.jpg)


『卑弥子の源氏物語』


どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?


ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?


そうでしょうねぇ~。。。 


でも、最近 あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”がネットで人気が出ている、ということは信じられるでしょう?


うふふふふふふ。。。


ええっ。。。 それも信じられないというのでござ~ますかァ?


じゃあ、ちょっと次の検索結果を見てくださいまし。。。



(gog60409a.png)


『拡大する』


『現時点での検索結果』


「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。


つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。


うふふふふふふ。。。


あなたも、ビックリするでしょう?


ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよ。



(buttdimp5.jpg)


どうでござ~ますかァ?


ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?


どうしてよう?


ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?


あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、


最後には上のようなおヌードになるのですわよう。


信じてくださいましなァ~。。。


ところで、話は変わりますけれど、


かつて、めれんげさんは 一生懸命にブログを更新していたのでした。


でも、時には、他のことに夢中になって、会費を滞納したことがあったのでござ~ますわァ。。。


そのために、サイトを削除されてしまったのです。


それでも、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。


めれんげさんの『即興の詩』サイト


再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよねぇ~。。。



(gog30703.gif)


『現時点での検索結果』


現在、めれんげさんは お休みしています。


でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。


かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。



(gog30928a.png)


また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。


ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。


その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。


次のリンクをクリックして読んでみてください。



(seo001.png)


『おばさんの下着に見るSEO』


話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。


あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?


ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?


そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。


気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。



(dog202.jpg)


『ワンワンちゃん』


とにかく、次回も興味深い話題が続きます。


あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。


では、また。。。



(hand.gif)



(surfing9.gif)


メチャ面白い、


ためになる関連記事



(linger49.gif)



■ 『きれいになったと感じさせる


下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』


■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』


■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』



(rengfire.jpg)


『ふたりの思い出』


『愛は終わることなく』


『凍りついた心の言葉』


『冠詞の悲劇再び』


『焼き滅ぼさむ再び』


『漱石のラブレターを読みたい』


『森田伸二と即興の詩』


『きみの夢』


『指きり』



(renge62e.jpg)


『あしたみる夢』


『ネット殺人事件』


『失楽園のモデル』


『スパムに追われて』


『心にしるす』


『復楽園がいいの?』


『今をだきしめ想いかなえし』


『きみ待ちわびて』


『朝の来ぬ国』


『離れがたき』


『めれちゃんがいいね』



(kimo911.jpg)


『愛はスミレの花のように』


『思い出の夕顔』


『スミレの花咲く頃』


『クリスマスのコメント』


『消え行く愛など無く』


『ひとりかも寝む』


『レモンと性と愛』


『少女と下着の秘密』


『いとしき言葉』


『無我の愛と自我の愛』


『めれちゃんde人間失格』


『愛@文明開化』


『愛と共感とストレス』


『愛欲と空海』


『きみはやさしく』


『愛の擬人法』


『めれちゃんと南方熊楠』



(rengfire.jpg)


『めれちゃんの人気再び』


『愛はスミレの花よ』


『肥後ずいきで検索』


『加賀の千代』


『千代に再会』


『カフカの銀河鉄道』


『12歳少女の死』


『結婚するの?しないの?』


『浜美枝と宮沢りえ』


『きみのぬくもり』



(babdol6.jpg)


『壁に耳 障子に目』


『もう一つの世界』


『肥後ずいきブーム?』


『阿部定ブーム?』


『ノルウェイの森』


『大奥女中の淫らな恋』


『愛と追憶の謎』


『タンパク質の音楽』


『あげまん女なの』


『SM家畜女』


『めれちゃんと倉持由香』


『肥後ずいきdeビックリ』


『めれちゃん@画像検索』


『めれちゃん@富士山』


『目覚めぬ夢』


『熱烈なファンの軌跡』


『花火とロマン』


『恋に染められ』


『恋に染めごろう』



(sayuri201.jpg)


『皆さん、ありがとう』


『メリエスの銀河鉄道』


『今年こそ自殺したい』


『その手に抱かれ』


『愛と性の秘められた物語』


『シビル・セリグマンと横尾真美』


『石川の郎女@ドイツ』


『目覚めぬ夢なの』


『目覚めぬ夢@プエルトリコ』


『家畜人ヤプー 性と愛』


『美尻を探して…』


『ズロースと乱歩』


『平成悲話』


『パンツが並んだ』


『禁忌の愛を探して』


『淫らな恋を探して』


『オッパイ@アクセス数』


『熱狂的なファンのぬくもり』


『愛と心の構造探して』


『初めての接吻』


『夫婦de風呂』


『私を見つけたのね』


『や~らしか方言@坊さん』



(june24b.jpg)


こんにちはジューンです。


卑弥子さんが面白いお話を集めて


楽しいサイトを作りました。


次のリンクをクリックして


ぜひ覗いてみてくださいね。


■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に


ネットサーフィンしましょう。


じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)



(byebye.gif)


[PR]
by denman705 | 2017-07-21 03:17 | 即興の詩・愛のコラボ